1. TOP
  2. 女心
  3. 現在のページ
浮気をして彼女に謝る彼氏と怒る彼女

浮気を許す彼女と許さない彼女、それぞれの心理とは?

投稿日: 2018年09月28日

執筆者: みおり

浮気を許す彼女と許さない彼女の心理とは?

彼氏に浮気をされた時に、ほとんどの女性が悲しみ、怒ります。そのまま浮気が許せなくて別れてしまう彼女もいれば、許してくれる彼女もいます。その心理の違いはどこにあるのでしょうか。

浮気は立派な裏切り行為です。しかし男としてはついついしてしまうもの。その行動が彼女をどれほど傷つけて許せないと思わせるのかを考えましょう。

同時に許してくれる彼女はどんな心理かも知っておくと、浮気がバレた時の対処法も見つかるでしょう。

浮気を許さない彼女の心理7選

浮気を絶対の裏切り行為として問答無用に許さない彼女の心理はどのようなものでしょうか。

愛情が強い故に浮気を容認することができない場合や、心のダメージへの弱さが挙げられます。

時にはプライドも邪魔をして、許すという行為を頭から締めだしてしまいます。

愛情への見返りを求めている

自分が心の底から彼氏のことを愛しているのに、それが返ってこないと彼女としては辛いものです。

ましてやその彼氏の愛情が、仮に一部だったとしても他の女に向いていたということは耐えがたいことです。

こうなった時に今までの自分の愛情はなんだったのだろうという心理状況に陥ります。
見返りがない愛情に怒りを覚え、絶対に許せないということになります。

自分が特別でないと気に食わない

ほっぺたを膨らませて怒る彼女

恋愛をしていると、自分は彼氏にとってオンリーワンの存在だということを心から感じることができます。

しかし浮気によって、そうではなかったと知った時にどうしても許せないという感情が起こります。

自分だけを見て欲しいのにそれが出来ない彼氏であれば、もう用はありません。
自分のプライドを傷つけた彼氏を許すことなく去っていきます。

恋愛をゲームと考えている

対戦ゲームをするカップル

心の底から愛していれば浮気をされて辛い思いをしてもどうにか許すことができないかと考えて、自分自身を納得させようとします。

たとえ最終的に別れることとなっても、話しあいを求めるなど、許す方法を模索します。
しかし恋愛をゲーム感覚で行っていて、実は彼氏のことがそれほど好きではなかったら話しは別です。

浮気をするような男を辛い思いをしてまで許すくらいであれば、さっさと見切りをつけて新しい彼氏を探した方が手っ取り早いと考えます。

許す努力をしようとせずに、浮気イコールゲームの終了ということになり別れることとなるのです。

コンプレックスが強い

ブスな女性を調べる様子

自分にコンプレックスがある場合、浮気を許すことが難しくなってしまいます。

許す、許さないというよりは自分がいけないと思って、もうその彼氏との関係には見切りをつけます。

ある意味では浮気自体を認めてしまっているとも取れますが、関係が戻ることはないので許しを請うこともできません。

自分の容姿や地位などにコンプレックスを持っていると、彼氏が自分より優れた人と浮気をした際に「やっぱりな」という心理になります。

わざわざ自分のコンプレックスを際立たせる相手を選んだ彼氏に対して、自分のことを馬鹿にしてきたと思いこみます。

そうなるとそのコンプレックスの強さ故に、彼氏を許して関係を続けたとしても自分がみじめな思いをするのはもうわかっています。

結果的に、彼氏を許してやり直す選択肢はなくなります。

彼氏が汚いものにみえてしまう

嫌いな人を拒絶する女性

少し潔癖なところがあると、他の女性と関係を結んでしまった彼氏が突然に汚いものに思えてきます。

こうなってしまうと生理的にもう受け付けることができないので、許すかどうかの検討を待たずして終わってしまいます。

彼氏に対して嫌悪感しか感じられないので、関係を修復して元通りに付き合うことはもはや不可能になります。

精神的に耐えられない

頭の中では浮気には理由があると考え、しっかりと話しあいを行ったり自分自身の反省点をみつめて、許すという結論を出しました。
しかし心がそれを容認できないというのはよくあることです。

頭と心は別のものです。頭では許そうとしても、彼氏の顔を見る度に裏切り行為を思い出し次第に拒絶反応を起こしてきます。

精神的にもう耐えられない状態になってしまい、最終的には浮気は許せないという結論に達することとなります。

相手が納得いかない

不満を抱える女性

浮気を許す、許さないはケースバイケースという人もいます。

浮気相手がとても素敵な人で、この人が相手では敵わないなと思うと、浮気も仕方がないことだと許す気持ちも出てきます。

しかし浮気相手が納得のいかない人物だった時にはその怒りも大きくなります。

自分のことを裏切ってまで選んだ相手が、自分よりも劣った存在に見えた時に、相対的に彼氏の自分への評価の低さを感じてそれがそのまま許せないとう感情になります。

「そんな女の方が良いならお好きにどうぞ」となってしまい、許すという行為は選べなくなってしまいます。

浮気を許す彼女の心理7選

浮気を許す彼女恋愛経験があって余裕があるケースが多いです。同様にそんな恋愛に憧れるから許すというパターンもあります。

感情で結論を出すことよりもやや冷静に物事を捉える事が出来ていますので、浮気が許されたからといって、愛情が深いとも言いきれません。

自分に自信がある

自分に自信を持っている彼女は浮気を一時的な気の迷いと捉えています。

浮気をして他の女のところに行ってしまっても、必ず最後は自分を選ぶはずだという確信をもっているので余裕があります。

浮気を後悔するのは彼氏の方だと考えているので、本気で謝りさえすれば、むしろ優越感すら感じて許してくれます。

自分の彼氏がモテることを喜び、そんなモテる男を虜にしている自分に満足しています。

男は浮気をするものだと思っている

浮気をした男性のイメージ

男は浮気をするものだと思って半ば諦めているので、多少の浮気に対していちいち目くじらを立てるようなことはしません。

最終的に本気にならないのであれば多少の遊びは息抜きくらいに考えている、余裕さえ感じさせる心理です。

恋愛経験が豊富であればあるほど、男性の特徴についても理解しているので、大人の女性に多い考え方です。

器が大きいと思われたい

本心はどうであれ、浮気くらいで騒いでていたらいけないと思って許すという心理があります。

ちょっとした浮気で泣きわめいたりするのは格好が悪いと考え、浮気に対しても寛容な器の大きい女性だと思われたいという考えが怒りよりも先にきます。

嫉妬心に駆られるよりも、自分の理想の恋愛を貫きたいと思っているので、精神的に無理をしている場合もありますが、結果としては許すことを選びます。

本人も許した自分に自己満足できているので悪いことではないでしょう。

彼氏への依存心

彼氏に依存しているイメージ 赤い糸

彼氏への依存心が強過ぎる場合、許すという選択肢しかなくなってしまいます。

ここで別れてしまっては自分はダメになってしまうと思っているので、彼氏の浮気が分かった時にその責任は自分にあると考えます。

彼氏は悪くない、悪いのは自分だと信じきることで辛い現実から目を逸らしてでも彼氏からは離れられません。

幸せではないでしょうが、本人とっては最善の選択をしていることになります。

悲劇のヒロインになりたい

泣く彼女

浮気をされていて辛い気持ちを押し殺して、彼氏を許すという悲劇のヒロインになりたい心理が、浮気を許させます。

浮気を許す自分が好きなので、彼氏の浮気も恋愛のスパイスに過ぎません。

ただしこのパターンの場合は浮気は許しても、もっとドラマチックな出会いがあれば本人が別の恋愛を求める可能性があることを否定できませんのでご注意を。

彼氏にそれほど興味がない

「別れようかな」と考えている女性

彼氏に対してそれほど興味がなければ、許すも許さないもありません。

浮気をされて腹が立つことがあっても、感情を強く揺さぶられることがないので必死に謝っているならまあいいかと思ってしまいます。

謝って許されるなら楽ではありますが、愛情があまり感じられないので長続きはしないかもしれません。

損得勘定

損得勘定をする女性

彼氏が与えてくれる社会的地位や金銭面などのメリットが大きい場合は、損得勘定で浮気を許すことができます。

感情的になってそのメリットを失うくらいなら、浮気をされることなど小さな問題であるという考え方です。

愛情以外のところで結びついているので寂しい関係ですが、ある意味ではメリットを与え続けている限りは浮気も問題ないといえます。

浮気を許す許さないは状況次第

人間は感情の生きものでもあります。感情に左右される恋愛において、他の女性に彼氏を奪われる浮気はもっとも感情を揺さぶる要素の一つです。

しかし人間は頭でものを考えることもできます。それが時には感情を制御することもあります。

同じようなシチュエーションでも、自分の状況次第で許すこともできれば、許せないという判断も下します。

浮気を考えている男性はその点をよく理解したうえで、自分の彼女の性格や状況を見極めたうえでの浮気を心掛けてください。