更新

「好きだけど別れる」この決断をする必要があるカップルの特徴

好きだけど別れるイメージ

周囲の人から見てもラブラブなカップルで、彼と彼女も付き合いと同じように仲が良く見えるカップルがいます。

しかしそのような幸せに見えるカップルも、ゴールインまで行かずに別れたほうが良いというケースがあります。

カップルとして最高だけれど、将来的に結婚が見えないと言うカップルに、「好きだけど別れる」という選択肢があるかどうか、この記事を読んで判断していただけたらと思います。

スポンサーリンク

1.結婚する気がない彼氏、または彼女

付き合い始めてみて、気も合うし、生活リズムも合う、また趣味も似ていて、しかも食事の好みも似ているような最高のカップルがいます。

もしかしたらこのような最高なカップルになった経験がある人もいるかもしれません。

なのに結婚までは至らなかったというケースも数多くあるでしょう。

このような客観的に見ると理想的に見えるカップルでも別れたほうが良いと言うケースはいくつかあります。

まずは「結婚をする意思がない、男性、女性がいるカップル」です。

生まれ育った環境によっては、結婚はしないほうが良いと感じている男性、または女性がいます。

これだけ相性が良い恋人ができたのだから結婚すればよいのにと、周囲の人が言うような場合でも、結婚をしないほうが良いと決めている男性や女性はかたくなに結婚を拒みます。

「独身主義だから」などと、付き合う前に軽く言われている場合は、今まではそうでも、自分と楽しい付き合いができれば、考えを変えてくれるに違いないと考えるかもしれません。

しかし幼少時、または思春期に感じるトラウマのような出来事により、「結婚はしない」と決めている人がいます。

このような人の考えを変える事は難しいですし、ほとんど不可能と言っていいかもしれません。

普通の女性や男性は、出来れば結婚をしたいと思っているのが普通です。

そのような状況で「結婚しない」と付き合う段階で言う男女は、相当根深い理由があると考えて間違いがないでしょう。

一生をかけて、その恋人の考えを変えていく努力が合ったとしても、結婚できる確率は五分五分かそれ以下ではないでしょうか。

このような恋人と付き合い始めた人に、強い結婚願望がある場合は、なるべく早く別れたほうが良いでしょう。

恋人に対する不満は交際中に湧きませんので好きになる一方と言ってもおかしくありません。

しかしこの恋人は、決して結婚を決意してくれません。

この恋人以上に相性が良い恋人が現れて結婚が出来る場合は良いですが、かなりハードルが高くなることは間違いありません。

もし自分に子どもを作って家族を持ちたいという強い気持ちがあると感じるなら、早い段階で別れたほうが良いでしょう。

2.反社会的な臭いがする人

反社会的なイメージ:猫

先述した恋人のように、付き合っていてまったく不満がない、相性の良い恋人が出来ることがあります。

しかし、その恋人に反社会的な臭いを感じる場合は、早い段階で別れたほうが良いでしょう。

男性の場合は、犯罪に関係する仕事をしている人かもしれません。

女性の場合はかなり危険な水商売をしている可能性があります。

職業はそのように反社会で危険性があっても、性格は可愛くて、優しく、知的だと言うことは良くあります。

ハリウッド映画などを観ると、ほとんどの主人公がこのような側面を持っているのではないでしょうか。

性格が例え良くて、優しくても、映画の結末を観ればわかるとおり、悲劇的な結末を迎えるケースがほとんどです。

普通に暮らしている人、普通の環境で育った人が、そのような反社会的な人と付き合って幸せになれることはほとんどないと思います。

「いい人なんだけれど」と自分が思っていても、びっくりするような社会的な迷惑をかけてしまう事件を起こすことが珍しくありません。

その場合、自分だけでなく、両親や友達、職場の人にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

また自分も反社会的行為に手を染める必要が出てしまうかもしれません。

そのような状況に耐える覚悟がある人以外は、反社会的な臭いがする恋人とは別れましょう。

例え好きだとしても、別れることが、恋人のためにも、自分のためにもなるでしょう。

3.いつまでも決断ができない恋人

決断できない男性の様子

とても相性が良く、一緒にいて楽な恋人ができることがあります。

一緒にいて居心地が良いのは最高です。

恋人としても最高ですし、結婚相手としてはさらに最高の条件を持っている人と言えるでしょう。

結婚は生活という言葉があるように、普段から自分を偽らなければならないような相手とは生活を送っていくのは難しいでしょう。

一緒にいて楽で、本当の自分を出せる相手は最高の結婚相手になるでしょう。

このような恋人ができた時は、「いつか結婚できる」と決めつけてしまいます。

これだけ相性が良く、お互いが楽に生活ができる相手は、運命の人とも言ってよい人です。なので、絶対結婚するはずだから、恋愛期間を楽しもうと思ってしまいます。

しかしこのような相性が良く、一緒にいるのが楽な相手に限って、結婚ができないと言う矛盾があります。

このような恋人は人当たりが良く、人間関係を築くのも上手な魅力的な人です。

ただ一つの欠点が「決断ができない」ということです。

言い換えると「責任を取りたくない人」と言えるかもしれません。

結婚は大きな決断です。

就活よりも大きな決断ですし、就活とは違い期限がありませんので、出来るだけ先延ばしをしたいと思ってしまう可能性もあります。

そのため「そろそろプロポーズされるかな」という時期に、全然相手はその素振りを見せてくれません。

決断ができないのは女性よりも男性の方が多いでしょう。

それは女性には「出産」というタイムリミットがあることと関係しているかもしれません。

女性は30歳までに結婚したいと思う人が多いようですが、これは安全な出産と、その後の子育てを考えて逆算した結果だと思います。

出来るだけ体力があるうちに子どもを産み、育てたいと女性は無意識で考えます。

しかし、男性には基本的にタイムリミットがありません。

60歳でも相手の女性が若い場合は子どもを作ることができます。

このような話をすると、男性が無責任な存在に思えるかもしれません。

しかし、結婚の決断ができない男性は、総じて真面目に人生を考えている人です。

結婚した相手を幸せにし、子どもを育てていくために必要なお金を自分は稼いでいけるだろうかと考えます。

しかし現在の日本のように景気が悪く、将来性が期待できない国で、「妻子を十分に幸せにする」お金を稼ぐことを確信できる人が何人いるでしょうか。

いつ会社がつぶれるかもしれない、一般的なサラリーマン男性や、仕事が来なくなるかもしれないと考えている自営業の男性は、真剣に結婚を考えるほど「難しい」という結論に達するはずです。

結局、女性が出産を考えてぎりぎりの時期に別れを切り出す可能性になるかもしれません。

このように男性が真面目に結婚を考え、恋人の事が大好きで、生まれるかどうかも分からない子供の将来まで考えた上で、結婚を決断できないのは悲しいことです。

日本政府や日本全体の問題だと言っても過言ではないでしょう。

しかし、結婚をして子供を作り家庭を築きたい人は、このような優柔不断な相手を選ぶべきではありません。

多少無責任でも、「何とかなるでしょ」と子作りをしてくれるような豪放磊落な男性を選ぶべきでしょう。

このように考えて行くと、結婚を前提にした場合に限り、「結婚に向いている」恋人以外とは、なるべく早く別れたほうが良いという結論になります。

もしかしたら結婚に向いている男性は、無神経で面白味のない人かもしれません。

恋愛自体を楽しむ人は、自分が好きな人と付き合えばよいのですが、結婚をしたいと強く願う人は別です。

結婚に向いている一握りの人の中から、出来るだけ妥協できる相手を選ぶという作業になるのかもしれません。

ページトップへ戻る