更新

東京都内で自然を楽しめるおすすめのデートスポット10選

東京都にはショッピングに適した繁華街をはじめ、さまざまなデートスポットがありますが、公園などの自然も意外と多いです。そこで、島しょ部を除く東京都内でおすすめの自然を感じられるデートスポットを紹介いたします。

メジャーな公園だけでなく、意外な場所にある穴場スポットも含めて、10か所に厳選しました。

スポンサーリンク

1.皇居東御苑

皇居東御苑

皇居東御苑は,旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を整備した、皇居附属の庭園です。一般人でも入場が可能です。基本的には平日の月曜日・金曜日(月曜日が休日の場合は翌火曜日)は休園となります。昭和43年から公開されています。

入り口は、大手町駅近くの大手門、竹橋駅近くの平川門、竹橋駅から西にいったところにある北桔橋門の三か所あり、入園の際には許可証をもらいます。許可証といっても、ただの入園者用のチップですので、気軽に入ることができます。許可証は出園時に返却しますので、くれぐれも失くさないように注意してください。

皇居東御苑は見どころがたくさんあります。5月~6月ごろには二の丸庭園に色とりどりのハナショウブが見られます。皇居内のハナショウブというだけでも、日本的な素晴らしい雰囲気を感じられます。

ほかにも、石燈籠が置かれている日本庭園風の池や、こんこんとわき出る湧水、大規模なお堀と石垣など、なかなかお目にかかれないものがたくさんあります。

皇居東御苑 日本庭園風の池

茶屋や休憩処も江戸を感じさせる家屋が並んでおり、歴史好きにはたまらない雰囲気を味わえることでしょう。

シジュウカラやアゲハチョウなど、多様な生き物が生息しているところも、楽しみの一つです。

広々と空間を使っているため、2人でのんびり散歩しているだけでもいい雰囲気になれるのではないでしょうか。

もちろん、東御苑を楽しんだ後で、皇居のお堀の周りを散歩するのもいいでしょう。周囲にも日比谷公園や靖国神社など、観光スポットがたくさんあり、一日中楽しむことができます。

住所:東京都千代田区千代田1-1
URL:http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html

2.洗足池公園

 洗足池公園

洗足池公園は、大田区にある大きな池である「洗足池」を中心とした公園です。東急池上線「洗足池」駅から徒歩すぐです。洗足池は23区内とは思えないほど大きな池です。

地名は「千束」ですが、池は「洗足」と書きます。由来は諸説ありますが、もともと「千束」だったところに、“南無妙法蓮華経”というお経で知られる日蓮宗の祖・日蓮が池のほとりで足を洗ったことからきている、という説もあります。

歴史的にもこの大きな池は大切な存在だったようで、池の周りには「千束八幡神社」や「勝海舟の墓」といった歴史スポットもあります。もちろん、「池月橋」や「水生植物園」といった景観を楽しめるスポットもあり、豊かな自然の中をのんびり散策するのにいいところです。
池の上を移動できるボートも用意されているので、カップルで乗船すれば、洗足池の景色を二人だけの空間で楽しむこともでき、おすすめです。

池の周りでは、春にはサクラ、秋にはイチョウが見ごろを迎え、いつ来ても目を楽しませてくれます。

生物も多く、冬はたくさんの渡り鳥がやってきて、ぷかぷかと水に浮かんでいるかわいらしい姿を見ることができます。
夏には、なんとホタルを見ることもできます。毎年7月末ごろに「ほたるのゆうべ」というイベントを開催していて、こちらはほかの場所で育ったホタルを放つ、というものではありますが、とてもきれいでロマンチックな光景を見ることができます。ただし、こちらは例年長蛇の列になるイベントなので、混雑でも待っていられるカップルでないと少々つらいかもしれません。
特に、昨年大流行した「ポケモンGO」で、洗足池が都内屈指のスポットになったため、昨年は例年の2倍ほどの人が訪れたということです。

とはいえ、都心からのアクセスも良く、駅からもすぐのため、総合的には非常におすすめできるスポットです。

住所:東京都大田区南千束二丁目14-5
URL:http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/park/senzokuike.html

3.砧公園

砧公園

砧公園は世田谷区にある非常に大きな面積を持つ公園です。東急田園都市線「用賀」駅や小田急線「成城学園前」駅などから行くことができます。

砧公園はとにかく広く、木々が空を埋め尽くさんばかりに生い茂っていることが特徴です。23区内にいながら、まるで森の中を歩いているかのような感覚が味わえます。
暑い日に行っても、コンクリートジャングルの中よりはだいぶ涼しいのもうれしいポイントです。

公園内には、谷戸川や吊り橋、「八季の坂道」という、四季ならぬ八季を楽しめる道もあります。
春は桜の名所でもあり、人々でにぎわいます。「バードサンクチュアリ」という区画もあります。ただ広いだけでなく、場所によって違いがしっかりとあるため、何度訪れても飽きないスポットです。

桜の時期は大変混み合いますが、新緑の時期などは公園の広さもあって人はまばらです。カップルでのんびり散策を楽しむもよし、園内のベンチや芝生の上で、自然を見ながら一緒にお弁当を食べるのもよしのおすすめの公園です。

世田谷というだけあって、公園から少し近くに出ればおしゃれなお店がたくさんあることもうれしいです。

ちなみに、園内にもレストランがあり、こちらも負けず劣らずおしゃれな雰囲気をかもし出しています。なんともセレブな気持ちになれるスポットです。

住所:東京都世田谷区砧公園1-1
URL:http://kinutakoen.com/

4.白丸魚道

白丸魚道

白丸魚道は、奥多摩町を流れる多摩川に作られた魚道です。「魚道」とは、ダムを作る際に、魚が川を遡上できなくなってしまうことを防ぐために設けられた人口の水の通り道です。
ダムによる上流・下流の高低差を埋めるため、階段状に水の通り道を作ってあります。

白丸ダムに併設されている白丸魚道は、日本最長の魚道です。とても幾何学的な魚道を水が流れる様を見るだけでも楽しいのですが、魚道へ続く大きならせん状の階段や、秘密基地のような魚道、自然豊かな渓谷と調整池など、いろいろな施設や景観を含めて非常におすすめです。

自然が好きな人はもちろん、一風変わった道や施設を見てわくわくできる人も楽しめるのではないでしょうか。
どこも写真映えするので、記憶に残しやすいのでデートにおすすめです。旅の記念にダムカードをもらうことができるのもうれしいポイントです。

白丸ダムはいつでも見に行けますが、先のらせん階段など、白丸魚道に続く施設内の道は開放日が限られていますので注意してください。冬期を除く土日祝と夏休み期間は基本的に開放されています。

白丸魚道は国道沿いにあるため、車での訪問が便利です。電車で行くこともでき、JR青梅線「鳩ノ巣」駅から、鳩ノ巣渓谷を楽しみながらのんびり歩いていくのがいいでしょう。道は整備されていて歩きやすいため、特別な靴や装備も不要です。

時期的には紅葉シーズンがおすすめです。黄色や赤に染まった景色と、美しい渓谷はとても風光明媚で、景色を楽しむデートにはもってこいです。

住所:東京都西多摩郡 奥多摩町棚澤
URL:http://www.mapbinder.com/Map/Japan/Tokyo/Okutamamachi/Gyodo/Gyodo.html

5.奥多摩湖

奥多摩湖

東京都内の水がめともいえる奥多摩湖。JR青梅線の終点「奥多摩」駅からバスに乗ると到着します。休日は「ホリデー快速おくたま」という電車で東京駅や新宿駅から一本で行けるので、アクセスは非常に良いです。

奥多摩湖は、なんといっても周囲を山々に囲まれた、四季折々の美しい景色が一番の見どころです。東京都心からは想像もつかないほどの雄大な景色です。
また、奥多摩湖には「水と緑のふれあい館」という施設があります。施設内の展示も非常に面白いのですが、ここでは奥多摩湖を眺めながら食事ができるレストランがおすすめです。奥多摩の郷土料理や、奥多摩湖を支える「小河内ダム」を模したダムカレーなどが食べられます。自然を眺めながらの昼食は、非日常感満載です。

奥多摩湖の景色を楽しんだら、周辺のスポットにもぜひ立ち寄りたいところです。たとえば、奥多摩湖にかかる「麦山の浮橋」。ただの橋ではなく、ドラム缶を湖に浮かせて、その上を歩けるように板の橋を渡してある、という一風変わった橋です。
当然、歩くたびに上下にぷかぷかと揺れて、不思議な感覚に包まれます。また、その造りのため湖面に限りなく近い位置から湖を一望できます。橋は大勢で渡ることはできないので、必然的に恋人と二人きりで渡ることになるでしょう。
大きな湖の上に二人だけ、という非日常な世界を味わうことができる隠れた名スポットです。ただし、湖面に近いため結構風が強いことが多いので、帽子など飛ばされないように注意する必要があります。

奥多摩湖からさらに山中に進むと、日原鍾乳洞があります。休日はバスが鍾乳洞の手前で終点となってしまうため、30分ほど歩く必要がありますが、東京にいながら鍾乳洞に行けるというだけで、自然好きにはたまらないでしょう。
年中一定の温度になっているため、夏は涼しく、冬は暖かく感じられます。

薄暗い鍾乳洞の中で自然の作り出した造形美を楽しむのも、おしゃれなデートにおすすめです。

ほかにも、ハイキングコースや神社・滝など、スポットが数多くあるのが奥多摩湖周辺の特徴です。

奥多摩駅から10分ほど歩いたところには日帰り温泉施設「もえぎの湯」がありますので、自然を満喫したら、疲れた体を癒しに、温泉でゆっくりするのもいいでしょう。日帰りデートで自然を満喫するには、奥多摩湖周辺が最適です。

住所:東京都西多摩郡奥多摩町原
URL:http://www.okutama.gr.jp/spot.php

6.国立科学博物館附属自然教育園

国立科学博物館附属自然教育園

国立科学博物館附属自然教育園は、目黒駅と白金台駅の間にある公園です。「自然教育園」の名の通り、園内の植物には種類の名前や解説の板が整備されていたり、さまざまな活動を行うなど教育的に利用されている公園です。同時に、植物や動物についての調査研究も行われています。

自然教育園につくと、まず「教育管理棟」というところで入場券を購入します。研究室や売店などがある大きな施設です。ここから園内に入ると、とても山手線内とは思えないような、自然豊かな景色が広がります。

調査によると、園内には1000種類を超える植物や、2000種類を超える昆虫が記録されているということです。
園内の道を歩いているだけで、道の両側にいろいろな種類の植物が生えていて、それぞれの種類名が分かるようになっているので、ただ歩いているだけでも楽しめます。
中には人の名前のような植物もあるので、恋人に似た名前の植物があるかもしれません。

園内は木々や植物ばかりでなく、いくつかの池や沼、湿地のゾーンもあり、変化を楽しむこともできます。ところどころでベンチに座って休憩しながら、持ってきたお弁当を一緒に食べたりするのもいいでしょう。

シイの巨木

園内にはいくつかのビューポイントが設定されています。シイの巨木や湿地、水生植物園などがあります。どれもきれいなのはもちろん、ビューポイントとして分かりやすくなっているため、記念撮影がしやすいのがありがたいところです。都心からのアクセスは抜群なので、軽くでかけたいときにふっと訪れるのもいいのではないでしょうか。

住所:東京都港区白金台5-21-5
URL:http://www.ins.kahaku.go.jp/index.php

7.等々力渓谷

等々力渓谷

等々力(とどろき)渓谷は世田谷区にある渓谷で、23区内では唯一の渓谷です。東急大井町線「等々力」駅から徒歩5分ほどとアクセスも抜群です。

はじめは「渓谷とは大げさにいっているだけで、ただの川沿いの公園なのではないか」と思っていましたが、実際に行ってみると驚くほど美しく、23区内にこんなところがまだあるのか、と感じます。
駅からはよくある住宅地のようなところを通り、階段を降りると一気に別世界が広がります。とても静かで、シーズンでなければ人もまばらですので、恋人と二人でお散歩デートをするにはとても良い環境です。

渓谷には美しい渓谷だけでなく、不動の滝や地層面が見える露頭などの景観を楽しめるスポットや、日本庭園と書院、横穴古墳といった歴史的なスポットもあり、充実しています。

桜の時期、紅葉の時期はもちろん、新緑の時期にも渓谷に映える緑を楽しめます。気軽に立ち寄れる場所にあるので、いつでも自然を楽しみに行ける名スポットです。

住所:東京都世田谷区等々力1-22、2-37~38
URL:http://www.gotokyo.org/jp/tourists/topics_event/topics/130422/topics.html

8.根津神社

根津神社

根津神社は、根津駅、千駄木駅、東大前駅などからアクセスできる神社です。なんといっても、3000株のつつじで有名です。4月~5月にはつつじ祭りが開催され、毎年多くの人でにぎわいます。
つつじの種類も100種類ほどあり、ピンク、赤、紫、黄色、白などいろいろな色・形のつつじを一斉に眺めることができます。境内の一部分のため規模は大きくありませんが、なかなかここまでの景色は見られません。入場料も200円と割安なので、非常におすすめできます。

ほかにも、小さな鳥居が連なる乙女稲荷や境内の社殿も立派で、つつじ苑とは対照的に厳かな雰囲気を感じ取ることができます。

根津から千駄木の辺りは下町の雰囲気がよく出ていることもあり、根津神社でつつじを満喫したら、下町散策に出るのも良いでしょう。

住所:東京都文京区根津1-28-9
URL:http://www.nedujinja.or.jp/

9.平成つつじ公園

平成つつじ公園

平成つつじ公園は都営大江戸線・西武池袋線の練馬駅からすぐのところにある小さな公園です。いろいろなつつじやシャクナゲの花が植えられていて、白・ピンク・黄色・赤と咲き誇るつつじを視覚的に楽しむことができます。洋風の庭のようなアレンジがされていて雰囲気がいいです。
駅という都会の象徴のような建物群のなかで力強く存在する花たち、という構図が印象に残る公園です。

小さい公園であるため、正直あまり有名なところではなく、また、時間をかけてのんびり散歩するようなところではありません。ですが、駅の裏手というアクセスの良さと、雰囲気の良さから、隠れた名所といえるのではないでしょうか。

あえて恋人に目的地を知らせずに練馬駅で下車し、満開のつつじを楽しんでもらう、というのもなかなか風情のある演出だと思われます。

住所:東京都練馬区練馬1丁目17番6号
URL:http://www.city.nerima.tokyo.jp/annai/fukei/park/tsutsuji/

10.都立狭山公園

村山下ダム

都立狭山公園は、西武多摩湖線「武蔵大和駅」と「西武遊園地駅」の間に広がる大きな公園です。多摩湖(村山貯水池)を村山下ダムが支えていて、そのダムの下流側に公園があります。

多摩湖はとても大きく、周りに大きな建物がないためとても広く見渡すことができます。また、村山下ダムの上を歩くことができるようになっているため、多摩湖からの心地よい風を感じながら散歩することができます。

公園内には宅部池という池や湧水、森のように木々が茂っている区画などいろいろな区画があり、散歩するだけでも十分楽しめます。
ダムのふもとのところは大きな広場になっているため、ここにシートを広げて二人でお弁当を食べるなど、ピクニック感覚で訪れることができるのでおすすめです。
もちろん、近くには西武遊園地や西武ドームがあるため、そちらにいくときに公園に立ち寄るのも良いでしょう。

住所:東京都東村山市多摩湖町3-17-19
URL:http://www.sayamaparks.com/sayama/

ページトップへ戻る