1. TOP
  2. 女子力アップ
  3. 現在のページ
色気ある女性のイメージ

色気を身につけたい女子が試すべき方法9選

投稿日: 2018年04月05日

執筆者: mustaviinimarja

普段、大学や会社と家を往復しているとあまり意識しない「色気」。ふとした瞬間、友達は女の子扱いされているのに自分はされない、 自分だけ扱いが雑…と思ったことはありませんか?

「別に色気なんてなくたって良い」、そう思っていたけれど、 気になる人ができて、もう少し女の子扱いしてほしい!と思うこともあるかもしれません。

ここではそんな、普段あまり「恋愛」「女子力」を意識してこなかった人にオススメしたい女子が色気を身につける方法について、ご紹介していきます。

それではさっそく紹介していきます。

すぐにでも採り入れられそうなものから紹介していきますので、気に入ったもの、取っつきやすそうなものだけピックアップする形でも良いかと思います。

スポンサーリンク

1.姿勢を良くする

ドラマでもタレントさんでも、記憶にのこる色気のある人を思い浮かべて見て下さい。みなさんスタイルが良いですよね?

もちろん中にはエステやダイエットなど、様々な努力で体型を作られている方もいるかと思いますが、スタイルを良くする最も手っ取り早い方法は背筋を伸ばすことです。

猫背だとシャツの肩が落ちて見えるので格好が良くない上に、お腹が出て見えます。

さらに前屈みの姿勢を続けていると、さらにお腹に脂肪が溜まりやすくなります。

気がついた時に姿勢を正すだけでも、背筋が鍛えられ、段々姿勢が良くなっていきます。
また、背筋がピンと張っていると、それだけで気風が漂いますよね。

2.美容室で、ヘアトリートメントをお願いする

色気、の要素の一つに「つや」があります。

女性が動くときに、最も動く部位の一つが髪ですが、髪に艶を出す、つまり反射するようなコーティングをすることも、即効性のある「色気」の出し方です。

ただし、ヘアトリートメントは、内側から補修するようなもので無い限り、はげれば効果はもどります。

期間は2週間から1ヶ月くらいですので、特に気合いを入れたい時だけに限定しても良いかもしれません。

美容室に行く時間が無い、という方や毎日のお手入れには、洗い流さないトリートメントやヘアオイルもオススメです。

スポンサーリンク

3.薬局やデパートの化粧品売り場でメイクしてもらう

化粧品売り場でメイクしてもらう女性

顔はなんといっても目立つ部分ですね。色気を出したいのなら、ここは押さえたいところです。

毎日しているメイクですが、自分だけではマンネリになりがちです。また、自分が思っている以上に、自分の顔の良さを引き立てるメイクがあるかもしれません。

美容部員の方はメイクのプロなので、日頃のメイクの悩みやポイントなども相談でき、メイクの技術がこれまで以上に上がる機会になります。

4.顔と手先の保湿を心がける

さきほどの「艶」にも通じますが、顔と手先はこまめに保湿しましょう。

顔は化粧水やパック(最近はオンラインで大容量のパックもかなりお得に入手できます)、あとは何でもいいのでクリームなど。手先もハンドクリームでかまいません。マニキュアをしている人は、他の人以上に爪の周囲が乾燥しやすくなるので、手を洗う毎にこまめに塗りましょう。

私のオススメはワセリンです。薬局で売られている無添加のワセリンを、100均で買える密封できる小物ケース(3個パックで売られてるのを使ってます)に移し替えて、バッグの中、職場の机、家と分けておき、唇が乾燥した時や手荒れが気になったときにさっと塗って使っています。

香水の匂いも邪魔しませんし、無添加なので、重宝しています。

5.動作に交差させる仕草をとり入れる

髪を掻き揚げる女性

これはよく言われる方法ですね。男性は女性の曲線に目が行きやすいという性質があるらしく、身体を交差させるような動きを採り入れることで、なまめかしくみせる方法です。

具体的には、「テーブルの上の調味料を取るときに、遠い方の腕で取る」「左の髪をかき上げるのに、右手を使う」のように、「逆の手を使う」ことがキーです。

「嘘だ!」と思うひとは、試しに画像検索で、脚を組んだ人の画像と、脚を組まずに座った人の画像を見比べて見て下さい。何か違いを感じませんか?

ただし、腕を組むのは「あなたを受け入れていません」というサインになってしまうので、気をつけましょう。

6.よく笑うように心がける

コミュニケーションには、言葉を通じて行うものの他に、言葉を介さない「ノンバーバルコミュニケーション」も大事です。
中でも表情はもっとも様々な感情や意思を伝達できるツール。

そこで、さまざまな微細な表情を作れるように、日頃から表情筋を鍛えておきましょう。

もっとも手軽な方法は「笑う」ことです。他にも、少しおおげさなくらいびっくりするなど、日常の会話の中で顔の筋肉を意識しながら大きく感情を表現するようにしてみましょう。

表情筋が鍛えられることで将来の顔のたるみの防止にもなるので、若々しい印象も与えることができるようになります。

7.動作や話し方を心持ちゆっくりにしてみる

色気のある人は落ち着いている印象がありませんか?

せかせかしていたり、早口で話したりすると、少し余裕がない印象を与えてしまうこともあります。

少し話す速度を緩めたところで、実際には大して時間のロスになっていないことも大きいもの。

それよりも、相手が安心して聞ける状況を常に作ることで、「この人とは落ち着いて話ができる」という印象をもってもらいやすくなります。

また、ゆっくり話したり、一泊置いて行動するように心がけることで、カッとなったりうろたえたりして不適切な行動を取ってしまったり、不用意な発言をするリスクもぐっと減ります。

8.語彙を増やす

「この人、美人だな」「素敵だな」と思う見た目や仕草の女性を見つけたとして、そんな女性のそばに寄ったときに「ちょー受ける?」など、言葉遣いが汚かったら上品なイメージはもたなくなるかもしれません。

また、メールの文章がほとんどひらがなばっかりだったり、「それ」「ああいう」「あの手の」といった指示語ばかりだと、話が長くなる上、やや幼い/頼りない印象を与えます。

話す言葉が綺麗だったり、会話の語彙も豊かだったりすると、「きちんと感」が出ますよね。

それでは語彙を増やすにはどうすれば良いでしょうか。一つの方法は音読です。音読は「読む」だけでなく、声に出して「話し」、自分の声を「聞く」ので、同じ時間でも定着力が段違いに良いと言われています。

新聞や時事的なテーマを扱った本を音読すると、普段自分が使わない表現などにも出会う可能性が増えるかと思います。また、物語でもエッセイの音読では、言い回しや言葉の運び方なども身につくと思います。

9.職場や学校で「素敵だな」と思う女性を見つけ観察してみる

最後に、一番効果的な方法の一つは、「色気のある人」の具体的なイメージをつくることです。

身近にいる、少し年上の女性で「素敵だな」と思われる方がいたら、その人のどんな点が素敵なのかを挙げてみましょう。「身近にそもそも女性がいない」という方は、ドラマや漫画の登場人物でも構いません。

「この人だったら、どんな風に行動するだろう」と、その人の仕草や話し方まで頭の中で明瞭に思い浮かぶぐらいよく観察すると、どのような要素が色気につながっているのかを
分析するきっかけになります。
その中で、自分にもできそうなことがあれば、積極的にやってみましょう。

最終的に、「これができれば色気がある」といった明確な要素もゴールもあるわけではないので、自分の行動や態度を見直したところで、満足や納得がいくとは限らないと思います。

ただ、そんな中で、自分が憧れる人に、様子でも仕草でも、少しでも近づけていれば、自分なりに満足して、また今後の行動を変えて努力していく上でのモチベーションにもつながるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
その日からできるようなものから、少し長期的に取り組む必要があるものまで紹介させていただきました。

ご自身に合った方法や、興味のあるものなどを採り入れつつ、楽しんで色気アップに向けた行動改善につながれば幸いです。