1. TOP
  2. 女子力アップ
  3. 現在のページ
重い彼氏

重い彼氏の特徴と対処法教えます!別れる前にできること

更新日: 2017年12月17日

「俺の彼女重いんだよな〜」なんて、よく男性たちはグチってますよね?
でもその逆で、男性が重くなっちゃう場合もあるってご存知ですか?
そんな重い彼氏を持つ女性は、相当苦労することも…

今回はそんな重い彼氏の特徴と、別れちゃう前にできることをご紹介いたします。

スポンサーリンク

重い彼氏の特徴

あなたは重い彼氏を持ったことがありますか?

少し重いかな?と感じる重さは、愛されてるから!で済ませることができる場合がありますが、重く彼女にのし掛かってくる彼氏は、ときに窒息しそうになることがあります。

そんな重い彼氏とはどんな男性のことをいうのか、特徴をご紹介していきます。

あなたの彼氏は大丈夫ですか?

逐一彼女のスケジュールを確認したがる

スマートフォンを持つ男性

お互いに働いていて、それぞれバラバラで生活している日常ですが、重い彼氏は、彼女のスケジュールを全て把握したがります。

たとえ、会えない平日の、しかも働いている日中のスケジュールも確認してきます。何のために知りたいの?誰もが疑問に思いますよね。

重い彼氏は知りたいのです。彼女の行動全てを。

そこで、少しでも焦らして教えなかったりすると、「何か隠してるの?何で教えてくれないの?え?大丈夫?」と質問の嵐が襲ってきます。

どこに行くにも2人で1人と勘違い

たまには女友達だけでショッピングや食事に行きたい私たち。
でも、重い彼氏はそうはいきません。
「俺も行く〜。全然気にしないで。俺のことは無視してくれていいから。ただ、そこにいたいだけだから」などと言ってきます。
無視して…って、できるわけないですよね…。

とにかくどこにでも一緒に来たがる。一緒にいたがるのが重い彼氏になります。どこにでも彼氏がついて来たら、友達だって気を遣いますし、毎回そうならある意味引きますよね。

重い彼氏は、自分抜きで彼女に楽しんで欲しくない。楽しむなら一緒と考えている場合が多く、あるいは、自分の知らないところで、他の男性と話をしてもらいたくないという嫉妬から、常に一緒にいたがります。

嫉妬の鬼となり、手がつけられない

重い彼氏はとにかくすぐに、何にでも嫉妬します。
ときに、ウェイターに注文をし、ニッコリしただけで不機嫌になったりします。
おいおい…と思いますが、重い彼氏は本気です。

面倒なのは、会社の飲み会に参加したときです。会社は女性だけではなく、男性ももちろんいます。同僚や上司相手に、楽しく会話をすることは当然です。しかし、重い彼氏は許せません。根掘り葉掘り、誰とどんな会話をしたのか聞いてきます。

それにちゃんと伝えてあげないと、その人のこと気になってるの?という妄想が始まるのでたちが悪いのです。

軽い束縛ではなく本気の束縛

重い彼氏の常識に、彼女に男友達がいるということは論外なのです。
それが幼馴染であろうと、ずいぶん年上の兄の友達だったとしてもアウトなのです。当然、ケータイの電話帳から削除してお願いをされます。

彼氏とは別行動の日などは、厳しいチェックがちょくちょく入ります。
「何時に帰るの?帰ったら連絡ちょうだい!あ、顔見たいからFaceTimeでね」など、彼女の言動チェックに余念がありません。

また、友達との外出先で、わざとらしく「楽しんでる?どんなところか俺にも写真送って見せて〜。あ。友達ともセルフィーして送って〜」などと言ってきます。これは、明らかに、その風景を見たいのではなく、彼女が本当に女友達と一緒なのかを、確認していることにすぎません。

メールが長い

重いと言われる女性と全く同じ特徴が、送ってくるメールが長いのです!
大抵、男性のメールって、もっとかわいく送ってよーと言いたくなるくらい、要件だけのメールだったり、言葉足らずだったりしますよね。

でも、重い彼氏は違います。
毎回毎回、送ってくるメールが長いのです。

それも、要件プラスアルファが長く、それに対して、彼女もしっかり返信をしないと、「何か気に食わないこと言った?怒ってる?」などと連絡が来るので、気が気じゃありません。

ネガティブ思考に陥りやすい

ネガティブ発言をする男性イメージ

重い彼氏は、何に対してもネガティブになりがちです。
ほんの些細なことでも「だから俺はダメなんだよなぁ」なんて塞ぎ込んでしまいます。それは他人に対してだけでなく、彼女に対しても同じか、さらに疑心暗鬼になります。

俺みたいな男じゃいつかフラれてしまうと考え、いつか浮気されるかもというマイナスな妄想が働き、ちょっとした彼女のたわいもない会話で凹むことがあります。

感情の浮き沈みが激しいので、凹んでしまうと、男らしさが1ミリも見えなくなってしまうので大変です。

重い彼氏と別れる前にできる対処法!

重い彼氏の特徴をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

面倒くさいから、早急に別れた方が…なんて声も聞こえてきそうですが、それでも一度は好きになって付き合った相手です。

別れるのはいつでもできます。その前にできることをして見ませんか?

続きまして、そんな重い彼氏の対処法をご紹介いたします。

聞かれる前に、スケジュールを伝える

彼氏が予定を確認してくる前に、あなたから今月の予定〜や、今週の予定〜と伝えることで、重い彼氏はそれだけで安心します。

あなた自身も、毎回毎回細かくチェックされるより、こちらから教えてあげた方が手間が省けますよね。または、最近ではみんなスマホを持ってる人が多いです。スマホのカレンダーでお互いのスケジュールをシェアし合うという方法もあります。
それなら、いちいち予定変更の連絡をしなくても、お互いのケータイでチェックができます。

アメとムチを使い分ける

重い彼氏は何かと面倒くさいです。要望も少なくありません。
そしてそれにあなたが1つ1つ答えることで、それを当たり前としてきて、輪をかけて、細かくなってくることも考えられます。

それではあなた自身が、付き合いきれない!とさじを投げることになるのも、時間の問題になります。

自分ができる範囲のことは妥協してあげることは、彼氏とうまく付き合って行く上で大事なことですが、自分の許容範囲を超えてまでの要求には、無理して答える必要はありません。できないものはできないと拒否しましょう。

彼氏・彼女の付き合いは平等であるべきであって、ギブ&テイクはどちらかばかりがギブやテイクばかりの関係は成り立ちません。

あなたからハッキリと愛情表現をしてあげる

重い彼氏は、一般的に自分に自信がない人が多いです。自分に自信がないが故に、相手を束縛したり、いちいち自分に気持ちがあるかどうかを、確認したがります。

それなら心配する必要がないくらい、あなたが彼に、愛情表現をしっかりしてあげるといいのです。

些細なことでも「ありがとう」を口グセのように伝え、「さすが、⚪︎⚪︎だね。だから大好き!」など、言葉にして伝えてあげましょう。

そういうわかりやすい愛情表現は、重い彼氏の自信に繋がり、少しずつでも、あなたを縛らなくても大丈夫と思えるようになってくれるでしょう。

何回かに1回は、彼氏も誘って友達と会う

自分と一緒にいない時間、あなたが誰と何をしているか、気になって仕方がない重い彼氏。毎回だと女友達に嫌がられるでしょうが、何回かに1回、友達がOKなら、彼氏も参加させて会いましょう。彼氏から「一緒に行きたい」と言う前に、あなたから誘うのです。重い彼氏は間違いなく嬉しく思うでしょうし、安心するでしょう。

そういう積み重ねで、重い彼氏を安心させ、全てを監視したがる彼氏を変えて行くことができます。

面倒でも彼氏が納得するまで向き合う

何にでも細かくあなたのことを知りたがり、嫉妬する思い彼氏ですが、大事なのは、そこで流してしまったり、あなたが折れるような終わり方をすると、結果何も変わりません。重い彼氏が我を通しただけのことです。

そのような付き合いは、結果、あなたが耐えられなくなり、終わりを迎えてしまいます。そうならないためには、面倒くさいとわかっていても、面と向かって、とことんお互い話し合うことも必要です。

あなたが正直どう思っているのか、こういうことはやめて欲しいなど、しっかりと話をしてみましょう。それでも相手が自分の意見を通そうとするなら、それは愛ではなく、あなたを所有したいだけの自己満足です。

話し合いの結果、見えてくるものを大事にしましょう。