1. TOP
  2. 女子力アップ
  3. 現在のページ
恋愛経験ゼロの30代女性 イメージ

独身、彼氏無し、恋愛経験ゼロの30代女性の特徴10選

更新日: 2018年10月28日

執筆者: 監督

三十路を超え仕事も責任を持ってこなしている年代で、人生も半ばに差し掛かろうとしているにも関わらず恋愛には疎い女性が増えています。

彼女達には何故恋愛が出来ないのでしょうか?

恋人が欲しくても中々恋愛に発展せずに寂しさに身を委ねているばかりでは普通の人生の半分位を楽しめていないのです。

周囲の会話からも話題について行けず、寂しさが増々募ってしまいます。

次第にお硬くてツマラナイ人に見られがちになってしまい増々恋愛から遠ざかる悪循環に陥る危険性があるのです。増々孤立して40代に突入してしまうかも知れません。

そんな人達には共通点が見られます。それは何なのか探ってみる事にします。

1.まじめすぎる性格

仕事においても人間関係においても全てにおいて「まじめ」は悪い事であるどころか、信頼を得る事の出来る大切な事で、そうとうの努力を必要としています。

いい加減な人や奔放な人が継続してまじめでいるには並大抵の努力でも足りないくらいです。しかも、「たった一度だけ」でもその姿勢が崩れただけで信頼は崩壊してしまう怖さを含んでいます。

まじめであり続ける為には常にストイックでいる必要があるのです。
男性にとってまじめな人はお嫁さんにするのには良いのですが、恋愛の対象となると又別になってしまいます。

そもそも恋愛に於ける男性が感じる女性の魅力は、容姿は好みが有るので別として、色っぽさや優しさ、可愛らしさやミステリアス等です。これらはまじめと言う硬い印象とは正反対のものばかりです。

柔らかい印象だったり情熱的な印象だったり謎めいた印象だったりする事で恋愛におけるドキドキ感が芽生えるのです。

普段の生活においてもまじめすぎる相手は息が詰まってしまう場合が往々にしてあります。仕事を離れプライベートの時にはストイックな部分を忘れて少しくだけて楽観的に楽しんだり本能に従ってみる事もストレス発散と共に恋愛の可能性を広げられる手段です。

2.完璧主義

全てにおいて完璧を目指す事は素晴らしい事ですが、恋愛において完璧は個人の主観の問題も多く有り得るものでは無いのです。

デートで少しのミスも許されないなんて、違う意味でドキドキしっ放しでリラックスどころでは無く、楽しむ事すら出来なくなってしまいます。

人間同士の付き合いには許容範囲が有り、恋愛相手に対する許容範囲は逆に広くなるのが普通です。

笑って許せる仲になれる所が恋愛の良い所でもあるので、行き過ぎた完璧主義は相手を遠ざけてしまう結果を招く事を頭に置いておく事が大切です。

3.極端に内向的な性格

人見知り程度ならまだしも人との会話がとても不得意だったり、怖かったりする人がいます。何を話したら良いのか判らなかったりツマラナイ話をして嫌われるのが怖いと考えてしまう人も会話が苦手で、愛想がない人として、又は空気が読めない人として相手の印象に残ってしまい、恋愛に発展する事はほとんど無くなってしまいます。

本人の内面が良い人で、容姿も悪く無くても愛想がなければ近寄りがたくなってしまうのです。

もし、その人が相手に好意を持っていたとしてもとても伝わりづらく、場合によっては相手も好意が有っても自分に気が無いと判断されてしまう事も有り得るのです。又、一緒に居て気を使う相手となってしまい増々遠ざかってしまいます。

当然、自分から積極的に行動に出る事は無いので、受け身で待つ立場であるのにも関わらず、周囲が寄って来ないので状況が改善される事は無いのです。

4.高値の花

高嶺の花 イメージ女性

全てを兼ね備えながら容姿も美しすぎる人の場合も相手が近寄りづらい人になります。

綺麗でセクシー、話題も豊富で仕事も出来る。性格も良く人付き合いも良いけれども恋愛に発展させられないと言う場合は、男性の側からすると自分では到底手が届かない相手に感じてしまいます。所謂、高嶺の花と言うものです。
このような人は絶対に彼氏が居るとか、実力者が手を出しているとか思われがちで、余計に声をかける事がためらわられてしまう傾向に有ります。

実際にそのような人も多数居ますが、このような人の中にごく少数だけ恋愛経験がない人が存在します。

往々にして異性に免疫が無く、まじめで内気な性格の方の確率が高く、自覚症状の無い場合がほとんどです。

珍しく勇気のある異性が「綺麗ですね」等と言っても「はじめて言われました」と言う答えが返って来る程周りは腫れ物扱いになってしまっています。

5.コンプレックスが有る

足が一本無いとかのとても大きな状態から、病気で大きな手術後が有るとか、肉体が正常に動かない等の事故や病気がらみの場合と、胸が小さいとかお腹がポッコリ出ているとかでべそだとか、顔が悪いとかも本人のコンプレックスとしてマイナスの要因になり、自分から積極的になる事が出来ない場合、本人が望んでいない為に恋愛には発展しません。

肉体だけでは無く、多額の借金が有るとか肉親が犯罪者であるとか、性犯罪に有った過去が有りトラウマになって居るとかの社会的コンプレックスも自由に恋愛をする為の妨げになっている場合があります。

又、その年で処女であると言う事実もコンプレックスとなり負のスパイラルに陥る要因になって居る人も居ます。

6.仕事人間

職種にも寄りますが、他人と接する必要の無い仕事や孤独な仕事の場合は職場での出会い自体が有りません。

更に研究者の様な仕事の場合に研究室にこもる事が多く、やっと仕事が終わっても少ない睡眠を取りに家に帰るだけの生活の様な方も居ますし、家に仕事を持ち帰る場合も有ります。生物が相手だったりすると、休日も碌に取れない場合もあります。

研究者に限らず、似た様な生活をしている、仕事と食事と睡眠以外に殆ど時間を割けない人も世の中には少しばかり存在するのです。又、このような人の場合はそれなりの収入が有り、充分1人で生きて行く事が可能です。

このような人は仕事一筋で、なりふり構わず身なりもあまり気にはしない傾向が見られます。身だしなみが有る程度整っていないと異性から恋愛対象として見て貰う事にマイナスとなっていますので、可能性は少なくなってしまうのです。

7.趣味に走る人

自分の大好きな趣味に走り、恋愛自体に興味を持たなくなってしまった人が居ます。

最近は昔と違い女性が働く場所が増え、お金の掛かる趣味でも自分の稼ぎで楽しむ事が出来る様になりました。

スキューバダイビングで世界の海に潜りに行ったり、各地にグルメの旅に出たり韓国のアイドルにはまったり、高級犬を飼ってみたりと様々な趣味が有り、特に犬を飼った場合は世話に時間を取られるばかりでなく愛情が沸き、寂しさが紛らわされてしまうので、恋愛の必要性を感じなくなってしまう場合が多くあります。

又、趣味として性的な趣味で同性に興味が有る人もいます。ちょっと本題とは外れるかも知れませんが、こう言う人は異性との恋愛は求めていませんので、そう言う意味での恋愛はゼロのままになります。

8.理想が大変に高い人

理想が高い女性

外見や内面、経済力や地位等の高い理想でいくつもの条件を持っている場合、その理想に一致する相手を探すだけでも大変な事で、しかもお近づきにならねばならず、ピンポイントでその人と恋に落ちると言う、宝くじよりも当たらないであろう事を追い求めてもなし得られるはずも無いのです。

又、そう言う人を見つけても競争率は非常に高く、自分がそれに見合うかどうかも考慮に入れなければなりませんが、旨く行くのならとっくになし得ている筈なのです。

20代で妥協しなかった為、より拘ってしまい理想像も膨らんで行き悪循環に追い込まれてしまいます。

9.極端な酒乱かとても性格が悪い

余りの酒乱で暴力的な女性には男性は殆ど寄って来ません。このような場合、すぐに噂は広まりますので増々敬遠されがちになります。

あからさまに性格の悪い人も同様で、周囲から避けられてしまうので、恋愛対象として外されてしまうのです。

黙っていれば良い人なのにと良く言う様に、お酒さえ飲み過ぎなければとか、人に優しく接する事を覚えるとかの努力をすれば恋愛の可能性も大きくなります。

10.男性に興味が無い人

基本的に興味が無い場合は恋愛になる筈も有りません。

興味が無くなる理由は様々ですが、父親を見ていて嫌になったとか、学生時分に男性からの嫌がらせを受けていたとか、ストーカー被害で男性不信になって居るとかいじめに逢い引きこもっているとかの場合等が挙げられます。