1. TOP
  2. 恋愛上達
  3. 現在のページ
外国人彼氏と着物の女性

日本人彼氏と外国人彼氏との恋愛を徹底比較

更新日: 2017年12月17日

日本人の彼氏と外国人の彼氏は生まれ育ってきた環境も違えば、言語も違うので、当たり前ですが、恋愛において予想もできない行動をしてくることも多々あります。

そんな彼らの特徴や違いなどを徹底的に比較してみました。

今まで付き合ったことがある人は納得できることが沢山あるかと思います。これから外国人と付き合いたいと思っている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

外国人の彼氏が日本人の彼氏と違うところ

外国人と日本人の男性

日本人の彼氏と外国人の彼氏で決定的にちがうところは、草食系か肉食系かが1番大きな違いです。

結婚平均年齢も年々上がり、草食系男子が増えてきているといわれる日本に比べ、外国では男性はそろいにそろってみなさん肉食系男子です。

外国人男子は積極的

日ごろから自分のターゲットを物色し、獲物を見つけたら一直線。猛アタックです。
1回目のアタックが上手くいかなかったとしても、すぐにはあきらめず、何回でもアタックしてきます。

そんな積極的な彼らに、日本人女性ははじめ、ちょっとしつこいと感じたり、うっとおしいと思うかもしれませんが、何回もアタックされているうちに段々こんなにも相手は私のことが好きなのか、と錯覚に陥り、女性側が折れてしまい、付き合い始めるといった例も多くあります。

外国人男子は距離感が近い

キスやハグを挨拶でするような外国人は、日本人女子にとっては距離感が近いのではないかと思うことが多々あります。

日本人にとってはちょっとしたボディタッチを会社内でしただけでもセクハラ呼ばわりされたりすることに比べ、友達同士の挨拶でハグや頬にキスをしたりする外国人は、すました顔で距離感を攻めてきます。

付き合ってからのハグやキスのスピードも日本人男子に比べると早いです。

外国人男子は感情表現が直接的

外国人男子は、思っていることや感じたことを歯に衣着せずストレートに伝えてきます。

空気を読む、人に合わせるといった文化が定着している日本とは違い、彼らは「言わなきゃわからない。」「伝えないことの方が失礼。」というセオリーの下、生きていますので、思ってることはなんでもすぐに言ってしまいます。

外国人彼氏の良いところ

外国人のカップル

外国人彼氏の良い所は全てダイレクトに伝えてくれるところです。

草食系日本男児とはちがって、愛情表現やほめ言葉などを遠まわしではなくストレートに伝えてくれます。

また男性と女性の性に対する考え方も日本人男子と違っています。

「愛してる」の言葉をいつまでも伝えてくれる

感情をすぐに伝えてくれるので、付き合ってから幾年時が過ぎようとも「愛してる。」の気持ちを伝えてくれます。

長く付き合っていると好きという気持ちをあまり言わなくなってしまうことが多いと思いますが、外国人の彼氏は感情や思っていることを常に口に出してしまうので、そういったことを日ごろから頻繁に伝えてくれます。

しかも彼らは馬鹿正直で思ったときにしか言わないので、そういった言葉達もきちんと心の底から言ってくれているんだということがわかります。

レディファーストの概念が浸透している

外国人彼氏の皆さんはレディファーストの信念を強く持っていますので、女性をいつでもどんなときでも特別扱いしてくれます。
たとえばドアが目の前にあったらあけてくれるだとか、車のドアもわざわざ助手席まで来て開けてくれたり、家の中に入ったらコートを取ってかけてくれたり、そのような些細なことですが彼らはなんでも女性を優先してくれるので、自分がお姫様になったかのように感じさせてくれます。

男尊女卑の考え方に反対

日本でよく見られるような、亭主関白で女性が一切の家事を家の中で担う。といったような男尊女卑の考え方に断固として反対しています。

レディーファーストにも見られるように、女性を一個人の一人の平等な人間としてみてくれますので、結婚しても育児にはきちんと協力するべきだと考えていたり、家事にも日ごろから積極的に協力してくれます。

スポンサーリンク

外国人彼氏の嫌なところ

怒る女性

文化が違うのでしょうがないかもしれませんが、外国人彼氏は人に合わせるということを学校で学びません。

どちらかといえば、自分の主張をきちんと自分の言葉で述べることができるように学習してきているので、「空気を読む」という概念がありません。日本人の女性は相手に空気を読むことを期待していると疲れてしまうでしょう。

おごらない精神がある

女性のことを平等に一個人として見ているが故のことですが、彼らは食事を一緒にいったりしてもあまり女性に奢りません。

夫婦になっても家計を別々に考え、家賃や食費などは全て半分ずつ払っているような夫婦も数多く存在します。

平等な目線で自分を見てくれているといった嬉しい反面、男性が女性に対して金銭的に支えるのが普通である日本で日本人の男性と付き合っていて突然外国人の彼氏のこのような対応を取られると、自分は本命の彼女ではないのではないか?といった不安に見舞われる可能性があります。

ただ、彼らにとっては金銭面、精神面様々な面で男性に頼るのではなく女性に自立を求めているため、このような対応になっているだけですので、愛情は全く別物と考えてよいでしょう。

空気が読めないときが多い

小さいころから多数決や、グループ授業など、周りにあわせることを自然に学習してきた日本人は空気を読むことがとても上手です。
それが外国人の人たちにはできないことが多いです。

そのときその状況で、そういったことは言わないほうがいい。といったようなことを悪気もなく軽々と言ってしまったり、人に合わせるべき状況などが分からず、いつまでも自分の意思を貫こうとしたりすることがあります。

外国人男子と上手に付き合っていくためには?

外国人と上手に付き合う女性

日本人男子と共通点がほとんどない外国人男子と上手に付き合っていくためにはどうしたらいいのでしょうか。

はじめは、驚きの連続でイライラしたりすることもあるかもしれませんが、人間なので何事にも慣れるときがきます。

そして愛があるのならば、どんな壁でも越えられるはずです。

相手と自分の価値観の違いを楽しむ

外国人男子に対して、どうしてここの考え方が違うのだろう。と一つ一つ疑問を抱いていては心が持ちません。

自分とは違う人間なんだとすっぱりと割り切って、相手と自分の考え方の違いを楽しむことが生活を楽しくするコツです。

そもそも、外国人ではなくても価値観の違う人は沢山まわりにいるはず。
そういった人たちと日ごろどうやって付き合っているか考えてみれば、外国人男子ともどうやって上手く付き合っていけるかの近道が見つかるでしょう。

「 察してほしい」と思わないこと

外国人彼氏の皆さんは、自分の思ったことはすぐに伝える。意見や主張がぶつかったら、論理的に相手を論破できるようにと学校で習ってきていますので、相手の深層心理や、思っていることをわざわざ察しようとはしません。
口に出して聞いてしまったほうが何よりも早いと思っているからです。

それとは反対に日本人女子は、男性に察してほしい。気持ちを言わせないでほしい。と真逆の性格です。

だからこそ外国人男子に対して、イライラしてしてしまうことが頻繁に起こる可能性が高いですが、それは相手のせいではなく、お互いの育ってきた環境が違うせいで起こってしまったことなので、しょうがない。と割り切ることが大事です。

柔軟性を身に着けること

見てきたもの、食べてきたものなど様々なものが違う中で、性格や価値観が違ってしまうのは当然のことです。

そんな外国人男子と上手に付き合っていくには、自分が「柔軟」になることが重要。

相手にあわせてあげられるような器量とは言わずとも、自分のやり方をいつも正義と思わずに、常に柔軟に物事を見ることができれば、自分の意見も公正な目で見えるので、自分と相手のどちらが悪なのかどうかではなく、色々な考え方がある。といったような結論にありつくことができます。