更新

夫婦円満の秘訣8選【夫婦はこうあるべき!】

夫婦岩からの朝日

我が家は結婚して丸5年が経過しました。自分で言うのもなんですが、そこらの新婚さんには負けないほど仲良しです!

時には喧嘩したり、お互いに泣いてしまったり、いろいろありますが、円満な夫婦生活を送っていると自負しています。

そんな私だからこそ伝えられる!夫婦円満の秘訣!と思うことを伝えようと思います。 これから結婚を予定している方も、もう既に結婚されている方も、まだまだ結婚は先だと思っている方も、どなたにも参考になると思いますので、ぜひご一読くださいませ。

こんにちは。夫婦生活いかがですか?私たち夫婦はいつも仲良く過ごしています!そんな私が考える8つの夫婦円満の秘訣をご紹介しちゃいます。

スポンサーリンク

1.お互いの呼び方

仲の良い夫婦

まず一つ目は呼び方についてです。皆さんは普段、ご主人や奥さんのことをどんな呼び方で呼んでいますか?お子さんがいるお家ではパパママ、お父さんお母さんってなってないですか?

我が家では『付き合ってた時のまま』呼んでいます。結構甘い系です笑。子どもの前ではパパママとなりますけどね。2人の時には基本的に付き合ってた当時のままの呼び方で、お互いに呼び合ってます。

注意が必要なのが、あんまり甘い系の呼び方だと実家や義実家に行った時に、親の前で呼んでしまうと恥ずかしい思いをします。また友人の前でも同様です。
我が家では特に主人がちょくちょく呼んでしまっています。まあ、恥ずかしい反面、嬉しさもありますけどね。

2.共通の趣味

夫婦でサーフィンをする様子

2つ目は共通の趣味を持つことです。お互いの何かに惹かれて結婚したわけです。どのご夫婦にもきっと何か共通の趣味が見つかるはずです。

私たち夫婦は、付き合っている時から共通の趣味がありました。それは『漫画』と『ゲーム』です!と言っても、お互いにそんなオタクというほど好きっていうことではないですよ!ただ、好きな漫画が共通しているので2人でまったり読んで過ごしたり、2人協力プレイができるゲームをやって(時には対戦も!?)過ごしたりしています。
もちろん、子どもが寝た後ですけどね。子どもが起きている時は、たまに子どもも一緒にゲームをします。

共通の趣味があると、例えば漫画だと『今日新刊出てたから買って来たよ?』とかゲームだったら『今日は撃ちたい気分だからこのゲームにしようかー』と言ったように、自然と会話が生まれたり、一緒に楽しむ時間ができます。

例えばスポーツ観戦が趣味のご夫婦であれば、もちろん一緒に観に行くのもいいでしょうし、夜のスポーツニュースを一緒に見てコメントし合うでも良いと思います。楽器の演奏が趣味だったらセッションしたりとかも良いんじゃないでしょうか!
旅行が趣味、となるとお金と時間の問題もありますし、お子さんがいる場合は場所も限られたりして難しいかもしれないですけどね。手軽にできるのが私のオススメです。

3.助け合い

部屋の掃除をする男女

3つ目は助け合い、これはもう当然と言ってもいいかもしれないですね。私は専業主婦ですが、土日は基本的に主人がいろいろと手伝ってくれています。
お皿洗いや洗濯、片付けなどです。もちろん100%満足のいくやり方ではないのですが(お皿に汚れが残っていたりとか)、やってくれたことに感謝ですね!

男の家事は60%ぐらいで見ろ、と何かに書いてあったのを思い出して、納得するようにしています。気になったことはもちろん伝えるようにしていますけどね。

あとは、平日はゴミ出しもしてくれています。お仕事も大変だとは思いますが、いろいろと手伝ってくれますし、子供のこともいろいろと考えて最後の決断は主人にしてもらう、というスタンスで諸々決めています。
主人も真剣に考えて決めてくれるので、ありがたいです。

4.愚痴を話す

愚痴を話し合う夫婦

その日あったこと、特に愚痴を話すようにしています。お互いこんな事があってこう思ったんだよというのを共有しておく事で、こんな人は嫌だとか、こんなお店が気に入らないだとかが把握できます。

敢えて愚痴にした理由としては、お互いに味方になれるからです。夫婦は一生一緒で、最強の味方であるべきだと私は思っています。

愚痴を言っても『いや、でもそれは相手の方が正しいんじゃない?』何て言葉は誰も求めていません。とにかく味方になって欲しい、味方になってあげたい、そう思えるから夫婦になったんだと思います。
だからと言って愚痴ばっかり言ってるのもどうかとは思いますので、その日あったことをその日のうちに話すぐらいでも良いかもしれませんね。

5.若さを保つ努力をする

若さを保つために運動する女性

お互いに歳を取ってくると、悲しいかな肌や体型などが年相応に老けていくと思います。でも私たち夫婦は太ってきたら一緒にダイエットしよう!とか、付き合ってる時は良い身体だったのになーと主人に伝えながら、意識させるようにしています。

もちろん私もお化粧をしっかりしたり、肌のお手入れをしっかりするようにしています!体型も気にしています。

6.泣きたい時は泣く

泣く妻

どんなに仲の良い夫婦でも、喧嘩をすることもあると思います。我が家も何度か喧嘩しましたし、その度?泣きました。

主人も喧嘩の時は泣くことが多いです。
また、喧嘩以外でも例えばうちの主人は、子どもが出てくるテレビ番組を見て泣いたりしています。そう言う私は動物系のテレビを見て泣いたりしています。

泣くことは身体と心に良い、と言われたりするのでオススメです。ちなみに私たち夫婦は感動系の映画(お涙ちょうだい系)では基本泣きません。良い映画があったら教えてもらいたいぐらいですね!

7.たまに2人でデートする

明るい表情のデートを楽しむ男女

子どもができるとなかなか難しいかもしれませんが、年に一度ぐらいは、平日にお休みを取ってデートに行きましょう。

お子さんが保育園や幼稚園、小学生のうちはお昼とかになってしまうかましれませんが、どこでも良いんです。

子どもがいると行けないラーメン屋さんだったり普段は見られない映画を見に行ったり、何でも良いと思います。

2人で過ごすことに意味があるんです。

付き合っている時を思い出して手を繋いで歩いてください。周りの人は誰も見ていないですし、年齢なんて関係ありませんよー!

もし見たとしても、いつまでも仲良しの夫婦は見ている側も羨ましいと思いますので、気にすることなんて全くないです。

8.記念日を祝う

記念日を祝う夫婦

記念日は大切にした方が良いです。
どんな記念日もそうですが、我が家は毎月お祝いしています!

お祝いと言っても、ケーキを食べるぐらいのものですが、主人も毎月忘れずにお祝いしてくれています。

私たち夫婦は毎月記念日前日の日が変わる時に、どっちが先におめでとうを言うかを競っています。これは付き合っている頃から変わらない習慣みたいなものですね。

2人ともお祝いする気持ちがあることが大事になりますので、忘れずにおめでとうと言い合えることが重要です。毎月ケーキが食べられるのも嬉しいですしね!

ケーキはその日に食べたい気分なものを、平日なら主人に仕事帰りに買ってきてもらいます。お休みの日なら、家族でカフェで食べたりとか、一緒に選んで買って帰るなどしています。

最後に

いかがでしたでしょうか!?参考になりましたか?
これらを実践すると、まずストレスがなくなると思います。

ストレスがなくなると喧嘩も少なくなりますし、仕事や家事もはかどります。任せるところは任せ、任されたところは全うする。2人の時間を大切に、何事も一緒に頑張る。これが基本だと私は思います。

結婚は血の繋がりのない人と一生一緒に過ごすことです。もう既に結婚されている方はパートナーと一生過ごすために足りてないことはないか、結婚を考えている人は本当に一生一緒に過ごすことができる相手か、まだ相手も見つけていないという方はどんな人と一生一緒に過ごしたいか、を考えて行動に移してくださいね。

私たち夫婦はお互いに最高の相手と結婚できたと思っています。そんな夫婦が世界中に溢れると良い世界になると思うので、ぜひ幸せになってください!

ページトップへ戻る