更新

シングルマザーになって気づいた「男が手放したくない女」になる秘訣

モテる秘訣を知ったシングルマザー

夫と死別したシングルマザーの私が経験した人生初のモテ期。そこには自分では無意識でも男の人に「この子しかいない!」と思わせる行動や言動があったのです!

男は若い女の子が好きなんて考えは古い!シングルマザーでも若くなくても男が手放したくない女になれちゃう方法があるんです。女は男の心の充電器になりましょう!

スポンサーリンク

恋愛依存はNG!自立した女になるべき!

若い頃の私は、恋愛は全て「あなたがいないと生きていけないの女」でした。

彼が出来ても少し連絡が来ないだけですぐ不安になって、携帯の着信ばかりを気にする毎日。彼に「仕事で会えなくなった」なんて言われた日には「ほんとに仕事なの?私のこと嫌いになったの?」なんて問いただして彼を責めることもよくありました。

そんなことを繰り返していると男の人もしんどくなりこう思うんです。「この女重い!しんどい!」と…。そうすると待っているのはもちろんお別れです。

出会いがあっても交際が続かない、そんなことばかり繰り返しているあなた。恋愛が全てになっていませんか?

なんとか寛大な夫と結婚した私ですが、4年後まさかの死別。3歳の娘と頑張って生きていかなくてはならなくなりました。

恋愛なんて意識していなかった私でしたが、「あれ?なんか結婚する前よりモテてないか?」とある時気付いたのです。そう、恋愛しようと意識してないままただ頑張って生きていたことが大きなポイントだったのです。

恋愛以外を充実させよう

クリスマスを過ごすお母さんと娘

私が死別して何人かの男の人に言われたことがあります。「頑張ってる姿がいい」と。シングルマザーになった私は、毎日とにかく家事と育児と仕事に追われます。それがただの日常なんですがとにかく必死です。朝から晩までお母さん業は続きます。自分の時間もうまく作らないと出来ません。
ママチャリが必需品でおしゃれよりも楽な服を着ています。それでも職場の人、SNSで出会った人などからお付き合いしてほしいと声がかかりました。若い時に男ウケを気にしてオシャレに必死に励んでいたのにモテなかった自分にはビックリでした。

そうして娘のことも大事にしてくれる人と出会い、お付き合いに発展しました。その時には昔の恋愛依存の私はいませんでした。

若い時は不安で不安でしょうがなかったお付き合いですが、自分も時間に追われ必死に生きていると連絡一つで悩んでる暇がないのです。それより今日の晩御飯は何にするか、保育園のお迎えまでに掃除機かけなきゃと頭がいっぱいなのです。
そうすると不思議なことに相手のペースも尊重出来るようになったのです。急に仕事で彼が会えないと言っても昔のようにヒステリックに怒ることはありません。「大変だね!次会った時は肩揉むね!」なんて大人の対応が出来ちゃいます。

自分の生活を充実させてると彼と会えなくなった時間に絶望することなく、いつものように過ごすだけで済むのです。「いつもの生活に俺がお邪魔するだけだから俺の為に無理しなくていいよ」と彼も言ってくれます。

趣味を持とう

自分の時間を大切にしている女性

家事や仕事だけでなく自分の趣味として習い事の時間も作りました。

自分の時間を作ることは大事です。そうすると自分の人生がキラキラし向上心をもって生きれます。

イキイキと趣味の話をする私の姿に「好きなものに打ち込んでいる姿を見ると安心するし違う一面を見れて嬉しい」と彼も喜んでくれます。自分を高めることで魅力的な人間に見えます。

男の人は彼氏のことばかり24時間考えている女より、自分を充実させている女の方が大事にしたくなります。恋愛に振り回されてネガティヴになるより自分も楽ですよ!

男の人の充電器になろう

なんだかんだ男の人は甘えん坊です。いつになっても母親のような包容力を女の人に求めます。

外で頑張って働いてくる男の人が、ピリピリヒステリックな女の元に帰ってきたいと思うわけありません。

女は男の人がまた外で頑張れるように癒して充電してあげましょう。そうすることでか「この子に会うと癒される」と手放したくない必要な女になれます。

男は大きな子どもだと思おう

甘えるお願いをする女性

テレビに集中してると返事しない、食べたもの脱いだもの片付けしない、など色々と男の行動にイライラしがちな女の人は多いです。大人なんだししかっりしてよと思いますよね。

でもそこで感情を露わに怒ってはいけません。
そんなの難しいと思うかもしれませんが、そんな時はこの人は大きな子どもなんだと思うことで解決します。

大事なのは声のかけ方です。男に察してほしいと思うのは無理です。出来るだけ明確に何をしてほしいか言いましょう。

「ごめんね、今〇〇してて手離せないから〇〇してもらっていい?」と優しく、出来るだけ可愛く言うといいです。「お願いー!」なんて笑顔で付け加えると「しょうがないなぁ」なんて言いながら大体は断らずやってくれます。

そして最後の仕上げでやってくれたらとにかく褒めましょう!子どものように単純なので「ありがとう!すごーい!助かった!」と言うだけで褒められたと嬉しくなるのが男です。
具体的に掃除をしてくれたならば「すごい!隅までピカピカだね!私がやるより綺麗!掃除上手なんだね」と盛り盛りで褒めていいです。

認めてほしいという気持ちが強い男の人にはお母さんのように接してあげるのが効果的です。自分が穏やかで接することで言い争いもなくなりイライラを増やすことなく、男の人に安心感を与えられます。

ぶりっ子も必要

女性, ぶりっ子

男は単純な生き物です。出来るだけ可愛い話し方で気持ちをストレートに伝えましょう。

「あなたといると楽しい」や「今すごく幸せ」と素直に伝えることで可愛いと思ってくれます。

彼がプレゼントをくれた時などは「ありがとう!こんなの初めて!嬉しいー!」と多少オーバーでも嬉しいことを伝えましょう。

私は小さいことでもオーバーに喜ぶので「そんなに喜んでくれると思わなかった!そこが可愛いと思った」と言ってもらえたことがあります。

もっと良いものあげれば良かったなんて言ってくれたりもしますが、そこは「ううん、これが嬉しいの」と可愛く言いましょう。たとえ喧嘩することがあっても「なんだかんだ可愛いんだよなぁ」と思わせれば手放したくない女になれます。

ちょっと失敗しても笑顔で「えへっ」と誤魔化しておくのもいいです。たとえぶりっこと分かっていても、あざといなと思われていても可愛いと思われていれば大体のことは許してくれます。

見た目に自信がないから無理と思う人もいるかもしれませんが、大丈夫です。自分にだけ見せてくれる、自分だけが知っている彼女の可愛さということがまたポイントなんです。

2人でいる時は2人の世界なので思いっきり甘えて時には「抱っこー!」など言ってくっついてみてはどうでしょうか。
可愛い奴めと頭を撫でながらギュっとしてくれますよ。

もう一度言います。男は単純な生き物です。褒めて褒めて可愛子ぶりっこで手放したくない女になりましょう。

まとめ

男が手放したくない女になるには自分にとってここは安心出来る場所だ、元気が出る場所だと思わせることです。
その為にはなるべく穏やかに問題を解決することが大事です。

自立していて重くなく、なおかつ疲れた時に会いたいと思ってもらえるような女になることです。

男がまた安心して外に出ていけるようにたっぷり充電させてあげましょう。穏やかな関係でいることで自分も楽でいられます。

まずは自分自身を充実させてお互いに振り回されない関係を築いていきましょう。

私は無意識にしていたことでしたがこうすることで素敵な彼に出逢え「結婚も考えている」と言ってもらえました。

若くなく、シングルマザーの私でも手に入れられた幸せです。せっかくの人生です。時には可愛子ぶりっこで男が手放したくない女になって充実した恋愛をしましょう。

ページトップへ戻る