1. TOP
  2. 男心
  3. 現在のページ
元カノに未練タラタラ男子のイメージ

元カノに未練タラタラ男子の行動の特徴10つ

投稿日: 2018年05月25日

執筆者: まっくん

付き合っていた恋人と別れたときに、どんな別れ方だったにしても女子は割とあっさり気分を切り替えて次の恋愛に進めるのに対して、男子はいつまでも元カノ未練タラタラで引きずって、チャンスさえあれば復縁したいかもとぐずぐずして次に進めない傾向があります。

ここではそんな元カノに未練タラタラ男子の行動の特徴を10つ紹介します。

1.元カノのSNSをチェックする

元カノに未練タラタラ男子の行動の特徴の筆頭は元カノのSNSをチェックすることです。

別れたけれどSNSは一応そのままになっている場合はもちろん、別れを機にSNSの繋がりを切った場合でも、未練タラタラならフレンド関係にないのにこっそり全体公開の情報をチェックしている可能性が高いです。

元カノのSNSをチェックすることで、プロフィール写真が充実した雰囲気のものに変わった、新しい男の影が出てきたかどうか、自分と別れた後元カノは後悔して落ち込んでいるのかどうかなどを絶対にチェックしています。

実際のところそんな元カレにすぐ分かるようなサインをSNSに載せるようなことを女子はしないのが当たり前なのですが、未練タラタラ男子の場合は、ちょっとの変化を見つけて奇跡の復縁が起こらないかどうかを常に一日中チェックしています。

2.自分のSNS更新が頻繁になる

元カノ側のSNSをチェックするだけに留まらず、自分のSNS更新が頻繁になります。別れてしまって直接連絡しづらい以上、SNS上でお互いの近況を探り合って復縁のきっかけにならないかと僅かな望みを賭けているからです。

更新内容もなんとなくセンチメンタルになっている風を強調して投稿して、元カノを心配させようとしてみたかと思えば、突然人間的成長を見せるような意識高い投稿をして、元カノが自分に惚れ直すように仕向けてみたりといろいろです。

基本的に全て空振りに終わるとはいえ、付き合っている時は放置気味だったSNSの更新が突然頻繁になった時は、元カレなりに復縁のシグナルを発信しているつもりなのです。

3.元カノの連絡先を消せない

元カノに未練タラタラ男子の行動の特徴でベタなのは、元カノの連絡先を消せないことです。

元カノに未練があって断ち切らなければいけない時ほど、連絡先を消すか、すぐには連絡できない状態にすることが必要なのですが、もしかしたら元カノが心変わりしていきなり連絡してくるかもとか、いつか勇気を出して連絡すれば復縁できるかも知れないと思ってやっぱり消せない元カレは未練タラタラです。

直接連絡を取る可能性が低くても消せないのはそれ以外に、連絡先を消すという行為によって本当に元カノと完全に別れたという事実を受け入れたくない心理もあります。

今はケンカして距離を置いているけど、時間が経てばきっと復縁できるんだという淡い望みの表れです。

4.元カノとの思い出の品を捨てられない

部屋にある元カノと一緒に旅行した先の思い出が詰まったお土産、元カノからもらったプレゼントなどなど。もちろん円満に別れて思い出自体が嫌なものになったわけではないという理屈はありますが、本当に未練が無くて元カノとの思い出に一区切り付けて新しい恋愛に進むなら、思い出の品はちょっと見えないところに片付けるなり何か一つ残して捨てることも考えるはずです。

でもそれが出来ないのは、連絡先と同じで元カノと別れてもう復縁できないという事実を認めたくない心理の表れなのです。

5.友達づてに元カノの近況を知りたがる

失恋から立ち直れないビールを飲む男子

自分と別れた後、落ち込んでいるのか吹っ切れて元気にしているのか、新しい彼氏ができたのか?新しい彼氏が出来たとしたらそれはどんなやつなのか?などなど気になって仕方ないのはわかりやすい未練タラタラな状態です。

そしてそれを直接聞くのでもなく友達づてに聞くというのも、先に情報を仕入れておいて復縁の戦略を立てて、次に元カノに動きがあった時にどう振舞えばいいかを毎日シミュレーションしているというわけです。これはもう未練タラタラ以外の何物でもありません。

6.友達づてに自分が復縁したいことを匂わせる

元カノに未練タラタラ男子の行動の特徴は、共通の友達やSNSを通じて情報収集するだけでなく、できるだけさりげない方法で自分が復縁したいことを匂わせ、元カノに伝わるように工作することです。

共通の友達が元カノと会った時に「アイツ、あんたと別れてからずっと落ち込んでるみたいだよ。」「アイツ、あんたから謝ったら復縁してもいいって雰囲気だったよ。」なんて伝えてくれて、元カノから連絡が来れば自分で積極的に動かなくても有利な状況で復縁できるという夢を見ています。

実際のところそこまで本当に復縁の余地があれば、もっと早い段階で連絡があるはずなので、まあ友達づての工作が上手く行く可能性は低いのですが…。

7.理由を付けて元カノに連絡する

元カノに連絡をする未練タラタラの男子

元カノに未練タラタラ男子は、別れたからもう吹っ切れているというポーズを取りつつも何かと理由を付けて元カノに連絡することです。

大昔に一緒に行った店の名前が思い出せない、共通の友人のどうでもいい噂話、暇だからどうしてるかと思って…などなど、さりげない風を装いながらもコンスタントに連絡を入れてきます。

それによって相手の近況や、自分に対しての気持ちが残っているのかどうかなどをいろいろ探りたいのと、あわよくば「暇なら久しぶりに飯でも行かない?」というきっかけにしたいのです。

まあ、他の特徴のように陰でこそこそ嗅ぎ回るよりは直接連絡する分潔い未練タラタラ男子だと言えます。

8.偶然出会えそうな場所をうろうろする

元カノに未練タラタラ男子の行動の特徴は、元カノの職場の最寄り駅、元カノがよく買い物に行っていた町、よく一緒に行っていた繁華街などをうろうろすることです。

そこで偶然ばったり出会って「おう、久しぶり。どうしてる?お茶でもする?」と持っていきたいという夢を見ているのが一つと、もう別れて一緒にここを歩くこともないんだという現実を受け入れられずに、思い出の場所をさまよっているという悲しい行動の可能性もあります。

ただ、思いつめるタイプの元カレだとストーカー化しかねないので要注意な特徴です。

9.聞かれてもいないのに元カノに未練が無いと断言する

元カノに未練タラタラ男子の特徴は、事あるごとに「俺、あいつに未練なんてこれっぽっちもないから!」と発言することです。これはただの強がりで未練タラタラでいつも元カノのことを考えていることの裏返しです。

本当に未練が無いならそんなことわざわざ発言する理由も無いわけです。

まあ、そんなツンデレな様子が可愛く思って復縁しちゃう元カノもいるかもしれないし、そんな健気な姿に心打たれて復縁の為に奔走してくれる共通の友達もいないわけではないので、本人にとっては元カレとのつながりを最後まで保ちたい一心での心の叫びなのです。

10.チャンスがある女子に見向きもしない

元カノに未練があるかは、新しい恋愛に対する向き合い方でもわかります。つまり元カノと別れた後に、別の新しい女の子と距離が接近してもう一分張りで付き合って恋人になれるという状況なのに、新しい女の子に積極的でなかったらやっぱり元カノに未練タラタラで間違いありません。

普通に考えればせっかく失恋から新しい恋に進むチャンスなのにもったいないのですが、そう思わないくらいに元カノ以上の彼女はもう現れないという気持ちや、ここで新しい彼女を作ってしまったら今後元カノとの復縁はあり得なくなるという決断がやっぱりできないのです。

どのパターンにしても未練タラタラ男子の行動は涙ぐましくていじらしいですが、その未練が実を結ぶ可能性が低いのが可哀想ですね。