更新

温泉旅行を盛り上げる!カップルのタイプ別ちょい足しプラン3選

温泉旅行のイメージ

恋人と親密になれるイベントと言えば、温泉旅行ですね。せっかく温泉宿に泊まるなら、ゆっくり温泉を楽しみたい。でも、まったり体を休めるだけではイマイチ盛り上がりに欠けてしまう。恋人同士ならではのウキウキ感も捨てがたい!温泉旅行のプランニングって意外と難しいんです。

そんなときにおすすめの「旅のちょい足しプラン」を、カップルのタイプ別に3つご紹介します。「温泉はしっかり楽しむけど、旅の計画にもう一つ何か加えておきたい!」という時にぴったりです。

  • 「温泉旅行に行くんだから、しっかり温泉に入りたい!」、「奮発して部屋付露天風呂客室を予約した!」というカップルは、1へ。
  • 「旅行は好きだけどいつも予定をぎっちり入れてしまう」、「せっかく旅行に来たのに、温泉でまったりするのは時間を無駄にした気がしてしまう」というカップルは2へ。
  • 「温泉だけでなくその土地ならではの経験をしたい」、「旅の思い出が温泉だけでは弱い」というカップルは3へ。

それぞれのカップルの傾向に合わせた、温泉を満喫しつつも、しっかり二人の絆を深めるプランを考えました。

スポンサーリンク

1.温泉をじっくり楽しみたいなら、プチ体験型イベント

温泉地の体験型イベントをやるカップル

温泉旅行なんだからあくまでも温泉でまったりしたい!という温泉重視のカップルには、30分~1時間程度の短時間でできるプチ体験型イベントがおすすめです。

理想的な1泊2日のスケジュールは次の通りです。

  1. 1日目に午前中プチ体験型イベントを数件
  2. 早めのチェックインで宿に移動、温泉を満喫
  3. 体験型イベントを話のタネにする
  4. 2日目は時間に余裕をもって帰宅

温泉場があるような自然豊かな地域では、小規模ながらも様々な体験型イベントを開催していることが多いです。中には旅館やホテルで体験型イベントを催しているところもあります。パン作り体験やソーセージ作り体験などオーソドックスな体験型イベントから、その地域ならではの伝統工芸や伝統文化の体験などジャンルは幅広いです。
中でも、共同作業ができたりお土産をもらえるイベントがおすすめ。短時間でも体験型イベントを一つ挟んでおくと、温泉宿で長時間過ごしても話題が尽きません。

筆者は金沢の山中温泉に旅行に行った際、初日に兼六園近くで一時間弱の和菓子作り体験をしました。早めに旅館に到着するつもりだったので、あまり時間をかけない体験教室にしましたが、温泉をじっくり楽しんだ後で、手作り和菓子を食べて一息。体験教室の話題や、そこから発展して普段の料理についての話題などで盛り上がりました。

温泉旅行の「温泉」の部分をあくまでも大事にしたい皆さんには、ぜひ、短時間の体験型イベントをお勧めします。

2.アクティブな旅好きカップルなら、期間限定イベント

トレッキングをするカップル

普段からいろいろなところに旅行しているアクティブカップルには、お祭りやテーマパーク内のスタンプラリーなど、その時にしかやっていない期間限定のイベントがおすすめです。

理想的な1泊2日のスケジュールは次の通りです。

  1. 1日目の大半を一つの期間限定イベントに費やす
  2. ちょうどよく疲れた状態で宿にたどり着く
  3. 温泉を楽しむ
  4. 帰宅

いろいろな観光地を巡る「予定ぎっしり旅」に慣れていると、温泉旅行ならではのまったり時間を持て余しがち。温泉の満喫と観光の楽しみの両立って難しい。
そんなカップルは思い切って、日中をまるごと期間限定イベントに使ってしまいましょう。そうすると、身体が疲れた分だけ、温泉がとても気持ちの良いものになります。温泉旅行は量より質、というわけです。

ただ、やみくもに観光地を回るのは移動時間がかさみますし、スケジューリングで頭が疲れるため、おすすめしません。一点豪華主義で、イベントを絞りましょう。

時間にとらわれず上手に肉体的な疲労だけためていくのが、温泉を楽しむポイントです。

いろいろなところに行かない代わりに、期間限定の特別感のあるイベントを探すのがおすすめです。

一つのイベントに没頭することで、ルーズな時間の使い方に慣れ、温泉旅行モードになれるのです。

暗くなるまで徹底的に遊びたい時は、遅くまで温泉が利用できる旅館を予約することもポイントです。でも、あまり疲れすぎると湯あたりを引き起こしますからほどほどに。

テーマパーク近くに温泉があることで有名なのは、三重県の長島温泉でしょう。絶叫マシンが有名なナガシマスパーランドで一日中遊んだ後で、ゆったり温泉につかることができます。また、同県内の伊勢志摩には、志摩スペイン村があり、ここも温泉とテーマパークが近くに併設されています。

温泉旅行とはいっても、やっぱりいろいろなことがしたい!という皆さんには、ぜひ、一点豪華主義の期間限定イベントをおすすめします。

3.たくさん思い出を作りたいカップルなら、ツアー型イベント

ツアー型イベントに参加しているカップル

温泉はしっかり楽しみたいけれど、やっぱりその土地に来たんだから何か思い出になる経験をしておきたいというカップルには、ツアー型イベントがおすすめです。

理想的な1泊2日のスケジュールは次の通りです。

  1. 1日目はゆっくり温泉を満喫
  2. 2日目に早起きしてツアー型イベントに参加

温泉地があるような自然豊かな地域では、ダム見学や文化財ツアーなどが多数、開催されています。現地に近いところから出発できる、2日目がねらい目です。
また、「温泉が先、観光が後」になっているのも帰り道のことを考えると効果的です。人の記憶はどうしても、直近で体験したことが印象に残ります。観光を先にすると、どれだけしっかりと見ていても、温泉で薄まってしまうのです。温泉の話は、意外と持ちません。

そして、できるだけガイド付きのツアーに参加するのをおすすめします。それは、ガイドさんの解説を基に話題が広がってゆくからです。

各観光地には、確かに看板や音声ガイドなどで解説が用意されています。しかし、恋人同士ならではの旅を楽しむなら、解説役は誰かがやってくれた方がベター。文化財や施設の内容を理解することではなく、お互いの気持ちをシェアするのに会話を費やしましょう。

筆者が現在注目しているのは、ダム見学ツアーです。夏場にかけて、涼しく学びがあるダムツアーは知的水準の高いデートができる場です。
栃木県の川治温泉では、温泉宿に宿泊した人限定のダム見学ツアーを開催しているとのことです。

温泉と遠方に来たことの実感を両方得たい!という皆さんには、ぜひ、ツアー型イベントをおすすめします。

まとめ

カップルの傾向別にお勧めのちょい足しプランを紹介しました。

  1. 温泉を重視するなら、体験型イベントを1つはさむだけでも盛り上がりは大きく違います。
  2. 温泉でのまったり時間に慣れていないのなら、アクティブかつルーズなスケジュール作りをすると効果的です。
  3. その土地に来た思い出を作っておきたいなら、ガイドさんがいるツアーを帰る日にするのがおすすめです。

共通していえることは、温泉とちょい足しプランが引き立てあうような関係のプランニングが望ましい、ということです。
温泉旅行たるもの、温泉をおろそかにしてはいけません。でも、「それだけじゃ少し物足りないかも?」という時のために、このちょい足しプランを活用してみてください。

そして、最も重要なことは、「恋人同士の温泉旅行」で重視するべきは、「恋人同士」の部分だ、ということです。「どこに行ったか、何があったか」ではなく、あくまでも「彼(彼女)と一緒に何を楽しんだか、何を共有したか」を大事にする旅行にすることが二人の仲をより親密にしてゆきます。
ゆとりのあるスケジュールを立て、奇抜なことはしなくても二人で楽しめると実感することで、恋人が特別な存在であることを再確認できるでしょう。

二人の仲を深めるための有意義な旅行にしたいものですね。その一助になれば幸いです。

ページトップへ戻る