1. TOP
  2. モテる女
  3. 現在のページ
頭を抱える女子

同性にむかつくと思われるモテる女。「私の何が気に食わない?」

更新日: 2017年12月17日

モテる女って、2つのタイプが存在します。

異性からでなく、同性からもステキだなと思われる、才色兼備な完璧女性と、異性からはモテモテだけど同性からは思い切りブーイングな女。

この差ってどこから生まれるのでしょうね。

今回は、1番なりたくない、異性にはモテるけど同性からとにかく嫌われてしまう、そんな女についてご紹介します。

スポンサーリンク

同性からむかつく光線を浴び続けるモテる女

怒る女性

モテる女。人から好かれる人間には2通りあると紹介しましたが、どうせなれるなら、異性からも同性からもモテるような最強モテ女になりたいですよね。

今回は、できればなりたくない異性からしかモテない女の特徴を紹介していきます。
ぜひ、我が身を振り返ってみましょう。

何もかも計算で動くしたたか女

口では言いませんが、いろんなことを頭で計算してから動く女です。

今ここでこうしたら、自分の好感度アップにつながると瞬時に計算をして動きます。

例えば…
職場やサークルなどで、女性しかいないシチュエーションでは、絶対に言うことがないセリフ。
「あ〜、みんな疲れましたよね?私、飲み物買ってくるので、何がいいですか?やっぱり、疲れた時は甘いものかなぁ〜?」などと、甘ったるく言い始めます。

気がきく女を演出です。なおかつ、外に出ている間は、その場に残ってガツガツ仕事をしなくていいので、楽プラスいい女アピールができるのです。

同性しかいないときは、間違っても言わないセリフなのを女性たちは知っているので、疲れている中さらに輪をかけて、むかっと来ますよね。

でも悲しいかな。どんなにむかっときても、そんな女は確かに頭の回転が早いのです。とても対抗できそうにありません…

異性の前では180度態度が変わる女

例えば、女子会。料理なんて絶対、取り分けることなんてしない女。
他の女性から頼まれごとをされると露骨に嫌な怠そうな顔をする女。
朝から、挨拶しているのにめちゃくちゃ面倒くさそうな挨拶の返し、もしくは、無言でお辞儀だけする女。

それがどうでしょう。
そこに異性がいるとわかった途端、態度が豹変するのです。

俄然、いつも食事の取り分けは私の役目とばかり、率先して食事の取り分けに始まり、自ら進んで、普段なら絶対やらない仕事を引き受け、意中の男性がそこにいようものなら「一緒にやろつ!」なんてかわいい作戦に打って出ます。

当然、だるい日だってニッコリ挨拶は外しません。

そんな女、周りにいませんか?
ここまで変わってしまう女。絶対友達にしたくありません。

全ての基準は、男目線でどうみられるか

ヘアスタイル、メイク、ファッション、全てにおいて、雑誌で特集されている、モテ女の見本のような女。

本当の自分は、どんなルックスが好みなのかも忘れてしまっているほど、どっぷり男性目線を気にすることしか考えられなくなっている残念な女です。
おそらく、そうすることが自分の存在価値になってしまっているのかもしれません。

そんな女とは、一緒にショッピングに行っても、「これじゃぁ、男ウケしないよね〜」「この服だったら、フェロモン出まくる感じじゃない?次の合コンはこれかな!」などと、恥ずかしいくらい、男目線中心のショッピングで、楽しいのか、情けないのかわからなくなってきます。

女同士だと、悪口・陰口大好物女

異性の前で、これでもかと言うくらいぶりっ子で、猫なで声で頑張っている女は、そのぶんストレスが溜まるのでしょうか。

大抵、女同士になると、口が悪く、ゴシップ、陰口、人のジャッジが大好物のモンスターに変貌します。
特に、自分と似たような男ウケしている女のことをとことんダメ出しします。

そんなとき、周りの女たちは思います。
(お前が言うなよ…)と。

誰かに合わせることをしない我が道を貫きます

よくいませんか?
自分の中だけで流行っていることを周りに押し付ける女。
健康意識して、朝飲むスムージーやヨガ。
そこまではいいとして、最悪なのが、約束をしても突然のドタキャン。

人にも予定があり、わざわざスケジュールを空けてまでの約束でも平気でキャンセルしてしまうのがこの手の女です。
ワガママだろうが、何だろうが私は私。気分が乗らないんだから、わかってよ。

イラっとするのは女だけで、異性は逆に振り回され、翻弄されて、それでもその女をかわいいと思うことが多く、それがさらに女たちの神経を逆なでします。
本人はわざと意識しているわけでもなく、そうなってしまっているのか、はたまた、計算なのか、知る由もありませんが…

「私、天然だから…」が口癖の女

何かあると「私、天然だから〜、ごめんね、変なことばっかり言って」
自分のことを自ら天然と宣言する女は、ほとんど天然ではありません。
そういうキャラ設定なだけです。

いいですか?
突拍子もない、よくわからないことを突然言うとか、会話をした時に話がどうも噛み合わないとかって、普通、滅多にありません。
特に、ある程度大人で、普通に仕事している人なら、まともな会話ができなければ仕事(社会人)をやっていけませんよね?

特に、普段はハキハキした物言いの女が、異性の前に出た途端、アホな天然キャラをすることが多いので困ります。

目的のためなら友人も利用する女

おそらく、1番友達にしたくないし、敵にも回したくないタイプです。
自分がいい人に見えるため。自分が可愛く見えるため。自分がかわいそうな女に見えるため。
全て自分のために、友達を1つの駒として使おうとする、本当にあざとい女がいるのです。

当然、男性はそんな小細工に気づくこともなく、まんまと女のシナリオ通り、その女だけがいい目を見ます。

1人の異性ではなく、不特定多数が対象な女

大好きな人がいて、その人の彼女になりたくて、いろんな作戦で猛アプローチ。かわいいですよね。
同じ女としても応援したくなる話です。
でも、嫌われる女っていうのは、さらにその先を行ってしまっているので、同性の女はついていけません。

なぜって?

対象人数が1人ではなく、自分を取り巻く全ての異性に好きと言ってもらいたいのです。
同性から支持を受けるわけありませんよね。

性格が悪いことを男がわかっていない

手をつなぐ若い男女のカップル

いかがでしたでしょうか?
おそらく、異性にはモテるけど、同性には嫌われる女のあるある話は、まだまだたくさんあるでしょう。
でも、だいたい共通して言えることは、同じ女に正体はバレていても、男性たちが全く気づいていないことがほとんどです。

そのため、「何で、〇〇︎ちゃん、嫌われちゃってるの?かわいいからって、どーせ、女の嫉妬だろう?かわいそうに」となるので、そんな女は余計、調子に乗ります。

実際、男でも言えることですが、同性の友達が極端に少ない(いない)というのは、何かしら理由があるからなのです。

スポンサーリンク

まとめ

同性・異性から支持されるモテ女も、異性にモテても同性に嫌われてしまうモテ女も、実際は、どちらも顔立ちはよく、キレイなことが多いです。
ほんの少しの差で生まれる同性からの視線は全く違います。
女友達なんていらない!と強がるのは、強がらなきゃ、自分の努力が無になってしまうからですよね?

男じゃ埋めてくれない、女だから理解できることがたくさんあるのです。
同じモテるなら、異性限定じゃなく、みんなにモテるいい女を目指しませんか?

異性が好む自分になることよりも、自分自身の個性と美を磨くことで、男性に媚びたモテ女ではなく、自立したモテ女になりましょう。
そういう自信に持ち溢れたモテ女は、同じ同性の憧れの的になることでしょう。