1. TOP
  2. 男心
  3. 現在のページ
50代男性 ビジネスマン

50代男性の恋愛対象は30・40代女性!恋に落ちるポイントは?

投稿日: 2018年09月25日

執筆者: 加藤光一

「気になっている50代の男性がいるのだけれど、彼の恋愛対象となる女性はいくつぐらいなのか知りたい」と思っている女性もいるでしょう。

もちろん、恋愛対象となる年齢には個人差がありますが、多くの50代男性の恋愛対象は30・40代の女性です。それはどうしてなのか、ここでは、50代の男性が30・40代の女性と恋に落ちる10のポイントを紹介します。

いっしょにいると落ち着く

人間はいくつになっても恋愛に「ときめき」を求めます。ですから、いわゆる「ドキドキワクワク感」を楽しもうとするのは、50代男性でも変わりません。

しかし、50代の男性がそれ以上に重要視するのは「安心感」や「癒し」でしょう。

女性といっしょにいるとき、ドキドキときめくあの高揚感よりも、安心感の方を重く見るのです。

それは、男性はある程度の年齢になると、心身ともに疲弊し、女性に精神的な癒しを求めるようになるためにほかなりません。

相手があまり若い女性だと、女性に癒しを求めるのはむずかしいでしょう。女性が一方的に甘える関係になりやすいからです。

その点、30代、40代の女性は人間的に大人ですから、こちらから心理的に甘えることができ、癒しを求めることが自然にできるのです。

「若い女性のようにうるさくなく、静かにいっしょの時を過ごせる。安心できるし癒される」と感じるのが、50代の男性が恋に落ちるポイントと考えていいでしょう。

女磨きをしているところが好ましい

女磨きをする30代の女性

若い女性が若く見えるのは当たり前のことです。特別な努力はしなくても20代の女性は若く見えると考えていいでしょう。

30代、40代となると違ってきます。もちろん、かなりの個人差はありますが、何らかの努力をすることによって若さを保とうとするのが、30代、40代の女性です。

50代の男性はそのことを経験上よく知っています。そのため、30代、40代の女性を見て「年齢よりも若いな」と感じると恋に落ちることが少なくありません。

それは、「それだけ女磨きをしているんだ。女としての魅力を保つために努力している、そのけなげさが愛おしい」と感じるからです。

何もしないで若々しい20代の女性よりも、女磨きの努力をする女性の方に魅力を感じ、愛おしいと思うのが、50代の男性の恋愛傾向であり、恋に落ちるポイントなのです。

うしろ姿の寂しさが魅力的

若さを保つために女磨きをする30代、40代の女性ですが、無自覚のまま、年齢が出てしまうところがあります。

その一つが「うしろ姿」。男性を向かい合っている時には、姿勢にも気を配りますから、背筋を伸ばした姿勢を保ち、若々しさを演出しようとします。

ところが、男性にうしろを向いた瞬間、その緊張感を失ってしまうことが少なくありません。

その結果、つい「地の自分」が出てしまい、寂しい印象を男性に与えてしまうのです。

そうした寂しいうしろ姿を見た瞬間、恋に落ちる50代男性が少なくありません。そこに、女としての魅力を感じるためです。

「女性のうしろ姿の寂しさ」が、50代の男性が恋に落ちるポイントと考えていいでしょう。

ふと見せる女の弱さがかわいい

ある程度の年齢になると、女性は精神的に強くなりますし、人間的な包容力を具えるようになります。

男性から見ても、頼もしく感じられるようになるわけですが、しかし、いくつになっても女としての弱さがなくなることはありません。

そのため、たとえば、ちょっとしたアクシデントが起こったり、何か心配事があるようなとき、女の弱さを人に見せることがあります。それを見ると、50代の男性は、「ふだんの頼もしさとのギャップがかわいい」と感じ、恋に落ちるのです。

人生経験豊富で苦労もしている

姉御肌の結婚できない30代女性

女として苦労を経験していることを知って、恋に落ちる50代男性も少なくありません。
若い女性と違い、30代、40代の女性はそれなりの人生経験がありますから、苦労を経験した人も多いでしょう。

話をする中で、女性からそうした苦労話を聞かされると、50代の男性は、「そんな苦労をしたのか。かわいそうに。これからは自分が守ってあげよう」という気持ちになるのです。

女性の苦労話は、「女性を守りたい」という男性の本能的欲求を刺激すると考えていいでしょう。

家庭料理が上手でおいしい

料理ができる 男が手放したくない女

50代男性が女性に求める要素の一つが、家事スキル、特に料理のスキルでしょう。

若い男性であれば、「料理はぜんぜんダメ」でも、外見がかわいければ女性のことを好きになりますが、ある程度の年齢になると、男性は「女性としての中身」に注目するようになるのです。
その一つが料理の腕前です。

50代の男性は料理上手な女性に魅力を感じる傾向が強いのですが、特に家庭料理がおいしいと、50代男性はその女性に心惹かれると考えていいでしょう。
家庭的な女性であることを、その料理によって知るからです。

男として立ててくれる

男性は女性から頼りにされるのが大好きです。それは女性から頼りにされることによって、男としての自尊心を満足させられるためにほかなりません。

自尊心を満足させられるためのポイントの一つが、「自分のことを男として立ててくれる」ということでしょう。

若い女性は、自己主張が強くなりがちなため、上手に男性を立てることができません。自分が前に出ようとすることが、若い女性は多いのです。

その点、30代、40代の女性は男性を男として立てることが上手です。経験から、「男性は女性からそうされることが大好き」であることを知っていますから、男性を喜ばせるために、うまく立てることが出来ます。

50代の男性は女性からそのように男として立ててもらった時、恋に落ちるということが少なくありません。

女として謙虚

恋愛の主導権を握る女性

女性はある程度の年齢になると、「自分はもう若くない」という意識を強く持つようになります。

30代、40代の女性は「20代の若い女性には負ける」という認識を持つようになるのです。そういう意識を持つと、人間は自然に謙虚になると考えていいでしょう。

「自分は女性として、20代の女性には劣るところがある」という自己評価が、謙虚さにつながるのです。

年齢の高い男性にとって、その謙虚さは女性としての大きな魅力にちがいありません。

自信満々の20代の女性と、どこか自信なさげで謙虚な30代、40代の女性とでは、後者に心惹かれやすいのが、50代の男性なのです。

女性としての謙虚さが50代男性の恋に落ちるポイントであり、それに触れた時、恋に落ちると考えていいでしょう。

男に対する理解がある

自分本位になりがちな若い女性に比べて、相手本位、男性本位に考えることができるというのも、30代、40代の女性の魅力と言っていいでしょう。

たとえば、既婚の50代男性が妻以外の女性と二人で会う約束をしたとします。ところが、家庭の事情でどうしても会うことができなくなり、女性にその旨連絡したとします。

相手が若い女性だと、男性の事情には耳を傾けず、「ドタキャンなんて許せない」と怒るに違いありません。

それに対し、30代、40代の女性であれば、男性の事情を考慮して、「会いたい」という気持ちがあってもそれをがまんすることができるでしょう。

仕事に関しても同様で、男に対する理解があるのが、30代、40代の女性の魅力であり、理解があることを知った時、50代の男性は恋に落ちるのです。

すなおに「ごめんなさい」という

「ごめんなさい」と謝る女性

若い女性よりも、ある程度の年齢の女性の方が、すなおになる傾向があります。

たとえば、自分の非で待ち合わせ時間に遅れてしまったようなとき、若い女性が言い訳をしたがるのに対し、ある程度年齢の高い女性は、言い訳をしないで「ごめんなさい」と頭を下げることができるのです。
それは、経験を積むことで、つまらない自己主張は自分のためにならないことを知ったからと考えていいでしょう。

言い訳をしたり自己弁護したりしても、自分のためにならず、事態を悪化させるだけと知っているため、よけいなことを言わずに頭を下げることができます。

30代、40代の女性のそうしたすなおさが、50代の男性には魅力的に感じられるため、女性のすなおさに触れた時、恋に落ちることが少なくありません。