更新

チョーカーは男ウケが悪い?男性の本能にアピールできるコーデのポイント

チョーカーをコーデに取り入れた女性

チョーカーというと、よくロック系の人が首元につけてるあのイカツイやつ、というイメージがありそうです。

チョーカーの持つ隷属的な意味からも男性ウケが悪いという声もありますが、モノは使いようです。

今のトレンドアイテムとしてのチョーカーはバリエーションも豊富で、使いようによっては女性らしい雰囲気をグッと引き出してくれる一石二鳥以上のアイテムでもあるのがチョーカーです。
そんなチョーカーの魅力や使いこなし方をまとめました。

スポンサーリンク

1.なぜチョーカーなのか?

「ポイント使い」としての小物アイテムに打ってつけなのがチョーカーです。

小物の取り入れ方ひとつで普段のセンスアップにも繋がり、いくつかでも持ち合わせているとポイントアクセとしてファッションに箔をつけるアクセントとしても何かと優秀アイテムであるチョーカーの力をお借りしたアピールを知って損はありません。

チョーカーひとつで純粋すぎて子供っぽくなるコーデにメス入れが効いたり、今ひとつ物足りなさがあるコーデや、コーデのマンネリにまとまりや引き締め効果を持たせることだってできるのです。

チョーカーは、まさに「女性らしい雰囲気作りや見せ方」として気軽に取り入れることができるアイテムなのです!

男性ウケを狙うのであれば、ファッションと同じかそれ以上に意識したいのが小物使いの方でもあります。

意外と男性は、女性のアイテムにも注目していることが多いものです。

チョーカーについても派手派手で力を入れすぎるのではなく、ファッションコーデをより引き立ててくれるデザインのものを魅力的に使いこなすことをマスターすれば自分自身も女性として楽しいですし、男性から見た印象のよさもアップします。

2.ポイントは飾り立てすぎず、センスよく!

デートや合コン関係で異性を意識したときのファッションコーデは、ついつい気合いが入りすぎてキメキメにしすぎたあまり、「いかにもファッション雑誌に踊らされているだけ感」が伝わった結果、かえって男性ウケが悪くて空振ってしまうケースもよくあるパターンです。

露出しすぎ、お上品すぎ、純粋すぎて子供っぽいなど、何でも過ぎたるは・・・ということでいい印象がなくなりがちですね。

そんな気になる異性との大切な関わりの場や時間だからこそ、一緒にいて息苦しさのない女性であることを、センスのよさとともにさり気なくアピールするのに、チョーカーがお役立ちアイテムになります。

ギラギラしすぎたり、清楚すぎたりではなく、ふとそのポイント使いのアイテムやイメージが視界に入ったときの「ほどよい心地よさ」「ほどよい色香が感じられるセンスのよさ」がポイントです。
これは男性ウケに限らず、女性同士でも何か一つ目を引くようなポイントアイテム使いのセンスがいい人を見たとき、「いいな」という感情を覚えることがあるはずです。このように、意外とファッション以上に印象的なのが小物の方にあったりするものです。

がっついたようなイメージをガス抜きし、「ファッションに力入ってます!」と言わんばかりにとんがったような印象を緩和させ、「親しみやすく、『女である』ことを示すほのかな色香もほどよく漂わせる」ところがコツです。

3.タイプ別のコーデをマスター!

細いものから太めのタイプまで、チョーカーはさまざまなバリエーションに富んでいます。

紐のような細さでありながら存在感があるストリングチョーカーであれば、自分の好みで結んだり、ユルッと巻き付けたりと、一つで多くの演出ができるところが嬉しいアイテムで海外でも人気を集めています。

「シャツの中からチラ見せアピール」をすることもでき、リボン結びにすればそれだけで首元に一気にフェミニンな雰囲気が出たりと、チョーカーの中ではまさにオールマイティな演出ができるところがポイントです。

重ねづけをするのもまたよしと、まさにいいことずくめです。
このストリングチョーカー使いは、従来の「チョーカー=個性、主張が強すぎる」という概念を見事に覆しました。華やかな演出ができるのにうるさくなりすぎない、主張しすぎないところが嬉しいですね。

一方で太めタイプのチョーカーであれば、その存在感からコーデに一気にアクセントが付き、周りとの差をつけながら大胆な演出をすることができます。

コーディネート次第で上品にもクールにも大人っぽくすることもでき、万能な活躍ぶりを見せてくれますからトップスやシャツの色の合わせ方などを同時に研究してみて損はしないでしょう。

ベロア生地や柄物タイプを使うと季節感も演出でき、黒系のチョーカーであれば割とシーズンを問わずにオールシーズン使っても違和感なく演出が可能です。

このようにファッションアイテムとして一度自分のモノにしてしまえば年中使えるところもチョーカーの嬉しいところですね。

いろいろな演出コーデをモノにしている時点で女性を愉しんでいることにつながり、自ずと楽しく過ごしている女性はそれだけで男性の目から見てもキラキラして見えるはずです!

尚、小物使いは案外海外ドラマや洋画などからも参考になるケースが多いので、作品を見て素敵だなと思ったら海外の女優さんからも盗んでモノにしてしまいましょう。

チョーカーのコーデが印象的な映画といえばレオンのマチルダです。
なお、ナタリー・ポートマンの演じるマチルダからは設定上12歳でありながら年齢を遥かに上回っている「女性」である部分が随所に感じられる部分も多く、レオンは何かと魅了される作品で一見の価値があります。

チョーカー使いだけにとどまらず、自分は女性であるという意識の方から更新する意味でもレオンはぜひ見てほしい映画ですね。

4.何といってもデコルテラインの味方

デコルテラインが綺麗に見えるチョーカーの付け方

シンプルなコーディネートでもデコルテにチョーカーひとつあるだけでさりげなくオシャレ感を演出できることだってあります。
これといった特徴のあるファッションでなく見かけはシンプルなのに、首元のチョーカーの存在ひとつで女性らしい雰囲気が出るとは何とも素敵ですね!

それもそのはず、名前のままに、ネックレスよりもさらにぴったりしたフォームが生きるのも、デコルテラインのさりげない強調にあるのです。

女性らしい「色香」が感じられるセクシーポイント、デコルテラインフェチの男性も案外いるものです。

露出しすぎると下品ではしたない印象になりがちな胸やヒップラインなどに比べると、どんなに露出していても嫌らしくならず、それでいて色香が感じられるパーツがデコルテですから、自ずと男性の視線が集まってしまうのも無理のないセクシー&エロスなパーツでもあるのです。

デコルテの代表的なパーツとして、くっきりと浮き出た鎖骨や、色白で細い首筋は男性にはないものだけあって、女性の象徴的なパーツでもあるからです。

胸やヒップが親密な異性だけに見せるパーツであることに対し、デコルテラインはそこまで親密ではない異性の視線にもしょっちゅう晒されているパーツということになります。
そんなパーツにチョーカーでナチュラルにアクセントをつけてさり気なく女性らしさをアピールすると男性の本能をくすぐります。

さまざまなタイプがあるチョーカーの中、細めのチョーカーで演出をすると首筋の華奢な感じがいっそう強調され、女性らしい雰囲気になります。

まとめ

ペンダントやネックレスと比べて、チョーカーの魅力は個性を引き出してくれる力が強いところや、それでいてデコルテラインをスッキリきれいに女性らしく見せてくれるところも一石二鳥以上で、まさにいいところだらけのアイテムです。

「下品」や「嫌らしさ」ではなく、「女性らしい色香」をアピールするためのお肌の見せ方や雰囲気作りが上手な女性になることで損はありません。

チョーカーがいっそう映える美肌ケアの方にも同時並行で取り組みながら、あまり主張しすぎず、自分なりに引き出したい雰囲気作りのためにもぜひチョーカーを使ったポイントアピールを試してみましょう。

無理に自分の路線を変えて合わないコーデにするのではなく、自分なりに確立している路線なりに合うものを模索し、試して取り入れてみることがポイントです。

チョーカーはその気軽な取り入れやお試しに打ってつけなワンポイントアイテムでもあるのです。

ページトップへ戻る