1. TOP
  2. 女心
  3. 現在のページ
LINE(スマホ)を見る女性

女性が好意を持つ男性に送るLINEの特徴9つ

更新日: 2018年10月27日

執筆者: nikky

気になる女性とLINEのIDを交換した後、メッセージのやり取りができるようになると気になるのが「自分に興味を持ってくれているのか」ということではないでしょうか。

LINEでは文章とスタンプのやり取りになるので、直接顔を見てコミュニケーションを取るのとは少しニュアンスが変わってきます。

「どう思っているのかな」「女性は好意を持っている人にどんな行動を取りやすいのか」についてご紹介していきます。

1.自分のことを聞いてきたり質問が多い

LINEは会話形式でメッセージのやり取りができる分、会話と同じように「相手に興味がない場合」は、メッセージのやり取りが続かない、ということもあります。

気になる女性とLINEを交換して、メッセージのやり取りの中で、自分に対する質問や「誕生日はいつ?」「好きな人はいるの?」といった会話が続く場合は、相手の女性も好意を持っている、興味を持っているという可能性があります。

女性は興味のない相手や好意を持っていない相手に対して、こういった質問をすることはあまりないので、自分のことをいろいろ質問してくるときは、好意があるサインの1つのポイントといえます。

2.スタンプだけでなく文章で必ず返信をくれる

仕事などで忙しいときは、スタンプだけで返信をすることもあると思いますが、そんなときでも一言でも文章で返信をくれる場合は、好意があるサインといえます。

「今忙しいけど、大切に思っています」という気持ちの表れの1つでもあるので、スタンプだけの返信ではなく、いつも文章で返信をくれる、という場合は、ちょっと期待できそうです。

3.「ここに行ってみたいんだ」など、デートスポットの話をする

気になる女性とLINEのメッセージをやり取りしていると、「いつか一緒にデートしたいな」と思うようになってきます。

突然「今度良かったら、ここに一緒に行かない?」と誘うのもいいですが、その場合だと女性側も「お付き合い程度」で一緒に行ったりすることもあり、自分に対して好意があるのか分かりません。

そんなとき女性の方から「ここに行きたい」「楽しそう」「いいね」「私も好き」といった前向きな反応があったときは、好意を持っているサインの1つといえます。

自分から誘った場合でも「私も気になっていた」「行ってみたい!」という反応があった場合は、「一緒に行きたい」という気持ちの表れともいえるので、好意があるかどうか気になる場合は、デートスポットに関する話題に触れてみるのもいいかもしれないですね。

4.デートの誘いを断られたときでも次に繋がる約束をする

男性が勇気を出してデートのお誘いをしても、相手の女性がどうしても外せない用事や予定が入っていることもあります。

「この日は予定があって」と断られると、「遠回しに一緒に行きたくないと言われている」と思ってしまう方も多いと思いますが、そんなときでも「空いている日があったら教えて」などといった質問に対して、すぐに返信が返ってきたり、「この日は空いています」といった次の約束に繋がるような返信があったときは、「一緒に行きたいと思っている」という気持ちの表れでもあります。

デートの誘いを断られた・・・と凹むこともあると思いますが、そういうときは女性の返信がどのようなものかを見ることで、次に繋げることもでき、「好意を持ってくれているか」を見るポイントにもなるので、ぜひチェックしてみてください。

5.同じ職場や学校の場合、飲み会や会議などの後に必ずLINEを送ってくる

好きな女性が同じ職場や学校にいる場合は、こういったポイントも「好意を持っているか」を見るサインの1つになります。

特に飲み会の後などに「お疲れさまでした」「無事に帰れましたか?」といった内容のLINEが来る場合は、好意がある可能性が高いといえます。

飲み会などは職場にいるときよりも気持ちも開放的になり、楽しい時間を過ごした後に、「誰にメッセージを送るか」と考えたときに、女性はやはり「好意を持っている人」「気になっている人」にメッセージを送ることがあります。

他にも同僚やメンバーがいる中で、「お疲れさまでした」「楽しかったです」といった、ポジティブな内容のLINEが来た場合は、女性は好意を持っているといえそうです。

6.自分の好きなもの・ことについて話してくる

楽しくLINEのやりとりをする女性

女性は好意のある人に対して「自分の好きなもの」「好きなこと」について話すのが好きな一面もあります。
自分に対する質問があったら、今度は逆に女性の「好きなこと」について聞いてみると「好意を持っているか」を見る1つのポイントになります。

好意を持っていない相手に対して、自分のことや好きなことについて積極的に話すということはあまり考えられないので、「好きなもの」について質問をした後、積極的に話してくれる様子があったら、好意を持っているサインともいえます。

7.好きなタイプについて「自分と重なる」部分がある

女性に「どんな人が好き?」「タイプですか?」と聞いたとき、直接会ったことがある場合に、自分と重なるところが多いときは好意を持っている可能性が高いといえます。
好きな相手に対して、女性は何かしら「サイン」を送ることはよくあることで、LINEでのやり取りの中でも、好意のある相手に対して「好きなタイプは」と相手と重なる部分を伝える、という経験したことのある女性は多いかもしれません。

ルックスに対して、同じ職場の場合は、仕事ぶり、性格など、振り返ってみて自分と重なる部分が多い、もしくはルックスのポイントが自分と同じである、といったときは、好意を持っているといえそうです。

女性は好意を持っていない人に対して、「好きだと思われるようなこと」を言うことはほぼないので、好きなタイプが自分と重なる部分があるかどうかも好意を持っているかを見るサインの1つになります。

8.敬語から普通の口調になる

初めは敬語で話していても、メッセージのやり取りが続いてくると、次第に敬語から普通の言葉に変わってくることも多いですが、職場が同じという場合や仕事で関わりのある相手の場合など、表では敬語で話すことが多い間柄でメッセージのやり取りで普通の口調になってきた、というときは、女性が好意を持っている可能性が高いといえます。

女性は、好意を持っている相手と距離を縮めたいと思ったときに、親近感を感じられるようなメッセージを送ってくることもあります。

表では敬語だけど、メッセージでは親近感を持つことで、女性は「気になっている」ということをサインとして出しているということもあるので、「いつもは敬語だけど、LINEでは普通の口調だな」というときは、好意を持っている可能性が高いといえます。

9.定期的にメッセージを送ってくる

朝や帰宅後など、1日の中で「おはよう」「お疲れさま」「おやすみ」といったメッセージが来る場合は、好意を持っているサインともいえます。
そういった1日の中での節目に連絡をするということは、女性にとって相手が「身近な存在になっている」「身近な存在として認識してほしい」といった気持ちの表れでもあるので、毎日「おはよう」「お疲れさま」といった定期的なメッセージが来る場合は、相手が好意を持っている可能性が高いといえます。

まとめ

気になる女性が「好意を持っているか」はLINEのやり取りの中ではとても気になるところですが、日ごろのやり取りの中で、好意を持っているかどうかのサインを見ることもできるので、ご紹介したポイントを見てみるのもめやすになります。

それぞれのポイントを見てみると、やり取りの中で、女性が前向きな雰囲気でメッセージをやり取りしている場合は、好意を持っている可能性が高いといえそうです。

相手の女性が「好意を持っているか」が気になる、という方は、一度メッセージのやり取りで「相手が前向きな雰囲気でやり取りをしているか」について「めやす」として見てみるのもいいかもしれません。