1. TOP
  2. 恋愛心理
  3. 現在のページ
片思いをしている女性

女性が片思いの男性に送るサイン10パターン

更新日: 2018年10月27日

執筆者: ゆき

女性は片思いをしていても「好き」の気持ちを素直にアピールすることはできません。「好き」「付き合ってください」なんて告白は好きのアピールよりもずっと勇気がいることなので、こちらもなかなか難しいです。

男性としては、好きのアピールもなければ告白もしてもらえず、女性の気持ちが分かりづらくてやきもきしてしまいますが、実は女性は片思いの男性にはきちんと好きのサインを送っているのです。

ということで、今回は女性が片思いの男性に送るサイン10パターンをご紹介します。気になる女性の自分に対する気持ちが知りたい方、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.目が合った途端、目を逸らすこと

片思いをしている女性が好きな男性に対してついやってしまうこと、それは視線外しや目を逸らすことです。

片思い中、女性は好きな男性をつい目で追いかけてしまいます。男性は自分に向けられた女性の視線に気付いて振り返ることもあるでしょう。また、そこまで鋭い男性ではなくても、単純に見ている時間が長いのですから、その分目が合うチャンスも多くなるものです。

女性の視線に気付いたとき、あるいは不意に女性と目が合ったとき、相手の女性がすっと目を逸らした、あるいは「あなたを見ていたわけじゃない」というわざとらしい表情であさっての方向を見たとき、女性は男性に片思いをしています。

見ていたことを知られたくない、気持ちがばれそうで怖いから、あえて「見ていなかった」という態度をとってしまうのです。

女性と目が合ったとき、にこりともしてくれないどころかすぐに目を逸らされると「自分のことが嫌いなのかな」と思ってしまいますが、実際はその反対のことが多いのです。

2.「○○君、すごい」「○○君のおかげ」とほめること

男性をほめる女性

女性は片思いの男性に対して「好き」という代わりに「すごい」「○○君のおかげ」とほめることが多いです。

「好き」という好意を言葉にするよりもほめ言葉の方が照れずに口にすることができますし、女性にほめられて不快な気持ちになる男性はいないことを女性は本能的に知っているのです。

また、「○○君、すごい」と相手をほめているうちに、相手の方が自分を好きになってくれるのではないか、相手から告白してくれるのではないかということも期待しています。

スポンサーリンク

3.欠席や欠勤を気遣うこと

片思いをしている女性は、好きな男性が目の前にいるときには、男性に対して露骨な「好き」アピールをしません。

女性が「好き」の気持ちを表に出すのは、好きな男性が目の前にいないときです。

たとえば、学校を欠席したり会社を休んだ次の日、友達や同僚から「○○さんが心配していたぞ」「○○さんがノートを取ってくれていたぞ」と言われたとき、あなたを心配しそれを周囲のクラスメイトや同僚にも話していた女性はあなたに片思いをしているのです。

4.スタンプや絵文字つきのメッセージを送ること

ノートパソコン・スマートフォンを操作する女性

女性は好きな男性には「かわいい」と思われたいもの、その気持ちはLINEやツイッターなどのSNSのメッセージにもあらわれます。

片思いをしている女性は好きな男性にはかわいいスタンプや絵文字つきのメッセージを送るのです。

5.特に用事がないのにメッセージを送ること

女性は好きな男性とLINEのやりとりをするのが好きです。特に、面と向かっては恥ずかしくてなかなかうまくしゃべれないときには女性はSNSで男性との距離を縮めたい、自分のことを知ってもらいたいと思っています。

なので、女性は片思いの相手に対しては、業務連絡や「明日は何時に集合」などの用事がなくてもメッセージを送ります。

たとえば「おはよう」や「今日もいい天気だね」というような挨拶をメッセージで送るのです。

男性から見てそれほど親しくはない女性からひんぱんにメッセージが来る、メッセージは来るけどメッセージを読んでも別に緊急の用事があるわけでもなさそうだ、というときには女性は男性に片思いをしています。

6.些細な一言を覚えていること

男性が何の気なしに口にした些細な一言を女性が覚えているとき、女性はその男性に片思いをしています。

たとえば、雑談のついでに「食べ物なら○○が好きなんだ」と言ったのを女性が覚えてくれていた、のみならず、お弁当などで男性が好きだと言ったものを手作りして持ってきたというときには女性は男性に恋をしています。

好きだからこそ些細な一言も覚えているし、その一言を重く受け止めて男性の好物を作って食べさせたいと思うのです。

7.好きな女性芸能人を知りたがること

片思いをしている女性は好きな男性に好いてもらうために、男性の好みの女性になろうとします。といっても、面と向かって「どんな女性が好きなの?」「どんな女性になったら私と付き合ってくれる?」と聞くのは恥ずかしいですし、これでは「好き」と告白しているようなものです。

まだ告白する勇気を持てない女性や、男性の好みの女性になってから告白したいと思っている女性は、単刀直入に女性の好みを尋ねるのではなく、まずは男性の好きな女性芸能人を知ろうとします。

好きな女性芸能人を知ることで、かわいい系が好きなのかキレイ系が好きなのか、男性の好みに近づくためにはロングへアにすべきか髪を切ってショートにすべきかを知ろうとするのです。

女性が男性に対して「芸能人だったら誰が好きなの?」と聞いたり、アイドルグループの写真を指差して「どのメンバーが一番好きなの?」と聞くとき、それは女性が男性の女性の好みを知りたいと思っているサイン、この会話の翌日、女性の髪形がアイドルと同じになっていたら100%の確率で女性は男性に恋しています。

8.ちょっとしたボディタッチが多いこと

女性は好きな男性の髪や腕に触ります。

好きな気持ちがボディタッチにつながっていることもありますし、「男性は女性からのボディタッチを喜ぶ」というたくらみのもと、わざと好きな男性にボディタッチをすることもあります。

特に飲み会などでお酒にかこつけてボディタッチをしたり、わざと隙を見せて男性からのボディタッチを誘うことが多いです。

9.男性の趣味やプライベートを知りたがること

屋外で会話をする若い男女

女性が仕事や学校の話ではなく、男性の趣味やプライベートの話に興味を持ったり、休日の過ごし方を知りたがるときには、女性はその男性をただのクラスメイトや同僚と見ているのではない、仕事や学校以外での男性の姿を知りたいという気持ちを持っています。

つまり、女性がその男性に片思いをしているということです。

また、女性は男性がプライベートや趣味の話をしているうちに、「私もその映画を見たいと思っていた」「私もゴルフに興味がある」というように、男性の趣味や好みに同調したり、共通の趣味をアピールして、自分と男性の共通点を見つけようとします。仕事や学校以外の接点を持ちたいという気持ちがあるためです。

あるいは「今度、教えてください」「連れていってください」とお願いすることもありますが、これは趣味の話にかこつけてデートに誘っているのです。

10.クリスマスや誕生日の予定を知りたがること

クリスマスや男性の誕生日が近づくと、女性は好きな男性がクリスマスや誕生日を誰とどう過ごすのかが気になります。

また、男性に予定がないのであれば、誰よりも先に男性の予定を自分とのデートでおさえておきたいと思います。

クリスマスや誕生日の予定は早いもの勝ちですから、片思いの女性はライバルの女性に先を越されまいと必死なのです。

クリスマスや誕生日前に、男性にクリスマスの予定を聞いてくるとき、女性はその男性と一緒にクリスマスを過ごしたいと思っているサイン、女性は男性に片思いをしています。

また、恥ずかしがり屋の女性は自分からデートの誘いをすることができません。そのため、「クリスマス、私はフリーなの」というアピールを男性にして、デートに誘ってほしいとほのめかします。

もし、付き合っていない女性から「クリスマスに予定がない」とアピールされたときは「クリスマスには私をデートに誘って」のサイン、女性は男性に片思いをしています。

以上が、片思いをしている女性が好きな男性に送るサイン10パターンでした。