更新

心を傷つける失恋の痛みから立ち直る7つの方法

失恋した女性

突然別れを告げられた、喧嘩をしてしまった、浮気をされていた…。
愛する恋人と別れることになる原因は様々ですが、どんな別れでも、失恋の悲しさは平等に訪れます。

恋人を失った喪失感は、自分が自分を支えて立ち直るために行動しなければいつまでたっても心の中に居座り、毎日の生活にも支障が出てしまうでしょう。

今回は、辛い失恋をしたとき、なるべく早く立ち直るためにしてほしい7つの方法をご紹介します。失恋に負けず、立ち直る努力して心を軽くしてください。

スポンサーリンク

辛い失恋から立ち直る7つの方法

1.心を吐き出すノートを作ってなんでも書き込む

突然色々な出来事や感情が飛び込んでくると人の脳みそは対処しきれずパニックに陥ってしまいます。

失恋すると恋人を失った悲しみや、憤り、これから先への不安など色々な感情が入り混じり、どうしたらいいか分からなくなってしまいます。
すると冷静に物事を考えることができなくなり、いつまでも前に進めずに失恋から立ち直ることができないという事態にもなりかねません。

そんな時は、インプットされた感情や気持ちを、思いつくままノートにアウトプットしていきましょう。

書く内容は別れた恋人への想いでも、愚痴でも、ポエムでもなんでもいいのです。
とにかく自分が感じたことでノートを埋め尽くしていまいましょう。

自分の手で紙に書き出すことで、情報や感情が整理され冷静に失恋という事実を受け入れることができるようになります。

立ち直るためには、まず自分が今どんな状況化を把握することが大切なのです。

2.全力で悲しさや寂しさに浸ってみる

失恋しても、明日はいつもと変わらずやってきます。
平日には仕事に行き、知り合いと会い、平常心を保って生活しなければなりませんよね。

失恋くらいで感情を不安定にするなんて、大人失格なんて思っている人はいませんか?
大人だって、時にはどうしようもない悲しみに支配されて動けなくなってしまうことがあるはずです。

そんな時は、無理にその悲しみを押しつぶして平気なふりをするのではなく、自分は今悲しいんだと浸ってしまうことをおすすめします。

休日、少しのお酒と一緒に恋人との思い出の品や写真を眺めて、楽しかった日々のことを思い出してみましょう。

失ってしまったと寂しさが胸にこみ上げてくるかもしれません。
それを素直に受けとめて、自分がどれだけ失恋で傷ついたのか目をそらさずに見つめるのです。
そして、自分で自分を慰めてあげましょう。

大切にされた感情はきっとその傷を癒して、前に進んでいく勇気をくれるはずです。

3. 泣くときは恥を忘れてヒロインになりきる

思いっきり泣く女性

涙を流す、という行為は自律神経の乱れなどを正常化し、精神をリラックスさせる効果があると言われています。

また、涙にはストレスホルモンが含まれており外に流しだしてしまうことで、悲しいという感情を軽減させる効果もあるのだとか。

大人になればなるほど、感情のまま泣くという機会は減っていきます。

自分の状況に酔って号泣するなんて恥ずかしい、と感じることもあるのではないでしょうか。しかし涙を我慢すると、いつまでたっても感情が安定せず、排出されないストレスが身体の中に溜まってしまいます。

失恋でどうしようもなく悲しいときは、我慢せずに思い切り泣いてしまいましょう。

いつもなら恥ずかしいなと感じるような思考によって、まるで恋愛映画のヒロインのような気分で泣いてみるのです。

失恋ソングや映画などを使って涙を流すのも気分が高まっておすすめです。

思い切り泣いて、涙が止まった時にはきっとすっきりとした気分を感じるはず。涙と一緒に恋人への未練や失恋の悲しさを押し流してしまいましょう。

4.親しい友達に愚痴や悲しみを聞いてもらう

失恋した悲しさや愚痴を他人に話すことは、少し恥ずかしいものですよね。特に幸せだったころを知っている友達などには、心配をかけたくないあまり無理に明るく振る舞ってしまう人もいるのではないでしょうか。

失恋した時には、ただ話を聞いてくれる親しい友達に頼ってみてはいかがですか?
友達も、無理して笑っている姿を見ているのはきっととても心苦しいでしょう。それなら、いっそのことどれくらい辛かった、悲しかったか、失恋したことへの気持ちを思い切り聞いてもらいましょう。

人は話すことで感情が整理され、自分自身を客観的に見ることができるようになります。

落ち着いて吹っ切る準備をするために、時には友達に甘えてみましょう。
そして、もしその友達が同じように傷ついたときが合ったら今度はしてもらったように、話を聞いてあげましょう。

頼り頼られることでかけがえのない友達関係を築いて行けるはずです。

5.友達と遊んで気分転換をする

女友達と一緒が楽な女子たち

恋人を失うと、一人で外に遊びに行く気力も失いつい部屋にこもりがちになってしまいます。
外に出て新しい情報や興味を惹かれるものに出会わなければ、いつまでも失恋した頃の気持ちのまま、自分の精神を更新することができなくなってしまいます。

失恋して辛いときは、とにかく友達を誘って外に遊びに出かけましょう。

ショッピングでもアウトドアでも、お酒を飲みに行くのでも何でも構いません。失恋したことも忘れて大笑いできるような楽しい遊びの予定を沢山いれてしまうのです。

笑顔は最初は無理やり作っていても、笑っているうちに本当に楽しい気分になるという効果があります。

友達と遊んで楽しく過ごし、たくさん笑うことで心の傷が癒えて失恋から立ち直ることができるでしょう。

6.新しい習い事や趣味を始める

今までやったことがない習い事や趣味を始めてみるのも、立ち直るために効果的な方法です。

別れた恋人は、その趣味を始めたことを知ることはありません。

つまり、趣味や習い事を始めた時点で恋人の知らない新しい自分が生まれているのです。

新しい自分には新しい出会いがあり、新しい喜びがあります。
そんな何もかもが初めての環境で、好きなことに熱中して、おのずと失恋のことなど頭の隅に追いやられていきます。

そして自分がしたかったことをやっているという充実感でいっぱいになり人生が豊かになっていくのです。

「失恋したからこの習い事を始めてみたんですよ」なんて話のネタにできるくらいになった時、きっとその趣味は貴方の大切な人生の一部になっていることでしょう。

ちなみに、運動を行うと「セロトニン」という幸せを感じるホルモンが多く分泌されます。今したいことが無い、という人はジムに行く、ランニングを始めるなど運動をしてみることをおすすめします。

7.とにかく新しい恋人を探しに行く

恋の傷は、恋で癒す。それは単純なようでいて、とても効率的な失恋の癒し方です。

今まで傍らに人がいて、寄り添って生きていたのに失恋によってその存在がいなくなってしまえば悲しみや喪失感を感じるのは当たり前の話ですよね。

そんな、誰かがいないことでできる傷は、誰かが傍にいるということで癒すことができるのです。

失恋してすぐに恋人を探すなんて恋愛のことしか考えていないようで嫌だ、なんて思ったりしたらそれは大間違い。

新しい出会いを探すということは、自分の良い部分を人にアピールし、外見や内面にも気を遣うとても前向きな行動です。

魅力的にならなければ新しい恋人も見つからないので、自分磨きにも力が入るはずです。失恋で悲しんでいる暇なんてなくなってしまいますよね。

今まで以上に幸せな毎日を手に入れるために、出会いの場に足を運んでみましょう。

失恋は幸せな未来への通過点

確かに、愛する恋人を失うということは何にも代えがたいくらい辛い出来事です。

けれど、失恋することは過去に自分に区切りをつけ、新しい幸せな未来を手に入れるために行動できるチャンスでもあるのです。

失恋をたっぷり味わい、涙を流した後には自分の人生を楽しむために未来に向かって走り出しましょう。

ページトップへ戻る