更新

沖縄中北部ドライブデート!地元カップル推奨スポット10選

沖縄の海・海とシーサー

かつての琉球王国の歴史に思いをはせて、米国統治時代から続くアメリカンテイストな雰囲気を感じる。

そんな異国情緒にどっぷりハマる!沖縄中北部エリア夏のドライブデートコース。おしゃれなカフェもビーチも夜景だって外さない、地元民も納得の人気スポット10選。豊かな時間と感動を共有した2人には、忘れられない特別な思い出になること間違いなし。

スポンサーリンク

1.The Rose Garden (ローズガーデン)

ドライブ前の腹ごしらえは「沖縄一のアメリカン朝食」で、ボリュームたっぷりのエッグベネディクトや、フレンチトーストが人気のお店。

パンケーキもファンがいるほどの美味しさ。朝食メニューが朝7時からディナータイム前までオーダーできるので、のんびり起きた朝にピッタリ。

本場の味とボリュームから、お客さんの半分以上はアメリカ人。食べきれない分は迷わずお店の方にテイクアウトを頼もう。

昔からある沖縄のお店では、この持ち帰り対応が当たり前。洋館風の建物も気分を盛り上げます。

こんなブランチから休日をスタートすると特別な一日になる予感で気分があがること間違いなし。

  • 【名称】The Rose Garden(ローズガーデン)
  • 【住所】沖縄県中頭郡北中城村屋宜原165-1
  • 【アクセス】沖縄自動車道北中城ICから車で7分
  • 【営業時間】8:00~24:00(L.O23:00)
  • 【料金】\1,000~
  • 【電話番号】098-932-2800
  • 【定休日】無休

2.美浜アメリカンビレッジ

沖縄美浜アメリカンビレッジ

北谷町の海岸沿いに広がるポップな商業エリア。トレンドの発信地として若者から注目を浴びる定番のデートスポット。

中心は約80もの店舗が並ぶ「デポアイランド」。島ぞうりや南国らしいアクセサリーなど沖縄柄のアイテムを購入したり、アメリカンな肉料理を楽しんだりの非日常感をたっぷり味わえる。

他にも映画館あり、ギャラリーあり、ライブハウスありで朝・昼・夜いつ行っても満喫できる魅力あふれるスポット。

カップルなら観覧車から、カラフルな夜景を楽しんでほしい。

  • 【名称】美浜アメリカンビレッジ
  • 【住所】沖縄県中頭郡北谷町美浜(字)15−70
  • 【アクセス】沖縄南ICから車で15分
  • 【営業時間】店舗により異なる。
  • 【料金】-
  • 【電話番号】098-926-5678(北谷町観光協会)
  • 【定休日】店舗により異なる。
  • 【公式サイトURL】http://www.okinawa-americanvillage.com/

3.北谷サンセットビーチ

By: くーさん

北谷(ちゃたん)は沖縄中部エリアでも人気のデートスポット。なかでもサンセットビーチは周辺にショッピングモールやレストラン、映画館が充実していて、地元民にも観光客にも外国人にも愛されている賑やかなタウン系ビーチ。

泳ぐのも良し、白い砂浜を散策するも良し、休憩スポットもあちこちにあるので海を眺めながらテイクアウトしてきたタコライスを頂くのも良しの何でもありの憩いの場所。

BBQエリアも充実していて、昼に来て夜まで一日楽しめます。名前のとおりサンセットがとても美しいおだやかな時間の中で、告白するカップルも多い。

  • 【名称】北谷サンセットビーチ
  • 【住所】北谷町美浜2
  • 【アクセス】沖縄南ICから車で40分
  • 【営業時間(遊泳時間)】
    4/8~6/30(9:00~18:00)、7/1~8/31(9:00~19:00)、9/1~9/30(9:00~18:00)、10/1~10/31(9:00~17:30)、11/1~11/30(9:00~17:00)
  • 【料金】各種施設利用料のみ。(例:ロッカー200円、シャワー3分100円。)
  • 【電話番号】098-936-8273
  • 【定休日】無休
  • 【公式サイトURL】http://www.uminikansya.com

4.首里城(ライトアップ)

首里城正殿

首里城といえば世界遺産に登録されたかつての王城。昼に訪れると琉球情緒溢れる正殿や琉球舞踊が迎えてくれますが、デートにおすすめなのはライトアップされた美しい姿。

有料エリア外(つまり、無料エリア)から眺めるのが地元カップルの定番。首里城公園内の「西(いり)のアザナ」から、華やかな夜の首里城を眺めてみてはいかが。

日没には首里城を背にサンセットも見ごたえが十分。その他にも首里城公園に含まれる、龍潭池のすぐ北側を通る道路(龍潭通り)を車で走らせて眺めても美しい。

日没から24:00までがライトアップ時間。

  • 【名称】首里城
  • 【住所】那覇市首里金城町1-2
  • 【アクセス】那覇ICから車で5分
  • 【営業時間】無料区域:4~6月、10月~11月(8:00~19:30)、7月~9月(8:00~20:30)、12月~3月(8:00~18:30)、有料区域:4~6月、10月~11月(8:30~19:00)、7月~9月(8:00~20:00)、12月~3月(8:00~18:00)
  • 【料金】820円
  • 【電話番号】098-886-2020
  • 【定休日】7月第1水曜とその翌日
  • 【公式サイトURL】http://oki-park.jp/shurijo/

5.海中道路

沖縄の海・海中道路

沖縄西海岸はエメラルドグリーンが美しい浅瀬の海とは違う、野趣溢れる沖縄本島東側の海を楽しむコースをドライブ。

欠かせないのが海中道路。4つの島嶼(とうしょ)へ渡るための全長約5kmもある海の上に埋め立てられた通行料無料の道路。

両サイドにコバルトブルーの海が広がり、車の窓を全開にして、海風を感じて走ると最高の気分。日頃のストレスも全部吹っ飛んで爽快そのもの。

途中で車を止めて、海を眺めたり釣りをしたり。レストランや道の駅もあってドライブを満喫できる。この道から、伊計島や浜比嘉島の観光スポットへ走らせよう。

  • 【名称】海中道路
  • 【住所】うるま市与那城屋平
  • 【アクセス】沖縄北ICから車で30分
  • 【営業時間】-
  • 【料金】無料
  • 【電話番号】098-965-5634(うるま市経済部商工観光課)
  • 【定休日】-
  • 【公式サイトURL】http://www.city.uruma.lg.jp/iina/2396(うるま市HP内)

6.伊計島

沖縄の海・伊計ビーチ

車で離島へ行こう!海中道路を走らせ平安座(へんざ)島、宮城島を通り、全長198mの赤色が印象的な伊計大橋を超えたら、周囲7kmの伊計島へ到着。一面がさとうきび畑のまさに離島。

人気のスポットは沖縄屈指の透明度を誇る伊計ビーチ。西海岸に比べて観光客が少なく、きめ細かな砂浜を散策するのも良し、海水浴やキャンプも楽しめる。より静かな隠れ家的ビーチなら大泊(おおどまり)ビーチがおすすめ。

離島の海ならではの青のグラデーションに見入りながら、極上の時間を過ごせば二人だけの大切な思い出に。

  • 【名称】伊計島
  • 【住所】うるま市与那城伊計
  • 【アクセス】沖縄北ICから車で1時間
  • 【営業時間】伊計島ビーチ(9:00~17:00 変動有)
  • 【料金】伊計ビーチ(¥400)
  • 【電話番号】伊計ビーチ(098-977-8464)
  • 【定休日】無休
  • 【公式サイトURL】伊計ビーチ(http://www.ikei-beach.com/

7.識名園

沖縄の世界遺産(識名園)

沖縄にある「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」として世界文化遺産に登録された9か所の史跡。そのうちの一つが識名園。地元の人でも知る人ぞ知る的な穴場スポット。

琉球王家が保養所としてや外国使臣の接待に利用した歴史的な場所。1977年造営の回遊式庭園で日本庭園の様式をベースとしながらも池に浮かぶ島には中国風の六角堂や大小の石橋が配置され、他にはない独特の異空間さを味わえる。

展望台からは沖縄南部の大パノラマを見渡せる。ゆったりとした豊かな時間を約束してくれる美しい景観をぜひ味わってほしい。

  • 【名称】識名園
  • 【住所】那覇市真地421-7
  • 【アクセス】那覇ICから車で8分
  • 【営業時間】9:00~17:30(10月~3月は9:00~17:00)
  • 【料金】大人¥400、小人¥200
  • 【電話番号】098-855-5936
  • 【定休日】水曜(祝日の場合は翌日)
  • 【公式サイトURL】http://www.city.naha.okinawa.jp(那覇市公式サイト内)

8.道の駅許田(きょだ)やんばる物産センター

サーターアンダギー(道の駅許田)

北部へのドライブに地元カップルが必ず立ち寄るスポット。

沖縄初の道の駅として1994年にオープン、北部の特産品がずらりと並ぶ。なんといっても人気はパーラーで買うご当地グルメ。希少なブランド豚「チャーグー」を使ったメンチカツに、ポーク卵おにぎりやモズクてんぷら、揚げて仕上げた沖縄カマボコも。

スイーツには黒糖ぜんざい。値段も¥100~¥400とリーズナブル。フードコートには沖縄そばやステーキもあってガッツリ食べたい人はここで。帰りは産直新鮮野菜やトロピカルフルーツを買うのが定番。

  • 【名称】道の駅許田(きょだ)やんばる物産センター
  • 【住所】名護市許田17-1
  • 【アクセス】許田ICから車で3分
  • 【営業時間】8:30~19:00
  • 【料金】¥100~
  • 【電話番号】0980-54-0880
  • 【定休日】無休
  • 【公式サイトURL】http://www.yanbaru-b.co.jp/

9.海風(うみかじ)

沖縄西海岸リゾートエリアの人気ホテル、ルネッサンス沖縄リゾート内にある「海中ダイニングバー」。

陸から橋を渡って沖にある円錐形の赤屋根の建物に到着したら、階段で地下へ。「海中だ!」と感動しますが、実は建物を水槽で囲んだもの。

料理は海ぶどうやチャンプルー、沖縄そばといった郷土料理から、新鮮な魚介やアグー豚の本格炭火焼きが楽しめます。

竜宮城ってこんな感じかも、と感動すること間違いなし。二人の特別な日のディナーにぴったり。良い席は予約が必要かも。

  • 【名称】海風(うみかじ)
  • 【住所】恩納村山田3425-2
  • 【アクセス】石川ICより約10分
  • 【営業時間】17:00~23:00
  • 【料金】¥4,000~
  • 【電話番号】098-965-0707
  • 【定休日】日曜
  • 【公式サイトURL】http://renaissance-okinawa.com/restaurant/umikaji/

10.やちむんの里

赤いシーサー

やちむんとは、沖縄の方言で焼き物のこと。最近では雑誌でも度々紹介されている注目のスポット。

共同窯があり、さまざまな工房や共同売店を持つ工芸村。ぽってりな質感に魚紋の線彫りといった伝統的な器から、陶工のチャレンジ魂を感じる現代風な印象の器まで揃う。敷地内にはやちむんでアイスコーヒーや沖縄風ぜんざい、軽食を楽しめる店舗も3店舗あり、実際に食卓で使った感触も味わえる。

タイミングがあえば毎年12月の第3金・土・日に開催される「読谷山焼陶器市 」にも行ってみたい。

  • 【名称】やちむんの里
  • 【住所】読谷村座喜味2653-1
  • 【アクセス】石川ICから車で20分
  • 【営業時間】各工房により異なる
  • 【料金】見学無料
  • 【電話番号】098-958-6494(読谷村観光協会)
  • 【定休日】各工房により異なる
  • 【公式サイトURL】http://www.yomitan-kankou.jp/(読谷村観光協会)
ページトップへ戻る