更新

好きな女性のパーソナルスペースを知る方法と恋愛への活かし方

女性のパーソナルスペース イメージ

距離感の取り方が上手な人っていますよね。 好きな女性と仲良くなるためには、その人のパーソナルスペースを知ることが効果的です。
なぜなら女性は距離感を大切にする生き物だからです。

好きな女性のパーソナルスペースを知ることで、自分との新密度や脈ありサイン、これからの恋愛の進め方を知ることができます。

目に見えないパーソナルスペースを知る方法と恋愛への活かし方を説明していきます。

スポンサーリンク

1.そもそもパーソナルスペースってなに?

パーソナルスペースとは、自分の周囲にある円状の空間で、心理的な縄張りとも言われています。

よく知らない相手が自分に近づきすぎると不快感や嫌悪感を感じます。エレベーターや満員電車などで、ストレスを感じたことは誰でも経験があると思います。心理的な縄張りなので、そこに他人が入ってくると防衛本能が働くためです。
逆に親しい相手や好意を寄せている相手だと不快感など感じません。むしろもっと近くに寄りたいと感じます。

人は心理的な距離と身体的な距離はおおよそ同じだと言われています。

また、男性と女性では形に違いがあります。男性は楕円形で前後に長く、女性は円形でほぼ一定の大きさです。
女性の方がパーソナルスペースはやや狭く、さらに個人差もあり、環境や性格がパーソナルスペースの大きさに影響を与えます。

例えばパーソナルスペースの狭い人と広い人が一緒の空間にいると、嫌いな相手ではなくても心理的な距離が食い違い、居心地の悪さを感じます。

相手のパーソナルスペースを知ることは、恋愛ではもちろん、人とのコミュニケーションでもとても重要になってきます。

2.まずは距離を知る

定規と男女,距離

アメリカの文化人類学者エドワード・ホールによると、人は4種類の距離帯があるとされています。

(1)密接距離:0cm~45cm
身体に容易に触れることができる距離で、家族や恋人など親しい人が許されている距離

(2)固体距離:45cm~120cm
お互いが手を伸ばせば相手に届く距離で、友人同士の距離

(3)社会距離:120cm~350cm
身体に触れることの出来ない距離で、会社など仕事関係の人との距離

(4)公衆距離:350cm以上
講演会などの場で対面にとられる距離

つまり、距離が近くなるほど好意的な関係であることを意味します。

好きな女性のパーソナルスペースを知るには、まずは同性の友人への距離を見ること、それから他の異性にとる距離と自分に対する距離を見ることから始めます。

飲み会の席などではお酒が入り分かりずらいと思いますが、最初はざっくりとパーソナルスペース広めだなとか、この人とは仲が良いのだなとかが分かると、なんとなく周りに対してのその女性の距離感は掴めてきます。

3.女性から45cm以内の密接距離にきたら脈あり?

距離を詰める男性と距離を測る女性

結論から言うと確定ではありません。最初からパーソナルスペースが極端に狭い女性は存在します。
この場合は、他の男性にも同じ距離感なのかをみて下さい。自分にだけ近いようなら脈ありだと思って間違いないでしょう。この場合、相手の女性を自分の密接距離に入れてあげることにより、脈ありから好きに昇格する可能性は高いです。

また、女性主体で男性と距離を縮める場合、女性はギリギリ不快ではない距離を取ってから近づきます。そんなに好意的な人ではなくても、自分の不快ではない距離であれば、近づくことができるのです。

このような場合、効果的に確かめる方法があります。まず、男性側は一旦距離を取ってみて下さい。そして再度最初に女性が取った距離まで近づきます。この時、女性が少し距離をあけるような仕草をみせたなら、本当のパーソナルスペースは最初に女性がしてきた距離ではないということになります。

これは、どちらが主体となりパーソナルスペースに進入してきたかによるものです。心理的な縄張りなので、自分から相手に近づく場合は自分の縄張りは確保されていますが、相手から近づいてこられると縄張りに踏み込まれたように感じるのです。

嫌いではない相手だったとしても急に距離を縮められたら少し驚きますよね。しかし、好きな人だった場合は嬉しくなります。女性側が少し距離を取った場合は、あなたとは固体距離である友人関係だと思っている可能性が高いです。

4.どれくらい心を許してる?

女性が男性にどれくらい心を許しているかパーソナルスペースから見ていきましょう。
好きな女性と隣で座ったときに特に有効です。

まずは距離を見てみましょう。他の異性に比べてあなたとの距離は近いですか、遠いですか。それから障害物があるかどうかです。

自分と好きな女性との間に、例えばカバンやコートなどを置いている場合は、その女性はまだまだあなたには心を許していないようです。

パースナルスペースは自分の周囲だけでなく、所有物にも及びます。

女性との間に女性の所有物がある場合は、パーソナルスペースを広げている可能性が高いのです。

ただし置くところがなかった場合などもありますので一概には言い切れませんが、もし、好きな女性があなたにもっと近づいて欲しいと思っている場合で、カバンを置く場所がなかった場合は、自分の背側に置くでしょう。

次に足の向きに注視してみて下さい。

好意を持っていなくても、親しい関係ならば、不快に思う距離まで相手が近づいてきても、距離をとって離れることはできませんよね。

その場合足先が前か自分のほうを向いていれば女性は不快には思っていないといえるでしょう。
しかし、女性の足が自分とは違う方向に向いていれば、距離を取りたい合図です。

嫌いとまでは言いませんが、不快に思っているので、少し距離を取ってあげたほうが良いです。

無理に距離を縮めたままでいるよりも、少し距離を取ってあげたほうが、距離感をつかめる人として女性からの信頼も得やすいでしょう。

5.男性から好意のある女性の密接距離に入るのはあり?

女性のパーソナルスペースに入る男性

ありです。
人は近くの人を好きになる傾向があります。

ただし、最初は女性が不快でないギリギリの距離を取ることをお勧めします。

その距離感は今までに書いてあることを参考にして計ってみて下さい。

最初に嫌悪感を持たれるとなかなかそれを払拭するのは難しいです。

パーソナルスペースは心理的な縄張りなので、好きな女性があなたのことを、いいなと思っていても、急に不快な距離まで縮めると防衛本能により、危険な人などのレッテルを貼られてしまうこともあります。

まずはギリギリ不快ではない距離を保つと良いでしょう。

すると、人は慣れるものなので、その距離でいることに慣れてきます。

そうすれば、少しづつ距離を縮めていきましょう。密接距離に入ることにより、親密な関係なんだと意識させることができるのです。

そして、ここから男女の関係で難しいところです。

少しずつ距離をとりながら時にはたまにグッと距離を縮め、そしてまた元の距離を取ることが女性を胸キュンさせるポイントです。

近い距離になるとドキッとしますよね。これをドキドキしたと勘違いさせることが重要なのです。

まとめ

人によって大きさが異なるパーソナルスペースですが、目に見えないものなのでその距離を知るには難しいところがあります。しかし、人はこのパーソナルスペースによって周りの人との心理的な距離を測っています。

人付き合いが上手な人は、相手のパーソナルスペースを知ることに長けています。その距離感は、近すぎても遠すぎてもいけないのです。

女性は男性と違いコミュティーを作り大切にする傾向があります。よって、女性は人とのコミュニケーションや距離感を特に大切にしています。

女性にとってパーソナルスペースとはコミュニケーションを取るために大切なツールなのです。

女性にとって距離感を大事にしてくれる男性は好感が高いといえます。
好きな女性のパーソナルスペースを知って、上手に恋愛に取り入れてみましょう。

ページトップへ戻る