更新

好きだった気持ちはが冷めた!原因は一瞬の言葉や態度にある

好きな気持ちが冷めた女性

恋人から「冷めた」と言われたことってありませんか?理由を聞いてもイマイチはっきりとした返答はなし…なぜなんでしょうか。

冷めた理由がわからないのか、それとも余程言いにくい理由?
一体どこで冷めたんだろう…とにかく気になりますよね。

好きな気持ちも一瞬で冷めてしまう、気になるその理由を紹介していきます。

スポンサーリンク

その言葉、言ったら危険

つい言ってしまいがちな言葉、その言葉に原因があるかもしれません。

一瞬で冷めることはなくても、言われることによって徐々にあなたへの気持ちが薄くなっていきますよ。

言葉によっては一瞬で冷めることもあります。

面倒くさい

付き合った期間が長いとつい言ってしまいがちな言葉です。

どこかにデートに行こうと思って誘っても、「面倒くさい」なんて言われたら誘うのも嫌になってしまいます。

何か頼もうと思っても「面倒くさい」なんて言われたらイラっとしますよね。

喧嘩をしたときの「もういいよ」

喧嘩するほど仲が良い、と言いますよね。
でもそれはお互いに思っていることを話すことによって仲が深まるからです。

喧嘩の途中で「もういいよ」なんて言われたら、この人は自分と話す気がないんだ、と思ってしまいますね。

喧嘩を長引かせたくない、話したくない気持ちもわかりますが、「もういいよ」は言わないでください。

そうなんだ

「そうなんだ」って冷めるの?なんて思う方もいるでしょうが、冷めるときは冷めるんです。
楽しそうに話をしているのに、返事が「そうなんだ」で終わってしまったら、この人全く話聞いてないな、と思いませんか?

どちらかと言えば男性がこの返事をしていることが多いですね。

自分には関係ない

困っている人がいたとき、「自分には関係ない」
友人の話をしているときに「自分には関係ない」
こんなこと言われたら、冷たい人だなぁと思いますよね。

関係ないのはわかりますが、この言葉は言わないほうがいいです。

そんなこともできないの?

自分ができるからって相手にも同じことができるとは限りません。
こんなことを言われたら、やる気もなくなってしまいますね。
これは女性が言うことが多いです。

あの人と付き合えばよかった

ごく稀に言う方がいますが、ありえないですね。
本人は冗談のつもりかもしれませんが、恋人からするとそのショックは計り知れないです。
思ったとしても決して言葉に出さないでください。

何気ない一言に恋人は傷ついているかもしれません。
付き合っているからといって、何を言っても大丈夫、というわけではありません。
言って良いこと、悪いことをきちんと考えましょう。

その態度、相手からすると不快

普段している態度が相手を不快にさせているかもしれません。
言葉よりも態度のほうが一瞬で冷めることが多いですね。

常に携帯をいじっている

デートをしていても常に携帯をいじっていたら、デートしてる意味はあるの?となります。
ゲームやLINEが楽しいのはわかりますが、デート中は我慢しましょう。
携帯はしまって、空いた手で恋人の手を握ってあげてください。

公共の場でのマナーを守らない

色々ありますが、お店の店員に対して暴言を吐いたりするのはありえないですね。
周囲の迷惑を考えずに大きな声でお喋りするのも冷める原因です。

一般的なマナーはきちんと守りましょう。

人を馬鹿にする態度

ふくよかな人などを見て馬鹿にする人っていますよね。
これは恋人でなくても不快になります。

馬鹿にしているお前のほうが馬鹿だ!と言いたくなりますし、冷めるのでやめましょう。

酔うと態度が悪くなる

酒は飲んでも飲まれるな、ですね。
酔うと態度が悪くなる人って意外と多いです。

自分は覚えてなくても、恋人に横暴な態度をとっているかもしれませんよ。

怒ると物にあたる

人に手を出さないだけマシなのかもしれませんが、見ていて気持ちのいいものではありません。
また、物に当たっているところを見ると恋人もイライラする可能性があります。

怒っているときは、なにか他のことで発散しましょう。

とにかくだるそうな態度

デートで出かけたときに、だるそうな態度をとられると冷める原因になります。
疲れているのかもしれませんが、だるい態度はしまっておきましょう。

態度に関しては言葉よりも冷められる原因がわかりやすいですね。
きちんとマナーを守っていれば冷めることは少ないです。
ただ、守っていなかった場合は一瞬で冷めるので注意してください。

その他にも冷める原因はある!

上記以外にも恋人が冷めてしまう原因はあります。
というか、これはもはや冷めてと言わんばかりの理由が多いです。

不潔

冷められても仕方ない理由ですね。
トイレに行って手を洗わない、歯を磨かない、もう本当にありえません。

冷められたくないのであれば清潔にしましょう。難しいことではありません。

何度注意しても時間を守らない

よくある理由ですが、やはりこれは冷める原因です。
1回2回ならまだしも、何度もとなると、さすがに冷めますね。
時間はきちんと守りましょう。

束縛が激しい

浮気する男を束縛する女性

男性も女性も嫌がる方が多いです。

どこで誰と何をしているのか、聞かないと安心できないという気持ちもわかりますが、ほどほどにしましょう。

全てを把握されることによって、恋人のプライベートがなくなってしまいます。

恋人の携帯を勝手に見る

上記と少し似ているような気がしますが、こちらのほうが冷める可能性が高いです。

携帯というのはプライベートの詰まったものです。勝手に見られて気持ちのいいものではありません。

勝手に見ているのがバレたらきっと恋人は冷めてしまうでしょう。
どうしても見たいのであれば、きちんと許可をとりましょう。

喧嘩が多い

些細なことでの喧嘩が増えてくると、どうしても疲れてしまいます。

多少の喧嘩は悪いことではありませんが、やりすぎは禁物です。
気になることがあるのであれば、喧嘩ではなく話し合いをしましょう。

浮気

冷めて当たり前です。
また、実際は浮気をしていないとしても、浮気を匂わせるようなことはしないでください。

浮気を怪しむ、ということで疲れてしまい冷める原因になります。

暴力

おわかりだと思いますが、絶対にいけません。
冷めるどころか警察沙汰になります。
しているという方、されているという方は、すぐにでも別れましょう。

これをしている方がいるのであれば、恋人はもう冷めている可能性が高いです。
また、「冷めた」と言われた人でこれをしている方は、冷められて当たり前です。
普段の行いを反省しましょう。

まとめ

恋人に「冷めた」と言われた理由はわかりましたか?
あなたの何気ない言葉や態度に何度も傷ついてきたのかもしれません。

「冷めた」と言われないためにも、相手のことをきちんと考えてあげましょう。

恋人だからこれぐらいしても許してくれる、なんてことはないのです。
愛情があっても相手に伝わらなければ何の意味もありません。
恋人だからこそ、きちんと愛情をもって接しましょう。

また、自分がされて嫌なことはしない!これは当たり前ですね。
もしも嫌なこと、冷めるようなことをしてしまったのであれば心を込めて謝罪してください。
ですが謝って終わりではありません。
一度言ってしまったこと、やってしまったことはなくなりませんよ。
できうる限り、恋人を大切にしてあげてください。

それと、「冷めた」と言われたら理由を聞きましょう。
冒頭に書きましたが、冷めた理由がわからない場合も多いと思います。

「冷めた理由」ではなく、「どこが嫌だったのか」をきちんと聞いてください。
自分の欠点を見直す良い機会にもなるでしょう。

ページトップへ戻る