1. 恋活
  2. 現在のページ
ハッピーメール 危険 リスク

【実録】ハッピーメールにいた危険人物と学んだ安全に使うコツ

PR 投稿日: 2024年01月18日

半年前にハッピーメールで男性と出会って、現在婚約中の30代OLです。マッチングアプリで、希望の異性に出会うまでにあった危険なやりとりについて執筆しました。

別のアプリでは会員数が少ないせいか、やりとり自体が少なかったので、中々出会えませんでしたが、ハッピーメールではメールのやりとりの量が違いました。

会員数の売りは嘘じゃないなと感じたので、ハッピーメールで実際に出会った危険人物と安全に使うコツをまとめました。

相手からのアプローチを待つよりも自分から

自分からアプローチする女性

登録してすぐに気付いた事なのですが、別のマッチングアプリに登録した事がある人なら
分かると思いますが、ハッピーメールはプロフィールが充実していなくても連絡をくれる人が多いです。

個人的な意見を言うと、大量にメールが来る分、危険なやりとりも増えるという事です。
返信ばかりしていると、いきなり会いたいと話題を変えてくる方が多かったんです。
正直、いきなり連絡をしてきて、雑談していましたが相手の事が何も分からない状態で、
「会いたい」とメッセージが来ても会う気にもなれないですよね。
しかも、相手の女性の好みも趣味も何が目的かも不明なまま、ただ会いたい、気が合うと言い張ってくるのです。
連絡が大量に来るのはいいのですが、正直素性も分からない人とは連絡はしにくくなりますよね。

そして攻撃的な人も多々いました。
現在の婚約者も「女性からのアプローチが異様だった時期がある、これがサクラか」と納得していたようです。
最近は男女関係なく、業者が混じっている事が普通なようです。

素性を知らない同士でやりとりをしているなら、好みの人を見つけてこちらからアプローチをした方がいいですね。
メル友を作る感覚で使っている人もいるとは思いますが、真剣に出会いたいなら、こちらから動いた方がいいです。
楽しく雑談するだけで終わってしまってはもったいないので、会いたいとこちらからアプローチするのも大事ですね。

写真なしでこちら側の写真のみを請求してくる

危険人物の行動にうんざりする

どのアプリでも言えることなのですが、写真が分かりずらい物だったり、デフォルトのままの人が多いです。
しかも、私がちゃんと写真を載せているのに、いきなり「写真頂戴」と言ってくる方が多かったですね。

男性側もですが、「本人ですか?」などといきなり失礼なメールをしてくる人がいたそうです。
婚約者は自分の写真を載せていたのですが、やはり抵抗があったらしく半年ぐらいで辞めようと決めて掲載していたそうです。

男性側にも女性側にも失礼な事に、写真のみ交換してそのまま連絡が途絶える人が多いようです。

情報収集みたいで少し気味が悪いですよね。そういう場合は私は「プロフィールに載せてる」と返していたのですが、そのまま音信不通、最悪な場合はブロックされた事もありました。

治安があまりよくない時期だったのかなとは思ったのですが、サクラ以前に失礼な人が多々いるのは事実です。

登録者数が多い分だけ、不思議なメールもたくさんきましたが、素敵な出会いがありました。

写真のみ請求してくる、男性・女性からのメールには返信しないのがいいでしょう。
それ以上に発展する事はほぼないに等しいですし、時間の無駄です。

一番最悪だったのが、掲載している写真と請求していないのに送ってきた写真がかなり別人で、反応に困った事です。
プロフィール見てメールをくれた子にはどうしてるんですか?と尋ねると「それが僕です」と言い張るそうです。
正直、これって最悪だし実際に会う時はどうするんだろうと悩んでいました。
現在の婚約者のカレですが、私の写真と本人を見比べて、一瞬だけ「ん?」って顔をしていましたが、正直困りました。

結局はSNS時代

最近はどのアプリにもSNS機能がついていますよね。
私は婚約者とはSNS機能(ブログ)のコメントからメールをし始めてマッチングできました。

実はメールのやりとりで、変なメールばかりきていて疲れてしまい、ブログ機能で日記の掲載を楽しんでいました。
そろそろ退会しようかなと悩んでいたのですが、婚約者も日記を書いていたので、仲間が見つかったと嬉しかったです。
正直、荒し行為のようなメールしか来ない時期があり、メンタル的にも疲れていました。
プロフィールに「メール返せません」と書いた時期もあったぐらいです。

それぐらい意味不明なメールがたくさん着ていたのも事実なのですが、正直メールをしても出会えないなって思った人は、アプリ内のSNSで日記を公開してみるのもありだと思います。

サクラや業者はこんな所まではチェックしていないと思いますし、正直女性同士、男性同士でも交流できるので、かなりいい機能だなと面白かったですね。

危険なメールが横行している時は、SNSを使って相手を探してみるのもありです。
ただし、ハッピーメールのルールで、メール以外での相手へのお誘いは禁止になっているので、交流のみでしたが、かなりいいと思います。
気になったらメールしてみてはどうでしょう?
ちなみに婚約者と私は、私からメールをしました。

日常的な事を書くだけでも、共通点が見つかってメールの内容も充実すると思いますし、何より自分を分かってくれている人との方が、実際に会った時も安心して会話できます。

友人に対するSNSよりも、異性にアピールできる場所と考えると気が楽かも知れないですね。

会う気はないのに住所(家)を特定してこようとする人

特定しようとする危険な男

好意がないのに連絡を頻繁にしてくれる方がいたのですが、何故か「今日、駅前にいた?」や「○○中学校卒業だよね?」などと個人情報を特定しようとしてくる方がいました。

正直、知り合い感覚でメールをくれていたのだなとその時は気にしませんでしたが、地元でハッピーメールを登録していたので、その時は「いないよ、今日は車で出掛けたよ」と適当に返信をしました。

その時は何も疑っていなかったのですが、「今日はって事は普段は駅使うよね?」と聞かれ「使うよ」と普通に返信をしていたのですが、後に婚約者に「それってまずいよね?」と言われてやっと気付きました。

正直、その時はその人は普通にメールをくれるし、会いたい人リストにも入っているぐらい紳士な人だったので…
そういえば、会いたいって言ってこないし、なんか変だなとは思ってはいました。
でも互いに地元だし、すぐに会えるなと思って気にしていなかったのです。

婚約者曰く、「俺だったら、こんなこと聞かないし、会う約束もしてない子の事特定しようとしないよ」と引いていました。
私が会いたいと思っていた人だったので、気が緩んでいたのも事実ですが、浮かれて個人情報の漏洩を気にしなくなっていたのも事実だと思います。

「そんなに会いたかったの?」と婚約者に諭されて、目が覚めました。
ちなみに、現在は互いに退会しましたが、今後はマッチングアプリ自体を禁止にした方がいいと言われてしまいました。
気が緩んでいる時ほど、危険な目に合う可能性が高まるので注意しましょう。

男性の方が危険な目に合いやすい?

危険な出来事を語る彼

現在の婚約者の男性に合う前に、実はメールとラインできっちりと連絡先を交換してから会いました。

実は私は、ハッピーメール内のやりとりのみで、何回か異性と出会った事もありましたが、それは婚約者的にはNGだったようです。

実は女性側よりも男性側の方が、すっぽかし行為などが横行していたらしいのです。
それはマッチングアプリなら仕方ないことなのではと思ったのですが、慎重になるのにはワケがあるそうです。

男性側は加害者扱いされることが多いらしく、身構えてしまうそうなのです。
私と会う前に何名かとマッチングしたらしいのですが、「変な事したら通報する」といきなりキレられた事もあったとか。
会うまでは普通の子だったのになと漏らしていましたが、相手の子もナーバスになっていてその時は1時間程で話を切り上げたそうです。本当はホテルまで行く約束だったそうなのですが、非常に残念がっていました。
女性側がナーバスになり過ぎてたという事もあるとは思いますが、「好みじゃなかったのかな」と婚約者は苦笑いでした。
普通のさわやかな成人男性といった見た目なのですが、何かあってからじゃ遅いのでと、今後は連絡しませんと約束させられて帰ってきたそうです。

男性側も大変なんだなと心底、マッチングアプリの話で婚約者とは盛り上がりました。
色々な人と出会えるのはいいのですが、かなり不思議な出会いもありました。

実際に会ってみてから判断するのはアリ?ナシ?

AとB 選択 女性

写真がない男性から、実際会ってみて判断して欲しいと言われました。

スマホの時代ですから自撮りができないなんて事はないと思いますし、ルックスで差別されてるなって感じる事も多いので、そういう人の気持ちは分かるのですが、アプリのルールを守っていない時点で何かあるのだなと察した方がいいです。

婚約者は会う約束して、実際に来た子が写真とはあからさまに別人でびっくりした事があったそうですが、気付かなかった振りをしたそうです。

ちなみに、「可愛い子だったから、写真と違っても文句は言わなかった」そうなのですが、盛れてるとかのレベルではなかったようです。

何より髪型が違って驚いたそうなのですが、このような件も多々あるみたいです。
その子とはお茶だけして帰宅したそうなのですが、かなり不思議な経験をしてきているようです。

私は会いたいなと思った人とは出会えなかったので、写真と本人が違うなどの経験はないのですが、今の婚約者も写真が盛れていたので、こういう感覚で違う人と錯覚したのでは? と疑ったのですが、絶体に別人だったと譲りません。

実際に会って喋ってみてからでもというと、マッチングアプリを使う意味がないような気がするのですが、それは利用者の価値観の違いなのかも知れないですね。

おしゃべりな人はメールだけでやりとりする事自体向いていないので、通話機能などがメインのアプリの方がいいのかもしれないですね。

以上が私と婚約者が経験したハッピーメールでの危険なやりとりとマッチングするまでの話です。

色々な出会いがありますが、かなり面白い人もいたりと危ないだけではないのですが、注意が必要なのも事実です。
楽しく安全にハッピーメールを活用したいですね。

ハッピーメール公式サイト(R18)