1. TOP
  2. SEX
  3. 現在のページ
セックス2回戦を誘う女

【体験談】セックス2回戦に上手く持ち込む方法10選

投稿日: 2022年11月01日

性欲が強い女性は、1度のエッチでは満足できない傾向にあります。
しかし、「自分から2回目がしたいなんて恥ずかしくて言えない」「前に断られたことがあって聞くのが怖くなった」という女性も多く、欲求不満に繋がりがちです。

第2ラウンドは、上手なおねだり方法やアピールの仕方を習得することで実現可能です。

この記事では、セックス2回戦に上手く持ち込む方法について、性欲が強すぎて経験人数が1,000人を超えた筆者が解説していきます。

セックス2回戦に上手く持ち込む方法

セックス2回戦をのぞむ女性

再度エッチがしたい場合、男性のヤル気や興奮を刺激するコツを知ることが大切です。

ストレートに言葉だけで伝えても、男性をムラムラさせることは難しい傾向にあります。

以下はセックス2回戦に上手く持ち込む方法10選の詳細となっているので、相手がヤリたくなるような仕草、言い方、行動を把握しましょう。

1.お掃除フェラを延々と続ける

エッチがもう1度したいのであれば、お掃除フェラを長時間するのがおすすめです。

後戯のひとつであるお掃除フェラですが、舌のヌメヌメとした感触で興奮度がアップする男性も多くなっています。

勃起するまで丹念にフェラを続けて、硬くなったタイミングで「もう1回抱いてくれる?」とおねだりしてみましょう。

男性も興奮状態にあるため、自然な流れでエッチできるというメリットがあります。

2.事後にオナニーする

1回目の後にオナニーすることで、イキ足りないことを男性に察してもらうことができます。

エッチしたにもかかわらずオナニーするということは、性的な満足度が足りないということです。

終了後にクリトリスを触る、乳首を擦る、膣に指入れをするといったオナニーをはじめて、もっと気持ち良くなりたいことをアピールしましょう。

女性の自慰行為は、AVでもおなじみの人気プレイです。

男性を手っ取り早く勃起させるのにも最適なので、時短で第2ラウンドを開始できるという特徴があります。

3.瞳を潤ませながらおねだりする

2回目がしたい方は、可愛いおねだりの仕方を習得しましょう。

相手が既に満足していたり疲れたりしている場合、エッチしたいことを伝えてもその気になってもらえない可能性があります。
男性のやる気スイッチを押すためにも、瞳をウルウルさせながら上目遣いでお願いしてください。

声のトーンをやや上げながら、「もう1回してほしいな」「もうちょっとエッチしたいって言ったらダメ?」と短めのセリフでおねだりするのがポイントです。

長々とお願いすると必死感が出て男性に引かれてしまうので、一言二言で伝えましょう。

4.セックステクニックを褒める

相手のテクニックを褒めることで、再度エッチする流れを作り出せます。

男性の多くは、自分の性的なスキルを気にしています。
女性の反応やフィードバックに敏感なので、「AV男優かと思うくらい気持ち良かった」「エッチすっごく上手なんだね」と褒めることで何度でも腰を振ってくれる可能性が高めです。

相手のテクニックを褒めるときは、できるだけ具体的な表現を使うようにしましょう。

言葉に重みやリアルさが出るため、わざとらしさを感じさせることなく相手を喜ばせることができます。

5.愛液を指で伸ばす

1回戦で満足できないときは、愛液を使ってアピールするのがおすすめです。
目に見えるぐらいの量の愛液をしっかりと指にとって、「こんなにいっぱい愛液出ちゃってたみたい」「すっごく気持ち良かったからいっぱい濡れちゃった」と足を広げた状態で伝えてください。

愛液の量=女性の性的興奮度です。

1回目のエッチで女性が強い快感を得たことが分かるため、男性のムラムラ度やモチベーションがアップしやすくなります。

女性を再度気持ち良くしたいと張り切る男性も多く、黙っていても相手から2回目のお誘いが来る可能性が高めです。

6.シャワーを浴びない

第2ラウンドを希望するなら、事後にシャワーを浴びないようにしましょう。
シャワーを浴びる=エッチが終わったと思う男性も多い傾向にあります。

エロモードがオフになってしまうので、1回戦が終わってもそのままベッドの上で待機するようにしてください。

また、男性がシャワーを浴びる素振りを見せたら、スマホの動画などを見せて阻止することが大切です。

シャワーに行く前にエッチな雰囲気づくりを行い、ムラムラしていることを相手に伝えてみましょう。
「まだシャワー浴びてないからもう1回汗かいてもいいか」と男性側も感じるため、シャワー後よりもエッチの成功率が上がります。

7.裸のまま寝転がる

自分からあまり積極的に誘いたくない場合は、裸のままベッドの上で寝転がるのがおすすめです。

1回戦が終わっても服を着ないで、仰向けでヒップラインを強調する、身体を少しねじった体勢で横になるといった過ごし方をしてみましょう。
セクシーなボディラインを見せることで、男性の性的興奮を刺激することができます。

何も言わなくても相手が求めてくる確率がアップするため、シャイな方や余計な労力を使いたくない方に最適な方法です。

8.ペニスを称賛する

ペニスをべた褒めすることで、2回目がしたいことをさりげなくアピールできます。

「こんな硬くて太くて気持ち良いのはじめてだった」「もうこの勃起オチンチンじゃないとイケないかも」など、いかに相手のペニスで快感を得られたかを具体的な言葉で伝えてください。

官能的なエロイ言葉を使うことにより、「この子、俺のこと誘ってる?」「俺のチンコがまだまだほしいってこと?」と感じ取ってもらえます。

相手から第2ラウンドの提案をしてもらうためにも、日頃からエッチな言葉のバリエーションを増やしておくのがポイントです。

9.乳首を立たせる

1度のエッチで物足りない場合は、乳首を立たせて誘ってみましょう。
男性は、視覚的な刺激に弱い生き物です。
女性の乳首が立っていれば無条件に興奮するので、シーツで軽く胸をこする、冷房を強めにするなどの工夫を施しましょう。

「まだ乳首ビンビンみたい」「もう少しエッチなことしたいな」などのおねだりのセリフを付け加えることで、男性側も気合を入れて第2ラウンドを開始してくれます。

10.マニアックなAVを視聴する

スマホやテレビでAV鑑賞することにより、2度目のエッチがしやすくなります。

マニアックなプレイや体位が登場するAVを選び、「こういうプレイってやったことある?」「この体位って気持ち良いのかな?」と疑問形式で投げかけてください。
あくまで興味本位で聞いている雰囲気を出すことで、男性から「やってみる?」と聞いてもらえる可能性が高くなります。

自然な流れで2回目をスタートさせるためにも、事前にマニアックなAVを入手しておくよう心掛けましょう。

【体験談】第2ラウンドに誘うコツ

第2ラウンドを要望

性欲が強い私は、これまでいろいろな方法で第2ラウンドに持ち込んできました。

男性は賢者タイムに入ってしまう人が多いので、いかにエロいムードを維持できるかが大切です。
シャワーでエロモードがリセットされる男性をたくさん見てからは、できるだけ相手を引き留めてベッドで話をするようにしていました。
裸のままセクシーなポーズで寝転がったり乳首を立たせたりすると結構相手が食いついてきて、簡単に2回目ができましたよ。

もし相手が気心知れた男性なら、もっとダイレクトにおねだりすることもありました。
でも「もう1回ヤリたい」と言うと色気ゼロなので、思わず男性がめちゃくちゃにしたくなるような可愛い女の子を演じるのが重要です。

それと、結構いろいろなタイプの男性に共通していたのが、セックステクニックやペニスを褒めると喜ぶということです。
経験が少なそうな人はもちろん、自分のエッチに自信があるヤリチンも、簡単に気分を良くして2回目をしてくれました。

相手をムラムラさせた方が成功率も上がるので、勃起するまでお掃除フェラをしたり、愛液が付いた自分の膣やオナニーを見せつけたりすることもありました。

あと、好奇心が旺盛なタイプはAVに出てくるプレイや体位を真似する傾向にあり、ちょっと変わったAVを見せたらすぐに挑戦してくれることが多かったです。

まとめ

今回は、セックス2回戦に上手く持ち込む方法についてレクチャーしました。

ハッキリと2回目がしたいことを言う以外にも、さまざまなやり方で男性をその気にさせることができます。

ちょっとしたコツやポイントを押さえることで誰でも簡単に実践できるので、心ゆくまでエッチを楽しみたい方はぜひ参考にしてください。