1. TOP
  2. 恋活
  3. 現在のページ
夜明けとビジネスマンのシルエット

彼女が欲しけりゃコレをやれ!男性が取り組むべき8つの項目

更新日: 2018年04月28日

執筆者: ライトス

「彼女が欲しい、でもモテない」「どうすれば彼女が出来るようになるのかわからない」といった悩みを抱える男性は多いですね。やはり男として生まれたからには、彼女の1人や2人は作ってみたいと思うのは自然なことです。

実は、その様なモテない男性たちの大半にはある共通点があります。それは、「男としての自分を磨いていない」という点です。これを怠っているがために、女性の関心を惹けぬまま日々を過ごしているといっても過言ではありません。

では、「自分を磨く」とは具体的にどのような事を指すのでしょうか。ここでは彼女を作るために男性が取り組むべき8つの項目を挙げています。決して専門知識や技術が必要なものではなく、誰もが実行に移せるものばかりなので、まずはそれらに目を向けてみましょう。

スポンサーリンク

1.身だしなみに気を配ることがモテる道への第一歩

身だしなみを整える男性

モテない、彼女が出来ないと嘆いている男性諸君に問います。
あなたは日頃から身だしなみに気を配っていますか?
イエスと答えた人はおめでとうございます。モテるための第一関門を突破しました。

ノーと答えた人は、残念ながらモテるための基礎中の基礎が身についていませんね。
これを機に身だしなみを整えるように意識しましょう。

そもそも身だしなみとは、恋愛のみならずありとあらゆる対人関係で必要とされる最低限のマナーです。

寝癖はしっかり直す、無精ひげは綺麗にそる、鼻毛はちゃんと処理する、歯はもちろん舌も磨いて口臭を防ぐ、しわくちゃの服を着て外出しない、汚れた靴は丁寧に手入れする、毎日入浴して体を清潔に保つ、などなど、身だしなみと言ってもそれらの一つ一つはごく当たり前の事にすぎません。
普通に日常生活を送っている男性ならば、特に意識せずとも身だしなみは整っている事でしょう。

言い換えれば、身だしなみに気を配っていないという事は、それだけで「普通以下の男」という評価を下されてしまうのです。

清潔感に欠けているため、当然ながらそんな男性が彼女を作れるはずはありません。

例えどれだけ性格が良くても、どれだけ才能に溢れていても、身だしなみに気を配っていなければ内面で勝負すらさせてもらえないのです。

飲食店に例えてみれば分かりやすいでしょう。
どれほどの美味なメニューを揃えていても、外壁がボロボロで内装も汚れきった店に足を運びたいと思う客はいませんよね。

身だしなみは言わば対人関係の玄関口のようなものだと思ってください。
少なくとも相手を不快にさせない出で立ちならば、初対面で好かれないまでも嫌われることはまず無いでしょう。
身だしなみを整える事こそが彼女を作るためのスタートラインなのです。

2.弛んだ体では女性は振り向いてくれない

 お腹の贅肉をつまむ太った男性

男性の魅力のひとつは紛れもなく引き締まったボディです。
柔らかで丸みを帯びた女性の体に比べて男性の体は硬く筋肉質ですが、それこそ逞しさや力強さの実体そのものでしょう。

女性が男性に求める要素のひとつである頼もしさや逞しさは、男性の体に元から備わっている物なのです。
いわば、女性を引き付ける魅力は全ての男性に備わっているというわけですね。

もちろん、その体が適度に引き締まっている事が大前提なのは言うまでもありません。
弛んだ体には強さや逞しさといった魅力が宿らないからです。
ブヨブヨで締まりのない三段腹では女性を振り向かせるのはまず無理でしょう。

なので、常日頃から筋トレなどの運動は行うべきです。
筋トレと言ってもプロのアスリートと同等のメニューをこなす必要はなく、腹筋やスクワット10分程度を週に2回ほど行うだけでも体の締まり具合は違ってきますよ。

それに加えて、引き締まった体であり続けると自然と自信も身に付きます。
なので、モテたいのならば兎にも角にも体は適度に鍛えておきましょう。
引き締まった体はそれだけでセックスアピールになるのです。

スポンサーリンク

3.ファッションは周囲との調和を意識しよう

ファッションがダサい男

「男は外見じゃない、肝心なのは中身だ」といった類の意見は時折聞かれますが、確かにその通りです。
女性の心をつかむためのフィニッシュブローは間違いなく中身の良さに他なりません。

ですがだからと言って、外見には気を配らなくてもよい理由にはなりません。
中身が大事なのと同様、外見もまた疎かにできない要素なのです。

外見の見栄えを良くする簡単な方法は、自分に合ったファッションを着こなすことです。
服装に気を使わない男性は一生モテないままだと思ってください。

自分に合った服装とは、着る服が体形や年齢にフィットしているかどうかです。
がっちり体型なのにピチピチなサイズのシャツを着ると滑稽ですし、服の色合いが全体的にくすんでいると実年齢よりも老けて見えてしまいます。

また不必要にアクセサリーをジャラジャラと付けまくったり、シャツのボタンを多めに外して無駄に胸元を曝け出すのもいただけません。

ファッションは自分を飾り立てるのに役立ちますが、周囲との調和もまた大事です。

女性の気を惹きたいがために派手な格好に走りすぎるのはダサくなってしまいますよ。
適度にハズした着こなしは洒落てカッコいいですが、TPOを弁えるという前提からは脱線しないようにしましょう。

4.背筋を伸ばすだけで堂々として見える

姿勢が悪い猫背の男性

やはり男たるもの常に堂々とした態度でありたいものです。
少々堅い表現を用いるならば威風堂々、泰然自若と言った感じですが、やはりそのような態度には男としての自信が溢れ出ているように見えるのです。
むろん、その姿は女性の目にも魅力的な男性と映る事でしょう。

ビシっとした立ち振る舞いを身につけたいのならば、まずは背筋をピンと伸ばしてみましょう。
歩く時も猫背にならず、胸を張るように意識するだけで堂々とした姿に見えるのです。

街中を歩く男性に目を止めてみると、見た目は良いのに姿勢が残念という人が思いのほか多い事に気づくでしょう。

猫背はくたびれた老人の様な疲れ果てたイメージが付きまとうため、他人の目には「覇気のない人」と映ってしまいます。
もちろん女性たちもそんな男性にときめく訳がありません。

姿勢ひとつで自分の評価を落とすのは馬鹿馬鹿しいですよね。
なので、背筋は常に伸ばすように心がけましょう。

不思議なことにそれだけで内から自信が沸き上がるような気持ちになります。
そしてそれがいつしか本当の自信に変わってるでしょう。

5.ゆっくりと低めの声で喋ると色気が伴う

デート 会話を楽しむ男女

人の印象は喋り方ひとつで180度変わります。
女性にモテたいのならば自分の口調にも意識を向けるべきでしょう。

女性が好むのは、低めのトーンでゆっくりと話す男性です。
落ち着いた感じの口調は話し手を知的に感じさせてくれるだけでなく、色気をも伴うからです。

人は話に夢中なって興奮した時には自然と早口になり、声も幾分甲高くなってしまうものですが、その様な口調は聞き手にとっては好ましいものではないので、出来るだけそうならないように心がけましょう。
コツとしては、話し始める前やフレーズの区切りごとにひと呼吸置くことです。
こうすることで早口へのブレーキになり魅力ある喋り方になるので、ぜひ試してみましょう。

6.照れ臭くても話す時には相手の目を見る

相手の目を見て話す男女

彼女を作りたいのならば、当然ながら女性と面と向かって話せるのが大前提です。
ですが、彼女いない歴=年齢の男性は異性との会話が苦手な傾向にあるのも事実ですね。
照れ臭くてまともに相手の顔を見て話せないという気持ちも理解できます。

ですが、そんな姿はオドオドした感じに受け止められてしまうので、恥ずかしくてもせめて相手の目くらいは見て話すようにしましょう。

「女性慣れしていない」という言い訳が通用するのはせいぜい10代の少年までです。
いい大人がそんな有様では滑稽どころか無様でしかありません。ハッタリでもいいので、女性の視線を真っ向から受け止めるくらいの度量は持ちましょう。

7.笑顔は人の心を和ませる

笑顔のカシミア系男性

笑顔は相手の心を和ませ、気持ちを明るくさせます。
誰だって笑顔で接してもらったら嬉しいですよね。

なので、女性と接する際には笑顔を心がけましょう。
それだけでも好感度は上がるはずです。

にこやかな表情には自然と親近感を感じるので、笑顔で接するたびに女性との間柄も打ち解けてゆくでしょう。

8.人生に夢や目標を持とう

大きな夢を持つ男性

そもそも女性は男のどこに惚れるのでしょうか。
それはズバリ、その男性の信念や生き様への共感です。
何かに打ち込んでいる男性の姿はやはりカッコいいのです。

情熱を注げるものがあるだけで人生は潤います。
充実した毎日を送っている男性は自然と活力に溢れているので、それが女性の目に留まるのでしょう。
男性の発する前向きなエネルギーに女性は引き寄せられるのです。

「将来独立して店を持ちたい」「英語をもっと上手く話せるようになりたい」「サッカーが大好きだ」「現在ピアノを猛練習中」などなど夢中になれる目標なら何でもいいので、自分だけの生きがいを見つけましょう。
それに向かって一生懸命歩んでいる姿を、女性はどこかで見ているものです。