1. TOP
  2. モテる男
  3. 現在のページ
ドライブデートをするカップル

デキる男はココが違う!ドライブデートを成功させる7つのポイント

更新日: 2017年12月17日

ドライブデートは好きですか?
春は桜や新緑の山をドライブ。夏は海やバーベキューでドライブ。秋は紅葉にグルメのドライブ。冬はスキーや温泉ドライブなど。1年中楽しめるデートの定番はやはりドライブです。

普段頼りない彼も運転する姿を見せて頼もしさをアピールできるドライブデートですが、彼女が惚れなおしてくれるかどうかはオトコ次第。

そこで、このポイントを押さえておけば彼女はあなたとのドライブデートをきっと喜んでくれる7つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

1.丁寧な運転を心がけよう

まずは、運転の基本中の基本。丁寧な運転が出来るかどうか!

急加速や急ブレーキ。急ハンドルは彼女を怖がらせるだけでなく、他人を巻き込む事故を起こすかもしれない場合もあります。

高速道路を走行中に前の車を煽ったり。前の車に追突しそうなほど近づいて急ブレーキ!そんな運転をされた日には彼女はあなたに幻滅どころか。トラウマもの。

ゆっくりと安全な運転は同乗者からしてもとても頼もしく映ります。

自分の運転が荒いのかなと思ったら、彼女を乗せる前に調べてみましょう。

調べる方法は簡単。
車のカップホルダーがあればそこに水をいれたコップを置いて走ってみよう。
荒い運転だとバシャバシャと水がこぼれるはずです。

また運転中に支障のならない場所に安定感のあるアイテムを置いてそれを倒さないように運転するなど自分の運転を確認してみてもよいでしょう。

2.渋滞でイライラしない

渋滞

行楽シーズンなどは高速道路や観光地はどこもかしこも渋滞。
のろのろといつまで経っても目的地にたどり着けません。

しかしこんな時にイライラムードを出したら車内の雰囲気は一気に最悪に。
ほら彼女もだんだん不機嫌になってきていますよ。

渋滞はたしかに好きな人は少ないと思います。特に日本の渋滞は場所によってはそれだけで何時間も時間を無駄にしてしまうほどです。

ですが渋滞を逆に楽しめる事を考えてみませんか。
ゆっくりとのろのろだからこそ話しもできるし、お菓子やジュースなど美味しい物を食べてもよし。渋滞を楽しく演出できる男性は同性からも評価が高い要素です。

もちろん渋滞中も話しに夢中になったり、よそ見をしないよう楽しみながらも気を引き締めて運転しましょう。

スポンサーリンク

3.ブランケットを積んでおこう

ブランケットは必需品ですよ!特に男性より女性は車内での空調などによって冷えてしまうこともあります。

そんなときはブランケットを積んでおくだけで「デキる男」に変身します。

ただしきちんと清潔なブランケットを用意しておきましょう。

ずっと置きっ放しでほこり臭い、かび臭いブランケットだと最悪です。

変に女物っぽいデザインも辞めましょう。
勘ぐられます。

実はブランケットはただデキる男を演出するアイテムではなく、ドライブデート(特に冬場)においては絶対に必要な必需品でもあります。

ドライブデート中に天候不良や様々なトラブルがあるかもしれません。その為ブランケットは車内で仮眠や待機をしなくてはならない場合などにとっても必要となります。

また雪道で坂道を登れなくなりスリップしてしまう時、タイヤと道路の間にブランケットを挟むことによってスリップを回避する事も可能です。

デートをしなくても1組2組積んでおくと万が一の時にも安心ですよ。

4.眠りたいときは寝かせてあげよう

遊び疲れて帰る時、どうしても助手席の人は眠くなります。
そんなときにイライラしたり、怒ったりしたらそれだけでその日のデートは最悪な思い出になるのは間違いなし。

もし彼女がウトウトとしていたら、遠慮無く寝かせてあげましょう。
もちろん助手席を少しリクライニングさせてあげたり、リラックスさせてあげるのも大人の余裕ってもんです。

ただ彼女が寝てしまったので、寝やすくするために音楽も小さくしたり、または消したりしますよね。そうなると自分もなんだか眠くなってくるものなんです。

遊び疲れはあなたも同じ、しかも運転という疲労もある。
自分も眠くなってきたなと思ったら絶対に無理をせず、休憩をしましょう。

道中にあるカフェやサービスエリア、お土産屋さんやなんだったらカラオケでもよし。眠気を引きずったままの運転は彼女にも危険な目に遭わすことになりますので、肝に銘じておきましょう。

それでも、助手席が寝るのはどうしても許せん!なんて思っているならば、絶対に寝る暇も与えないほど楽しく過ごせることを考えてください。
私にはそのネタは浮かびませんが…。

5.トイレ休憩はこまめにしよう

トイレのイメージ

ドライブデートでのお悩みはトイレ
時に彼女と関係も浅ければ言い出しにくい方もいるでしょう。

ドライブデートではこまめにトイレがあるような場所に立ち寄りましょう。

近年では観光地には多くの「道の駅」があります。地元の名産品やご当地グルメの屋台など道の駅に行くだけでも楽しい場所ですよ。

高速道路においてもパーキングエリアやサービスエリアも同様にオシャレなお店もあり、なかにはテーマパークを備えた場所なんかも存在します。

トイレも比較的清潔な場所も多いのでさりげなく立ち寄りましょう。

渋滞中の場合は気をつけましょう。
その場合は高速道路の所要時間を確認したり、道中にドリンクをよく飲んでいた場合は渋滞の前に立ち寄るなどしておくと安心です。

ただし「トイレ大丈夫?」なんか尋ねないようにしましょうね。余計なお世話ですから。

6.車に掛かるお金で揉めないように

ドライブデートは楽しいですが、「お金」がかかるのも現実。

レンタカーであればレンタカー料金。ガソリン代。高速道路や有料道路ならば通行料金。観光地に到着すれば駐車場代ととにかくお金がかかるのはドライブデートの痛いポイント。

でもお金で揉めないようにしましょう。

とくに1回目のドライブデートでお金で揉めた場合、その彼女との次のドライブデートはないと思った方が良いでしょう。

ただバブルの時代じゃないですし、男性のお財布事情も人それぞれ、その場合は事前に相談をして負担する内容などをあらかじめ決めておくと揉めることもないでしょう。

あとはいかにお得にドライブデートを楽しめるか情報の収集もしておくと良いでしょう。

レンタカーならば提携カードなどによって大幅な割引もありますし、高速道路ならばETCカードの時間帯割引。

観光地に関することならば、自動車利用とセットになったクーポン券など、近年ではインターネットなどに情報はたくさん掲載されているので、こまめにチェックしておくと通常よりかなりお得にドライブデートを楽しむことが可能です。

7.トラブルに強くなろう

どんなにデートが楽しくても、どんなに車の運転が上手くても。これだけで幻滅してしまうそんな恐ろしい要素をもったものが「車のトラブル」です。

車を運転中のトラブルは運転手の責任問題、どんなに若くてもお年寄りでも、運転免許証を持ち、ハンドルを握った瞬間すべてのことに責任を持たなくてはなりません。

車のトラブルであたふたしていては、男性の器量にかかわりますし、パニックな姿は頼りないものです。

男性は車のトラブルにおいて基本的な事は出来るようにドライブデート前に練習をしておくと安心です。

たとえば「パンク」。
パンクの修理はさすがにむずかしいのでお店でやってもらって結構ですが、スペアタイヤの取り付けぐらいはできるようになりましょう。

車にジャッキは積んでありますか?
ジャッキを上げるときはどこに置けば良いか、一度練習すれば誰でも出来るので試してみましょう。

だれしもが経験したくないですが、車に乗る以上想定しなくてはならないのが「事故」。
運転をすれば事故を起こしたり、巻き込まれる場合もあります。

その際に何処に電話をすれば良いか、保険会社への連絡先はどれか。などなど事故処理の一連の流れは頭に入れておくと安心です。

自家用車であれば特に車のレッカーなども対応しなくてはなりません。

車検証を収納するスペースに情報をまとめた冊子を入れておくと万が一の時も慌てないで対処できるでしょう。