1. TOP
  2. モテる男
  3. 現在のページ
40代男性 モテる人

40代男性でモテる人の20の特徴!女性が惚れる条件とは?

投稿日: 2019年01月08日

執筆者: ナンナン

いくつになってもモテる男性っていますよね。私の周りにも若手を押し退けて断トツ人気の40代の素敵な男性が実は何人もいます。

「なぜモテるのか?」「何が違うのか?」の疑問に対し、今回は20の特徴をまとめてみましたのでご紹介致します。こちらの特徴を少しでも参考にして頂き、素敵な40代が増えてくれたら嬉しいです。

スポンサーリンク

男性に問わず、第一印象となる初対面での印象は非常に大事な部分だといえます。

街を歩いていて突然話しかけられた時に、みなさんはどこに目をやりますか?
それは「顔」でしょう。

年相応に美しさや魅力の尺度が変化する顔にはみなさんにも好き嫌いのタイプがありますが、年相応よりも若く見える顔をもつ40代はモテます。

髪型

髪が気になる男性

髪型は良くも悪くも全体の印象を大きく変えてしまいます。
ロン毛の男性が次の日にスキンヘッドで登場したら、10人中10人が二度見するでしょう。

モテる男性は美容室や若いスタッフのいる理容室へ行き、必要に応じてカラーリングやパーマーをさりげなく取り入れて自分の見せ方を知っています。

スポンサーリンク

体型

いくつになっても背が高くて引き締まったボディは女性が理想とする男性の代表的なシルエットです。

背の高さは変えれませんが、引き締まったボディは日々の努力で手に入れられるものです。中にはジムにも通わず理想的なボディをもった40代もいますが、私はそんな男性を「神ボディをもつ男」と呼んでます。

清潔感

姿勢がよく清潔感のある男性

暑い夏の日に扇子を片手にあおいでる姿は夏の定番ですが、ワキ汗や首周りや背中の汗でビショビショに濡れたワイシャツを1日中着ている事となりますよね。

手っ取り早くオシボリで手・顔・首、挙げ句の果てには脇まで拭いているオッサン姿を目にした事はありませんか?
モテる40代は絶対にやりません。

女性目線からするとオシボリは手だけで終わりです。

顔までいった時点で清潔感はだだ崩れて、拭いた顔は清潔でも使用したオシボリが一気に不潔へ移行されてしまうのです。
そんなオシボリを横に誰も一緒に食事なんかしたくはありません。

香り

これは魔法です。
私の職場でもほんのり香るウッド系の「いい男の香り」がフッと流れてくる事がありますが、そんないい男なんている訳ないのは最初からわかっているのです。

案の定、取引先のナイスガイが応接室に来社中。
香りは香水の香りばかりではなく、その人からする香りもあります。それが体臭なんですが、私が嗅いだ中には赤ちゃんの香りがする男性がいました。
その方は40代で赤ちゃんはいないのですが、不思議と赤ちゃんの匂いがするのです。
母性をくすぐられる香りで不快に感じた事は一度もありませんでした。

地位

肩書ってビジネスでもプライベートでも魅力的なものですよね。
これは社会的な目線と同じで、仕事で一番脂の乗った40代での肩書とは社会への貢献度の現れだと私は思います。

自ら起業し代表と名のつく人もいれば、企業で出世し様々な肩書をもつ人もいるでしょう。

40代で「フリーターやってる」なんて話しなら恋愛対象以前に将来「大丈夫?」って人生相談になってしまいます。

 車の前に立つ男性

愛車を見ればその人のライフスタイルがわかると言っていいほどのアイテムの一つです。
ブランド志向の人はやはりレクサスやクラウン等の高級車。
アウトドアやスポーツ好きな人はRV車や大き目な車。
お洒落好きな人は外車を乗ってたりと、その人のライフスタイルに合わせてチョイスする傾向があるのです。

モテる男性はいくつになっても年齢を気にせず、若者向けの車さえもサラリとカッコ良く乗りこなします。

車選びは意外性がある方が女性目線では度肝を抜かれるものです。

やはり女性に人気の高い物件は立地のいいお洒落なマンション。
時代の変化に柔軟で、自身のプライベートを充実させる為には努力を惜しまないモテ男は自宅にもこだわりがあります。

40代だから住めるクラスのマンションに必要に応じて引っ越しを繰り返しながらグレードを上げていくのです。

ある時は郊外の一等地にいたかと思えば、翌年には都心のデザイナーズマンションへと引っ越していたりとフットワークも軽いのです。

携帯

食事中にスマホをいじる男性

モテ40代はSNSはやりません。
せいぜい仕事の付き合いでLINEを愛用する程度です。

そしてLINEすらも面倒で電話をして用件をすませるのです。
メールやLINEを見たかな?と思った矢先に「電話の方が早い」と言ってかけてくる電話には女子はドキッとさせられるものです。

財布

財布が汚い

黒の長財布が定番中の定番のなか、さりげなく置いた財布に目を移すのは女の性なのです。

皮の質やデザイン、そして目を細めるのはロゴの部分です。
デザイナーズブランドか高級ブランドかで女子のテンションは大きく変わります。

私服

ガッカリするも惚れるも私服次第といっていいでしょう。

爽やかなカジュアルやシンプルだけど小物使いが上手いお洒落な40代には目がいきますが、ちょっと昔に流行ったチョイ悪オヤジスタイルやどこのブランドかもわからないパーカーにとりあえずデニムは論外ですね。

お金

デートでのお会計 お金を払う男性

部下にはさりげなく、女子には惜しまない。財布の紐がシブい上司はモテません。

「数ないから今回女の子だけね」と差し入れなんかされたら1日優しくなれます。
反対に「今度ね」を繰り返す上司は頼まれても仕事すらしたくないです。

女子は物には弱い生き物なので与えてくれる人が大好きです。

性格

ズバリ平和主義の争いを嫌うタイプです。
基本的な性格は嫌われがちな八方美人タイプですが、極力敵は作らない努力をしているのです。

争いを避ける為に頭の回転が速く、機転が利く要領のいい人。
去る者は追わず、来るものは拒まない。
極めつけは無駄な感情にエネルギーを使わない人と言っていいでしょう。

言葉遣い

会社の飲み会で乾杯する人達

女子に対して「ちゃん」付けではなく「さん」付けで呼ぶ人です。

職場で女子に「◯◯ちゃん」と呼ぶ男性っていると思いますが、女子は正直不愉快です。
全てを否定する訳ではありませんが時と場所を選ぶべきです。

飲んでる席で普段「◯◯さん」と呼ばれている人から「◯◯ちゃん」と呼ばれると親近感がわきますが、それを普段にまでもってくるのはタブーです。
一夜明けてサラリと「◯◯さん」と切り返しの利く男性の方がスマートで素敵です。

空気

40代となると若手女子には父親に近い歳となります。
ちょっと元気がない時や気分が乗らない時に、親身になってくれる事はありがたい事ではありますが、知ったフリでの近付きは禁物です。

父親みたいな事を言ってみたり、兄貴面した態度をとったりと「そこまでの関係」は求めていないのです。
放っておいて欲しい空気は読んでくれなければ、ただのお節介の押し売りです。

交友関係

有名人・著名人、そんな人と交友のある方はそう周りにいるものではありませんが、◯◯の社長や有名店◯◯の経営者等とハイクラスの方々との交友があるという事は女子目線では一目置かれる存在です。

趣味

趣味のサーフィンを楽しむ男性

インドア派よりアウトドア派はモテ幅が広いです。

知人で40代でサーフィンをしている人は、休日になると早朝から波を探しにボード片手に旅立ちます。
年中真っ黒に日焼けしてますが、贅肉なしの引き締まった体でとにかくカッコイイです。

社内評価

仕事が出来る男

上には一目置かれ下には慕われている、そんな人はどこの会社にも一人や二人はいるものです。

しかし簡単には言いますが、なかなか絵に描いたようなそんな立場になれないのが現実です。
困った時に「◯◯さん」と名前があげられる存在って素敵な事なのです。

秘密

ミステリアスな人は男女問わず魅力的なものです。特に女子は「危険な香り」がプラスされると一層その人の魅力に取りつかれてしまいます。

障害がある方が燃える!と言うのは断然に女子からの声が多いでしょう。
危険な香りがする大人の男は最高に魅力的です。

パートナー

40代となれば結婚している方も多数いますが、女子はパートナーである奥様がどんな人なのか気になってしまうものなのです。

その奥様が若干残念な印象であれば「へ?」と納得し、予想を超えた絶世の美女であれば相手のいい男レベルがアップしてしまうのです。