更新

女性の恋愛心理を知り、女の隠された本音を見極めよう

本音と建前を使い分ける女性

デート中彼女にふと目をやると、携帯をいじりながら何やら他のことを考えていそうな雰囲気…。

女はフクザツな生き物で、女の本音は直接聞いてみたところで素直に答えられるものでもありません。

あなたの知らぬ間にすっかり彼女の気持ちが離れていた…なんてことにならないように、しっかり彼女を観察して、女の本音を探り、さまざまな危機を回避しましょう。

スポンサーリンク

やはり連絡はマメな男がいい

彼女からメールを強要されている方は分かるでしょうが、女は好きな人からならいつでも連絡を欲しがるものです。「キミといつでも繋がっているよ」という安心感を得たいのです。

彼女から建て前上「忙しいときはしなくいいからね」「返信はだいじょうぶ」と言われていてもそれを鵜呑みにしてその通りにしてしまうとあとでご機嫌を損ねることになります。

女を喜ばせるには、1回でドカっと長文メールを送るより、1件は短文でもいいので小分けにしてこまめに送る方が効果的。

「単純接触の原理」といって、人は何回も会っている人と親密になっていくというもので、実際に顔を合わせなくてもメールでこまめに接触していればそれと同様の効果が得られることも分かっています。

電話ならば、月に1度の長電話よりも、それを小分けにして数分でいいので、回数を増やした方が女性は喜びます。これも同じ原理です。短くても週に1~3回の電話にしたほうが女の満足度は高くなるのです。

マメではない男性からしたら少々面倒なことですが、人は連絡が無くなると途端に不安に思い、悪いほうへ勝手に考える傾向にあるため、連絡が空いてしまうと思わぬトラブルに発展する可能性が高くなります。

ただ、女の本音はフクザツで、中には毎日連絡が来るというのを束縛に感じたり、毎日毎日判を押したようにメールを習慣にされることに不安を感じる人もいます。したいからしているのではなく事務的にしていると感じてしまうのです。

男性も義務感でやっているのか、したくてやっているのか分からなくなってしまいます。飽きも早くきてしまうので、毎日は連絡する必要はないでしょう。

特別感が好き

男性に特別感を感じる女性

女は「自分にだけ話してくれた」「二人で秘密を共有している」「私にだけからかってきたりちょっかい出してくる」「私には本気で叱ってくれる」などのように、自分にだけ特別に○○してくれる、という状態が大好きです。

女同士の会話で、「○○くんって私にすっごい意地悪するのよ~。ほんとムカつくの!」なんて声が聞こえてくることがよくありますが、これも実は内心では喜んでいるのです。

全くムカついてません。むしろこれは自慢です。本音では「○○くんってあなたたち(他の女子たち)にはからかったり意地悪とかしないでしょ?私は特別なのよ。私たちって仲良しなの。」と言いたいのです。

男性が、気になる女性にだけいつもと違う一面を見せる、というのは、ギャップに弱い女性にとってさらに効果があります。

例えば、おとなしそうな人が実は俺様、や、頑固でコワそうな人が優しい一面を見せたり、などのギャップ効果が女は好きなのです。

このように「自分にだけ、他の人が知らない一面を見せてくれた」と女性に思わせることができたなら、親密になりやすいということを覚えておきましょう。

この効果を利用するならば、遠慮は禁物。遠慮せずに自分を出してくれることに女性は喜びを感じるのです。

ワガママな男が意外にモテてしまうのはこういう理由があるのかもしれません。

見た目はいいほうがいい?

一般的に男性は女性の見た目をより重視するとよく言われますが、女性にとっても初めて会った時の男性の見た目の印象はやはり大事です。一回目で中身まで知ることはとても難しいので、見た目の印象がすべてになります。

ですが、見た目といっても、特にあなたがイケメンである必要はありません。

なぜなら、人は相手を見るとき「自分と釣り合っているか」というところを本能的に重視しているからです。

なので、お相手がものすごい美人とかでない限り、そんなに気にしなくてもいいのです。
それよりも男性に清潔感を感じられるか、爽やかな雰囲気かどうかのほうが女性にとっては大事です。

人は魅力的な容姿の人を見ると、その中身も素晴らしいと判断します。これは「ハロー効果」という心理で、ひとつの魅力的要素だけで、その人のすべてを高く評価してしまうのです。この心理を利用するなら、やはり最初の印象でできるだけよく見えるように頑張りましょう。

街を歩いているカップルを見ると、男女の顔がとても似ているなと思うことがよくあります。これは理にかなっていて、人は無意識に自分と似た人に親近感を覚えるためです。

必然的に顔立ちが似ている人を好きになりやすいので、男性は自分となんか似ている、自分のお母さんや女きょうだいと似ている、という人も選びやすいです。自分と似ている人を探せば逆にその相手にも好感を持たれやすいでしょう。

また、普通っぽい顔の男性が意外にいちばんモテるというデータがあります。
これはイケメンの彼氏だと、他の女にモテてしまい、余計な心配が増え、よっぽど自分に自信がない限り疲れるためです。

そしてだれにでも好かれるクセのない普通の顔の男性の方が手に入れやすいので普通顔が好まれるのです。これは逆も言えます。男性も意外と普通っぽい女性が好きなのです。

普通っぽさとは真逆の、オタクの男性や超個性的な男性でもモテる人はモテます。これはその男性が一人の女性に一途になったときにその効力を発揮します。

また、彼らの中にはマメな優しさを持っていたり、よ~く見ると結構なイケメンであったり、頭が良く知的だったり、意外にセクシーだったり、すごい話術を持っていたり…と女性の好きな「ギャップ」を持つ男性がいます。これは本当にモテます。イケメンを上回る強さです。

イケメンは自分とは付き合えないだろう、イケメンが好きなのは夢や妄想の中でだけ、理想と現実は違う、こう考える女性の方が圧倒的に多いからです。

オタクや超個性的な彼らは一見すると一般的にはモテない男性の部類に入るため、彼らがひとりの女性にターゲットを絞ることにより、その女性は「特別感」を感じます。
その女性からすると他にライバルがいない、自分だけが彼を独占できている、彼は自分だけを一途に見てくれる、自分だけが彼のカッコいいところや良さを知っている、という「特別感」です。これはまさに、先の項目で出てきたとおりの「特別感が好き」という「女性の本心」に他なりません。

余談ですが、彼女だけが知っていたはずの彼のカッコよさが、芸人さんやアーティストに備わっている魅力であり、彼らが売れ始めて人気が出ると途端に彼らはモテはじめ、彼女だけのものではなくなり、彼女は別れを決意する…、ありがちな話です。

彼らの新しい彼女には、新しいステージに上がってレベルアップした彼らにふさわしい女性が選ばれることでしょう。

あなたらしさを貫くことはイケメンであることよりも大事という話です。

尽くすのは見返りを期待しているから

初めはマメであったとしても、男性は一般的にだんだんマメではなくなるもの。そうなると女性は不安になり、男性を余計に追いかけたり、尽くしたりするようになります。
それは、構ってほしいからです。

女性があなたに尽くすのは、それと同じくらいの愛情が欲しいから。
つまり「見返り」を期待しているのです。なので、尽くされている男性が「こいつは俺に惚れてるな」と安心して、その関係にあぐらをかいていると、いつの間にか溝ができていて、彼女から別れを突然告げられる、なんてことになりかねません。

彼女があなたにしょっちゅう連絡をするよう強要してきたり、世話を焼いてきて少々ウザいと思ってしまったとしても、コミュニケーションを面倒がらずに、女の本音をちゃんと理解し、話をじっくり聞いてあげるようにしましょう。

女性が指で自分の髪をいじったりしているときは、不安に思っていたり、さみしいときとされています。そんな様子が見えたら、積極的に話しかけてあげましょう。

長続きするカップルはコミュニケーションがよく取れていて、バランスのよい「ギブ&テイク」の関係であることが多いです。

どちらか一方ばかり尽くすという関係は尽くしている方が疲れてしまい、不公平に感じるため、長続きしないのです。
してくれたことに感謝していれば、自然とうまくいきます。

女の相談はただ共感してほしいだけ

女性の相談に乗る男性

女性から相談されたらそれは脈ありです。好意がどれほどかは別としても相談相手を信頼していて、特別な存在に思っているからです。

ただ、女性の相談というのは男性には理解できないことも多いです。というのは、女性の相談は結論や解決法を求めているわけではなく、聞いてほしい、分かってほしい、共感してほしい、と思っていることがしばしばあるからです。
相談というよりは愚痴に近い感じです。

男性は最初に何の相談なのか大体の内容を先に知りたいものですが、女性はというと、だらだら話が続き、結局何の相談なのか相手にはよく分からないことがあります。

女性は相談しているうちに自分の気持ちを整理しているのです。
なので、女性から相談されたら、解決法を提案することだけに重きを置くのではなく、どうしてそのような気持ちになってしまったのか、どんな気持ちを理解してほしいのか、など、女の感情のほうに目を向けてあげるようにし、話を聞いてあげてください。

「うん、うん」と合いづちをタイミングよくうって、話をよく聞いている姿勢を見せれば、すぐに心を開き、あなたは特別な男性に昇格できるでしょう。

まとめ

以上のように、女の考えていることは分かりにくいので、男性からすると、女の本音を探ることは難しいかもしれません。

でも、女は感情を中心に動く生き物で男性とは根本的に違います。お互い歩み寄らなければうまくいきっこありません。

女は適応能力があるので、男性に合わせようと日頃から努力しているはず。「いつもありがとう」をたまには口にして恋愛を長続きさせましょう。

女性は嬉しい言葉を言ってもらうとそこに愛情を感じます。
彼女のヘアスタイルや容姿などちょっとしたところを褒めて、女を喜ばせ、寂しそうなときはたくさん話を聞いて共感し、感情を共有してあげましょう。

ページトップへ戻る