更新

2番目に好きな人との結婚が1番幸せになるは本当?

2番目に好きな人との結婚をした女性

よく聞きますよね?
1番好きな人とは結婚できない。しない方がいい。
2番目に好きな人と結婚する方が、女性は幸せになれる。
果たしてこれはどこまで本当だと思いますか?

もちろん、それは人の価値観にもよるでしょうが、そう言われるようになった理由はどこにあるのでしょうか。
今回は、その謎を徹底解明いたします。

スポンサーリンク

恋愛と結婚は別?愛の種類が違う?

そもそも、恋愛と結婚は別なのでしょうか。
恋愛は、自分の情熱だけで突っ走れます。向こう見ずな行動だって取れてしまうのが恋愛なのかもしれません。

じゃあ、結婚は?責任のある愛で、穏やかに永続的に続き、自分から子へ、受け継がれていくのが結婚でしょうか。

恋愛と結婚の中にある「愛」は、相反する愛の形のように見えますが、実際は、紙一重なものだということになかなか人は気づけません。
燃え上がるような恋愛の延長線上に結婚はあります。

もっというならば、恋愛の過程で、男女はその相手との結婚はありかなしかを判断していくわけです。
それは、精神的、肉体的相性、経済的な安定、全て盛り込んで判断していきます。
それではあまりに打算すぎて、恋愛ではない!と思われてしまうかもしれませんが、実際、知らず知らずのうちに、誰もがしているのです。彼とは性格が合わなくて、ついていけなくて別れたなんて場合も、恋愛途中、結婚に行き着く前に、振り落とした結果です。

また、お互い愛する気持ちは大きくても、一方の求めるゴールが違った場合も、結婚へ移行する前に脱落してしまうでしょう。

本当に好きだった人は、本当に好きな人?

好きな人に好かれる女性 赤い糸で結ばれる男女

さて、そんな恋愛と結婚についてご紹介してきました。
次に気になるのが、よく耳にする「本当に好きだった人は別の人。結婚した主人はその人には勝てません」というセリフ。

本当でしょうか?

この場合注意したいのは、思い出の美化による思い違いです。
青春時代の元カレ。自分が1番若くキレイないい時に付き合った元カレ。そんな元カレを最愛の人と思い込んでいませんか?
本当に、1番思いを寄せる相手でしょうか?

なぜなら、その時うまくいかなかったのには、必ずうまくいかなかった理由があり、また、別れた時点からお互い時を経て、少なからず成長もしています。今再会しても、同じ感情を持てるかは全く別の話です。

人の脳は過ぎた出来事を美化する能力を持っています。

あの時、彼を掴みきれなかったその思いが、手に入らなかったから余計、その思いは憧れとなり、美化に拍車がかかるのではないでしょうか。

生涯共にすると誓った相手が、その時の1番では?

結婚はある意味契約です。円満に家庭を築くことに目的があり、そこに必要なのは家族愛であって、男女の愛ではない。という人もいます。

そういう考え方もありですが、大抵の男女はそう割り切っている人は少ないように思えます。
実際、結婚に至る関係の男女は、少なからず男女の愛情があって、成り立ちます。結婚を決めたその瞬間、その目の前にいる相手が1番だったから、結婚に至ったのではないでしょうか。

それを運命という場合もありますし、結婚したいと思ったタイミングの時に、その人がそこにいた場合もあるでしょう。なので、タイミングが違えば、結婚相手も違ったかもしれません。

いずれにせよ、その時の1番を人は選んでいるのです。

1番好きな人と結婚するべき理由

結婚相手を受け入れた花嫁

とはいえ、女性は複雑な心の持ち主で、結婚という人生を180度変える決断の時、思いもよらない判断をする時があります。

本当に好きで付き合っている人と別れ、スペックの高い、自分を好きだという男性と電撃結婚なんていうのが、稀にあります。女性にとっては、現実的な未来設計のつもりなのでしょうが、果たしてそれは正しい選択だったのでしょうか。

1番好きな人と結婚するメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット1. 好きな人とは精神的に安定でき、心から幸せでいられる

まずは、とにかく精神的にリラックスできるのが、最大の幸せではないでしょうか。これは、本当に心から愛する人といる時にしか、味わえない幸せです。
もちろん、結婚生活の中、ケンカすることもあるでしょうし、価値観の違いでストレスに感じることもあるでしょう。

でも、どんな時でも根本に「好き」という気持ちがあれば、結局は結果オーライになっていきます。仮にそれが、2番目に好きな人だった場合、そこそこのリラックスは得られますが、2人にズレが生じた時、軌道修正しようと努力するのではなく、現実逃避して、別のところで癒しを求めることが多くなります。それって幸せですか?

メリット2. 辛いことがあっても、2人で乗り越える強さが持てる

結婚の誓いでありますよね。「病める時も、健やかなる時も〜」のセリフ。
人生の中の危機を乗り越えるには、1人ではなく、2人の強い絆が必要な場面が多々あります。

そんな困難を乗り越えるのって、想像よりもかなり体力的にも精神的にも堪えます。でもそれが、本当に愛する人となら、彼のために頑張ろうと思えるのが女性です。1番に思えない相手だった場合、そんな人生の困難、逃げ腰になってしまいます。

メリット3. 最愛の人との子供はまさに天使

心から思っている相手との子供は、否応無しに天使ではないでしょうか。
そうでない相手との子供でも、もちろんかわいいことに違いありませんし、同じように愛情も湧くでしょう。

でも、どことなく、大好きな彼に似た目元を見るたび、なぜか同じクセを持つ我が子を見るたび、この人と結婚して、この子供を持てて良かったと思う感情の深さは、最愛の人との子供ならではでないでしょうか。

デメリット1.いざ気持ちが冷めた時、落差が激しい

最大のデメリットです。
愛情が冷める何かが起きた時の、気持ちの落差はハンパないでしょう。
愛していた分、期待していた分、裏切られたり、失望した時のショックは大きいです。

これが2番目に好きだった人の場合、感情の逃げ道もうまく作れたでしょう。でも、100ある気持ち全てで相手を思っていた結婚の場合、自分の感情コントロールができないくらい、怒りを覚えることもあるでしょうし、それを通り越した時の冷め方は尋常ではありません。

デメリット2. 思いが強い分、衝突も強い

好きな思いが強いと、女性は相手のために頑張ろうと努力をします。それはとても甲斐甲斐しいのですが、時にそれは、相手へも自分の理想を、押し付けてしまうことがあります。

自分も頑張っているからあなたもと。その結果、当然衝突をしてしまいます。2番目の相手なら、自分自身もどこかで力を抜いている分、相手へ押し付ける理想も少ないのかもしれません。

2番目に好きな人を選ぶといいと言われる理由

結婚相手を妥協するかを考える女性

1番好きな人と一緒になるのが、1番のハッピーエンドに思えますが、そうではない場合も存在するのは確かです。それって、どういうこと?矛盾してない?悩みますね。2番目に好きな人を選ぶといい理由がわかれば、納得できるかもしれません。

自分もそこそこの好きだから、彼に多くを求めずラク

大好きな彼だと、何でこうしてくれないの?何で私をもっと大事にしてくれないの?なんていう不満続出でも、そこそこの好きな相手なら、自分がマックスの感情を持っていない分、多くを彼に求めることもなく、自分の時間を有意義に楽しめる。

相手に思われている気持ちバランスがちょうどいい

自分はそこそこの思いだけど、相手がそれ以上に自分を思ってくれていると、まさに女の幸せを満喫できる。「思うより、思われる」が幸せの鉄則です。

男としてではなく、人として最高

男としてというより、長い目で見たら、人として器が大きい人の方が尊敬できるし、円満な家庭を築ける。

まとめ

感情で突っ走るか、打算ありきで現実的な結婚を選ぶか。
どちらも間違いではありません。

長い結婚生活、自分が幸せでいられる結婚をぜひ、お選びください。

ページトップへ戻る