1. TOP
  2. SEX
  3. 現在のページ

男はやめてのサインを勘違い!女が前戯や挿入で本当に感じている時の反応

投稿日: 2022年11月19日

あなたは本当に女性を満足させられていますか?
ほとんどの男性はもしかしたら女性のある行動に、感じていると勘違いしてるかもしれません。

元風俗嬢の私が、沢山の女性の性の相談を受けてきて思う、女性の気持ちいいのサインとは。いつもの喘ぎ声は感じているのではなく痛い、やめてのサインかもしれません。

あなたが前戯をしている時、挿入している時を鮮明に思い出してみてください。
真実を知る覚悟が出来ましたか?
でも、大丈夫。これを読み終わる頃には女性はもうあなたの虜です。

それって本当に気持ちいいの?

男性が前戯をする時、どういう時に女性は感じているなと思いますか?
体がビクッとしたとき。大きく喘いだとき。気持ちいいと言ったとき。
こんなことをされたものなら、そりゃ男性諸君もさぞ興奮していよいよ気合が入ることでしょう。
「よしよし、もっと感じさせてあげよう!スピードを早めて、もっと激しく!」そう思いますよね。
しかし女性の体はとても繊細です。
ただ単にスピードを早めたり激しくすることが気持ち良いとは限りません。
逆に陰部を傷つけたり、ただ痛いだけになってしまいます。

では、優しくソフトに触ればいいのではないか、と思いますよね。
確かに、激しくしすぎて傷つけてしまうよりかは、女性の体は丁寧に優しく扱ってあげる方がいいでしょう。
しかしソフトに触るだけで女性が本当に感じているのか?オーガズムに達してくれるのか?そこを見極める必要があります。
ではどのようにしてそれを見極めるのでしょうか。

セックスに対する女性の本音

セックスに対する女性の本音を言う下着姿の女性

女性同士で性的なことを話しているときによくこんなことを耳にします。

  • 早く終わって欲しくて気持ちいいフリをした。
  • とにかく気持ちいいと思ってもらうために大きい声で喘いだ。
  • イったことがないから、セックスをしてもしなくてもどっちでもいい。
  • 濡れてないからとにかく痛い。

性について積極的に楽しんでいる女性もいる一方で、今までオーガズムに達したことがないから気持ち良いと思ったことがない、正直早く終わって欲しいなどと消極的な女性もたくさんいます。

多くの女性は、その場の空気を壊さないように痛い、気持ちよくないと言うことができません。
そのため無理して演技をしてしまいがちです。
せっかくの愛を伝え合う行為ですから、お互いが気持ちよくなれるのが1番ですよね。

その反応、本当は気持ち良くない?

NGを出す本当は気持ちよくない女性

女性が体をビクッと反応させたとき、多くの男性は感じているからだと考えるのではないでしょうか。

お相手様が感じていると勘違いして同じ場所を責め続けます。しかしそれはお相手様からすると、もしかしたら苦痛の時間かもしれません。

実は体がビクッとする時、刺激が強すぎるサインなのです。

冒頭でもお話しした通り女性の体はとても繊細です。
ソフトに触っているつもりでも、女性側からすると結構力が強かったりするんです。
「さぁ、隠れているクリトリスを露わにして集中的に攻撃しよう」なんて考えは今すぐやめてください。刺激が強すぎて体のビクビクが止まりません。
痛い、やめて、と言ってしまうと空気を壊すんじゃないかと、お相手様は感じているフリを続けます。

足を閉じクリトリスを隠そうとすれば、もうそこを触らないで!のサインなんです。

どうにかこの刺激を乗り越えて気持ちいいに変わってくれれば…。女性側だってそう願っています。
しかしその気持ちとは裏腹に、体はこわばり刺激がある部分を隠そうと足に力が入っていきます。
喘ぎ声も、うぅっ…と力が籠った声に変わります。
もしお相手様の体がこわばっているなと感じたら今すぐその手を止めてあげてください。

本当に感じている時の女性の反応

前戯で女性を気持ちよくさせる男

ではどういう反応が女性が本当に感じているサインなのか。

女性が感じている時、体の力は抜け自然と口が半開きになります。喘ぎ方も力強い喘ぎ声ではなく、あぁぁ…といった吐息に近い喘ぎ声へと変わるでしょう。

喘いでいないから気持ち良くないんじゃないか、なんて心配する必要は全くありません。
本当に気持ちがいい時はたくさん喘ぐよりも静かに感じる方が多いです。気持ち良さに浸り、オーガズムに達するためにその感覚に集中します。

お相手様の反応がこのように変化したら、そこが気持ちいいのサイン。優しく丁寧にそこを責め続けてあげて下さい。
だんだんと口が大きく開いていき、眉間にシワが入り徐々に足のつま先に力が入っていきます。それがオーガズムに達するサインです。

さぁここまでは前戯においての気持ちいいのサイン。
続いては挿入時の気持ちいいのサインを見ていきましょう。

挿入で彼女を満足させるために大事なコトは?

挿入でオーガズムに達する女

挿入したままオーガズムに達する女性はそこまで多くないと思います。
実際に私の周りにもイったことがないという女性はたくさんいます。
私自身も体調によってはなかなかイキずらく時間がかかってしまったり、どうしてもイけない、感じにくいという日もあります。

女性が挿入したまま感じるために最も大事な事は、それまでの前戯です。

前戯が気持ちいいと、挿入してからオーガズムに達するまでの時間が短くなります。

もちろん、サイズや肌の合う合わないも関係してきますが、前戯が良く、女性器がたっぷり濡れることによって、中で感じる準備が出来上がります。

女性器が濡れていないと、挿入したときに痛みを感じたり傷がついて血が出てしまったりなどと言う知識はもう皆さんお持ちですよね。

中には十分に濡れているのに女性器のサイズが小さい、または男性器が大きくて挿入時に痛みを伴う場合があります。

しかし十分に濡れているのであれば男性器を受け入れる準備は整っていますから、焦らずにゆっくりと挿入してあげて下さい。

挿入時の喘ぎ声によっても、女性が痛みを感じているのか、それとも気持ちいいと思っているのかが分かります。
前戯の時と同様、痛い時は「うっ」と力が入ったような喘ぎ声になります。歯を食いしばり痛みを我慢した顔になります。
逆に気持ちいいときの反応は、こちらも前戯の時と同様、吐息混じりの喘ぎ声になります。口が開き、とろけるような顔に変わります。

体位によって変わる!反応の違い

女性によっては時に激しく奥まで突いて欲しい時もありますが、奥まで激しく突きすぎると子宮を刺激しすぎて後に下腹部を痛めてしまう場合があります。
特にバックの体位の際、もちろん気持ちよくてその体勢が好きな女性もいますが、突いた時に女性が前へ前へいってしまう場合は痛いのサインです。なるべく奥まで突かれないようにと体が自然と拒否をするのでしょう。
逆に気持ち良い場合は、喘ぎ声も激しくなりお尻を突き出します。これが女性の欲しているサイン。

また、正常位の場合は足に力が入り男性の体に絡みつけてきたり、腰を浮かせ動かしてきたりすると気持ちいいのサインと思っていいでしょう。

本当に感じているか見極める簡単な方法

セックスで楽しむ為にはお互いがオーガズムに達する必要があります。

男性側だけが一方的に終えてしまうなんて、女性は全く満足出来ませんよね。徐々にセックスの回数は減っていきマンネリに、なんてことにもなりがちです。

いやいや僕の彼女はいつもオーガズムに達しているから満足しているんだ、と思っていてもそれが蓋を開ければ演技なのか、それとも本当に感じているのか。
そう言われてみれば気になってしまいますよね。
しかし、ご安心ください。
これも見極める簡単な方法があるんです。

本当にオーガズムに達しているのか、それを知るのはとても簡単です。

一言で言えば膣がキツなるかならないか。

もし、膣の中で締め付けられるような感覚があれば、まさに達している最中です。
眉間に皺が入り、口が大きく開き、喘ぎ声も徐々に激しくなっていきます。

女性がオーガズムを感じる時間は男性と比べて長いことをご存知でしたか?
締め付けられているような感じがあれば、お相手様が脱力し息切れするまでもう少し頑張って腰を動かし続けてあげて下さい。最後の最後までずっと気持ちいいんです。

万が一、膣の締め付けがないのであれば、オーガズムに達した演技をしている可能性が高いでしょう。
その場合はお相手様の気持ち良いポイントを見逃さずしっかりと見極めてください。
どこが気持ち良くてどこが気持ち良くないのか、女性側からはなかなか言い出しにくいですので、男性の方から声をかけてあげてみてもいいかもしれません。
双方ともが満足できるセックスライフを送れるといいですね。