更新

彼女と別れそうになる5つの理由と別れたくない時の対処法

彼女と別れたくない男性の様子

恋人と別れるということは、誰にとっても辛いものです。

これまで過ごしてきた思い出が頭の中でどんどん蘇ってきて、忘れようにも忘れられないこともあると思います。

特に男性は女性よりも引きずってしまうことが多いようで、「彼女を忘れることなんてできない」という人も少なくないようです。

すごく辛いですよね?

こんな時は、頭の中を整理するとともに、別れそうになった理由や彼女と別れたくない時にこれから自分はどうすべきか考えてみましょう!

スポンサーリンク

1. 他の異性と関係をもってしまった場合

「浮気」といっても様々ありますが、「浮気」は彼女と別れた理由でいちばん多いといわれています。

自分が浮気をしてしまったことで彼女から別れを告げられた時は、自分の軽率な行動をものすごく悔やんでしまうでしょう。

特に女性は裏切りに対して、かなりの嫌悪感をもつようです。相手にとっては裏切られたという気持ちが強く残り、信用できないというレッテルを張られ、そのまま別れてしまうパターンが多いのではないでしょうか。

こうした場合の対処法として、まずは真剣に謝ることです。あなたの誠意が伝わらなければ意味がありませんので、時間をかけてゆっくり話し合い「別れたくない」という気持ちを伝えましょう。

次にもう二度と浮気をしないと誓い、浮気相手とは一切連絡を取らない(電話番号も消す)と約束しましょう。

「もし連絡を取った場合はこうする!」といったペナルティーを決めてもらうのも効果的です。

最後に修復の機会を与えてくれた彼女に感謝しましょう。

彼女も修復の機会を与えてくれたとはいえ深く傷ついているはずです。感謝の気持ちを言葉にして伝えましょう。

また彼女との会話や共同作業を増やすことで徐々に元の関係まで修復できるよう頑張りましょう。

2.彼女に対し束縛しすぎてしまった場合

相手に対し、束縛したいという気持ちが強くなりすぎて相手の自由を奪いそれが引き金となり別れてしまうことがあります。

束縛は、相手が離れていってしまわないかという不安な気持ちや、自分のことだけを見ていてほしいという欲求が引き起こしてしまう行動です。

もう一度冷静に考え、自分の行動が彼女の自由を極端に奪っていなかったか見つめなおしましょう。

多少の束縛であれば愛されていると感じる女性もいますが、行動を監視するなどといった束縛は気持ちが重くなってしまい別れの原因へとつながります。

この場合の対処法として一番にすることは、自分自身が変わることです。

彼女が浮気の常習犯だったり、異性からもモテて心配で目が離せない、などの場合は別ですが、過度な束縛は相手の自由を奪いつらい気持ちにさせてしまします。

あなたの彼女は少し目を離しただけで浮気するような悪い女でしょうか?

そうでなければ彼女を信じて自分が我慢する必要があります。

最初はすごくつらいかもしれませんが、「相手を信じ、嫉妬しない訓練」を積みましょう。そして訓練の成果として「信じているから、もう嫉妬したりしない!」と宣言すれば彼女も「頑張って信じてくれているんだなぁ。」と感じとってくれるはずです。

この成果がでれば自分にも自信が持てるようになりますし、元の関係に修復する可能性も見えてくるのではないでしょうか。

3.付き合ってみたら価値観が違った場合

価値観の違いってよく耳にしますよね?

大好きになり付き合った彼女と、お金の使い方や食生活のズレなどでケンカしてしまうと、どちらかの価値観に合わせることとなり、その不満やストレスが引き金となり別れてしまうパターンもあります。

お金や食事は自分の生活環境に直結してくるものであり、そこに違いが生じてしまうと一緒にいることが辛く感じてしまうことがあるようです。

この場合の対処法として、まず一人になり、何の価値観が違っていたか冷静に見つめなおすことです。

その違いとはあなたにとって絶対に譲れないものでしょうか?

少し見方を変えても理解しがたいものでしょうか?

その違いがあなたのほんの少しの妥協で譲れるものとなる場合、元の関係に修復できる可能性も見えてきます。

それは違うとすぐに否定せず、そう考えたらどうなるだろう?と一度考え方を受け止めてみることも必要です。

100%価値観の合う人などこの世には存在しない!」「自分の考えがすべて正解とは限らない!」という気持ちを忘れずに、まずはあなたから妥協し理解することを実行しましょう。

それを彼女が感じとってくれれば、自然に彼女の方にも理解する気持ちが生まれ、譲り合える関係に近づくことができるはずです。

4.長い付き合いによるマンネリ化の場合

長い期間付き合っているとマンネリ化が進み、お互いに刺激が足りなくなってしまい別れるパターンもあります。

付き合ったばかりの頃は、脳内で恋愛ホルモンが分泌され、アドレナリンなどの影響によりドキドキが強くなります。

しかし、その恋愛ホルモンはだんだん減少し始め、気が付けば相手に飽きてしまっていたなどはよく聞く話です。

では、どうやってマンネリ化を解決していくか考えてみましょう。

普段のデートや過ごし方がパターン化している場合は、工夫を凝らし新鮮さを提供する必要があります。

例として、「いつも外食はオシャレなカフェやレストランだが、思い切って自然豊かな公園でお弁当を食べてみる」お金をかけたデートより、たまにはこういうピクニックも新鮮なものです。

また、あまり映画鑑賞などはしないという方は、「口コミなどを検索し、ハッピーエンドな恋愛映画をあえて部屋で見る」こんな時期もあったなと思い返してあたたかい気持ちになり、いつもとは違った空気を味わえるかもしれません。

やはりマンネリ化に勝つには新鮮さが一番の武器だと思います。

今回の例だけではなくサプライズする気持ちを忘れずに付き合い始めた頃を思い出しながら接してみましょう。

5.将来を考えると不安だと言われた場合

大好きな相手と付き合い将来結婚を意識し始めた時に、相手に金銭的余裕がなかったり、生活態度がだらしなかったりすると、将来が不安になり別れを切り出されたりすることが多いようです。

長い人生を一生この人とすごしていけるだろうか?

子供ができたら金銭的にやっていけるだろうか?

彼女と幸せに結婚を迎えるには、その様々な不安を取り除いていく必要があります。

この対処法として、今までの自分の生活を見つめなおす必要があります。

まずは、彼女から指摘を受けたことを思い出しノートに書きだしましょう。

「ちょっとお金使いすぎじゃない?」「そんなに毎日お酒飲んでたら体こわすよ!」「なんでそんなに時間にルーズなの?」など、どんな些細な事でもしっかり思い出しメモしましょう。

次にその指摘の中で、彼女が結婚するにあたってどれが一番不安に思っているか考えましょう。

よく考えれば今までの彼女の言動や態度から一番の不安要素を見つけ出せるはずです。

それが見つかれば、あとは改善に全力をつくすだけです。

決して簡単な事ではありませんが、金銭的な不安であれば、ギャンブルなどから足を洗い節約しているところを見せたり、生活態度が問題であれば、約束の時間を守り、家事をしてみたり、友人との飲み会を減らしたり、とにかく自分は結婚を真剣に考えているからという気持ちを行動で示すことです。

口先だけで変わるからといっても相手は信じてくれませんし、説得力に欠けます。

彼女に「最近変わってきたな」と思わせなければ将来に対する不安はいつまでも消えることはないでしょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

別れそうになる5つの理由と対処法を考えてきましたが、どの理由にも共通するのは、別れそうになった理由が自分にある場合、いかに自分が変われるかだと思います。

相手の事が好きで将来の事も考えているのであれば真剣に自分を見つめなおし改善していけるかが重要なポイントではないでしょうか?

最後まで諦めずに彼女との幸せを取り戻せるよう頑張ってください。

ページトップへ戻る