1. TOP
  2. 恋愛心理
  3. 現在のページ
電話をする男性

脈ありサイン?男友達が毎日電話してくる10の心理

更新日: 2018年10月27日

執筆者: 加藤光一

友達としてつきあっている男性から、毎日電話がかかってくると、「何か特別な意味があるのかも」と考えたくなるでしょう。特にその男友達が気になる存在である場合、脈ありサインの可能性があるのかどうか、知りたくなるに違いありません。

男友達が毎日電話をしてくるのには、さまざまな心理、理由が考えられます。どうして毎日電話をしてくるのか、男友達の心理をみていくことにしましょう。

1.はっきりした恋愛感情を抱いている

毎日女友達に電話する男性の心理として、まず考えられるのが、「女友達を恋愛対象として見ている」というものでしょう。後述しますが、恋愛感情はまったくないのに、毎日女友達に電話するというケースもないわけではありません。

しかし、親しい友達どうしでも、毎日欠かさず電話をするということは、そうあることではないでしょう。何らかの特別な感情、特別な理由があると考えたほうが自然です。

そして、恋愛感情こそが「特別な感情」なのです。

この場合、考えられるケースは2つあります。

1つは彼には最初から恋愛感情があり、友達としてつきあうことにはなったけれど、いつかは恋人関係になりたいと思っているケース。

もう1つは、最初は純粋に友達としてつきあっていたものの、つきあううちに何かのきっかけで恋愛感情が芽生えたというケースです。

いずれのケースでも、彼にははっきり「異性として好き」という自覚があり、それをあなたにアピールするために毎日電話してくると考えていいでしょう。

2.友達として大好き

友達とひとくちに言っても、そのつきあいの濃度は人によって違ってくるでしょう。

「いちおう友達ではあるけれど、知り合いに近い希薄な関係」という場合もあれば、「大好きな友達で、かけがえのない親友と思っている」というケースもあるにちがいありません。

前者のような薄い関係では、毎日女友達に電話するということはないでしょう。後者のように大好きな友達という感覚があってこそ、毎日電話してくると考えられます。
このケースでは、その男友達には、あなたに対する恋愛感情はありません。むしろ、純粋に友達として大好きなために、迷うことなく毎日電話してくるのです。

恋愛感情が少しでもあれば、それを相手に悟られまいとして、わざと距離を置くことも考えられるでしょう。異性として見ていないからこそ、積極的に濃度の濃い友人関係を作ろうとしているわけです。

3.兄妹(姉弟)のような感覚

友人関係も長くなってくると、単なる友人ではなく、まるで兄弟姉妹のような感覚を持つことがめずらしくありません。つまり「血の通っていない友達」ではなく、「血の通った家族」のような感覚になるケースです。

毎日女友達に電話をする男性は、こうした心理を持っている可能性があります。

家族というのは特別な存在で、「久しぶりに離れて暮らす母親に電話で話したら、すごく安心できた」といった経験をしたことのある方も少なくないでしょう。
声を聞くと安心できるというのが、家族というものなのです。

その男友達はそうした感覚をあなたに抱いているのかもしれません。長いつきあいの中で、あなたと兄妹もしくは姉弟のような関係になっているため、毎日電話をしてあなたの声を聞くことで、安心したいと思っているわけです。

4.友達以上恋人未満の感覚

最初の項目で紹介したのは、はっきりした恋愛感情を抱いていてそれを自覚しているという心理でしたが、そこまではっきり自覚できていないケースも考えられます。

純粋な友達感覚ではないけれど、恋愛感情を自覚できるほどには、気持ちが高まっていないというケースです。

この場合、彼はあなたのことを「ほかの友達とはちがう」という意識で見ています。特別な友達なわけですが、しかし、「異性として好き」という自覚を持つまでには至っていません。

彼に直接聞いても、おそらく「自分の気持ちがうまく説明できない」という答えが返ってくることでしょう。

いわゆる「友達以上恋人未満」という感覚なのですが、友達なのか恋人なのか、自分でも整理できていない心理状態なのです。

5.さみしがり屋で誰かとつながっていたい

さみしがり屋の人は、できるだけ多くの時間、誰かとつながっていたいと思うものです。一人でいるとさみしい気持ちになってしまうため、誰かとコミュニケーションを取ろうと考えるわけです。

その際、LINEなどでやり取りするより、直接電話で話をしたほうが、より強く「つながり」を実感できるに違いありません。
そのために、その男友達は毎日あなたに電話してくるのかもしれないのです。

ですから、このケースで相手はあなたに対して特別な気持ちを持っていないと考えていいでしょう。一人でいるさみしさから逃れたいがために、女友達であるあなたにコンタクトしてくるわけです。

6.あなたのことを「話しやすい友達」と思っている

男女の友達でドライブ

そのようにさみしさから逃れるために友達に電話する場合、話をしやすい友達を選んで、電話をするに違いありません。

相手が口下手で話が続かないような友達では、毎日電話をする気にはなれないでしょう。「あの友達とは話しやすいな」とか、「あの友達は話が上手だから、話していて楽しいな」と感じるような人を選んで電話をするはずです。

つまり、このケースでは、その男友達はあなたのことを「話しやすい友達」と思っているのです。

あなたが話し上手、聞き上手の場合、その男友達がこうした心理を持っている可能性があると考えていいでしょう。

7.おしゃべり好きで話をすること自体が大好き

男性の中には、女性に負けないほどおしゃべりが好きという人もいます。とにかく人と話をすること自体が大好きというタイプの男性です。もし、毎日電話してくる男友達がふだんからおしゃべり好きな男性であるなら、「とにかくおしゃべりをしたい」という心理を持っている可能性が低くないでしょう。

このケースでは、あなたのことを特別な存在として見ているわけではありません。
おしゃべりする相手は誰でもいいのです。もしかすると、あなた以外の友達にも毎日のように電話をしていたのかもしれません。そしてその友達からうっとうしがられたため、あなたに電話してくるようになった可能性もあります。

おしゃべりしたいというだけの心理で、毎日電話してくるケースもあるのです。

8.単なる暇つぶし

無趣味で、ゲームもあまり好きではなく、一人でいると暇を持て余してしまうという男性もいます。特に一人暮らしの場合、仕事から帰っても、特に何もすることがありません。
なんとなくテレビを観るくらいのことしか、時間の過ごし方を知らないのです。

そのように暇を持て余してしまうために、友達であるあなたに電話をしてきているという可能性も考えられるでしょう。このケースでも、彼には特別な意識や心理はありません。単なる暇つぶしのために、毎日電話をかけてきているにすぎないのです。

9.他に友達がいない

友達がいない女子たち

相手に対して特別な感情を抱いているケースは別ですが、そうでなければ、ある特定の友達に毎日電話をするということはそうはないでしょう。特に友達がたくさんいる人なら、意識しなくても、「おとといはA君に電話をし、昨日はB君、今日はC君に電話をした」というようなことになるに違いありません。

それぞれの友達とは、話をする内容も違ってくるでしょうし、より多くの友達と話したほうが、幅広い情報も入ってくるものです。

しかし、友達が少ない人はそうはいきません。特に親しい友達が限定されている人、「友達は2人しかいない」というような人の場合は、どうしても特定の友達とだけ電話をするということになるでしょう。

ほかに友達がいないために、毎日あなたに電話してきている可能性もあるのです。

10.ストレス解消をしたい

もし、その男友達が電話でグチ話ばかりしてくるようなら、「ストレス解消したい」という心理を持っている可能性があるでしょう。

人間、ストレスを感じた時、人と話をすることで気持ちが楽になるということがよくあります。たとえば、仕事で毎日ストレスを感じてしまう場合、その仕事のグチを人に話すことで、ストレスを軽減、解消するわけです。

その男友達は、このケースなのかもしれません。「話の内容がグチ話ばかり」という場合、ストレス解消目的で毎日電話をかけてくる可能性があるのです。