1. TOP
  2. 女心
  3. 現在のページ
恥ずかしがり屋の好き避け女子

好き避けする女子の特徴・行動パターン12選!接し方や対応策は?

更新日: 2018年10月27日

執筆者: 監督

好き避け女子とは、「好きな相手をついつい避けてしまう」「好きと判られてしまう事に恥じらいを感じて態度がつめたくなる」などの状態で、最近増加中の素直になれない緊張しがちな女性達のことです。

自分から踏み出せずに逃避しているけど気になって仕方が無いと言う切ないものです。感情で行動しがちな女性であるのにその感情に逆らっている好き避け女子の共通点を考えてみます。

1.恋愛の経験値が低い

恋愛した経験が少ない為にどういう言動を取れば良いのか判らずに、おろおろした結果、態度がぎこちなくなり冷たい印象を与えてしまいます。

判らないので、変な事を言ってしまって嫌われるのが怖かったり、好意を持っている事が露呈して相手が遠ざかってしまう事も怖いのです。

経験が少ない為に相手に話しかけられると大変緊張してしまう自覚が有るので、会話したりしないで済む距離に身を置きます。

話しかけられれば緊張の余りたどたどしくなってしまい、逃げてしまったりして、自己嫌悪に陥ります。

当然態度も変になって居るので更に自己嫌悪に陥り、どうすれば良いかと言う事を考えるよりも近づかない事を選択します。

相手の事は遠くから見ていますが、目が合いそうになると目を逸らしてしまいます。目が合う事で気持ちを見透かされる事を恐れているのです。

会話に於いて目を見ないと言う事は礼儀状良く無いと判断され勝ちです。しかし、本人は承知の上で好きな相手にだけ目を背けてしまうのです。

そして、気付けば視界に入る場所に良く居ます。近くには居たいのにどう話したり行動していいか判らないのです。

遊び等に誘われてもパニックになり断ってしまいます。一緒に行動する時の事を想像して、現状の様にたどたどしい態度になる自分が見えていて、自己嫌悪で済めば良いけれども嫌われてしまったらと考えると怖くて誘いに乗る事が出来ないのです。

男性に対する免疫の無さが避けると言う好意に及んでいるのです。

2.恥ずかしがり屋

とてもナイーブな恥ずかしがり屋の人が多いです。好きな相手の前では照れてしまい、避けてしまいます。

相手の事を好きでも何でも無ければ恥ずかしがったり照れたりする事も有りませんが、好きな相手の前では心に恥じらいの感情が生じ思考が止まってしまうのです。

人に寄っては恥ずかしがる対象が周囲の人と言う場合も有ります。これは自分が好きな人を周囲の人に知られるのが恥ずかしいと言う少しだけ恋愛経験の有る人に見られる傾向です。

本人に知られる分には良いのですが、他人に知られるのは恥ずかしいと言う気持ちなので、この場合は二人きりになればきちんとした会話が成立します。

一人きりの時に話しかけてみて普通に目を見て会話出来る様なら、後者のタイプに属しますので、周囲の目さえ気を付ければ、恋愛に発展させ易いです。

3.プライドが高い人

仕事ができてプライドが高い女性に此の様なツンデレタイプが見られます。

周囲にいつも格好良く見られたいと考えている人とか、立場上かっこ悪い所を見せる訳には行かない人等で、恋愛感情が有る事を周囲に知られる事を嫌います。

この場合は仕事は凄いのに恋愛はヘタと思われる事がイヤな場合や、職場での恋愛で上手く行かなかった時に居場所が狭くなる恐怖や当然恋愛禁止の職場もあり、ルールを率先して破る訳には行かない立場等が有ります。これらの事が周囲に発覚する事に於いて職場に於ける自分の築いて来た地位が崩れる事が怖いのです。

頑張ってプライドを持って構築して来た仕事上の信頼を恋愛で失いたく無い人です。この様な不器用な相手の場合も周囲に気付かれずに二人きりの行動ならば恋愛に発展する可能性は高くなります。

4.イヤな言葉が口にでてしまう

怒る女性

本人はそんな事を言う気は無いのに、ついつい口からイヤな言葉が発せられてしまう人が居ます。

小学生男子が好きな娘に意地悪をしてしまうのと同様で、乙女になり大人の余裕を無くしてしまうのです。

言ってしまった後に当然の様に自己嫌悪に陥ります。

緊張の上での思考が鈍っている状態での言葉なので、本人に悪意は全く無く、テンパっていてテンションが上がっている状態で、制御不能なのです。

自分自身の内面の感情と正反対の行動なので、自制が効きません。

突然攻撃されるので、男性も戸惑う場面が多く見られます。人によっては嫌われていると勘違いする可能性も大きいので、このタイプは女子側が気を付ける事をお勧めします。

ただし、小悪魔タイプも居て、好きな人の困った顔を見てみたいと言うパターンも存在します。こう言う人の場合は、恋愛経験はそこそこ有り、普段は普通に会話出来るタイプで、時々避けたりして振り回す事で相手の気を引いていたいと言う心理が働いています。ツンデレと言う言葉が一番しっくり来るタイプなのです。

5.気付いたら近くに居る

特に話はしないのに気が付いたら近くに居ます。好きだから側には居たいけれど恥ずかしくて会話にはならないと言う状態です。

それでも緊張はしているのでドキドキおどおどしているのが態度に現れます。言葉に表せないだけに繊細な思いはとても強い物が有ります。

愛情はとても深く、女性らしい優しさと奥ゆかしさを兼ね備えているので、恋愛に発展すれば尽くしてくれる良い彼女になる要素が大変多いです。

ただし、隣に座っていて緊張のあまりグラスを倒す等の粗相も多いので注意は必要です。

タイプにも寄りますが、その相手さえ居なければ普通に存在していられるのに、気になる相手の前になると緊張してしまうと言う、周囲から見たらすぐに判る行動が多いのです。

ただし、態とグラスを倒してその後の処理を上手くやる姿を見せてアピールすると言うテクニックを持つ女性も存在しますので、普段の態度や周囲の意見等参考にして見極める事も重要になります。したたかなツンデレは決して御し易くは有りません。

6.無愛想で素っ気ない

普通は笑顔で好きな人を見る物ですが、このタイプは素っ気なく愛想も無しです。自分の気持ちを表現する事を拒んでいるのです。

一見取っ付き難い人に思われますが、好きな人にだけ取る態度で、他の人達とはフランクに接しているので判断がし易いです。

ただし、本来好き避けタイプの人では無く、ただ単に本気で嫌っている相手も同様なのでこれだけで判断するのは危険です。普段の別の行動からも多角的に判断する事が重要です。

ボディランゲージとして拳を握る等の戦闘的な姿勢の場合は嫌われていますので注意が必要です。しかし、基本的に相手を好きなので会話は上手く行かなくても、話しかけられれば一瞬笑顔にはなります。気持ちは顔に出ますが、対応出来ないだけなのです。

7.他の男性と仲良くする

自分の魅力のアピールに於いて本人に直接的に対応出来ないこのタイプの人は、往々にして他の男性達と仲良くして、人気が有る事を自己演出し、希少性を感じさせる様に仕向けます。

飲み会等でも意中の相手とは話さずに他の男性達と盛り上がる事で、自分の存在をアピールすると共に、近寄って来てもらえる様に仕向けます。

8.天の邪鬼な性格

ハートを持つ小悪魔

男性も同様ですが、この性格は好きな気持ちが強ければ強い程冷たく接してしまうタイプで、素直になれない人の典型的な例です。

元々が人の言う事を素直に聞かない性格なので判断が難しいタイプです。

コミュニケーションとして対応されていれば嫌われては居ないのですが、好かれているとも判断しがたいので、やはり普段の中で様々な事象を参考にしなければ好き避けかどうかは判定が難しいです。

9.メールやLINEの返事が遅い

折角連絡が来ても、即レスする事で自分の好意が露呈する事を恐れて、時間を置いての返信が多いのです。

無視する事や既読スルーする事も多く、文字だけでもドキドキしてしまって返事の言葉を選ぶだけでも大仕事で、変な事を書いて嫌われたらと怯えてしまう人も存在します。

特に文章に自信が無いとこの文で良いのか等と考え込んでついつい時間が経ってしまうと言う事も有ります。少しでも相手に好印象を与えたいと言う気持ちの現れとも考えられますが、それはスマホの向こう側には伝わらない作業なのです。

中には態と焦らす高度なテクニックを使う人も存在します。

ただし、好き避けの場合は遅くなったとしても何らかのフォローが入りますので、そこで判断する事が少しだけ出来ます。

なかなか既読にならないのも、読んでいたらレスを返さなければならないので、返事を考える時間稼ぎのケースが多いのです。又、即レスする事で暇な女とかツマラナイ女とか思われたく無いと言う場合もあります。忙しくて魅力の有る女で居たいのです。

10.短いLINEやメールの文章

メールを送ってくる女性

長い文章で気持ちがバレてしまったり、変な文体を送ってしまう事に恐れを感じてしまいます。相手のスマホにずっと残ってしまうこれらの文章は間違えたくは無いし、かっこ悪いのもイヤなのです。

結果的に短いものになり、時には一言だけの場合も存在します。又、長い文章は「めんどくさい」と思われる危険性も含んでいるので避ける傾向に有ります。

11.ほんのタマに積極性を見せる

好きな男性が他の女性達と仲良くしていたりすると嫉妬心が芽生えます。

そして思いが強くなって行くのです。

伝えられない気持ちが高ぶり感情が爆発しそうになると、一瞬だけ積極性を見せる事が有ります。しかし、いかんせん慣れていない行動で、経験もほとんど無いので、相手はびっくりするだけで進展は望めずに、より自己嫌悪に陥る結果を呼びます。

アプローチにしてもそうですし、フォローもどうすれば良いのか判らないので、とても落ち込みます。

完全な自爆なので何かの所為にする訳にも行かず、自己嫌悪の渦に巻き込まれてしまい1人で辛い思いを抱え込むのです。

12.他の女性を薦める

本当は自分に振り向いて欲しいのに、他の女性を推薦したりします。自分に自信が無いので怖くて仕方が無いのです。

推薦しておいて相手の反応を見ている場合もあります。人に寄ってはこのやり取りで、他の女性との可能性を無くす方向に話を持って行きライバルを減らして行くと言う高度な技を使う人も居ますので、遣り手女子の場合は注意が必要です。