更新

男性が意中の相手を振り向かせる方法

女性を振り向かせることに成功したイメージ

現在の世の中にはケータイ電話やインターネットの普及などにより様々なコミュニケーションツールがあります。

LINE、SNSを活用したアピール方法や実際に相手を目の前にした状況でのアピール方法や駆け引きなど、今振り向かせたい相手がいる男性に向けた、その人に合ったアピール方法を様々な視点から解説しています。

スポンサーリンク

1.LINEを使おう

1-1.LINEの特性

LINEとはいわばチャットのようなもので、現在の若者にとってのコミュニケーションツールの主役となっているLINEですが、LINEというツールを使って意中の相手を振り向かせることは容易ではありません。

ケータイ電話が普及し始めたばかりの頃はメールが若者の主なコミュニケーションツールでしたし、それ以前にはポケットベルでした。

共通している点は文字のみでやり取りをするというものですがケータイ電話の進歩や普及率も年々上昇しているということもあり、小学生でも当たり前に持っている時代となりケータイ電話への依存度も高くなっています。

LINEと今までのメールやポケットベルになかった大きな機能といえば「既読」があげられます。相手に自分が送った内容が読まれているのかわかるというものです。

この「既読」の機能により相手に返信せずに読んだことを伝えることが出来ますし、送信側は読まれているか返事がなくとも知ることができる便利な機能です。

1-2.LINEを使って駆け引き

LINEを上手く恋愛に使う男性

無料電話機能がついているということで電話番号よりもLINEのアカウントを交換するという人も多いと思いますが、いざLINEを使って意中の相手に振り向いてもらおうとするにはまず相手とキャッチボールのようにやり取りできるようになる必要があります。

まずは相手が返信しやすい時間帯を知る必要があります。

学生相手の場合でしたら授業中やアルバイト中は返信が難しい場合が多いので避けるのがベターですし、逆に自分が忙しい時間の合間にLINEを送ってしまうことで返信のレスポンスが遅くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

後は相手の興味があったり、返信のしやすい内容で送るとスムーズにやり取りができます。興味があるテレビ番組や映画、アーティストの話や学生の場合であれば学校のことや社会人であれば職場での話などがあります。自然と会話が盛り上がり距離が近くなる有効的な方法です。

そしてもう一つ重要なのがあなたとのLINEを日常のルーティン化させるということです。

LINEを送りすぎるというのも相手に嫌がられる可能性がありますが、LINEしていると楽しいという気持ちを相手に植え付けることであなたとのLINEを日々するのが当たり前となるところまで行けば振り向いてくれたと言えますが、そこまでいくために、既読がついているのに返信をしない、あえて数日間LINEを送らないなど相手を不安な気持ちにさせることも振り向かせるテクニックの一つです。

恋は「押してダメなら引いて見ろ」と言いますが、押しすぎると相手も引いてしまうため注意が必要です。
程よいペースで相手との距離感を見極めつつアピールすることが大事です。

2.SNSを使おう

2-1.SNSを有効活用

SNSを活用する男性

InstagramやFacebookなどに代表されるように現在SNSが大ブームとなっています。

SNSもコミュニケーションツールとして相手を振り向かせる方法の一つとして有効活用しましょう。

まずSNSを使う最大のメリットは相手の趣味や普段の生活が知れるということです。

相手がどのようなものや事が好きなのか、休みの日に友人と出掛けたところなども知ることができ、話す際のネタになったり大きく話が盛り上がる要因となる可能性があります。

あなたの投稿にも同じアーティストや共通の趣味の話題をあげるというのも見てもらえるチャンスなので有効です。

SNSでお互いの共通の趣味、事柄を持つということで相手があなたに意識するきっかけにもなります。

そしてコメント機能やメッセージ機能などによりSNS上でやり取りができるという点も大きなメリットとしてあげられます。

連絡先を知らないという場合でもやり取りができるというのも大きくSNS上で仲良くなり連絡先を交換したり、距離を縮める可能性も秘めています。

2-2.SNSの活用で注意すべき点

投稿に頻繁にコメントしすぎることで、他のフォロワーにもあなたがあからさまにアタックしているように見えてしまったり、相手にもストーカーのような印象を与えかねないことを理解したうえで、程ほどに活用することで振り向かせることに役立ちます。

直接会う場合でも毎日のように相手の投稿についての話題ばかりあげるとブロックされてしまったりと逆効果になるということも注意が必要です。

そして、相互にフォローしている場合はあなたの投稿も相手に見られているということも理解したうえで、不適切な表現や投稿などをしてしまった場合は相手からの印象が悪くなってしまう場合があるので注意が必要です。

3.直接会ったときが一番の勝負

3-1.ギャップをみせろ

女性、男性問わずギャップに弱いと言います。

普段は頼りなかったとしても要所で男らしさをアピールしたり、普段はクールだが、意外と優しい一面もあるということを相手に見せることで母性本能をくすぐるなど方法はいくつもあります。

心掛ける重要なことは、普段は自分のウィークポイントである場所でもここ一番での頑張りを相手に見てもらうことで相手もあなたのことが気になる可能性があります。

見られているという意識を持ちすぎるのはよくありませんが、常に心にギャップを見せることは大事だと留めておき自然にすることが大事です。

3-2.レディーファースト

 レディーワーストのイメージ

女性は男性と比べ力も弱くか弱いものです。

女性のほとんどが優しい男性がタイプだと言いますが、優しくして悪いことはありません。常に相手を気遣う気持ちを表すことによって優しいあなたに惹かれる可能性が上がります。

例えば高いところのものをとってあげる、一緒に歩くときは道路側を歩いてあげる、重たい荷物などは持ってあげるなど色々ありますが相手を気遣いながら自然にレディーファーストしてあげることであなたの好感度もあがります。

しかしあくまで自然にすることが重要で、過度なレディーファーストをしすぎると相手に引かれてしまうので注意が必要です。

3-3.複数でいるときのあなたを意識する

中々意中の相手と二人きりになるというのが難しい場合が多い場合もあります。

あなたと意中の相手が集団生活の複数の人の中にいるときにあなたの立ち回り方が重要になってきます。

周りの人への気遣いや、盛り上げ方などふとした場面でのあなたの行動一つで相手を惹きつけることが出来ます。

意中の相手だけではなく、ほかの人への心遣いや浮いてしまっている人に話しかけたり、いじめられている人がいれば助けることによりあなたが本当に優しい人だというアピールも出来ますし、集団の中でリーダーシップを発揮することが出来れば頼りになるという印象を与えることが出来ます。

集団でいる中でもしっかり意中の相手に見てもらえるように、見られても恥ずかしくない自分でいることが重要になってきます。

3-4.正直な自分でいよう

相手のことを意識しすぎるあまり、力が入りすぎて失敗してしまったり空回りをしてしまったりすることもあります。

自分をよく見せようとしすぎていつもと違う自分ばかり相手に見せていると本当の自分を見られた時に相手に幻滅されてしまう恐れもあります。

そして何より本人が一番辛い思いもしますし、相手との付き合いの中で常に偽った自分でいなければいけません。

恋の駆け引きへの意識も大事ですが、駆け引きとは要所要所で効率的に使うことで初めて効果を発揮しますし、相手へ正直な気持ち、真摯な気持ちでぶつかるというのが最終的には一番有効的な方法となります。

常に相手を思いやる気持ちを持ち、あまり意識せず素の自分を相手に知ってもらうことで、振り向いてもらった先の未来が見えてくるということをしっかりと自分の中で持ちましょう。

ページトップへ戻る