更新

初対面でも会話がはずむ!女子と盛り上がる話題10選

女性と話す男性

「街コン、合コンを盛り上げたい」「気になるあの子と仲良くなりたい」

こんなとき、初対面でも話が盛り上がれば、必ず次のチャンスに繋がります。
会話が途切れるあの恐怖を感じないように、ここでは女子が食いつきやすい話題、盛り上がっていく話題をたくさんご紹介します。

楽しい会話をたくさんして、ふたりの距離を縮めるのにぜひお役立てください。

スポンサーリンク

1. 名前、あだ名

相手の名前をすぐに覚えて呼ぶことは人間関係の基本。
聞き慣れない珍しい苗字には、そこにまつわる歴史や面白いエピソードが潜んでいます。また、下の「名前」はその人がこの世に生まれでて最初にもらった大事な大事なプレゼントです。

「可愛い名前だね。」と褒められるのは女子にとっては嬉しいこと。
「誰がつけたの?」「どんな漢字?」など、名前ひとつで話もどんどん広がります。

「うちの姉貴とおんなじ名前!」なんて楽しい発見もあったり。女子もそんなところから貴方との縁を感じたりするのです。

女子は結婚したら苗字が変わるため、もしこの人と結婚したら…と色々な人の苗字と自分の名前を組み合わせて日頃から夢見ています。貴方が素敵な苗字の持ち主なら、それだけで彼女に印象づけることもできます。

普段何て呼ばれているか「あだ名」を聞くのも盛り上がります。意外に名前と全く関連性のないニックネームだったりして、そこからまた楽しい話に広げやすいです。

これから長い付き合いになるかもしれない相手です。ここは「これからなんて呼んだらいい?」と思いきって聞いてみてください。実際の会話の中に時々その呼び名を織りまぜながら話せば、女子は特別感を感じます。

2. 出身地

出身地のイメージ

相手がどこで生まれ育ったかを知るのは基本中の基本です。

エリアが近かったり、同郷だと分かって一気に距離が縮まった、なんて話もよく耳にします。

貴方といるときだけ、方言や訛りが出たり、安心して話しやすい、親しみを感じやすい、心を許せる、などの効果もあとから出てきます。

また、メンバーが全国バラバラの出身でも、それはそれで、各地方の話題に事欠かないので、名産品は?観光スポットは?修学旅行で行ったことがある!などなど話は尽きません。関西方面対関東で対戦!など、これからの楽しい遊びに繋がります。

3. 子供時代

可愛くない子供

何のアニメで育ったか、小学校で何が流行ってたか、など子供時代の話題は、彼女たちの年齢を聞かなくとも年代をさりげなく知ることができて、聞きづらいときに助かります。

自分と年が近ければそれだけ共通の話題も増え、逆に離れていれば、それも時代の違い、ギャップで盛り上がること請け合い。

大人になるとテレビ番組のジャンルの好みは人それぞれ。「天気とニュースしか見ない」なんて男性もいて、女子の好きなドラマのタイトルさえ分からず、女子との話がまとまりづらいのですが、小さい頃ならアニメは必ずといっていいほどみんな同じようなものを見ています。

「ドラえもん」「ドラゴンボール」「アンパンマン」など、人気アニメは昔から長くやっていて年の差があっても共通の話題になります。

「あの泣けるシーン覚えてる?」「昔は路線違ったらしいよ。」などアニメのコアな話で必ず盛り上がれます。

4. 学生時代

授業中の女子中学生

子供時代に引き続き、学生時代の話では「中高、部活何やってた?」が中心です。多感な青春時代を過ごしてきただけに、話も熱くなります。

ここでスポーツ系、文化系、帰宅部に分かれ、その中で共通の趣味が見つかる場合もあり、今度一緒にバスケやろう、となったり、美術系なら「○○美術館のイベントに。」となる可能性が広がります。

「大学サークル」だと「テニス」が圧倒的に多く、これからテニス仲間として意気投合、となり得るのですが、大学以外の専門や高卒の人はサークル経験がない場合が多いので、その場に居合わせたメンバーがオール大卒と分かってるときにするのが無難です。
その場合、「趣味のサークルなんか入ってる?」と聞けば、社会人サークルやカルチャースクールあたりも入ってくるのでOKです。

男子の学生時代の部活は「サッカー」が多く、女子では少数派。でも社会人になれば「フットサル」に流れる人が多いので、女子も「フットサル」は始めやすいこともあり、同じスポーツをやれるチャンスも出てきます。「バブルサッカーやってみたい!」なんて話にも繋がります。

目立ったスポーツ以外にも、山登り、釣り、ボルタリングなど、女子も興味持てる趣味が増えたので、部活の話題がそのままこれからのサークル活動やデートのきっかけになります。

5. 好きな季節

沖縄の海・伊計ビーチ

単純に、夏派、冬派で分かれたり、なぜその季節が好きか、などみんなで話せば、気になる子のこともさりげなく分かってきます。花火、クリスマスなどその季節のイベントの思い出などに話を広げていきます。

春が嫌いな人は、花粉症で大変だったり、「去年の冬はインフルエンザにかかったー」、などその季節ならではのあるあるエピソードも出てきます。

彼女がどの季節の生まれかも、いい話題になりますが、この時誕生日まで聞いてしまうと、あとあと忘れたり、プレゼントをどうするかのプレッシャーになるので初対面ではこちらからわざわざ聞かなくてもいいです。

興味ある相手がその季節をどういうふうに過ごしてきたかで、「冬ならスノボ」など今後タイミングよく誘うきっかけにしましょう。

6. 好きな食べ物

初デートに向いている食事 オムライス

激辛好き、カレー好き、つけ麺好き、など、共通の好きな食べ物が一個でも見つかれば、「今度話題のスイーツ食べに行こうよ」などのように誘いやすくなります。

楽しい食べ歩きデートに繋げやすいのでオススメです。

逆に自分は激辛好きでも、彼女は全くダメ、なんてこともあり、それはそれで違いを楽しむのもいいでしょう。「こんなの全然辛くないじゃん。」と彼女を何かにつけイジってしまいましょう。

女子はイジられるのが意外と好きなので、すぐに仲良くなれます。

7. 兄弟

「きょうだい」の話は、何番めに生まれたか、一人っ子かなど、その人の性格・人格形成にかなりの影響を与えているため、彼女の裏の性格を知ることができます。単純に興味深くてとても面白い題材です。
「なんか気が合うなぁ」と思っていた仲間が自分を含め全員「末っ子」だった、なんてこともよくあります。

たまに、話し相手から「実は双子なの。」なんていう驚きの告白をされ、一卵性?どっちがモテる?テレパシーはあるの?替え玉できた?など全員からの質問攻めで「双子あるあるネタ」は異常に盛り上がれます。

ただ、双子の人は初対面では「双子」というこのインパクト大のネタをどういうわけか隠していることがほとんどです。二人ともそこに居合わせていれば話は早いのですが…。

万が一、貴方自身が双子なら、早めに双子であることを告白し、みんなの話題を一挙にかっさらいましょう。「私も…」と運命の出会いから「双子同士で付き合う」という壮大なプロジェクトも実現するかもしれません。

確率的に「双子」は合コン10回やっても会えるかどうか…。見つからない場合は、近所や芸能人の双子ネタで繋ぎ、その隠された神秘まで、知ってる雑学で盛り上げましょう。
めったにいないからこそ、双子ネタは他に類を見ない盛り上がりを見せるのです。

8. 職業、仕事

仕事が出来る男のイメージ

これはその人のアイデンティティーに直結します。生き方そのものになっていき、女の一生を想い描きながらも、自分らしさを社会に活かしたい、活かせてるかと、女子も男子と同じく真面目に考えています。

働き方、スタンス、子供好きかなどで、女子たちの結婚観、願望も垣間見えるもの。
将来のパートナーとしてお相手を見る可能性が少しでもあるなら、職業、仕事の話から、彼女の目標、夢の話にまで発展させ、それを応援し、理解を示しましょう。

上から目線にならないよう注意しながら、社会人の立場で仕事の姿勢など、貴方の男らしさ、頼り甲斐を見せるチャンス。

職場の悩みを打ち明けられたり、すぐに深い話ができる仲になれるかもしれません。

9.好きなお笑い芸人

現代のテレビっ子なら、お笑い芸人のひとつやふたつは知っているはず。
とてつもない数の芸人の中からどんなタイプの芸人を選んだかで、その人のセンス、笑いのツボ、世界観までが分かります。

お笑い自体を否定する珍しいタイプなら彼女の中の「笑いのツボ」を探り、彼女をどうにかして笑わせることで自分を盛り上げていきましょう。
こちらは芸人ではないので、そこまで面白くする必要はないですが、笑いのセンスがある人はモテるので、ぼそっと面白いことが言えるとポイント高いです。相手と笑いのセンスが似ている、笑うツボが同じ、というのは、幸せな発見にもなります。

10.占い、スピリチュアル系

占い師

女子はとにかく占いやスピリチュアル話が好き。
もしこの話題を自分から持ちかける場合には、本当に自分も興味があって、多少なりとも信じているときだけにしましょう。特にスピリチュアル系は否定的な男性が多いもの。「変な宗教なんじゃないの?」なんて茶化すとそこで話が終わり気まずい空気に。

貴方が自分で気づいてるかは別として、「本物のスピ系男子」なら、ひとたび話せば貴方のオーラと深イイ話に貴方を見る目が変わり、まるでカリスマのように扱われ、悩みを次々と相談され、今後何を言っても信じてくれるようになるでしょう。

フリならすぐに浅いと見抜かれるのでスピ系路線は諦め、他人の不思議体験の引用くらいにとどめておきましょう。

その点「占い」は簡単。事前に雑学的情報をちょっと集めておくだけで、さりげなく彼女を占え、かなりのポイントアップに。

オススメは、手相占い。手相占い芸人もいて入りやすく、彼女の手にイヤらしくなく触れることができ、ドキッとさせる効果も。

どのシワがどうとか覚えられない人も多いので、テキトーに占ってもバレない可能性大。「結婚線が濃いね。」くらいでも充分食いついてきます。

まとめ

このように女子と盛り上がること必須の話題を10個選んでみましたが、いかがでしたか?

どれも二人っきり、大勢、どちらにも対応でき、楽しい展開になりやすい話題ばかりです。ひとつでも話を持ち掛けて、次の新たなチャンスにぜひ繋げてみてください。

ページトップへ戻る