1. TOP
  2. 恋愛上達
  3. 現在のページ
酒癖の悪い男っぽい女性

酒癖の悪い女10選!酒に飲まれる彼女は要注意

投稿日: 2018年04月23日

執筆者: 監督

ほどほどのお酒は良いコミュニケーションツールとして全世界で楽しまれています。

楽しいお酒の席でも飲み過ぎると大変な事になります。ついつい飲み過ぎて失敗したなんて話も枚挙に暇が有りません。酔いが回って前後不覚になる事もあり、寝てしまう場合も有ります。電車の終点なのに寝過ごしている人は毎日結構居る物です。

「飲むのは良いけど、飲まれるな!」そう、酒の魔力に飲み込まれてしまった女性の10パターンを考えます。

スポンサーリンク

1.淫らになる

お酒が入って理性が吹っ飛んでしまい、普段押さえ込んでいた欲が本人の意思とは関係なく流出してしまう場合があります。

酔っぱらっているので記憶に無く、側に居た男性に自ら迫る人がほんのタマに存在します。その状況はきちんと自分が求められている訳では無い事は明白で、分別の有る男性はその女性を酔っぱらえば誰でも?と判断します。

少しの隙が出来る位が可愛く、恋愛対象として考える事も多いでしょうが、単なるはけ口になってしまうのは長い関係は続きませんし、又酔っ払った時に違う男性との関係が発生するので、悪い評判が立ちます。

相手をした男性が友人の彼氏等の場合は余計にややこしい事態に陥りますので、自制が有る方が良いでしょう。

2.皆の前で嘔吐する

これは最悪です。見た目も匂いも音も全てが周囲の人々の迷惑になります。せめてトイレ迄我慢出来ればまだしも、個室空間のカラオケボックス等で吐かれたら、音が洩れない様な密室なので匂いも充満します。

仲間の洋服やバッグ等にかけてしまったら目も当てられません。人に寄っては激怒する事でしょう。

一緒に居る仲間も悪いと言えば悪いのですが、前兆に気付いてトイレに連れて行かなかった罰だと思うしか有りません。部屋が空いた後に掃除する店側の事も考えられない程酔っ払う行為はとても大人げない事です。

罰金等もありますが、処理に時間が掛かり、匂いが消える迄その個室の使用が停止する為、店側は大打撃になります。

これは酒癖以前の人間として気をつけなければいけないケースです。

その様な人はまともに歩く事も叶わないので、誰かが介抱しなければなりません。介抱する方も酔っ払っているのでそこから家迄が大変になりますし、周囲の仲間も楽しく飲んでいたのに心配する事で一気に酔いが冷め、楽しさが吹っ飛んでしまいます。

又、いい大人でも、飲み過ぎてトイレに立たずに失禁してしまう人が居ます。これも驚くべき事ですが、最低の人間像として酒癖以前の状態です。

スポンサーリンク

3.寝てしまう

飲みすぎて寝てしまう

お酒が入り過ぎて寝てしまう場合が有ります。帰りの電車などで寝てしまって寝過ごす位なら自業自得でまだ可愛いのですが、店の中やまだ解散していない時の道ばたに寝てしまうのは一緒に居る仲間や店員さんに大変迷惑になる場合が多々有ります。

店の閉店時に個室で全員のお客さんが寝ていたりすると、起こすのも時間が掛かりその後に片付ける訳で、終了時間が大分オーバーしてしまいます。

二人連れの女性に多い事ですが、女同士なので気兼ねなく寝入ってしまいます。その姿のみっともない事は見た者か店員しか知る由も有りませんが、写真なんか撮られた日には恥ずかしくて顔から火が出てしまうかも知れません。

グループで1人だけ寝てしまう場合も、仲間が介抱するのが大変です。女性だけの場合は腕力が無いので余計に大変な事になります。場合によっては男性店員にタクシー迄運んで貰わなければなりません。道に寝込まれる場合は季節にも寄りますが冬等は風邪をひく可能性も有り、大変に気を使わなければなりません。

女性なので放っておく訳にもいかないので、仲間は楽しい気分も無くなり迷惑ばかりが残ります。男なら放っておけば良いのですが…。

酷い仲間になるといたずらして顔に落書き等する事で憂さを晴らす場合も有り、朝起きて鏡を見たらびっくりなんて事も有ります。其のくらいやらないと楽しさを削がれた変わりにはなりませんね。

4.カラミ酒

理性が飛んで、誰彼構わずカラミ出す人が居ます。根も葉もない事にいちいち難癖を付けて文句を言いまくる訳ですが、言われている方はうんざりさせられます。

言っている人はストレス発散していて余計に気持ち良さそうになり、エキサイトして行く傾向にあり、とてもイヤな雰囲気になり、何の為に一緒に飲んでいるんだと言う気分にさせられてしまいます。

これに説教が入って来てその人の独壇場になると地獄絵図になります。早く帰りたいけど話が終わらないと言う負のスパイラルが同席した人々を包み込むのです。

こう言う場合は往々にして暴力的な発言になり勝ちです。精神的打撃が強くなって来ます。想像しただけで身震いがする状態です。なだめるのも一苦労になります。

しかし、一緒に飲んだ以上これは我慢の必要が有るのですが、この矛先が店員さんに向かう場合が有ります。こうなるともう最悪で、端から見ると難癖を付けている様にしか見えず、とても恥ずかしい思いをしますし、店側にも大変な迷惑行為です。

仲間が付いた悪態に謝罪も必要になりますし、手を止めさせられている店員さんが本来運んでいる筈のオーダーも周囲のお客さんに届かず、店全てを巻き込んでの、最早大惨事と呼んでも過言でない状況なのです。これも酒癖以前に人間としてすべき行動ではありません。

5.泣き上戸

飲んでいて感情が抑えられなくなる人が居ます。

過去の失恋を思い出して泣き始めた場合、同席した人間はしらけてしまうと共に、なだめる事が必要になります。

気遣って欲しいが為に泣いているのですから仕方のない事なのですが、どういう経緯かも知らない場合等なだめ方が判らない場合が多々有ります。人の恋愛の経緯等知る由もないのですから。

ヘタをすると周囲から自分が泣かせていると見られてしまう恐れもあり、非常に辛い思いをしなければならなくなります。

当然お酒が回っているので感情が高ぶって来ます。こんな状態も大抵は長時間に及んでしまうので、ストレス発散どころかストレスを溜めて帰る結果になってしまいます。

6.下品になる

大声で下ネタを連発したりセクハラまがいの発言をすると、周囲のお客さん達から白い目で見られてしまいとても居心地が悪くなります。

当然、同類に見られるのはイヤなのでストップを掛けますが、其の状態を見てしまった人達からはそう言う仲間と取られてしまい、其の店に行きづらくなってしまいます。

気に入っている店なら尚更ダメージは大きいです。ましてや常連さんの顔等何人か知っている場合は当面店の戸をくぐる事を断念せざる負えなくなってしまいます。

7.自慢話

自慢話をしたがる人が居ますが、少し位の時間なら付き合う気もしますが、こう言う人に限ってとても長く延々としゃべり倒します。

聞いていて面白いのならまだ良いのですが、大抵は聞きたくも無いツマラナイ話が多く、楽しく飲もうとしている気分に水を差される状態になってしまいます。

褒めてあげると調子に乗ってどんどん違う話に進んで行き、うんざりしてしまうのです。

そして会話では無く聞く一方になり、飲むしかなくなってしまい、いつしかべろべろに追い込まれてしまいます。

相手が男性なら方向転換もし易いのですが、女性の場合は興奮している時に水を差すのはもっと面倒くさい状態が待っているので、やり過ごす以外に方法はありません。

8.人にたかる

飲んでいて、周囲の男性等に声を掛け、お酒やつまみをおねだりする人が居ます。

相手に寄っては一杯位スマートに奢ってくれたりしますが、見ず知らずの相手に殆ど会話も無く奢ってと騒ぐと一緒に居て恥ずかしい思いをさせられます。

場合によっては店員さんに奢らせようとする場合もあり、店側も困った対応になります。こう言う酔っ払った人はたかった相手が奢っても良いと言っても居ないのに奢ってを連発して自分の我を通そうとします。

相手が嫌な表情をしてもおかまい無しで攻めていきますので、周囲の人達はうんざりしてしまいます。

子供連れのシングルマザーが飲みに来て、子供の相手をしたりすると子供はお散歩行こうと言ってママを店に置いて飲ませた侭で買い物をして散々色々な物を買わされて戻る様な場合に似ていて、大人になりきれていない女性の行動です。

9.やたらボディタッチしたりキスをする

お酒の席で話す男女

酔っ払っての適度なボディタッチを嫌がる男性は少ないですが、必要以上のボディタッチや抱きつきは周囲の目もあって喜ぶ場合と迷惑な場合があり、そこまでやるならば二人きりになってからやるべき事だと思わせるケースは周りをしらけさせます。

やはりシュチエーションがありその場の雰囲気にそぐわないのは周りに気を使うべきなのです。お酒を飲んで周囲に気配りが出来ない様なら酒癖が悪いと判断されます。

10.お金が無い

何件目かの店で飲み終わった後に清算する時に財布が空っぽで払えない場合があります。相当酔ってからのはしご酒で、その前の店で使い果たした事を記憶していないパターンです。

財布を落としてしまっている場合も同等ですが、お店には大変に迷惑が掛かる状態です。飲むだけ飲んで払えずに酔っ払っているので会話も侭ならないとなればとんでもない無銭飲食の犯罪です。

家に帰ればお金は有るから明日持って来る等の場合も有り、それでも翌日持って来ない「有る有る詐欺」まがいの事も起こりえて、とんでもない酒癖の悪さと言う結論になります。