1. 恋愛上達
  2. 現在のページ

性欲を抑える方法。急な性衝動に備える男女別の対処法とは?

PR 投稿日: 2023年03月09日

性欲は人間にとって自然な欲求ですが、現代社会で生きる上では状況に応じて抑えていかないと仕事や日常生活に支障をきたす恐れもあります。

しかし性欲を抑える方法を知るには男女における性欲の違いや年齢による変化など、さまざまな要素を総合的に考えておく必要もあるでしょう。

不必要に禁欲的な生活をするだけでは逆効果となるので、あくまで自分のスタイルに合致した性欲との付き合い方を模索していく姿勢が大切になります。

この記事では男女別の性欲の抑え方を複数のシチュエーションに沿って紹介していきます。日々の性欲コントロールに悩んでいる方々の参考にしていただけると幸いです。

性欲を抑える方法を考える際のポイントとは?

気をつけるチェックポイント

単純に性欲を抑えるといっても性別・年齢・社会的な立場といったものによって、その必要度合いは大きく変わってきます。
まずは自分自身にとっての「性欲を抑える意味と効果」を考えていくことが重要になるでしょう。

「抑制」と「発散」の違いを意識しよう

性欲を「抑制」することと「発散」することはまったく異なります。
抑制はムラムラを抑え込んで性的な行為を慎むことを意味しますが、発散は逆に性行為を積極的に行うことによってムラムラを解消するという解釈になります。
たまにオナニーの仕方を工夫したり安定的にセックスできる恋人やセフレを作ることが「性欲の抑制」に繋がるといった言説が見られますが、それは問題の本質を取り違えることにもなるでしょう。

定期的に性欲の発散ができるならそれが理想であり、基本的には自分なりのオナニーやセックスのやり方を覚えておくことが精神の安定にも繋がることは確かです。
しかし性欲の発散をひたすらに繰り返していると、それが癖になってしまい「性欲の抑制」が余計に難しくなってしまうケースもあります。
そのため「性欲を抑える方法」は「性欲を発散する方法」とはまた別に、必ず押さえておくべき知識となっています。

年齢や立場によって性欲との付き合い方は変わる

性欲との付き合い方は年齢や社会的立場によって大きく変化していきます。
たとえば10代の少年が常にエッチなことばかり考えているのは生物としては非常に健全な状態といえます。
しかしその少年が試験勉強の真っ最中となると、そこではやはり性欲を抑える必要が出てくるでしょう。

同じ30代の女性でも子作り中の主婦と男子校の女教師ではコントロールするべき性欲の種類やレベルは違うように、性欲にもTPOがあることを認識しておくのは大切です。

自分の性欲がどの程度の強さなのかを知っておく

性衝動は他人と比べることのできない主観的な感情だと思われていますが、実際には「痛み」や「味覚」のように肉体反応としてある程度は共通言語化が可能です。
簡単にいえば仲の良い友人とエッチな話題で盛り上がったり、アダルト体験談やコンテンツに触れることで何となく「自分の性欲のレベル」を測れるようになっていきます。
逆に清廉潔白な環境で育てられて性知識のない人ほど、自分の性欲の強さが正しく判断できず性欲を抑えられなくなっていく傾向も見られます。

性欲を抑えるためには性的な話題から離れることも一つの方法ではありますが、あまり徹底してしまうと状況を悪化させる可能性が高いといえるでしょう。
誰かと性的な話題で盛り上がること自体にも実際の性衝動を抑える効果は期待できるので、心置きなく下世話な話ができる友人や恋人を持っておくことはとても重要です。

また、自分の性欲の強さが他人と比べて明らかに異常であると感じたら、迷わず医師に相談するようにしましょう。
異常性欲は日常生活を脅かすだけでなく、性犯罪を誘発する恐れもあります。
これは性別や年齢に関係なくストレスや内臓の疾患によって起こる立派な病気なので、医師によるカウンセリングや投薬治療は必須です。
事態が深刻な場合にはペニスの去勢や子宮摘出といった外科手術によって性欲を抑える方法も検討されることになります。

男性の性欲を抑える方法

性欲を抑える男性

男性の性欲を抑える方法については、広く語られ尽くしています。
それゆえに紹介するのは定番の方法ばかりとなりますが、昔から効果があると実感されているものばかりなのも確かです。

まずはこれから紹介する方法を一通り試してみて、自分なりの性欲のコントロール方法を確立していくようにしましょう。

勃起のための体力を消費してしまう

男性の性欲の大半はペニスの勃起と連動しています。
青少年にスポーツをさせることで健全な育成を目指すという考え方がありますが、それはそれで真理をついているともいえるでしょう。
少なくとも運動で体力を使い果たしてしまえば勃起のための力もなくなってしまうからです。

もちろんこれは対症療法に過ぎず、毎日の性欲を毎回体力を使い果たすまで運動することで抑制していたら身が持ちません。
そのため現実的にはどうしてもムラムラして眠れないといったときに、少し外を走ってきて体力を消費するといった活用法が有効になるでしょう。
むしろ体力が有り余っている若者よりも中年男性に対して有効な方法と考えることもできます。

萎えるイメージで頭をいっぱいにする

突発的な性衝動に対してよく使われるのが「母親やおばあちゃんなど、性的に萎えてしまう対象を思い浮かべる」方法です。
これは一種のお約束のようにも思われていますが、男性にとっては脳内のイメージと肉体的な勃起が連動することは当然であるため意外と効果的ではあります。

お坊さんや教師など禁欲的な生活を送る職業に就いている男性は、イメージによって性欲をコントロールする技術を自然と身につけているともいえます。
一般人がその領域に達するのはなかなか難しいですが、ふいに街中や職場で性衝動に襲われてしまったときのために「心を落ち着かせるイメージ」をルーティーンとして用意しておくのはおすすめです。

刺激の弱い微エロコンテンツで心を落ち着かせる

射精による本格的な発散をする余裕がないときに、簡単な微エロ系のコンテンツに触れることで膨れ上がった性欲を一旦落ち着かせるのも有効な対処法です。
最近はスマホで手軽に見られるマンガや動画が増えているので、たとえ職場であってもこっそりそうした微エロコンテンツに触れることも容易になっています。

もちろん他人のいる空間でそうしたコンテンツに触れること自体に大きなリスクはありますが、リアルに女性に対して何かしてしまうよりは遥かにマシといえるでしょう。

画像で落ち着く際には他人にスマホ画面を見られないように気をつけましょう。
動画を見るなら音を出さないように細心の注意を払う必要があります。

また恋人との自撮り系のものがあるならそちらを使った方が「うっかり他の写真チェックと間違えてしまった」といった言い訳が立つので、アダルトサイトを覗くよりはいくらか安全です。

女性の性欲を抑える方法

性欲を抑える女性

男性の性欲とは異なり女性の性欲問題についてはリアルでもネットでも積極的に語られることはほとんどありません。
しかし普通の女性達の大半は当然ながら性欲を抱えて生きており、その対処に誰もが人知れず悩まされています。

ここでは女性の性欲を抑える方法の中でも、なるべく共通して参考にできそうなアイディアについて紹介していきます。

生理との関連を調べてみる

女性の性欲は生理周期と連動していることがよく知られています。
生理後から排卵日前後には「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌が多くなり、これが女性の性欲を強めるとされています。
逆に生理が近づいてくるとエストロゲンは減少し精神的に不安定になります。
ただし生理前の方が性欲の高まりを感じる女性も中にはいるので、生理周期と性欲の関係には個人差もあると考えておきましょう。

自分の生理周期と性欲の関連性を月経アプリなどでメモしておくことで、大まかにでも性欲を抑えておいた方がいいタイミングを把握できるようになります。
自分のバイオリズムがわかっていれば、突然の欲求にも戸惑うことなく冷静に対処することができるようになるでしょう。

トリプトファンが多く含まれる食事をする

女性の性欲は満腹になることで強まるともいわれています。
しかし食事を控えるのは悪影響の方が遥かに大きいため、なるべく性欲を抑えるような食事で満腹にすることを心がけましょう。

トリプトファンは必須アミノ酸の一種ですが、「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンを生み出すことでも知られています。
セロトニンには心身を落ち着かせ、特に女性の生理に連動する性欲を抑える効果も期待できます。
具体的には乳製品・レバー・大豆製品・ナッツ類などがトリプトファンの多く含まれる食品の代表格になります。

異性と距離を置ける趣味を見つける

視覚的なイメージに性欲を左右されることの多い男性に対して、女性は接触や経験によって性欲が高まっていく傾向があります。

男性と多く触れる仕事をしていると自然と性欲が高まってしまうことがあるので、プライベートでは反対に男性と接する機会を減らして、没頭できる趣味を見つけるのが性欲を抑えることに繋がります。

女友達と遊んだり自然の中を探索するといった行動で、なるべく男性の匂いから遠ざかることを意識しておくのも有効でしょう。

遊びに行くヒマがないときは部屋で香を焚くといったことでも感覚をリフレッシュさせることができます。

まとめ

性欲を抑える方法については個人差が非常に大きく、誰にとっても万能な対処法は存在しません。
しかしある程度のパターンに当てはめることで、自分の状況に見合った方法を調べることは可能となります。

この記事の内容はきっかけに過ぎないので、自分の中で性欲の抑制ができなくなるシチュエーションを把握しながら適切な抑え方を見つけていくようにしましょう。