1. TOP
  2. 恋愛上達
  3. 現在のページ
年下の彼氏にしがみつく彼女

「年下の彼氏」と永遠にうまく付き合うコツ

更新日: 2017年12月17日

最近では「彼氏が年下」というのはもはや普通のこと。今の女性たちはいくつになっても若々しくキレイであるため、周りの男性たちも放っておきません。

若い男子たちも例外ではなく、5歳以上、いや10歳以上年が離れていたって気にしないで付き合うという人たちが増えてきました。

ここでは「彼氏が年下」であることのメリット・デメリットもひっくるめて、ふたりがずっとずっと仲良くいられる方法を探ります。

スポンサーリンク

世間の目、周囲の声は気にしない

実際、「彼氏が年下」というのは女として自慢にこそなりますが、年齢差をデメリットとして気にしながら付き合っている女性は少ないでしょう。

もし、周りの目が気になる、親戚や家族からの批判が気になる、というのであれば、周囲よりも貴女自身が気にしているからに他なりません。

端から見てよっぽど親子ほど違わない限りは言わなければ周りも気づかないもの。
周囲の友人たちは、羨ましいを通り越して妬みで余計なことを言ったりもします。

また、貴女を心配するフリして自分に振り向かせようとする男友達もいるかもしれません。貴女自身が年下の彼氏といて、何の不自由もなく幸せいっぱいならば世間の目や周囲の声は気にならないはず。

家族ならまだわかりますが、世間体を気にするほどくだらないものはありません。世間体など、あって無いようなもの。全く気にすることはないのです。

むしろ、貴女の中の不安や不満が形を変えて、世間の目として見え、周囲の声として聞こえてくるのです。

「結婚」となれば、周りからとやかく言われることもあるでしょうが、そこは自分たちが幸せである、という事実を大切にし、周囲の意見よりも自分たちの意志を貫くことで、ふたりの絆はより固いものとなります。

貴女自身がどこか幸せでなければ、家族には伝わり、当然心配します。が、貴女がとても幸せなら、娘の幸せを一番に願う親は、反対のしようがありません。

まずは貴女の中の彼氏に対しての不安や不満に思うことを書き出しましょう。
そして、冷静に客観的にその不安や不満がどこからくるのか考えましょう。

お互いの世界観、スタイルを大事に

同棲の先に結婚を決めたカップル

何も不安や不満が出でこなかった人は、このままいつまでも彼と一緒に幸せにいられることでしょう。不安を抱かない人、いつもいいほうに考えられる人は、永遠に幸せを手に入れることができるのです。

もし何か不安や不満があるとしたら、それは貴女の考えひとつであって、彼にとっては全く不安材料にならないものだったり、大事な部分だったり、逆に取るに足らないものである可能性があります。

相手を変えるよりも、貴女の考えひとつを変えることによって、貴女の寛大さで彼の全てを許すことができたなら、彼は自分のスタイルや世界を尊重してもらえていることに愛を感じ、自分の全てを肯定し、受け入れてくれる貴女という存在がかけがえのないものに変わるでしょう。そして、貴女の全てを許し、また肯定してくれるでしょう。そこからふたりの本物の信頼関係が結ばれます。

人を許す人は人から許されるのです。人をいつまでも許せない人は、人からいつまでも許されず、窮屈な世界を生きることになります。

こうやって貴女の中で解決できることはすぐに解消し、貴女ひとりではどうにも解決できないことは精神的に落ちていくまで考えないようにし、感情的にならずに解決できるよう知恵を絞るのです。

それがまだ起きていないことへの将来の不安なら今は余計に考えなくてよいのです。
今の幸せをただ素直に大事にしていきましょう。「今」の連続が「未来」を作ります。

スポンサーリンク

居心地と刺激

貴女が今のふたりの状態に不安も不満も感じずに、幸せをいつも感じ、笑顔でいられることが、彼にとっても一番の居心地の良さになります。

居心地の良さはふたりの明るい未来に繋がります。人は時に寂しくなったり、漠然とした不安におそわれるものですが、貴女といれば彼はそれも乗り越えられると思える、貴女も彼といれば勇気がでたり、安心できたりする。そのことがふたりの未来を確実なものにしていくのです。

カップルは長く続くと、マンネリという状態に陥ることもあります。それは相手の全てを知ったと思い、「相手のことが知りたい」という欲求がなくなる状態でもあります。

でも、それはどんなカップルにも起こりうること。もし、彼が貴女といるとき退屈そうだったり、他のことに夢中で貴女の存在を無視しているように感じるならば、少しだけ距離を置きましょう。
彼は貴女という存在が空気のようになっているだけで、そこに当たり前のようにいるので、目の前から無くなることが想像できないのです。

同棲が上手くいってないカップル

「同棲」が良くないと言われるのは先が想像できてしまうからです。いつもそこにいるのなら、少し離れることによって彼は焦ります。
いつも必ずすぐに出ていた携帯にたまたま出なかったり、いつも会う週末に会わなかったり、といつもと違った行動をするだけで、彼は刺激を受け、彼の気持ちも簡単に変えられます。

またすぐに貴女が前のようになれば、すべてがまた元のようになります。
しばらくは日常的にしていたことを止めておくことで、マンネリを防げ、彼へのいい刺激となるでしょう。

恋愛において年齢差は関係ない

恋愛においてはぶっちゃけ年齢差は関係ありません。

人は、○歳だから好きになったり、○歳だから嫌いになるということはないからです。

好みとして若い子が好き、年上が好き、ということはありますが、絶対年下がいいと言っていた男性が年上を追いかけていたり、10歳以上、年上なんて考えられないと豪語していた男性でも普通に10歳以上の女性に恋をしています。
「何歳ですか?」と年齢を知って気持ちが変わることは無いのです。

その代わり、「既婚」かそうでないかにこだわる男性は多いです。
いいなと思う女性がいても、「もしかして既婚者ですか?」と聞いて、「そう」と女性が答えれば、それ以上踏み込まない男性は誠実な人です。

人のものには手を出せない、自分が本気になって自分が傷つきたくない、相手を困らせたくない、面倒を起こしたくない、それぞれ考えがあるでしょうが、どれも男性であれば一般的な考えです。

じゃあ、と言って、平気で誘ってくるようならそれは遊び目的です。
その後本気になることは考えられますが、女性にとったらすべてを失うかもしれないリスキーな選択です。
貴女が恋愛をどのように捉えているかで、その後のふたりの関係も変わってきます。

彼氏と結婚~メリットを知る

彼氏と付き合っている以上、結婚を考えるのは自然なこと。二人とも結婚観が一致しているのなら問題はありません。

メリットとしては、彼が若いため、長く働いてもらえる、ということがあります。またタフで疲れない、フットワークの軽さ、ネットワークの広さ、感性が若くて刺激になる、趣味などの世界が広がる、などさまざまなメリットがあります。

そして何よりも自分がいつまでも若々しさを保てる、ことが大きいです。

実際、すごい年下と結婚した女性は本当に若く見え、大人の女性の中にも可愛らしさがあります。

年下でも意外に稼いでいて、とても頼れると言っている女性もいます。経済力は若いから無いというわけではなく、若いからこそ、新しい分野に挑戦できたり、資格を取れたり、諦めずに粘り強く打ち込めたりするのでしょう。
それが功を奏し、若くして成功する可能性を秘めているのです。貴女がそれを応援し続けたり、育成していくようなダイゴ味も味わえます。

彼氏と結婚~デメリットを知る 

もしふたりの結婚観が一致していないのなら問題です。
そこを一致させないと、年齢差が焦りとなり、余計な問題に発展します。

彼が若くてまだあまり稼いでいない場合、貴女に依存しすぎないようにする必要があります。貴女がたとえ経済力が彼よりあったとしても、貴女はオンナです。
そして、彼もオトコであることを忘れずに。相手が何歳でも、信頼し、男として頼っていいのです。女に頼られると男は変わります。

自分がしっかりしなきゃ、と思わせることにより、縁の下の力持ちになれるのです。
もしなれていないと思うのなら、それは貴女が彼をどこかで下に見ていたり、甘やかしていたり、頼りないと決めているからです。

母親が子どもを信頼して育てていくのに似ています。過保護や過干渉は子をダメにするのと同じ。自分の力で切り開いていけるように、そこは分けて考えましょう。

貴女に願望があって結婚できなかった場合でも、貴女ひとりが犠牲にならずに済みます。
精神的に自立した大人が二人集まるからこそ、結婚はいつまでも良好に保て、結婚してからもふたりでそれぞれ成長していけるのです。

最もデメリットになるとするなら、やはり「子どもが欲しい時」です。
初産はあまり遅い年齢になると妊娠も出産も育児もすべて大変です。それでも妊娠するために莫大なお金を掛け続けているカップルもいます。

「子ども」を授かるかは努力やお金で必ずどうにかなるものではない不確かなものです。
そんなときはふたりでいられることの幸せを見直して、気晴らしにふたりでいろんなところへ旅しましょう。気分転換は精神にとてもいい影響を与えます。

精神的に追い込まれているときはなかなかいい方向にいかないものです。
問題が起きた時こそ絆を深めるチャンス。どんなときでもふたりで乗り越えていけると確信できるようになればいつまでも仲良くいい関係でいられるでしょう。

まとめ

貴女がまず幸せをずっと感じられるように、貴女がしたいことをしておきましょう。
そして貴女だけの人生も考えましょう。彼とは分けて考えることで、彼氏との間に見えてくるものもあります。

そして二人の時間をいつも楽しみ、共有できる幸せを噛みしめてください。
今一緒にいられることと、二人がこの時代に出会えたことに感謝しながら。
そういう気持ちでい続けたならきっと二人は永遠にうまくいきます。
今を大事にできるふたりなら。