更新

お約束?彼氏が初デートにしちゃうよくある失敗談

初デートを楽しむ男女

付き合ってから改めて2人でお出掛け、それが初デートですよね。どうしても、お互い意識しすぎて緊張してしまって必要以上の力が入りやすいものです。

しかし、そんな力んだ状態で結果ばかりを見てしまう男性がデートプランを建てては、失敗してしまうのは目に見えているといっても過言ではありません。

女性慣れしている男性でも、好きな相手となると普段の自分ではいられなくなるものです。ですから、誰しも初デートで自分の描いていたようには事を運べないものなのです。

初デートを控えている男性に是非参考にしてもらいたい、初デートでやっちゃったあるある失敗談とは?

スポンサーリンク

1.遊園地での待ち時間や人混みで失敗

遊園地 ジェットコースター

「初デートだから記念に残るようなデートにしたい!」と思うのは自然な事です。ですが、初デートに遊園地を選択するのは控えましょう。

何故なら、友達や家族など気を張る必要のない相手と同じように想定すると、必ずハマってしまう落とし穴があるのです。

その落とし穴とは、『待ち時間』です。

遊園地は、人混みが多く、どんなアトラクションを乗るのにも待ち時間が長いものです。ですから、「遊園地=待つもの」という認識はあると思います。

しかし、初デートで好きな相手と2人きりで待つ、というのは想像以上に気力も体力も使うものなのです。

男性は彼女のことを護ってあげなくてはいけない、カッコイイところを見せたい、という気持ちから余計に周りに意識を張り巡らせます。

そういった事から、余計に周りの目が気になってしまったり、彼女に楽しんでもらおうと彼女のご機嫌を伺ってばかりになってしまったり…

せっかくの遊園地なのにも関わらず、楽しむ以前に居るだけで疲れてしまうのです。「そんな男性を見て、自分も楽しめない…」という女性は少なくありません。ですから、遊園地を初めとした人混みを初デートにするのは避けた方が良いでしょう。

2.初ディナーでお酒を飲んで失敗

 お酒を飲んで失敗するデート

デートでの醍醐味といっても過言ではないといえるのは、やはりディナーですよね。そんなディナーは、初デートの失敗ではないのですが、ディナーに行くのではあれば気をつけなければならないことがあります。

それは、『初デートでのお酒』です。

初デートでディナーへ行ったら、お酒を飲んで緊張を解したい、と思うのは自然なことです。決して悪いことではありませんが、緊張している時にお酒を飲むとどうなるかを体験したことがない人には特に危ない橋だといえるのです。

何故危ない橋なのかというと、初デートから来る緊張が原因なのです。やはり、「初デートの緊張を早く解したい」という気持ちからお酒のペースまで早くなりがちです。

ですから、普段のほろ酔いの感じまで飲もう、と決めて飲んでいても緊張が正常な判断をさせてくれず、アルコールが回っていても気付かずに普段と同じようにストップをかけられないことが多いからなのです。

気付いたらベロベロに酔ってしまっていた、ということも少なくありません。

それまでどれだけ彼女に頼りにされようと、初デートでベロベロに酔った姿を見せてしまっては彼女な幻滅してしまうものです。

長く付き合っている間柄であれば、そこまで問題ないといえますが、お互い相手のことをそこまで深く知れていない状態でベロベロな姿になってしまい、情けない姿を見せてしまうのは避けるべきなのです。

終わりに

この二つの失敗談から学べるように、初デートで普段と違うことをするのは良くないのです。

「記念に残したい!早く打ち解けたい!」と、男性が思ってくれることは女性からしたらとても嬉しいことです。しかし、男性は空回りすることが少なくありません。

女性に対しての概念が、妄想で膨らんでいることが多いからなのです。

ですから、初デートどこに行き、何をするのかは彼女と一緒に考えて決めてはいかがでしょうか?

ページトップへ戻る