1. TOP
  2. 恋愛上達
  3. 現在のページ
映画デートを楽しむ男女

付き合う前の映画デートにおすすめのジャンルと注意点

投稿日: 2018年09月26日

執筆者: tamutamu

カップルならば一度は行うであろう「映画デート」。天候に左右されず、時間が決まっており、並んで座って落ち着いた雰囲気で過ごせる映画デートは、どの世代層でも非常に行いやすいデートです。

そしてそれは、付き合う前も同様です。
むしろ、はじめてのデートは緊張感があまりない映画デートを好む男性も結構多いのではないでしょうか。

そこで今回は、付き合う前の映画デートにおすすめのジャンルや、映画デートの際の注意点について、男性側からの視点でまとめました。

おすすめの映画のジャンル

コメディ映画

付き合う前のデートにおいて最も重要なことは、「この人と一緒にいると楽しい。」という気持ちを相手に抱いてもらうことです。
よって、軽い気持ちで見られて終わった後に自然と笑顔になれるコメディ映画はまさにうってつけ、と言えます。

また、付き合う前というのはお互いに緊張している状態がありますが、コメディ映画で笑うことによって、そうした緊張状態もほぐれ、「一緒にいると安心するな」といった心情を抱かせることもできるわけです。

通常のコメディ映画ですと相手の好みによっては白けてしまう恐れもありますが、「ラブコメディ」と呼ばれるジャンルなら、作中の様子を自分たちに投影して観ることができるので、映画の展開にしたがって自分たちもまたいい雰囲気になれることもよくあります。

特に、ラブコメディというのは基本的に二人が結ばれてハッピーエンドで終わる、という展開が主ですので、そうした展開を一緒に観ることで「二人のこれからの未来」を感じさせるきっかけを与えてくれることもあるのです。

さらに、映画を見終わった後にも、コメディ映画ならば「楽しかったね。」「面白かったね。」とプラスイメージの感想を言い合えるため、その後のデートの雰囲気も明るいものにしやすくなります。

ファンタジー映画

映画デートをするカップル

「ロードオブザリング」や「ハリーポッター」シリーズなどですっかりおなじみになってきたファンタジー映画も、付き合う前のデートにとってはおすすめのジャンルの一つです。

ファンタジー映画の最大の魅力は、「非日常を味わえる」ところにあります。

現実世界とは違う、どこか別の世界で冒険をしたり、ロマンスを味わったりするのがファンタジー映画の醍醐味です。
そのため、ロマンティックな描写が多かったり、美しい音楽が使用されていたり、可愛らしいあるいはかっこいいキャラクターがたくさん出てきたりもします。

そんな映像のすばらしさが、2人の間に自然といい空気感を生み、映画の世界観同様「非日常」、特別な感じを相手に抱かせるのです。

このようなファンタジー映画を見た後は、映画同様、落ち着いた雰囲気のよいお店で食事をするなどし、一層仲を深めるのがよいでしょう。

アクション映画

男性ならば多くの人が大好きなアクション映画ですが、実は女性とのデートでも案外いいチョイスであると言えます。

映画デートにおいてよくない選択の一つに、「ストーリーや内容がよくわからない」ということが挙げられます。
せっかくお金を払って観ているのに、何が言いたいのか結局最後まで分からなかった、というのでは確かに不満に思っても仕方ないですよね。

その点、アクション映画というのは基本的に展開がわかりやすく、視覚的にもインパクトがあって予備知識がなくても楽しめるというのが優れていると言えます。

また、アクション映画にはハラハラドキドキする展開が随所にちりばめられているのですが、これがデートにおいては非常に素晴らしい効果を生みます。

人間には、不安や恐怖を感じているときに、出会った相手に対して恋愛感情に似たドキドキを感じやすくなるという「吊り橋効果」という心理が存在します。

実際にはただ座席に座って映画を観ているだけに過ぎないわけですが、脳にとってはそうした事実はわかりません。

アクション映画を一緒に観るだけで、映画に対するドキドキをあなたへのドキドキに錯覚させられるかもしれない、そんな可能性を秘めているのです。

アニメ映画

「君の名は。」や「ゼロの執行人」といった大ブームに裏付けされているように、近年アニメ映画の人気ぶりにはめざましいものがあります。また、伝統的に人気を誇っているディズニー映画も、当然外せないと言えるでしょう。

アニメ映画をおすすめするポイントは、「万人受けする」というところにあります。
特にディズニー映画は、ストーリーの起承転結がわかりやすく随所にコメディチックな部分をちりばめ、全体を貫くテーマとしては「人間愛」や「友情」といった、人類にとって普遍的なものを扱っています。
ですから、老若男女男女関係なく楽しみやすいのです。

ただ、アニメ映画を選択する際に注意してほしいことは、「マニアックなものを選ばない」ということです。ファンにしか良さや内容がわからない、といったものではせっかくのデートも台無しです。

普段あまりアニメを観ないという人でも楽しめるものを選ぶのが大切です。

映画デートでの注意点

支払い

付き合いだしてからももちろん大切なことですが、付き合う前から大切なことは言うまでもないでしょう。

理想としては男性側が女性の分も支払うべき、と言いたいところですが、付き合う前からそれだと、場合によっては相手の女性に対し引け目を感じさせてしまうかもしれません。
ここに関しては、お互いに相談して、割り勘になったとしても男性側が少し多く支払ってあげるという風にすべきです。

また、もし全て男性側が支払った際に女性側が申し訳なさを感じていると思ったときは、「じゃあ、アイスおごって?」など、小さなものを返してもらうようにすると、女性側の気持ちを納得させてあげることもできますし、映画後の動きをスムーズにすることもできます。

間違っても男性側は女性側と全くの同額、あるいは女性側が多く支払う、ということはないようにしましょう。

座席

映画を見る夫婦

映画デートで失敗する可能性としてあるのが、「いい席がない」というものです。

ものすごく前過ぎて目と首が疲れてしまったり、後ろ過ぎて見えにくかったり、こうした事態になるとせっかくの楽しいデートも嫌な雰囲気になってしまう可能性があります。
そこでおすすめするのが「事前予約」です。

現在ではほとんどの映画館で、事前予約制がとられており、当日の2~3日前から座席指定予約を行うことができます。
こうしておけば、当日映画館に行った際も理想の席で見ることができますし、そうした予約をしてくれた男性に対して女性は好印象を抱いてくれます。

ちなみに、席を予約する際に、「ド真ん中」は個人的にはあまりおススメしません。
なぜなら、席に座る際に入りにくいですし、万一相手がトイレに行きたくなった際に、出ることも困難になってしまうためです。

やや後ろ目の席であれば、多少中央部から外れても見えづらさはほぼありませんので、左右どちらかの、通路に近い席をとってあげるのがより理想的のように思います。

鑑賞マナー

映画上映の前に毎回、鑑賞マナーにかかわるショートムービーが流れますが、これを無視した行為を相手に見せてしまうと、相手の好感度は一気に下がってしまいます。

まず気を付けるべきは飲食関係です。映画につきもののポップコーンは、音が立ちにくいから、という理由で販売されているそうですが、上映中に何かを音を立てて食べたり飲んだりするというのは、相手だけでなく周囲のお客さんに対しても迷惑な行為です。
また、上映中のスマートフォンにも注意が必要です。通話をするということはさすがに無いでしょうが、つい気になってSNSをチェックしてしまうという程度なら経験のある人もいるのではないでしょうか。
これも、自分が思っている以上に周囲にはライトの影響があるため、相手からの好感度をさげる要因となります。

これはマナーとは異なりますが、「寝る」というのも付き合う前のデートでやってはいけない行為です。「つまらないから寝ちゃったのかな?」と思わせてしまうことで、相手は幻滅しかねません。眠くても我慢が大切です。

以上、おすすめのジャンルと注意点についてまとめました。

一番大切なことは、「相手がどんなものが好きなのか」を知ることです。

自分一人で選ぶのもいいかもしれませんが、もし話し合えるような間柄なら、相手にも一緒に考えてもらうことでさらに親密な関係を築くことができるでしょう。