更新

女心がわからない彼氏とは?女目線と男性心理

女心がわからない彼氏に悩む女性

周りには、彼氏の不平不満や愚痴を言う女性たちで溢れています。そのなかでよく聞かれるのは「彼氏は女心がちっともわかっていない!」というもの。

では、どんなところがわかっていないのでしょうか?
彼氏に直接言ったらケンカに発展してしまうかもしれません。

そこで、男性は女心を、そして女性たちも男心をここで少し勉強してお互いの本当の気持ちを分かり合えるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

ただ共感してほしい!

共感する人達

先日、彼女を振ったという男子に話を聞いたところ、その理由は、彼女がいつも悪口や愚痴ばかりで、話に発展性がなく、聞いてる方がつまらない、キツい、という内容でした。

その彼は結構マメに彼女に尽くしてあげていて、男らしく優しいところもある彼氏でした。彼女からしたら、甘えの意味もあって、彼氏にただ聞いてほしかった、共感してほしかったのでしょう。

彼はまだ若いので、もう少し経験をつめば、女性の話をじっくり聞いてあげられたかもしれません。

しかし、どんなに人生経験のある男性でも、女性の話に共感できるとは限りません。
女目線でいえば、彼氏に「そうなんだ…そんなことがあったんだね。大変だったね。」や、「それはひどいよね。」などと言ってほしいことはよくあります。

男性心理からすれば、女性のそういう話にただつきあうという発想はあまりなく、むしろ解決してあげたいと思うもの。なので、逆に彼女を説教してしまったり、難しくても真面目に解決法を考えて、教えてあげたいと考えるものなのです。

それを「女心がわからないひと」と一言で片づけてしまわないようにしましょう。
彼氏も役に立とうと一生懸命なのです。答えてくれるだけマシ、と考えましょう。

普通は悪口や陰口ととらえられる場合もあり、正直愚痴や不満は聞きたくない、という男性も多いです。

男性もあまり難しく考えずに、女性の話にはただ「うん、うん」と聞いてあげるようにすると、何事も円満に事が運びます。ただし、上の空で返事すると、ケンカになりますよ。

一緒にいるときも他の趣味に夢中

それぞれ趣味に夢中のカップル

よくあるのが、彼氏の家に遊びに行ってるときに、だんだんマンネリ化して、だらだら過ごすことが多くなり、「私がいるのに」彼氏がゲームに夢中だったり、まるで「私がいてもいなくてもおんなじ」ように彼が振舞う、というもの。
この場合は、自分に飽きてきたのではないか、と女性は思うことでしょう。

実際に飽きてきたのかというと、違うとも言えませんが、刺激があまりない状態で、本来の彼の姿、素の姿にもどったとも言えます。
その素の彼を知ることができるのはほかならぬ、貴女、「彼女」だけです。そう思えば多少許せることもあるのではないでしょうか。

また、彼の好きな趣味にも興味をもってあげて、話を聞いたり、いちばんいいのは一緒に楽しめること。最初から「私はゲームしない」などと決めてしまって否定している人をよく見かけます。それはとてももったいないです。
ここは彼の世界観に入り込むチャンスです。

彼が得意なことを話すときは生き生きしていて、彼も楽しいはず。彼が楽しければ、彼女も嬉しい。そうやって、ひとつの世界を共有できるのは素晴らしいことです。
彼の趣味を否定せずに、なるべく一緒に楽しめるように工夫してみましょう。

それでもやっぱり自分には向いてないというのなら、その間に彼の喜びそうな美味しい料理を作ってあげて、彼をおどろかせるとか、彼の知りたい情報をパソコンで探してあげるとか、自分も本をもちこんで趣味の時間にするとか、それでも同じ空間にいる意味はあります。一緒にいられるだけでなんかほんわかするような温かさがあれば、ふたりとも居心地よく、そういう空間にいるときに彼が結婚を意識したりもするのです。

他の女性の話をされる

沈黙するカップル

これは本当にやめてほしくてもやる男性はやります。わざとなのか、女心がまったくわかっていないのか、好きなタレントの話にとどまらず、仕事場や彼の周りにいる女性が綺麗だの、可愛いだの、気が利くだの、と褒めるのです。
これを普通に聞いていられる彼女はとてもできた人です。普通は他の女性を褒め過ぎると彼女は不機嫌になるはずです。

そういう彼にかぎって、彼女のことは褒めないんですよね…。
だいたい、彼女も反撃して、好きな俳優やアイドルの話をしますが、男性は彼女が言うのは許せない人も多く、分かりやすいほどに不機嫌になったり、「どこがいいんだ」「趣味悪いな」などと文句を言う男性もいます。ただだまってしまったり。ズルいですよね。
「自分はしょっちゅう言ってるくせに、なんで私はいけないの?」と不満を言いたくなりますよね。

男性で心当たりのある方は、彼女のいいところもちゃんと認めて、少しは褒めるようにしましょう。そうは言っても日本人はシャイな男性が多く、なぜか口が裂けても彼女は褒めることができない、という人も多いです。そういうときは、態度で愛情表現するしかありません。

多少ゴーインでもいいので、男らしい愛情表現を見せれば、「この人は口では嬉しい言葉は言ってくれないけど、実際の行動で表してくれる人なの。」と高評価に変わります。

傷つくことを平気で言う

指を指して文句を言う男性

女性は彼氏のデリカシーの無い言葉に傷ついています。例えば「ちょっと見ない間に太ったね」とか「お前の話つまんないよ」「頭わるいな」などズケズケ傷つくことを言う男性もいます。

「他の女性の話をされる」と同じく、態度で愛情表現している人かどうかも見極めましょう。すぐに電話くれたり、会いに来てくれる、それが男の愛情です。
それも無いというのであれば、問題です。傷つくことを平気でいう人は女心を分かっていないというより「人としてどうなの?」と思うでしょう。

ところがこういう男性は男同士の友情はちゃんと大切にしていたりします。
そうなるとこんな傷つくことを平気で言えるのはもしかして私にだけ??ということになります。

男性が彼女に傷つくことを言うのは、「自分より女を下にして優位に立ちたい、支配したい」という本能もあります。それは男性そのものです。
また、からかうときの彼女の怒った顔や反応が可愛い、見たいという心理もあります。そして、傷つくことを言うのは愛情の裏返しでもあります。

彼の周りにいる普通の女性たちにはそんなことは言わないでしょう。お世辞も言うかもしれません。それは女目線では面白くないことですが、平気で彼が色々彼女に言えるのは彼女に心を許している証拠です。

どうしても言ってほしくないことは彼にきちんと言っておきましょう。
もし、彼が言ってることも一理あるのなら、素直に変えてもいいかもしれません。たとえば本当に太った、前髪切りすぎて変、など彼だからこそ彼女の小さな変化に気づくこともあります。それだけ彼女をしっかり見てくれているということ。
そこは彼の言葉をありがたく素直に受け入れて、努力してみる価値のあるところです。

気が利かない

自分大好きダメ男

「ここは日本なんだから、レディ・ファーストなんてないんだよ」と言わんばかりに、ドアを先に開けてもそのまま行ってしまう彼氏。危うくドアに挟まれそうになったわ…。

歩き方が早くて彼女が小走りになってるのもお構いなしにすたすた行ってしまう。
そういう感じが嫌いじゃない女子も確かにいます。
俺様、マイペース、の男性は意外とモテます。多少ゴーインに男性が自分のペースでずんずん突き進んでくれた方が女性も楽ですから。ついていくのは大変ですが、楽しくもあります。

さっさと歩いて行ってしまう人はペースを彼女に合わせないということなので、食事の時間も楽しむというよりさっさと先に食べ終わったりします。
こういった男性の皆さんは、彼女との食事の時間ももっとゆっくり楽しむようにしましょう。女性は彼氏と別のメニューを頼んでも、彼氏の頼んだメニューも気になっています。ちょっと分けてほしい、シェアしたい、一口だけほしい、と思っている女性はたくさんいるということを頭の片隅にでも入れておきましょう。

こういう彼氏は、彼女の買い物に付き合ったり、アトラクションを長時間待つのも苦手だったりします。そういう人はなかなか変わらないし、変えるのは難しいです。そういう彼氏を好きになったのなら買い物に付き合わすのも、テーマパークも諦めて友人と行きましょう。

こういう理由で別れることもできないから悩むのでしょうから、彼の個性やいいところになるべく目を向けることです。

まとめ

女心がわからない彼氏」を持つ女性たちは、彼氏が女心がわからなくても、愛情表現下手でも、彼のいいところを他にたくさん知ってるはずです。

彼氏がもし優しくないなと感じても、男の優しさはどういうものなのか、女の物差しで測らずにもう一度、彼氏のいいところをたくさん見直しましょう。

男性も女心が分からないと嘆く前に、彼女の話を興味を持って聞いてあげましょう。
女心が分からないことでケンカになってうまくいかなくなってはもったいないです。
そうやって別れてしまって後悔しているカップルもたくさんいます。
そうならないように今のうちに彼氏も彼女もお互いのことを思いやれるといいですね。

ページトップへ戻る