1. TOP
  2. 女心
  3. 現在のページ
男性にアプローチする女性

気になる男性に、女性が送る密かなアプローチ10パターン

投稿日: 2018年11月10日

執筆者: 鈴木くるみ

女性は気になる男性に対しては、さまざまな形で好意を発信しているものです。しかし、よほど大胆なアピールでなければ当事者から見ればわかりにくいかもしれません。

「これってもしや脈ありでは?」と気になっても、なかなか確信が持てずにモヤモヤすることもあるでしょう。

そこで今回は、気になる男性に対して、女性が送る密かなアプローチ10パターンをご紹介します。

女性は気になる男性には何らかのアピールをする?

地下鉄ホームで声をかけてくる女性

女性は気になる男性がいると、自然と言動に好意が出てしまうことが多いです。また、「好きな人ともっと近づきたい!」という思いから意識的にアプローチをすることもあります。

ただ、そのアプローチ方法は必ずしもわかりやすいものではありません。女性のアプローチ方法がわかりにくい理由についてご説明します。

女性のアプローチ方法がわかりにくい理由①:恥ずかしいから

多くの女性は恋をしているとその相手に対し恥じらいを覚えます。そのため、意中の男性に対しては積極的になりたい気持ちはあるものの、あまりにも大胆な行動には出にくいものです。

好意を寄せている人に対し、ストレートに好意を伝えられる女性はむしろ少数派でしょう。

さりげなく好意を示すことで相手が気が付くか気が付かないかドキドキしたいという気持ちもあります。

女性のアプローチ方法がわかりにくい理由②:周囲の目が気になるから

女性の中にはうわさ話が好きな人や、人の恋愛事情に常に目を光らせている人もいます。

まだ意中の人と親しくなる前からそういった人たちに恋心を嗅ぎつけらてしまうと、あっという間にそのうわさが広がってしまう可能性もあります。

そうなると本来ならうまくいくはずだったかもしれない恋愛でも、台無しになってしまうこともあるでしょう。そのため、ある程度恋愛が発展するまではとにかく人に気が付かれないようにしたいと思う女性も多いです。

また、「社内恋愛禁止」のルールがあったり、女友達と好きな人がかぶってしまったりしたときには、さらに女性は思いを伝えにくくなってしまいます。
こういったケースでは、恋愛ひとつするのにも周囲を説得したり周囲に理解してもらったりしなければなりません。

女性のアプローチ方法がわかりにくい理由③:失敗したときの保険をかけておきたいから

好きな人ができたからといって、必ずしも恋愛が成就するわけではありません。

もし意中の人が会社の同僚など普段から関わりのある人だとしたら、万が一相手に振られてしまったとしていきなり関係を切ることはできません。そのため、アプローチする際も慎重になる女性が多いでしょう。

仮にあからさまに好意を示すようなアプローチをしてしまった場合、相手に断られたり相手の反応が悪かったりしたときは非常に気まずい思いをします。

好意を寄せているのか、ただの社交辞令なのか微妙なアプローチだと、「あれは社交辞令でした」「同僚として誘っただけです」という言い逃れができるのです。

失敗したときの保険を考えるため、ついアプローチはわかりにくいものになってしまうことが多いでしょう。

気になる男性に向けた女性の密かなアプローチ10パターン

気になる男性に寄り添い話しかける女性

確かに女性のアプローチはわかりにくいかもしれません。しかし、その密かなアプローチに気が付けないとせっかくのチャンスを逃がしてしまうことにもなりかねません。

そこで、気になる男性に向けた女性の密かなアプローチ10パターンをご紹介します。

名前を呼んで挨拶をする

「おはようございます」「お疲れ様です」などの挨拶は日常的にするものではありますが、いちいち「○○さん、おはようございます」という人は少ないのではないでしょうか。

もしあなたに会う度に毎回「○○さん…」と名前を呼んで挨拶されるようであれば、その女性はあなたに興味を持って好意を示そうとしている可能性が高いです。

ただし、まれに誰に対しても名前を呼んで挨拶する丁寧な人もいますので、好意を確信する前に自分の名前だけが呼ばれていることを確認した方が良いでしょう。

用もないのに話しかけてくる

直接的に好意を示す言葉がなくても、用もないのによく話しかけてくるようであれば彼女なりのアプローチの可能性があります。

女性は好意を寄せている人とできるだけ多く話をしていたいと思うものです。そのため、特に用もないのに何かと呼び止められたり、用事が済んだ後もしばらく雑談が続く場合には好意を寄せられているかもしれません。

よく目が合う

直接的に話さなくても、なんとなくいつも目が合う女性はいないでしょうか。好きな男性のことはつい目で追ってしまうのが女性です。

また、恋愛テクニックのひとつとして意識的に「あなたのことを見ていますよ」とアピールする女性もいます。

ただ見ているだけとは何とも消極的なアプローチに思えますが、もし「よくこの人と目が合うな」と感じたら他にも好意のサインがないか気を付けてみてください。

よく笑顔を見せる

好意を寄せている相手に対し、仏頂面を見せたい女性はまれでしょう。

なるべくよく思われたいという思いがあるため、気になる男性の前では常に笑顔を見せたり感じの良い対応をしたりする女性が多いです。そのため、よく笑顔を見せる場合は女性の好意のアピールの可能性があります。

よく連絡がくる

デートのお誘いなどでなくても、特に用もないのに連絡がくる場合はアプローチの可能性が高いです。

とにかく口実を探してあなたと話したいと思っているため、たいした用事がなくてもLINEやメールなどで連絡をしてきます。

複数人で遊ぶときに必ず誘われる

複数人で遊ぶときに一緒に遊ぼうと誘ってくるのも好意の現れの可能性が高いです。

2人きりのデートではなく、複数人での遊びへの誘いなので脈なしかと思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、いきなり2人きりで遊ぶのはハードルが高いものです。

わかりにくいアプローチではありますが、複数人で遊ぶときに必ず声をかけられるようであれば、少なくとも嫌われてはいないでしょう。

以前話したことを覚えているとアピールされる

女性は気になる男性の話は集中して聞いていますし、印象に残るため内容をよく覚えています。そのため、話をしていて「そういえば前にも○○が好きって言ってたよね」「△△の近くの出身なんだよね?」などと前にあなたが話していたことを覚えているようであれば、あなたに興味がある証拠です。

特にわざわざそのことを覚えているとアピールしてくるのは、「あなたに興味があります」と伝えるアプローチと考えて良いでしょう。

リアクションが大きい

女性は気になる男性に対しては、よく思われたいと思うので相手の望むリアクションを取ろうとすることがあります。

たとえば、あなたの話を聞きながら楽しそうに相槌を打ってきたり、「すごいね!」などと大きなリアクションを取ったりすることもあるでしょう。

もちろん、好きな人の話を聞くことは楽しいことなので素直な反応かもしれませんが、ひとつのアプローチである可能性もあります。

質問をしてくる

あなたが話しているときによく質問をしてくるようであれば、あなたに興味があると示す一種のアプローチかもしれません。

興味がない話であれば質問など出ないはずなので、あなたに好意を寄せている可能性も十分にあります。

「気になる」と周囲に漏らす

周囲に「あの人のことが気になる」と漏らすのは、女性がよく使うアプローチ方法です。

どこかからその話が意中の男性の耳に入ることを期待して、その人に好意的なことを普段から周りに言う女性は多いでしょう。

密かな女性のアプローチを見逃さないで

女性のアプローチはわかりにくいものが多く、気を付けていなければスルーしてしまうことも多いでしょう。

しかし、女性はさまざまな方法で気になる男性に密かなアプローチをおこなっています。女性のアプローチを見逃すことがないよう、ぜひ参考にしてみてください。