更新

片思いから脱出する心構え5ヶ条と両想いへの10のプロセス

ハートを持つ手 気持ちが伝わる様子

ある人を好きになってしまった。でもその人は自分の気持ちに気付いていない。いわゆる片思い。

いいや、このまま片思いでも…でも少しでも仲良くなれたら。お友達になれたら。そしてあわよくば…なんて思ってしまうもの。

でもどうやって…そんな貴方に贈る両想い成功の秘訣をご紹介します。やみくもに突っ走ってはダメ!備えあれば憂いなし!さぁ、両想い成就に向かっていざ出陣!

スポンサーリンク

両想い成功への心構え5ヶ条

作戦に挑むためにはまず心構えが必要です。この心構えを押さえておかないと成功への道は途絶えます。

1.フラれる覚悟

フラれる覚悟で告白する女性

これがないと両想いは成就しません。

「フラれる=失敗」ですよね?両想いになるための話なのにいきなり初めから「フラれる」ですか?はい、その通りです。

しかし両想いになる前に必ず訪れるシチュエーションがあります。そう、告白です。

最終的に自分の思いをお相手に伝えなければなりません。場合によってはナチュラルにくっついちゃったり、片思いの相手から告白ってパターンもありますが。

しかしながら恋愛において「フラれる」はつきものです。

しかも片思いから両想いというハードルの高い目標に向かうのですからそれなりの勇気と覚悟をもって挑んでください。

2.彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず

戦において、敵と味方を熟知していれば負ける心配はない、のです。

片思いの相手との戦いにおいて、まず相手のことをよく理解するのはもちろんですが、自分自身のことをよく理解していない人って結構いますよね。

相手によく思われたいが為にカッコつけたり背伸びしたり。自分の身の丈に合った行動をしないとすぐ悟られて滑稽です。

まずは自分自身を理解して自然体で動くのが賢明です。

3.清潔感

男女とも容姿端麗に越したことはありません。しかしながら、この「清潔感」には敵いません。

イケメンだけど切り忘れて伸びた爪にしわくちゃなシャツ。垣間見えませんか、彼の生活。部屋汚いだろうなとか。そうなるとアウトです。

外見イマイチだけどきれいに切っている爪、パリッとしたシャツ、アイロンのかかったハンカチ。間違いないですよね、こちらの彼の方に軍配は上がります。

この「清潔感」基本は生活、身の回りから清潔にということです。家の中、水回りを普段からこまめに掃除するなど、そのような生活が外見に自然と表れるものです。

4.笑顔

「笑うものには福来る」まさにその通りですね。それほど美人ではないのにモテる女子、そんなにイケメンでもないのにモテる男子。両者とも必ずと言っていいほど愛嬌があります。

いつもニコニコ笑ってる。面白い男子、モテますよね。そこには必ず「笑い」「笑顔」があります。

人を惹きつけるので結果、異性にもよく声をかけられる、異性を意識する機会が多く自然と色気も身についてという良サイクルがモテる人にはできています。

5.自信と熱意

所詮、自分はダメだ…これじゃ話になりません。根拠のない自信を持ってください。人を好きになるのは理屈じゃないのです。

ですから自信も根拠がなくて結構。相手を思う確固たる熱意と共に挑んでください。

両想いを成就させる10のプロセス

見事に両想いになった様子

さぁ、これで心構えの準備は整いました。備えあれば憂いなし!それでは作戦へ!

1.相手に自分の存在を認識させる

人を好きになるシチュエーションは様々です。元々友人友達の知り合い、紹介などは必要ありませんが、通勤・通学途中での一目惚れのようなシチュエーション、相手が自分のことを知らない状態での片思いです。

相手に自分の存在を知ってもらって覚えてもらわないと話が進みません。知らない人から「好きです」って言われたら…怖いですよね。

2.相手の行動パターンを知る

これ、相手をつけ回すとは違いますからね!ストーカーじゃないですよ!

例えば、何時の電車やバスに乗っているとか、何時にこの道を通るとか、何時にここにいるとか。

要はそれに合わせて自分が出くわすシチュエーションを作るということ。これを続けることで相手に自分のこと覚えてもらいましょう。いつも合う人になりましょう。

3.挨拶できるようになる事

ここから少しハードルが高くなるような気がしますが。2を続けているとそのうち顔見知り程度には成長していると思います。

ここからちょっと勇気を振り絞って少し距離を縮めていきましょう。

顔を合わせた時、恥ずかしがらず相手と目が合うようにして自分から軽く会釈するもよし。相手がなにかしら反応を示すような行動をとってみましょう。

4.諦めも肝心

本当はここから会話ができるようになりたいのですが、いつも会うタイミングが会話のできる状況ではない場合、一気に思いを打ち明けましょう。

タイミング的にバレンタインなどgoodですね。

しかしながら告白する勇気がないという方はここでドロップアウト。打ち明けないまま見つめているだけで満足という選択肢もありです。

でもどうしても自分の気持ちを抑えきれない、そしてここが重要なのですが、ここで終わらせたくないと思うのであればチャレンジするのみです。告白しなかったらここで終わりです。

ただし、ここでの告白で両想いはほぼ皆無と腹をくくってください。相手からのお断りの理由は様々だと思われます。恋人がいるなど。
ここで勘違いしないでほしいのが断られたからといって嫌われたと思うこと。

相手はあなたのことを嫌うほどあなたのことを知りません。しかも顔は知っている人だから告白されても気持ち悪がられたということもないと思われます。

これからが重要で、第2章が始まるか始まらないのかのターニングポイントなのです。あなたの動き次第で今後が大きく左右されます。

とりあえずフラれた後はサッと引いてください。普段通りにしてください。必要以上に相手を見ないでください。

嫌われたら最後、敗者復活戦はありません。

今回のことによりあなたが相手に対していつも見かける人からとても知っている人に昇格しています。

相手は告白されてからより一層あなたを意識し始めています。相手はあなたを見ています。心構え5ヶ条をわすれず虎視眈々とチャンスを狙ってください。いつどのタイミングで好転し始めるかわかりませんから。

5.とりあえず、知り合いor友達

会話ができそうな環境の方はそのチャンスをひたすら狙いましょう。

挨拶はできるようになっているはずですので、挨拶プラス短めの言葉、今日は暑いですねとベタなやつで構わないのでそれを暫く続けた後、例えば相手と最寄りの駅などが同じなら「つい最近できたあのお店、行かれたことあります?どんなお店かとても気になって」など。ここは焦らずじっくり固めていくところです。

ここで気を付けていただきたいのが「好き好きオーラ」が出てしまうこと。決して出さないよう気を付けてください。相手はその重さに気付きます。

あくまで軽いノリ、知り合い・友達感覚でお願いします。うまくいけばこの流れで連絡先を交換できます。

6.元カレ・元カノ作戦

不思議なことに少し気になる相手に異性の影が見え隠れすると更に気になり始めるようになります。

異性の影を全く感じないとでは大きく左右します。

要は相手に異性としての色気を求めるようになるようです。本能ですかね。ここはひとつ、俳優・女優になってみましょう。

自分に「彼氏」「彼女」がいる。は絶対ダメ!下手な嘘をつく必要もありませんし相手が離れていく可能性があるので絶対NGです。周囲に異性の知り合いが結構いるというのもチャラいと思われるのでNGです。
ここでは「元カレ」「元カノ」を効率良く使いましょう。「男を知っている女」「女を知っている男」程度で十分です。相手との会話の中に軽く織り交ぜてみましょう。

7.相手の恋人有無確認

作戦も佳境に入ってきました。ここまで漕ぎ着けているならば、恋人の存在を聞きやすくなっていると思われます。

単刀直入に聞かず、会話の中でサラッと確認できると良いですね。「映画とか観に行ったりする?彼氏or彼女とかと」など。

8.ランチのお誘い

相手に恋人がいる、いないに関わらず、好きだから同じ時間を共有したいと思うならばお誘いしてみてはいかがでしょう。

食事を共にすることはとても重要です。

いろんなことがわかるし、楽しく会話しながら食事をすることでより一層仲が深まります。ここでのポイントは「ランチ」です。お昼にしてください。夜は絶対NGです。

思いっきり誘われていると誤解されます。特に恋人のいる相手には注意を払って下さい。

9.お酒のお誘い

ここからが正念場です。

お酒が飲める人限定にはなってしまうのですが、「飲み」というものは異性同性問わず、打ち解ける一番のシチュエーションです。

お互い飲めるのであればこの作戦が一番手っ取り早いのです。この作戦を初めの段階から持ち込めるのであれば上記のプロセスはいらないほどなのですが、いきなり誘っても引かれて失敗するのでここは焦らず順を追うことです。

ここで重要なのは、あくまでもまだ「友達」でいることです。

何度か飲みに行っているうちに相手から何らかのアクションがあるかもしれませんが、相手からの正式な交際の申込以外には反応せず、ここはひとつ「勿体ぶって」みてください。

10.告白

告白のイメージ

相手からの正式な交際の申込がない、でももう自分の気持ちを抑えられない。こうなったら「告白」です。

ここまできたらもう悔いはないでしょう。やるだけやったのなら心構えその1「フラれる覚悟」を胸に、当たって砕けてください。

本当にこの段階まで辿り着けているのなら砕けることはありません。100%両想いです!

あとがき

何事にも「順序」があります。ただやみくもに動いても成果は上がりません。

彼氏・彼女がなかなかできないという方々の中にこの「順序」を踏まえず、相手が自分のことを知らない状態で告白する話をよく耳にします。

自分の思いを相手にわかってもらいたい、その気持ちは痛いほどわかります。でも相手の立場になって考えてみてください。お相手の方はビックリされますよね。自分だったらどうです?やはりビックリされることでしょう。

自分のことばかりでは両想いになったとしてもその後、いいお付き合いはできません。どうか焦らず、ゆっくり。この恋の過程も楽しみながら、結果だけを追い求めずに。

結果だけがすべてじゃない、恋愛においては特にそう思います。あの人好きだった頃、楽しかったなぁ。なんて思い出したりするのって結果結ばれてないパターンが多いような気がします。

それと片思いの相手に頑張っている間でもアンテナをたくさん張っておいてください。恋愛の最大の効果、自分がとても素敵になっているということ。
誰かに恋をしている時って内面も外見も素敵になっていく。そう、新たな別の恋も引き寄せますよ。

ページトップへ戻る