1. TOP
  2. 恋愛上達
  3. 現在のページ
メンヘラ男のイメージ

あなたの大好きな彼氏は大丈夫?メンヘラ男の特徴と付き合い方

更新日: 2017年12月17日

現代人は過酷な競争社会の中で、常にストレスにさらされ、うつなどの疾患を発症しやすいと言われています。

まだまだ男性中心の社会であるがゆえに、もしあなたの彼氏が、学校、職場の人間関係や仕事の責任の重さなどで悩んでいたりした場合は注意が必要です。

メンヘラ」とは「メンヘル」に人を表す「-er」をつけた造語。つまり「メンタルヘルス」の疾患を持っている人という意味です。

あなたの彼氏がもしメンヘラだったら?いったいどう対処していけばいいのでしょうか。

よくある疾患の特徴と、その疾患別にどうやって付き合っていったらいいのかその対処法を考えましょう。

スポンサーリンク

「うつ」っぽい彼の特徴と対処法

いまや、だれもがなりえる一番身近に感じる疾患であろう「うつ病」。あなたの彼は過酷な受験を体験していたり、人間関係や仕事の重圧などの悩みを抱えていませんでしたか?

うつになると、気力や意欲が消失し、集中力が低下し、仕事や勉強に向かおうとすると「全く頭が働かない、回らない」などといいます。また、感覚が鈍り、以前は楽しめていたことが楽しいと思えなくなったり、何を食べても美味しいと感じなくなったりします。

気分的には「落ち込む」「憂うつ」「むなしい」「何をやるにもおっくう」「イライラする」「ネガティブ」といったことが挙げられます。

お風呂や身だしなみを整えることも面倒に感じるため、見た目でなんとなくわかることもあります。彼が不潔にしていたり、服装が乱れても注意、関心が向かなくなったら要注意。

性格的には真面目で几帳面、融通がきかない、完璧主義、人に気を遣う人、である場合が多いです。一時的には良くなったように見えても、うつは再発を繰り返すことがあり、しばらくは様子見です。

本人はいつの間にか無自覚のまま、発症しているため、暗いトンネルをいつ抜けられるか分からず不安や焦りを感じている場合もあります。

そのため、恋愛関係がさらに彼にとってストレスにならないように、彼女も気を遣う必要がでてきます。

彼がひとりになりたいと言ったとき、「なんで?やだ!会いたい、会いたい」と彼女がワガママを言うことは彼の負担をさらに増やすことになり、彼が離れていってしまう原因になります。

実際、彼がたくさんの問題を抱え、せっかく苦労して入った大手企業も辞めたいと病んでしまい、彼女のことを考える余裕が無くなったと言われて別れを告げられたケースがありました。

彼女としてはつらい立場ですが、彼をいつでも自由に解放してあげられるように自分のことは自分でできるようにし、自分だけの楽しみを見つけ、こういった彼には依存的にならないようにしましょう。

最近は「新型うつ」などと呼ばれるタイプもあり、従来のうつとは特徴が異なり、友人と遊びに行ったり、自分が行きたいイベントなどには参加できるのに、学校や職場などには行けない、という一見ワガママや甘え、サボりにみられてしまうものもあります。

布団から出られない男性

彼女からすれば自分も後回しになる可能性もあり、気が気ではないので、うるさく言ってしまいがち。

しかし、本人にとってストレスの元凶である学校や職場などに向かおうとすると、朝どうしても起きられなかったり、体がいうことをきかずに動かなかったりと適応障害のようになっています。

どちらにしても、彼ひとりで問題を抱え込ませることのないように、独り暮らしの彼なら朝起こすのを手伝ってあげたり、不規則な生活にならないように、夜更かしを一緒に控えて、遅くまで彼を付き合わせることのないようにデート時間を早く切り上げたりと、彼女もいっしょに工夫できることは案外あるのです。

朝起きられずに大学に通えなくなる人も非常に増えているため、無料でカウンセリングや相談を受けられる所も増えてきているので、気軽にそういったところをうまく利用できるように促してあげるのもいいでしょう。

「躁うつ病(双極性障害)」っぽい彼の特徴と対処法

うつ病と混同されがちですが、これは全く異なる疾患です。その特徴は、「うつ状態」と、気分が高揚する「躁状態または軽躁状態」が交互に襲ってくる、周期的な繰り返しにありますが、問題となるのは、「うつ状態」ではなくむしろ「躁状態」のほうであり、「躁状態」は本人からすれば気分が高まり、自信に満ち溢れ、何をやっても成功するような気持ちになり、実際、少ない睡眠時間で集中力を発揮し、成果を上げることもあり、一見何も問題がないように感じます。

ところが、「躁状態」では他人に対して高圧的な態度になって、人間関係を自ら壊してしまったり、散財傾向がすすみ、高額の買い物やギャンブルなどで借金を作ったりと行き過ぎる行動が問題になることがあります。思い当たるふしはありませんか?

高圧的な男性

彼にこういった症状がみられる場合は、彼に自分の異常を何とか自覚させ、認めさせる必要があります。あとから罪の意識に苛まれて、苦しむのは彼自身だからです。

それも、「躁状態」の反動で、さらに「うつ状態」の時期の落ち込みが激しくなったりするため、彼自身が自分の気分に大きく振り回され苦しんでしまうのです。

あなたも一緒に彼の気分の波に大きく振り回されることになり、とても疲れてしまいます。

最終的には自分を守って、彼の気分に振り回されないようにし、彼のペースに引きずられないように気を付けましょう。彼にべったりにならないように、いい距離感で付き合っていくとよいです。

スポンサーリンク

「自己愛性パーソナリティ障害」っぽい彼の特徴と対処法

自己愛の強い男性

「自己愛性人格障害」と呼ばれるものと同じで、「自己愛」が強いゆえに人間関係においてさまざまなトラブルを生み出します。

自己愛が強いといっても、矛盾しているようですが、実は「ありのままの自分を愛せない」という特徴を持っています。

根底には「自分はダメな人間だ」などという思い込みや強い劣等感があったり、過去に受験や大きな失恋などで挫折や失敗を経験してショックを受けていたり、自分の容姿などにコンプレックスがある人もいます。自分の努力ではどうしようもないときもあるのに、そういった出来事をうまく受け入れられずに苦しみ続けるのです。

自分のプライドを守るために他人には厳しい評価をくだしたり、高圧的な態度で接することもある反面、自分は認められたい、常に特別な存在と思われたい、称賛されたい、と強く思うために、人間関係がうまく築けなかったりします。

彼女にとったら、とても面倒くさいタイプのメンヘラ男です。

 メンヘラ男に悩む彼女

恋愛の場面でその高圧的な態度から「モラハラ」行動に繋がったり、褒めている間だけは機嫌よくうまくいきますが、少しでも批判的な意見を言うと、過剰に反応したり傷つきやすい、するーっと逃げる、というようなアンバランスさが目立ち、非常に付き合いにくいタイプとなります。そういう男に惹かれる、という女性は実はたくさんいるので、一定数の人気があったりします。

時に嫉妬深く、勝手に誤解して彼女を攻撃の対象にしてしまうこともあるので、誤解のないような言動に注意を払う必要があります。ちょっとやきもちを妬かせようとしただけのはずが、彼を傷つけたり、思った以上怒らせてしまうこともあり、その豹変さに彼女はおどろくことでしょう。

逆に、味方であることを強調し、いいところを常に引き出し、ちょこちょこ褒めるようにしてあげれば、かなり信頼され、なかなか手離さないくらいあなたを気に入ってくれます。

ですが、本人からの要求の中には強引で、自己中心的であることもあるため、すべての欲求に答えることはできないかもしれません。

彼の思いどおりにならないときには彼も時には理不尽な行動にでたり、怒り狂うこともありますが、そこは毅然とした態度で接する必要があります。できないことはできないとはっきり示すことです。あまりに甘やかすのは本人のためになりません。そこは心を鬼にしてください。

そんなときは自分のことを何よりも大事にし、彼の手に乗らないように気を付けましょう。

頭が非常によく、駆け引きも得意だったりします。一見天然のように装っていても、彼はしっかりあなたの動きも計算しています。

ここまで極端でなくとも、程度の違いこそあれ、これに近い人は意外と身近に存在するものです。あなたの彼に思い当たるところはいくつかありましたか?

彼を深く理解したくなったら、彼の幼少期のことをさりげなく聞いてみましょう。

幼少期の親の接し方で、本人がいくら頑張っていても結果しか見てもらえなかったり、忙しくて無視されたりといったことによる心の傷が原因となっている場合もあります。

彼の評価に値する実績がないにもかかわらず、「自分は特別な人間であり、他人は自分より下である」という思い込みによって、それを周囲にアピールし、認められたいという承認欲求が強いのです。

このように自分に対する理想は高いのですが、現実的にはそこまで到達しておらず、理想と現実間でギャップがあるため常に不安感がつきまとい、精神不安でイライラしていることが多いといわれています。

彼のことがどんなに好きであっても、付き合っていればあなたのほうに不満や不安が募ることもありますが、こういったタイプが存在することを理解し、それでも社会的になんとかなっている程度であれば、彼とはムダに争わず、問題を大きくせずに不必要に彼を刺激しないようにし、彼に愛情と優しさをつねに示していけば案外普通にうまくやっていけます。
つかず離れずの関係が望ましいでしょう。

まとめ

彼氏がこのような疾患の特徴を持っているからといって、素人がすぐに診断をくだすことは危険ですが、こういった特徴を持つ彼を好きになってしまったら、普通の男よりも多少苦労は増えるかもしれません。それでも、彼を好きになって、彼を理解し、愛そうとすることには深い意味があります。

彼にはあなたが必要で、また、あなたにとっても彼は必要であるのです。それはあなたにしかできないことを彼にしてあげられるということです。

愛する彼をだれよりも深く理解することに繋がり、ふたりがうまくやっていくために決してムダにはなりません。

どんな強い精神の人でも、傷つき、落ち込むことはよくあります。そういった自分の経験が人に対して優しくできることに繋がり、その優しさや愛で、また彼を癒していくことができるようになるのです。