1. TOP
  2. 女子力アップ
  3. 現在のページ
韓国人 男性と女性

衣食住から学ぶ!韓国人の肌がいつまでも若々しい9つの理由

投稿日: 2018年04月04日

最近、テレビで韓国人を見ない日はありません。男女ともに大抵の人は、肌が日本人よりきれいです。

不思議なことに、ドラマに出てくる俳優だけではなく、街頭インタビューに答える一般の人までもが日本人より肌がきれいです。

韓国人の肌が日本人よりきれいで若々しい理由は何でしょうか?

ここでは化粧以外の秘訣、特に衣食住を中心にした生活習慣面から探っていきます。

スポンサーリンク

1.トウガラシの美肌効果

韓国人の食生活は保守的で、外国旅行に行っても韓国料理店を探し回るほどです。最近では洋食も普及してきましたが、それでも1日3食すべてが韓国料理という韓国人は珍しくありません。

韓国料理といえば、第一にトウガラシで味つけした辛い料理が多いことがあげられます。そして、トウガラシ自体が、実は肌にはよい食品なのです。

まず、トウガラシを食べると肌に汗をかきます。汗をかくことによって、皮膚表面に水とミネラルをいきわたらせることができます。さらに、トウガラシに含まれる辛味成分のカプサイシンは、皮脂腺を刺激する効果があるので、皮膚の表面に適度な油分を分泌してくれます。

以上のように、韓国人は、トウガラシを適量に摂取しているので肌が美しいのです。

2.発酵食品をよく食べる人は肌がきれい

キムチ

韓国の発酵食品といえばまずキムチが挙げられます。その他に、乳酸菌が豊富で飲む点滴と呼ばれるほどのマッコリ、コチュジャンやサムチャンなどの味噌類、ジョッ(魚介類の塩辛)、果ては納豆に似たチョングッチャン(清麹醤)と、多種多様な発酵食品を大量に取るのが、韓国料理のスタイルです。

食品は発酵することで、美肌に欠かせないビタミンやミネラルが摂取しやすくなる効果が高まります。また、発酵食品は、乳酸菌などが豊富で腸内の悪玉菌を退治してくれたり、微生物の活動により豊富に含まれている酵素も腸内環境を整えてくれます。腸内環境が整えば、便も毎日快調に出るようになり、皮膚をくすませる毒物がたまりにくくなります。

以上のように、発酵食品を欠かさず食べる韓国人は、肌を美しく保ちやすいのです。

スポンサーリンク

3.コラーゲンたっぷりの食生活

韓国料理といえば肉を連想する人も多いと思います。でも、気象条件などから見ると、もともと韓国は畜産には向いていません。そこで、家畜を処分すると、肉の部分はもとより、皮・内臓・骨まで残らず料理に使う文化を発達させてきました。この皮・内臓・骨にこそ、コラーゲンが豊富に含まれているのです。

コラーゲンは皮膚を形作る主材料で、乾燥した真皮重量ベースでは70%近く含まれています。そして、年齢とともに自らの体内でコラーゲンを合成する機能が衰え、40歳の場合は18歳の半分程度しか作られません。

韓国人は、コプテギ(豚皮)の焼肉、スンデクッパ(豚の腸詰のスープ飯)、ソルロンタン(牛の骨を長時間煮出して作ったスープ)など、家畜の皮・内臓・骨から作った料理をよく食べています(何しろ普通の肉料理よりも値段が安いからです)。このことが、意図しなくても韓国人の皮膚がいつまでもツヤや張りがある大きな理由です。

4.水分補給をがまんしない

ミネラルウォーター

韓国を旅行すると、どんな山間僻地でも必ず茶房(タバン、喫茶店)がある事に気づきます。また、コンビニに入ると、日本より飲料コーナーが充実していることにも気づくはずです。これは、韓国人は、日本人よりも喉が渇けばすぐに水分を取る傾向があることによるものです。

また、韓国人は、食事に汁物がないと「きちんとした食事ではない」と考える傾向があるので、食事にはスープ類が必ず出てきます。

水分が不足すると、血流が悪くなって皮膚の維持や再生に必要な養分補給が滞ります。また、皮膚に角質がたまりやすくなり、皮膚を黒くするメラニンが排出されにくくなります。さらに、体内の水不足は腸内環境の悪化をきたし、皮膚がくすみやすくなります。

韓国人一般の傾向として、「お腹が減った、のどが渇いた、眠い、楽をしたい」などの人間の一次的欲求を満たすことは日本人よりも寛容です。よって日本人より水分をこまめに摂取していることも、皮膚の若さを保つ一因となっています。

5.規則正しくきちんと食事を取る

規則正しく食事を取らなければ、体内時計が狂いやすい上、体温も上がりにくくなります。これらは、肌の若々しさの維持に悪影響を及ぼします。

韓国のオフィス街を歩くと、夜7~8時頃の会社近くの食堂では、残業している会社員が夕食をとる姿をよく目にします。さらに、オフィス街の食堂の中には朝7時頃から開いているところも多く、ご飯とコンナムルクッ(大豆もやしのスープ)などの簡単な朝食をすする光景をよく見ます。つまり、韓国人は、日本人より「腹が減っては戦が出来ぬ」という考え方が強いのです。
このことから、韓国人の肌が老化しにくい理由の一つは、日本人よりも規則正しく食事を取る習慣が身についていることも関係しています。

6.規則正しい十分な睡眠を取る

食事とともに、規則正しい睡眠も皮膚の健康維持には重要です。それは、寝ている間に皮膚の奥で生まれた細胞が少しずつ上に上がっていき、約4週間で一番上までたどり着くと数日で剥がれ落ちるからです。

睡眠時間が十分でなかったり、睡眠の質が悪いと、皮膚の奥で生まれた細胞が一番上にたどり着く速度が遅くなります。そうなると、皮膚が乾燥しやすくなるとともに、ツヤや張りが失われます。

実は睡眠時間自体は、日本人と韓国人はほとんど変わりありません。しかし、韓国人の場合、夏以外の時期はオンドルという床暖房で床を暖かくしてから眠りにつくため、日本人より良質な睡眠が取れています。また、不眠の場合は、すぐに病院を受診したり、韓薬房で自分の体質に合った薬を調合してもらっています。
このように、韓国人は、睡眠も気を使っていることが肌の老化を防いでいるといえます。

7.ハイヒールはできるだけ履かない

赤いハイヒール

韓国のオフィス街を昼休み時間帯に歩いていると、女性の格好で日本と大きく違う点があります。それは足元です。

韓国人の場合、「会社から指定されているのか?」と思うくらい、スニーカーかサンダル履きで昼食に出かける女性が目立ちます。また、朝夕に地下鉄に乗るとよく分かるのですが、出退勤をスニーカーで過ごす韓国人女性は、日本人よりも確実に多いです。

ハイヒールは、外反母趾などを起こしやすいほか、どうしても不自然な格好になるので、血流が悪くなります。血流が悪くなると、皮膚に水分や養分がいきわたらなくなりやすい上、老廃物も排出されにくくなります。

先に述べたように、韓国人は人間の一次的欲求は日本人より率直に受け止める傾向があります。つまり、「きついハイヒールはなるべく履かない」ことが、皮膚にもいい影響をもたらしているといえます。

8.顔パックを欠かさない

「1日1パック」なる言葉があるほど、韓国は顔パック大国です。そして、現代もののホームドラマで顔パックをしている光景は日常茶飯事である他、時代劇にもキュウリや泥などでパックする様子がよく描かれています。これは、韓国の気候が日本より乾燥しやすいことと深く関係しています。

パックをすることで、特に乾燥肌の人にメリットがあります。第一に肌のバリア機能が回復することにより、メラニン生成を抑えることができ、シミの予防にもつながります。また、例えばキュウリの場合、汁液の中にタンパク質や脂肪を分解する酵素が含まれているので、皮膚からでてくる老廃物を除去する効果が高まります。
このように、韓国人が顔パックを欠かさないのも、皮膚を若々しくきれいに保つための重要なポイントです。

9プライベートではできるだけノーメイクでいる

日本以上に「釣った魚にはエサをあげない」のが韓国人です。

ソウルの未婚女性は東京の未婚女性よりもメイクにかける時間は長いようですが、力を入れてメイクするシチュエーションが違います。

東京の未婚女性は「同性の友人と遊びに行くとき」にもっともメイクに力を入れますが、ソウルの未婚女性は「デートするとき」です。

つまり、韓国の女性は、家族だけで過ごすとき、また結婚したら日本ほどはメークをしなくなる傾向があるといえます。

顔に付けた化粧は落ちてしまったら困るので、有効成分を超微細粒子にして皮膚内に浸透させる効果があり、それは年々高まっています。つまり、皮膚が本来持っている異物の侵入を防ぐ機能を損ねる可能性があるのです。

よって、化粧を付けている時間が短いほど皮膚の老化を防ぐ効果があり、韓国人女性はこれが実践できているのが、肌が若々しい人が多い理由の一つといえます。

以上、韓国人の肌がいつまでも若々しい理由について、主に衣食住の習慣からまとめてみました。

旅行に行ったり日本国内にいる韓国人の友人に会うたびに思うことですが、韓国人は日本人よりも自然体で生きている人が多いです。なので、私たちも、この中から取り組みやすいものから自然体で取り組んでいき、効果があったものを生活に取り組んでいけばよいと思います。