更新

ずっと夫婦が仲良しでいられる5つの秘訣【結婚前に要確認】

ずっと仲良しの夫婦

楽しい交際期間を経て、めでたく結婚を迎えると幸せな新婚生活が二人を待っています。 せっかくの結婚生活、なるべくケンカせずに仲良く過ごしていきたいですよね。

いざ一緒に住んでみると、交際期間には見えてこなかった色々な事が見えてきます。「あれ?こんなはずでは…」と言うことにならない為にも結婚するときに夫婦で確認しておくとずっと仲良しでいられる5つの秘訣を紹介します。

スポンサーリンク

1.お財布事情について確認しておく

まず初めに、お財布事情について話し合い、確認しておきましょう。
これからの結婚生活を送るにあたって、夫婦のどちらがお財布の主導権を握っていくかどうかを最初に決めておくことは、これからの金銭トラブルを防ぐ為にも確認しておきたい大切なポイントです。

一般的には旦那さんのお給料が入ってくる通帳を奥さんが預かり、全てのやりくりを奥さんがして旦那さんはお小遣い制で生活していくケースが多いようです。

ですが、中には夫婦で共通の財布を作り、その財布に食費や生活費などをそれぞれ月々に入れていき、個人の通帳やお財布は別々にして生活している夫婦もいます。
そうすると、自分のお給料から一定額の生活費は引かれていきますが、あとの残高は自分の好きなように自由に使えるお金になりますね。
旦那さんと奥さんの収入には差があると思います。最初にしっかりとお互いの財布事情について話し合い、価値観や金銭感覚についての理解をしておくと、夫婦で財布が別々だとしても、結婚生活が始まってからのケンカも少なくなります。

そして子どもを授かったときには、その事をきっかけに、もう一度お財布事情について見直していく必要があるかもしれません。

子どもを育てていく為には多額のお金が必要になるので、定期的に効率良く貯蓄をしていく為には、その都度夫婦で良く話し合っていくようにしましょう。

2.ローン返済があるかどうか確認する

ローン返済のイメージ

次に確認しておきたい事は、ローン返済をしているかどうかお互い知っておくことです。

結婚すると、二人の収入で生活をしていくことになります。
仲良く新婚生活を送り続けるためには、相手がどのようなローンで月々の返済額、そしていつまでローンを支払い続けるのかをしっかりと確認しておくことが必要です。

子どもが出来たら教育費も必要になり、それに合わせてファミリーカーやマイホームなど想像しただけで幸せな楽しい未来がいっぱいに広がりますね。
ですが、その未来を実現していく為には確実にお金が必要になります。

最初の内からしっかり貯蓄が出来るかどうかは、ローン返済の有無によって大きく変わってくるので、二人でしっかりと話し合って理解し計画をたてていきたいですね。

お金の問題はとてもシビアです。どんなに仲の良い夫婦でも深刻なトラブルにつながってしまうので、隠したりせずに正直に話しておきましょう。

二人で話し合って解決策や目標を立てると、絆が深まり、より仲良しの夫婦になれることでしょう。

3.お互いの生活リズムを確認しておく

生活リズムが合わない夫婦

これまで金銭面についての話でしたが、次に確認しておきたい事は、お互いの生活リズムを前もって確認し、理解しておく事です。
こればかりは生活をしてみないと分からないところもありますが、前もって確認しておく事で、ケンカやトラブルを未然に防ぐことができます。

人にはそれぞれ自分の生活リズムがありますが、一緒に暮らし始めると相手に合わせることも必要になります。
何時頃に起きて何時頃に就寝するのか。という些細な事でも前もって確認しておく事で、極力相手のペースを崩すことなくお互いにストレスを感じることも少なくなります。

夫婦になる相手に、自分の生活リズムやこだわりを相手に言うのはワガママになってしまうのでは?と遠慮がちになってしまう人もいると思いますが、言えないまま結婚生活が始まり、なかなか言い出せずに生活を続けると、小さなストレスを溜めこんでいってしまいます。

言えないままストレスを溜めていってしまうことの方が後になって爆発してしまうことがあるので、危険です。

夫婦になり、これからの人生を末永く共にして歩んで行く人だからこそ、最初に言えるべきことを伝えて相手により自分の事を知ってもらうことが大切です。

4.記念日には忙しくても外食などでお出かけをする

記念日を祝う夫婦

どんな夫婦にも、いろんな記念日があります。
交際記念日、結婚記念日など、夫婦によって大切にしている記念日はさまざまです。

最初の内は、二人とも記念日にはプレゼントを贈りあったり、素敵なレストランに行ったりと大切にしているのですが、年月が経つとどうしても日々の忙しさから記念日を忘れてしまいがちになってしまいます。

記念日にはどんなに忙しくても必ず外食に行ったり、お出かけをする約束をしておくと、一年に一度、感謝の気持ちを素直に相手に伝えることができたり、新婚当時の気持ちに戻って相手の大切さにより気付くことができる大事なきっかけになります。

普段の日常の中では、恥ずかしくてなかなか感謝の気持ちを言えないという方も多いと思いますが、一年に一度の記念日に素敵なレストランやプレゼントなどの場を借りて、感謝の気持ちをお互いに伝え合う事が出来ると相手も嬉しいですが、自分も嬉しい気持ちになれて、お互いが幸せな気持ちになれて良いことばかりです。

仲の良い夫婦で居続けるためには、やはり日ごろの感謝の気持ちを言葉で伝えることが大事です。また、毎年同じレストランを予約しておくと、そのレストランも夫婦にとって特別な場所になりそうですね。

5.ケンカをしたら翌日まで持ち越さない

夫婦喧嘩

新婚生活では、お互いに気を遣いあって生活しているので、トラブルが起きることは少ないですが、月日が流れて日が経つと、慣れが出てきて相手の良いところばかりではなく、悪いところも見えてきてしまい、ケンカする事が増えていきます。
それは無理もないことで、人間は誰にだって良いところがあれば、悪いところもあります。

ケンカする事は当たり前でしょうがないことですし、イライラを溜めこんでストレスを抱えてしまうよりも時には思い切りぶつかりあってケンカした方が、これまでよりももっとお互いの事を理解することができて絆の深い夫婦になれるでしょう。

ですが、ケンカをするにも約束事を決めておくことが必要です。

どんなケンカでも、ケンカしたらその日のうちに言いたいことを言い合って仲直りして、次の日の朝には、普段通りに接するようにしましょう。

翌日までケンカを持ち越してしまうと、イライラしている気持ちのまま仕事や家事を行うことになります。イライラしながらやっても良いことは何もありません。

翌日まで持ち越すと、仲直りするタイミングを失い、逆に夫婦の仲に溝を作ってしまうことになります。

ケンカした日には、あとで言えば良かった。とモヤモヤすることのないように言いたいことをスッキリするまで言い合いましょう。
そして翌日には普段通りに笑顔で。その潔さが仲の良さを持続できる秘訣です。

これまで、結婚する時に確認しておくと夫婦が仲良しでいられるポイントを5つご紹介しましたが、もうすでに結婚生活を過ごしている方でも、確認したり相手に聞いてみるのは遅くありません。

出会った時には、お互い相手の良いところしか見えてないこともあり、交際中は仲良く過ごしてきたとしても、結婚すると毎日の生活を共にすることになります。すると、今まで気付かなかった相手の悪いところや気になるところが出てきてしまいます。

なかなか相手に言いにくいことだとしても、これから先の長い人生を共にする相手には、思い切って聞いてみましょう。

正直な気持ちが言えると前よりも居心地が良く過ごせることでしょう。

より夫婦が仲良しでいられる為には、お互いを思いやる気持ちを忘れずに、しっかりと向かい合って話し合いを続けていくことが大切です。

せっかく巡り合った相手とは、これから先も長く幸せに仲良く暮らしていきたいですよね。

二人が出会って結婚するまでに、楽しくて幸せな事も辛く悲しい事も二人で経験してきたと思います。ですが、これからの結婚生活はその何倍の何年も何十年先も続いていきます。

何十年後が経った後も、お互いを思いやる事の出来る仲良しの夫婦関係を続けている為には、相手とどんな些細なことでも面と向かって話し合い、理解と確認をして絆を深めていくことが大切です。

ページトップへ戻る