1. TOP
  2. 別れ
  3. 現在のページ
失恋を後悔する男性

【失恋男子へ】9つのステップで失恋から立ち直る方法

投稿日: 2018年04月06日

執筆者: Larahana

失恋とは…生きていれば誰にでも起こりうるけど、できれば避けたい人生での辛い出来事。でも失恋してしまったらどうしようもありませんよね。特に男性は女性と比べると、失恋から立ち直るのに時間がかかりやすいと言われています。

ここでは、不運にも失恋してしまい傷ついている男性たちに、短期間で立ち直るためのステップを紹介したいと思います。

1.連絡を絶つ

失恋したら真っ先にしたいのは、連絡を絶つことです。

どういった成り行きで失恋するかは人によりけりですが、共通して言えるのは、LINE、メールや電話など、連絡手段があるとついつい手が伸びて相手に衝動的に相手にすがりついたり、復縁を迫りたくなるような衝動に駆られる可能性が高く、万一そうしてしまったら失恋相手に嫌われる可能性が一気に高まります。

下手にストーカー認定されないためにも、とにかく失恋をしたら、沈黙、沈黙、その次にも沈黙、です。沈黙は金です。間違ってでも連絡なんてしないでください。

この沈黙期間を設けることが、自分の心を整理するにも役に立ちますし、もしかしたら復縁へのチャンスにつながる可能性もあります。とは言っても、失恋直後の場合はなかなか冷静でいられないと思うので、誰かから連絡が来るたびに反射的に反応しないためにも、せめてスマートフォンの電源を数日間は切っておくのも良いでしょう。

2.連絡先や相手とのやり取りを見えないようにする

失恋した相手とのやり取りがスマートフォンやパソコンなどに残っていると、ついつい見返してしまい、自分自身の傷をえぐることになります。特に、出来ることならいつでもどこでも見ることが出来てしまうスマートフォンは何もかも忘れるためにも、そのまま川にでも投げてしまえ!と言いたいところですが、やはり通信手段がないと生きていけないのが現代人。

失恋相手としていたLINEなどの履歴や過去のメールなどは速やかに削除しましょう。そうすることで、何度も見返しては感傷に浸る、という悪循環を断つことが出来ます。

人間は繰り返し悪い記憶を思い出すと、その記憶が強化されて益々記憶に定着してしまうというやっかいな脳を持っているので、思い出はなるべく早く消すのが一番です。

電話番号も、可能なら削除してください。どうしても事情があって消さない人は、着信拒否設定にすると相手から万一急な電話がかかってきても、冷静に対処できる可能性が高まります。

3.遊びなどの予定を無理やりでも入れる

カレンダー ペン

失恋直後はふとしたトイレなどの一人の時間や、仕事の合間の休憩時間でも、相手を度々思い出してしまったりする人が多いのではないでしょうか?

特に失恋した直後の期間は、連続した空き時間一人でいることは、わざわざ思い出す時間を作っているのと同じです。

土日祝日などがお休みの場合には、誰かと遊びの予定を入れましょう。とにかく、出来る限り時間を予定で埋めることで、失恋したことを頭が考えない時間を無理やりにでも作るのです。そうすることで、失恋自体を思い出す時間を少しずつ減らすことが出来ます。

4.友達に愚痴る

苦い想いや苦い思い出は自分の中で秘めれば秘めるほど、ワインのように熟成して益々自分を苦しめます。いっそのこと、自分一人で抱え込まないで、不満や相手に感じていた欠点などを、洗いざらい友達にぶちまけましょう。

「失恋した相手は欠点がないような人だったから好きになった?」なら、相手の欠点を探しましょう。とにかく誰かに話すことで、心の中の苦く重たい気持ちを少しでも軽くしましょう。

愚痴るときは酒を飲むのも良いかもしれませんが、あまりにも飲みすぎて醜態をさらして友達に迷惑をかけないように、お酒はあくまでほどほどにしましょう。

5.ひたする散歩する

シンプルで一番気軽で、誰にも迷惑をかけずにこころの整理が出来るのが散歩です。人間は散歩をすることで、考えがまとまったり、整理できるという性質も持っています。

なるべく人気が少なく、緑が多い綺麗な場所を散歩することで、失恋で興奮していた気持ちが徐々に落ち着いてくるはずです。

少し気分が高まり、余計な考えが脳裏をよぎったら、深く深呼吸をして3秒間息を止めてください。このことを繰り返すことで、少しずつ肩の荷が軽くなるはずです。

散歩ではなかなか落ち着かないひとには、ハードな登山をお勧めします。登山であれば、高い山ほど酸欠になり、余計なことを考える余裕すらなくなることでしょう。

6.思い出の品を捨てる

心の興奮が収まってきたら、次には思い出の品を捨てましょう。

彼女と遊びに行った場所でのチケットや、彼女からもらった誕生日プレゼントなど、思い出の品は多岐に渡ります。

特に彼女からもらったものは大事なものに感じられるかもしれませんが、それを持っている限り、目にするたびに彼女を思い出すことになります。世の中にはものには罪はないと平気でいわくつきのものを使い続ける猛者がいますが、そういう人たちは鈍感なだけです。

自分は猛者ではない自覚があり、且つ、真っ先に失恋から立ち直りたいのなら、潔くすべての思い出の品を捨てるか、フリマに出品して金にでも換えてください。

全てを捨て去り、数日が経過したらあんなに大事だったはずの思い出の品も、ほぼ思い出すことはないでしょう。

7.筋トレに励む

筋トレ 腕立て伏せをする男性

失恋した後は、誰でも自分に対しての自信を失います。自信を取り戻す一番手っ取り早い方法が筋トレです。

失恋したからと言って暴飲暴食ばかりを繰り返せば、あっという間に太ったり、不健康な感じになり、益々自信を失うという悪循環に陥ります。

そこで、黙々と筋トレに励めば、無心になれるだけでなく、魅力的な自分に少しずつ近づくことが出来るので、気持ちがスッキリするだけでなく、爽やかな達成感を得るとともに、男としてのプライドや自信も少しずつ回復できるでしょう。

ただ、一つ注意事項としては、筋トレのやりすぎは禁物です。

女性は往々にして筋トレばかりしている男性はナルシストだと思う傾向にあるので、ある程度鍛えたら、他の運動に切り替えましょう。

8.愛について考える

「失恋」というくらいですから、恋を失った訳ですが、こういう時こそ愛について深く考えるチャンスです。

少し気持ちの余裕が出てきた段階で何故うまくいかなかったのか、自分なりに考えて反省したり、自分は本当はどんな恋愛を求めているのか、本当はどんな人がタイプなのか、などを考えておくと、次に恋愛したときに失恋の経験が上手に生かされるはずです。

何度も同じような形の失恋を繰り返す人は、何か同じような失敗を犯している可能性が高いです。

失恋の原因は様々あると考えられますが、自分に火があった場合にはそのことを認めて素直に改めれば良いだけですし、相手に問題があった場合にはもうどうしようもないことなので、そこは割り切って時間が自分の傷を癒してくれることを待つしかないでしょう。

9.新しい彼女をつくる

気持ちの整理がある程度できた段階で、新しい彼女をつくるべく出逢いを増やしましょう。失恋直後は視野が狭くなりがちですが、世の中にはたくさんの人間がいます。

失恋したということは、次こそは長く続く愛を手にするチャンスだとも言えます。それに、人間は傷ついた数だけ、それを上手に乗り越えられればより輝きを増した、魅力的な人間になることが可能です。

テレビで見るような俳優も、一見完璧に見えても、過去に何度も失恋した経験を持っているものです。傷ついた過去だけ、人は相手の痛みを理解できるようになります。

失恋は恥ずかしいことではありません。むしろ、失恋できることはある意味誰かを好きになった、誰かと向き合った証拠なのです。新しい彼女をつくって、新しい気持ちで未来に向かって一歩を踏み出しましょう。