更新

40代でもカンタンに外見・内面から女子力アップできる方法

女子力アップに成功した40代の女性

女性も40代に入ってくると、周囲からおばさんと見られてしまいがちです。

その一方でいつまでもみずみずしく、周囲から憧れられるほど女子力の高い女性たちもいます。

その分かれ目は一体何なのでしょうか?

ここでは、40代の女性でも簡単に女子力アップできる方法をご紹介します。

諦めるのはまだ早い!
貴女も女子力アップして、大人可愛いモテ女性を目指しましょう。

スポンサーリンク

外側から女子力アップ

女子力アップさせるには、まず外見をできるだけ女性らしく美しく見せる必要があります。

ですが、女子力といっても、年齢が40代の場合、若い子たちの真似をして無理に若く見せても、周囲から見て「イタイ」女性になってしまう点には十分注意が必要です。あくまでも年相応の品のある女性でなければいけません。

そのうえで、40代女性の女子力アップ方法は様々ありますが、どれも簡単で、一気に女らしさがアップすることウケあいです。

まつエクで目元の魅力を倍増させる

エクステーションまつげ

女子力の高い女性が必ずしているのが「まつエク」です。

顔立ちが一気に華やかになり、すっぴんでもアイメークを常にしているように目力がアップし、瞳の輝きも増します。

瞳の輝きは自然に顔を若く見せます。目がきれいに見えると、女性としての自信も増します。

つける本数は施術者とあらかじめ相談し、初めてのときは急に本数を増やさずに、ナチュラルな本数で頼むといいでしょう。

目が大きい人、目の幅がある人は必然的につける本数が増えます。個人差がありますので、途中で様子を見て確認し、本数は徐々に増やして自分の目の幅に合うように調節してもらいましょう。

ネイルを楽しむ

拡大鏡でネイルを見る女性

ネイリストに爪をきれいに整えてもらい、相談しながら、40代女性にも合う品のよい女らしいネイルをほどこしてもらいましょう。

男ウケを狙うならカラーは派手でないピンク系が一番ですが、赤系は大人の女性らしさを感じさせる憧れのカラーです。

難しい色や黒、グレーなどのカラーはやめておきましょう。

自分の爪がきれいになると、女性は一気にテンションが上がり、女子力がアップします。

自分のネイルが目に入るたびに嬉しくなります。女性にしかできない楽しみは女性を素敵に輝かせます。

こういうオシャレにお金をかけること自体、最も女子力の高さを感じられ、自分で自分を高めることができるのです。この高揚感は女性にしか味わえないものです。

意識してスカートをはくようにする

「スカート」は女らしさの象徴。女性がスカートを着るとモテます。丈は流行りもありますが、長すぎず、短すぎずが女性の品の良さを感じさせます。自分の脚が一番きれいに見える丈を選びましょう。

ウエストにゴムの入っている楽なスカートははかないようにしましょう。楽な方を選べば一気におばさんっぽくなります。

ウエストが締まっているからこそ、身も気も引き締まります。ゴムは女性の体をだらしなくしてしまいます。ゴムの緩みは気の緩みと同じです。同じスカートでも女子力がダウンしますので注意です。

脚のラインや長さ、ヒップの両方に自信がある人は、脚やヒップのラインが出る女らしいパンツスタイルもおすすめです。

必ず試着をしてラインをチェックし、貴女の脚を最高にきれいに際立たせるパンツを選びましょう。

パンツは本当に脚のシルエットがきれいな人でないとなかなかはきこなせないものなので、周囲のだれよりも一歩前に出られます。

ふくらはぎが、子持ちししゃものように筋肉がでてしまうことを気にする女性もいますが、筋肉はあまり出すぎると、確かに女性らしさを感じさせなくなります。

締まっていることは大事ですが、筋肉質が目立つ場合は、パンツでカバーしたり、スカート丈に気を付けましょう。

ヘアスタイル・カラー

女らしいヘアスタイルというと、巻き髪やふんわりウェーブ、さらさらストレートなどロングヘアが思い浮かびますが、ショート=ボーイッシュではありません。

吉瀬美智子さんに代表されるショートヘア美人は、ロングに負けないほどとても女らしく映ります。これは顔立ちや体型も関係してきます。

女性の中にもより女らしい甘い顔の「女顔」の方がいますが、この顔立ちに巻き髪は少し甘すぎることもあります。

渡辺美奈代さんのような可愛らしい年を感じさせないキャラクターであれば、子犬のような女の子顔に巻き髪でも本当に女子力高い若い40代になれますが、一般的には女顔の方はかえってショートにしたほうが嫌みのない女らしさが増すことがあります。

ですが原田知世さんのようにさっぱりした顔の女性でもショートにして女らしくなることがあります。そういう人は体型がとても女性らしいのです。

出るところは出ているスタイルのいい女性であれば、ショートヘアに挑戦することにより、服装もより女らしいスタイルに挑戦できます。

肩を出したり、ノースリーブにして色っぽさを出しても、ショートヘアのおかげで、甘すぎない女性らしさを演出できるのです。釈由美子さんのようなイメージで、色っぽさと可愛さが共存した女子力アップを目指せます。

ロングの女性がいきなりショートにするのはやはり勇気がいりますが、「切ってから失敗した」ということのないように、今や携帯アプリで、自分の顔写真に新しいヘアスタイルを色々合成し、自分に似合うヘアスタイルを簡単に発見できる時代です。

アプリを使いこなして、自分に一番似合うヘアスタイルを探し出し、腕のいいスタイリストのいるヘアサロンで女らしさを倍増させましょう。

40代の悩みである白髪まじりの髪もきれいにカラー染めして、少し薄毛に悩む人も、トップをボリュームアップさせて、若々しく見える品のあるヘアスタイルを目指しましょう。

香りを身にまとう

香水瓶を持つ女性

女子力アップに欠かせないものは「香り」です。

香水のきつい香りは苦手な人が多いので、自分ではちょうどいいくらいと思っても、周囲にはきつく感じる場合が多いです。
香水をつける場合は少し香るくらいに調節しましょう。

今は、「香りをつける」といっても香水以外にも様々なタイプの商品があります。
汗の匂いを抑えるデオドラントタイプのもの、スポーツなどの熱くなった体をクールダウンさせるもの、洗濯した衣類に香りが続く柔軟剤、衣類用消臭ミスト、ボディミスト、ヘアミスト、ボディ・ヘア両方OKのミストなどです。

男ウケも女ウケもよい「石鹸の香り」は人気ですが、たくさんの種類がでているので、購入するときはサンプルで香りの確認をして、フローラル系、シトラス系など自分の好みに合ったものをじっくり探しましょう。

汗の匂いに化学反応して、いい香りに変わるようにできているものなど「香り」はどンどん進化しています。

女らしい人はいつもその人らしい素敵な「香り」を身にまとっています。

内面から女子力アップ

内面から女子力アップする方法としては、部屋をまずきれいにして、自分のいる空間を清潔感と華やかさでいっぱいにするという方法が一番です。

清潔な部屋

自分の居場所を美しくすることは自分の内面を磨くことにもなります。
特に、女子力の高い女性は部屋をきれいにしたあとに、お花を部屋のあちこちに飾っている方が非常に多いです。フラワーアレンジを楽しんでいたり、たくさんの花やグリーンを育てていたり…

内面からの女子力の高さは一朝一夕に完成できるものではありません。日頃の姿勢、習慣、生活感そのものがでてしまいます。

女子力の高い人は自分の持ち物を丁寧に扱い、大事にしています。
物を雑に扱えば、女性らしさは失われていきます。
部屋の掃除ができていない人はいくら外から着飾っても、サボりの精神が見え、背筋もピンとせず、自然に姿勢も悪くなりだらしない印象を与えます。

部屋をきれいにし、花や木を愛でる人はその精神が美しく、相乗効果で、さらにまた女子力が高まるのです。

女性らしさにこだわるブルゾンちえみさんも、お金のない時代から花は部屋に毎日飾るようにしていたと言います。
彼女は芸人ですが、どこか品がありとてもモテる女性です。

こういう精神が女子力を育んでいくのです。
そういった意味では、日本女性のたしなみである、茶道や華道、着付けなどを習うことも美しい精神を高め、女子力は確実にアップできます。

また女子力の高い人は、男性と食事をする機会を増やし、男性からの目線、適度な緊張感を感じながら、品の良い作法に気を付けています。

男性がひとりでもテーブルにいると、女性は食べる量がいつもより少なくなりダイエット効果にもなるそうです。

40代は体型がどうしても崩れがちなので、スポーツやウォーキング、水泳、ヨガなど自分の好きなもの、続けやすいものをやり、楽しみながら心身ともに鍛えることも大事です。

つい食べ過ぎてしまったときもジョギングなどでリセットできるようにしましょう。

まとめ

以上のように、40代の女子力アップは、品の良い女らしさを追究していくことですが、どれもそのきっかけとしては簡単にできるものばかりです。

そこからずっと続けていくためには少し努力が必要になりますが、ちょっとでも挑戦すれば、「女性に生まれてよかった」とすぐに実感でき、楽しみながら女子力アップできるはずです。

最近少しおばさんっぽくなってきたかなと不安に思っている方もぜひ色々と試してみてください。

ページトップへ戻る