更新

実は脈ありサイン!男性の好き避け態度の特徴と対処法

好き避け男性のイメージ

好きな男性に避けられていると感じたことのある人は多いのではないでしょうか。避けられることは決して心地いいことではありませんが、これは実は脈ありサインの可能性があります。

脈ありサインである”好き避け”なら、ゴールはもうすぐそこにあります。ゴールの手前のサイン、男性の好き避けについて詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

1.ほんとに存在する好き避け男性

1-1.好き避けとは

そもそも好き避けとは、「相手が自分自身に好意を抱いていることに気づき、恥ずかしい余りに思わずその相手を避けてしまうこと。」(辞典調べ)という意味を持ちます。読み方は「すきよけ」です。

1-2.好き避けをする人とは

この好き避けは、性格にもよりますが、やはり男性に多く見られる行動ではないでしょうか。男性はある女性に好きというアピールをすることが苦手な人がたくさんいます。

プライドが高い男性にとって、苦手なことというのは、人にあまり知られたくありません。ですから、そういった弱みを隠し、平常心を保つために好き避けという行動に出るのです。

たとえば、仕事場での休憩室にて数人で他愛もない話をしているときに、好き避けをする男性は、意中の女性とは絶対に目を合わせません。なおかつ、他のメンバーといつもよりテンション高めに喋り出します。
この状況だけ見ると、女性は好き避けをする男性から疎外感を感じるでしょう。しかし、このとき好き避けをする男性は、精一杯あなたを好きという気持ちを抑え、平常心またはいつもの自分より張り切って、なにも気にしていない振りをしているのです。

他には、こちらから喋りかけたり、親切にしたりしても、返事が素っ気なかったり、常識なら外れた行動をしてしまう男性がいます。
これは、好きだからこそ相手の行為に過剰に反応してしまい、正常な受け答えができなくなって自分でも分からなくなってしまい、結果、あなたから距離をとろうという行動に出るのです。

1-3.好き避けをする心理

好き避けをするときは、無意識にしてしまっていることが多いです。意中の人のことを考えるがあまり、頭の考えがまとまらなくなり、結果避けるという行動にとっさに出てしまいます。

女性としては、「そういうときこそ、逃げずに向き合ってよ」と思うかもしれませんが、男性はいつでも完璧で強いということはありません。

完璧で強い男でいるために、頭を使って理想像になりきっているのです。これは自分に余裕があるときにしかできません。

意中の人を目の前にすると、誰でも余裕がなくなります。ということは、男性は完璧で強い男であることを保つのは難しくなります。
このとき、考えがまとまってないまま下手に近づいて行動に出ると、失敗したときのダメージが相当大きいはずです。それでしたら、今この瞬間は避けよう、素っ気なくしようという選択をするのです。

忘れてはいけないのは、これは好き避けをする男性が誰にでもする行動ではないということです。

余裕がなくなる時にしてしまう行動である好き避けは、なんとも思わない女性の前では起こりません。なんてったって、余裕がありますから。
これは脈ありのサインと認めてもいいのではないでしょうか。

2.脈ありサイン

2-1.脈ありサインとは

好きのイメージ likeボタン

脈ありとは、「見込みのあるさま、展望があるさま。期待が持てるさま。特に恋愛ごとなどについて用いる。」(辞書調べ)という意味です。

脈ありということは、期待が持てるということ。そのサインに気づけば、あとはゴールのために行動を起こすのみです。

2-1.多様な脈ありサイン

脈ありサインというのは、この世の中に数多く存在します。その中の一つが好き避けです。

この記事を読んでくださった方は、脈ありサインの種類をまた一つ、知ることができました。脈ありサインを見逃さないためには、脈ありサインの種類を多く知っておくことが重要であります。

知らなければ、気づくことすらできません。これではせっかくの脈ありサインが目の前を通り過ぎてしまいますよね。

2-2.脈ありサインの基本

サインには、良いものも悪いものもあります。人によって、その感じ方は異なります。
このさまざまなサインを多く取り入れることができていれば、気づけた時に、「次はこんなアクションを起こそう」とか、「このアクションは控えよう」とか次に繋がる考えが自然と出てきます。

つまり、サインを多く知っていて、そのサインにたくさん気づき、意中の男性について深く知ることができれば、より最善の考えがひらめいて最良のアクションを起こすことができるのです。

ここまで、好き避けの真意と脈ありサインの重要性を述べてきました。次に、この2つが結びついた時、どのようなことが起こるのか、書いていきたいと思います。

3.脈ありサインと好き避け行動の関係

3-1.好き避けを目の当たりにしたときには

脈ありサインである好き避けを受け取った場合、普通なら「もったいぶらないで素直に言ってくれれば良いのに」とか「ちゃんとわたしに接してよ」とか思う人が多いですよね。このときに、好き避け男性にされたことと同じ行動で返してはなりません。女性はそれを受け止めた上で、さらに大人な対応をするべきです。

なぜなら、余裕がなくなっているとき余裕がある人を見れば、落ち着きます。そして尊敬の眼差しを送ることもあります。ここはさらに自分をアピールするための絶好のチャンスなのです。

余裕のある行動を意識しつつ、好き避け男性に接し続けると男性は好き避けの次の段階の行動をします。それは素直になることです。

ほんと?と思う方もいるかもしれません。ぜひ、試してみてください。
たとえば、帰り際に自分にだけ挨拶をちゃんとしてくれない好き避け男性に、立ち止まって笑顔で挨拶をしてみます。
すると男性はびっくりしつつ、素直に挨拶を返してくれます。このあとの男性心理は、達成感に満ち溢れ、自分に自信が持てるようになります。

こうして好き避け男性からの行動に大人な対応で返していくことで、男性は自分の殻を破り、もっと余裕のあるわかりやすい脈ありサインを送ってくれることとなるでしょう。

3-2.脈ありサインを感じたら

この好き避けという脈ありサインに限らず、脈ありサインを感じたときは、感じただけでは発展しません。感じたときこそ、女性はチャンスをしっかり掴み、アクションを起こすべきです。

とは言っても、避けられるということは悲しいことです。あまりにひどいときには直接、本人に聞いてみることもありだと思います。
「なぜ自分のことを避けるのか」とストレートに聞いてみてはいかがでしょうか。こんな大胆な行動はできないという方は、共通の知り合いに聞いてもらってはいかがでしょうか。

もしかしたら、避けているつもりはないかもしれませんし、避けていたとしても好き避け男性にそれを自覚してもらうことで、なにか変わってくるでしょう。

まとめ

これまで、脈ありサインと好き避けについて述べてきました。
大切なことは、このサインに気づくことです。気づけば次のアクションに移ることができます。

好き避けをしてしまう人がいることを認識し、しっかりと受け止めましょう。すると好き避けから次のステップにあがるとこ間違いなしです。

おまけ

もしあなたが、意中の彼に避けられていて悲しみ悩んでいたら、意中の彼はびっくりすると思います。彼は無意識に、とっさに、その行動をしてしまっているので、あなたを傷つけるつもりなんて全くないのです。

少し自分と彼の関係を斜め上から見て、今何が起こっているのか冷静に考えて見てください。なにも、落ち込むことなんてありません。あなたは脈ありサインを受け取っているのですから。

ページトップへ戻る