更新

ぱっちり魅惑の二重まぶたを手に入れる方法【自力&美容整形】

二重瞼の女性

女性の多くがあこがれる、人形のようなぱっちりとした二重まぶたを手に入れる方法を紹介します。

一重を二重に変えることはできるのか、その具合的な方法とはどのようなものがあるのか、など二重まぶたになりたい女性が気になっているポイントは沢山あります。

この記事では、そんな二重まぶたになりたい女性が参考にできる、二重まぶたにする方法を様々な視点から解説しています。

スポンサーリンク

1.魅惑的な二重まぶたになるためには

1-1.一重まぶたと二重まぶたの違いは何?

そもそも、なぜ人の目は一重まぶたと二重まぶたに分かれるのでしょうか。
その原因は、まぶたを持ち上げる筋肉の構造にあります。

一重まぶたの人は筋肉と皮膚が完璧に離れているため、皺ができることなくまぶたを持ち上げています。

反対に二重まぶたの場合、筋肉の一部が皮膚とくっ付いているため、まぶたを持ち上げるときに皮膚も一緒に持ち上げられ皺ができ、二重の線を作り上げているのです。

また、元々一重まぶただった人が年を重ねることで二重になったという話もよく聞きますよね。これは、元々二重だったにもかかわらずまぶたに脂肪が多く二重まぶたが完璧に隠れてしまっていた隠れ二重、奥ぶたえと呼ばれる人に良くある現象です。

年を取ることで顔の筋肉や脂肪が衰え、本来あるはずだった二重が出現するのでまるで一重から二重に変化したように見えてしまうのです。

1-2.ぱっちりとした二重まぶたを作ろう

では、隠れ二重ではない一重まぶたを二重まぶたにすることはできるのでしょうか。

確かに、完璧に一重まぶたとして生まれた人が放っておいても二重まぶたに変わることはほとんどあり得ません。

しかし、完璧な一重まぶただと思い込んでいる人でも、自分で気づかないむくみや脂肪が原因で一重になっている隠れ二重だった、なんて場合もあるので諦めるのは早計です。

これからご紹介する二重まぶたにする方法を見て、自分に適した二重まぶたにする方法を試してみてください。

今回はより多くの可能性を見出すためにマッサージ、整形、グッズなど多方面から、二重まぶたにする方法に迫りたいと思います。

2.自力で二重まぶたにする

2-1.むくみによって二重が隠れているのかも

目がむくんでいる様子

体内の水分量が増えることで起こるむくみ。その影響を大きく受けやすいのがまぶたです。水分を含んでむくんだまぶたは腫れぼったくふくらみ、本来あるはずの二重の癖を覆い隠してしまうことがあります。

二重まぶたを自力で作りたいと思ったら、まず顔のむくみを取って、自分の目が本来どんな姿なのかを確認してみましょう。

2-2.目元の血流をよくする温冷タオル

顔のむくみを取るのによく利用されるのが、タオルを使った温冷タオル法です。この方法を用いることでまぶたの血流を活性化し、滞っていた水分や血液を排出しましょう。

まぶたのむくみが綺麗に取れればメイクもしやすくなり、隠れていた二重まぶたも現れるかもしれません。

まず、清潔なタオルを2枚用意しましょう。

1つは冷水で濡らし冷たくキープしておきます。
もう1枚は水で濡らして絞った後、レンジで30秒~1分程度加熱し、40度前後になるようにします。

あまり水分が多いと加熱が強すぎてやけどや感想の原因になるので注意してください。手にもって少し熱いくらいが適温です。

最初は蒸しタオルを3分程度目元に乗せて、目元の血流を緩めます。
そのあと、すぐに冷たいタオルを乗せて、緩めた血流を引き締めましょう。
この工程を数回繰り返すことで、目元に通った血管が膨張と収縮を繰り返し、血液の流れが活発になっていきます。

血液はたまった老廃物や余分な水分を一緒に流しだしてくれるので、むくみに効果が高いというわけなんです。

冷温タオルはフェイス全体のむくみを取るのにも効果的なので、ぜひ応用して使ってみてくださいね。

2-3.まぶたの代謝をあげるフェイス・トレーニング

温冷タオルでまぶたの血行を高めたら、まぶたを動かす筋肉を鍛えるフェイス・トレーニングを行いましょう。

二重を作る要因であるまぶたの筋肉を鍛えることで、よりはっきりとした二重まぶたを作ることができます。

まぶたのトレーニングを行うときは指で眉毛を固定して動かないようにしましょう。

眉毛まで上に挙がってしまうと、効かせたい筋肉にダイレクトに効果が届かなくなってしまいます。

眉毛を人差し指で固定したら、親指を下まぶたの少し下に、軽く引っ張るようにしておきます。そのまま自分の頭の上の方を見るようにしましょう。頭はそのまま動かさず目だけで上を見るようにするのがポイントです。
その状態で、下まぶたを持ち上げる動作を10回程度行います。

次に、下まぶたを持ち上げるように力を入れたまま、上まぶたを閉じるようにします。眉を固定されているので完全には閉じられないかもしれませんがなるべく強く目を閉じるようにしましょう。

最後に、手を離してから目を思い切り強く閉じる、思い切り見開くという動作を5秒づつ繰り返せば二重まぶたのためのフェイス・トレーニングは完了です。

顔の筋肉はとても繊細なのであまりやりすぎるとシワができる原因となってしまいます。この筋トレは1日1回程度にとどめておきましょう。

朝、メイク前にやるとむくみも解消されて一石二鳥でおすすめです。

2-4.まぶたのむくみを取るマッサージ

目元のマッサージ

最後に、むくみを取るのに効果的な目周りのマッサージをご紹介します。毎日行うことでむくみを溜め込まない効果が生まれるので、継続して行ってみてください。

マッサージは目の周りの筋肉をほぐし、リンパを流すことでまぶたに溜まったむくみを排出する効果が期待できます。

まず、眉下と目の下にある眼球を支える骨に沿ってマッサージを行いましょう。眉下の場合は親指で、目の下は中指で、骨に指をひっかけるようにしてゆっくりと指圧していきます。気持ちいいと感じる強さで、内側から外側に向かって押していきましょう。

次に、こめかみを指で5秒程度押していきます。くるくるともみほぐすような感覚でこめかみを指圧したら、顔の横を滑らせて首元までむくみを流しだすようなイメージで揉み流しましょう。

最後にまぶたのリンパを流すマッサージを行います。
まずは指3本を眼がしらに添えて目隠しをするように目を覆い隠します。その状態で指先を小刻みに震わせて目のリンパを刺激してあげましょう。

次に、人差し指と中指を使い、目頭から目じりを通って耳の付け根にリンパを流し出します。

まぶたはすぐ裏に眼球があるので、あまり強い力を使わず優しく刺激してくださいね。

3.美容整形で二重瞼になる

3-1.整形出術で二重瞼を手に入れるという選択

二重まぶた プチ整形のイメージ

美容整形をして二重まぶたにする、というのも二重まぶたを手に入れる方法の一つです。

昔と違って、整形手術も身近なものになりつつあり、価格面でも遠い存在ではなくなりました。

プチ整形という言葉も生まれ、若いうちに二重まぶたに整形する女性も少なくないと言われています。

どうしても二重まぶたになりたいと思っている人は整形手術に興味を惹かれたこともあるのではないでしょうか。

3-2.二重整形の種類

二重にするための整形出術には2種類の施術方法があります。

まず1つ目は、まぶたに細い医療用の糸を通し二重瞼を作る埋没法と呼ばれる手術方法です。埋没法は痛みや腫れが強く出にくく、手術時間が短いため手軽に二重まぶたが手に入る、ととても人気の高い手術方法です。

2つ目はまぶたを切り開き二重を作る切開法と呼ばれる方法です。切開法は埋没法よりも時間がかかりますが、強度が強く半永久的に二重まぶたをキープできると言われています。

それでは、それぞれの手術法についてメリットとデメリットを詳しくご説明しましょう。

3-3.埋没法のメリット・デメリット

埋没法とは、まぶたに糸を通すことで二重を作ると説明しましたが、正しくは目が動くときに使われるまぶたの筋肉と二重を作りたい皮膚を糸で繋げることによって二重まぶたを作っています。目を開くときに筋肉が上に持ち上がり糸を引っ張ることで皮膚も一緒に持ち上げて二重の皺を作り出すのです。

埋没方法のメリットはなんといってもその手軽さです。手術は切開などを行わず、まぶたに1㎜程度の穴をあけて糸を通すだけで、施術時間も15分から20分程度と短期間で行うことができるのです。切開を行わないため術後の痛みが少なく、瞼が腫れにくいという特徴もあります。

しかし、手軽ですぐに二重まぶたを手に入れられる反面、時間が経つと一重に戻ってしまう、二重の幅が徐々に狭くなる、といったデメリットも存在します。

通常の1か所から2か所を留める埋没法の場合、5年以内に最大5割の確率で一重に戻ってしまうと言われており、その場合には再び手術を受けなくてはなりません。

埋没法で埋め込んだ糸は取り外すことができないので、手術を重ねていくとまぶたに糸が溜まり延焼などが起こりやすくなる場合があるので、そのあたりも注意が必要です。

現在では留める場所を多くする、協力に糸を縫い付けるなどなるべく長く二重まぶたをキープさせるための技術も発達しているので、担当の医師によく相談して施術を行いましょう。

3-4.切開法のメリット・デメリット

まぶたを切開し、余分な脂肪を取り除いたうえで二重まぶたに形成する手術を切開法と言います。切開法には全切開と部分切開があり、まぶたについた脂肪の厚さによって適した方法が変わります。

元々まぶたが薄い人は部分切開でまぶたを2cm程度切り開くだけで二重まぶたを形成することができます。ただし、この場合まぶたを形成する力が弱いため、加齢による衰えに伴って二重の線が弱くなってしまう場合があります。

まぶたに脂肪が多くついている人や、しっかりとした二重まぶたを作りたい人は全切開という方法を取ります。これはまぶた全体、約3cm~4cmに渡って切開を行うためたくさんの脂肪を除去でき、はっきりとした深い二重まぶたを作ることができる手術方法です。

全切開で作った二重まぶたは堀が深く、はっきりとしたラインを形成することができる上に半永久的に効果が持続するので、ぱっちりとした二重まぶたを作りたいという気持ちが強い人はこちらの手術方法が適しているかもしれません。

切開法は皮膚を切り開き、縫合する手術です。そのため、施術後は傷が癒えてまぶたが形成されるまで強い痛みを伴うこともあります。また、傷の腫れが引くのも遅く、数日は目が開けられないほど腫れたケースも少なくありません。

また、半永久的に二重まぶたが消えないということは、つまり1度行った手術結果が失敗でも元に戻すことができないということになります。

こういったデメリットもしっかりと加味したうえで、切開法での二重まぶた作りを行うようにしましょう。

3-5.二重整形の目安費用はいくら?

美容整形の費用がリーズナブルになりつつあるとはいえ、やはり費用の目安は把握しておきたい部分ですよね。

もちろん、全国に星の数ほどある美容整形科や整形クリニックなのですから、設定されている値段にも上下があります。

けれど、大体の目安を知っておくことによって信頼できる場所なのか、反対に法外な費用を請求されていないのかを確認する指針になるでしょう。

安く抑えたいからと言って、目安より大幅に低価格なところを選ぶと、腕の無い医師に手術され後遺症が残る危険性もあるので注意してくださいね。

まず、埋没法の平均的な費用は8万円~10万円程度と言われています。糸を繋げる個所や止め方などで値段が変わる傾向にあるようです。

切開法は埋没法より高額になり、部分切開の場合は25万~30万円、全切開では30万~35万程度が相場です。

値段を確認するときの注意点として、麻酔代金が料金に含まれているかを確認しましょう。一見安く見える場所でも、麻酔代金別途請求の場合は多くて3万程度増額される場合があります。

麻酔込みの手術と事前の診察、そしてアフターケアまでで総額いくらになるのかをあらかじめ確認し、安心して手術を受けられるようにしておきましょう。

4.アイプチ等のグッズを使う

4-1.市販のアイプチで二重まぶたを作ろう

アイプチをする女性

二重まぶたを作る代表的なグッズと言えばアイプチですよね。

アイプチとは、二重にしたいラインに沿ってまぶた用の接着剤を塗布し、皮膚を接着することで二重まぶたを作るメイク用品のことを指します。

乾くと透明になる接着剤を使うため上手に使えばアイプチを使っていることがばれにくく、未成年でも気軽に使えることから長く女性たちの間で愛用されてきました。

アイプチは慣れてしまえばとても簡単に二重を作れる道具なのですが、最初のうちはせっかく二重を作ってもすぐに取れてしまうなどのトラブルも発生します。

基本的な使い方は、二重にしたいラインに沿って半月型になるように接着剤を塗り、接着剤が半乾きになったら付属のプッシャーでまぶたを押し上げ二重の皺ができるようにくっつけるという方法です。

この時、より取れにくく自然な二重瞼を作るために使用前にまぶたの油分をふき取っておきましょう。余計な汚れや皮脂脂が残っているとそこからアイプチが剥がれてきてしまいます。

また、厚く塗ればいいというわけでもありません。アイプチを長持ちさせ自然にキープさせたいなら、薄く均一に塗るように心がけましょう。

4-2.絆創膏も二重まぶた作りの味方

絆創膏

アイプチの成分でまぶたがかぶれてしまう、どうしても接着剤が上手く濡れない、そんな方は身近なものを使った二重まぶたの作り方を試してみてはいかがでしょうか。

使うものはなんと、救急箱に必ず入っていると言っても過言ではない絆創膏です。

絆創膏は本来の用途として肌に貼るものなので、まぶたに付きやすく肌トラブルの原因にもなりにくい優秀な二重まぶた作りの味方。色も肌色なので目立ちにくいのもうれしいポイントです。

初めに、絆創膏はコットンがついていないテープの部分を使用します。長さは、絆創膏の端からコットンの手前までがちょうどいいサイズです。幅は約1㎜程度がちょうど良いので、メイク用の小さなはさみで切り取りましょう。

絆創膏の用意ができたら、まぶたの二重を作りたい場所を確認しましょう。つまようじのとがっていない方などで軽くまぶたを押して、二重を作ってみて一番いい幅のラインをチェックします。

ちょうどいい二重のラインは、二重を作ってみてすぐに戻らずしばらくシワがキープされる場所です。あまり幅が広すぎると、まばたきの力で絆創膏がはがれてきてしまう可能性があるので、注意してください。

ラインが決まったら、その線に沿って絆創膏を貼っていきます。両端を千切れない程度の力で引っ張るようにして貼ってくださいね。端の方はピンセットなどを使って丁寧にまぶたにくっつけて行きましょう。

市販の絆創膏を貼るだけで二重まぶたができるなんて、とても手軽で夢のようですね。

もちろん、細いシールを張り付けて二重を作る専用のメイクグッズもありますが、絆創膏なら1箱でたくさんのシールを作れるのでコスパも抜群。

まだシールでの二重作りになれていない人は、練習にも使えておすすめです。

4-3.長く続けていくうちにまぶたに癖がつくかも

このように、人工的なグッズを使って二重まぶたを作っていると、まぶたに癖ができて本当の二重まぶたができることがあります。

顔にできる笑いシワや手のひらの手相などは、よく動かしシワが作られ続けることによって生まれたもの。

同じように、まぶたも長期間同じ場所に癖を作ることで、その癖が定着し、本物の二重まぶたになることが期待できるのです。

二重まぶたの癖をつけるためにも、毎回同じ場所で二重を作り続けましょう。

5.憧れの二重まぶたになって自信をつけよう

このように、二重まぶたを手に入れる方法は沢山あります。

ありのままの自分を好きになることも大切ですが、どうしても二重まぶたになりたいと感じているならその目標に向かって努力するのはとても素晴らしい事です。

憧れの二重まぶたを手に入れたら、鏡を見る瞬間が一層楽しみになりそうですよね。色々な方法を試して、自分に一番合った方法を見つけてみてください。

ページトップへ戻る