更新

いい女が実践するドライブデートで彼の好感度をアップさせる方法

ドライブデートを楽しむ男女

恋人同士がドライブデートを楽しむことって、多いのではないでしょうか。

女性ならではの魅せ方や振る舞い、相手に喜んでもらいたいと思う”心”。
気遣いを気づかせないこと。
気遣いを習慣化していくこと。
そういったものを大切にしていけたら。身に着けていけたら。
『いい女』はもっともっと。増えていくに決まってますね。

スポンサーリンク

1.車へのINがポイント

車に乗り込む女性

今日は、前から楽しみにしていたドライブデートです。
お気に入りのコーディネイトで、待ち合わせ場所にGO!
彼も、ニコニコして待っていてくれました。

「お待たせ!」と笑顔で答えて、彼の車に乗り込むあなた。

まず頭を突っ込んで。次に右肩を入れて。腰を下ろす前に右足、そして左足。
その姿勢、背中が曲がってしまっていませんか?いわゆる猫背状態ですよね?

あなたがショートカットだったら、ゴリラさんに。
ロングヘアーだったら、オバケちゃんに見えてしまう姿勢です。

そんなカッコで、「今日は楽しみだね!」と、ニッコリされても・・・。
彼は、ちょっぴりガッカリしてしまうんじゃないでしょうか?

はい!今日最初の確認ポイントです。車には、優雅にINしましょう。
品格があふれる女性の車の乗りかた、意識したこと、ありますか?

車に乗り込むときのキーポイントをお伝えしますね。

腰から入るようにしましょう。彼に背中を向ける感じです。
ここでも背中シャキン!はとっても大切ですよ。

腰を落としたら、ヒップを起点にくるりと回り、両足をそろえて座ります。
そしてここで、彼を見つめてニッコリです。「今日は楽しみだね!」

着物を着ているときに、裾が割れないよう後ろの帯が壊れないよう車に乗る。
先人の女性に学ぶことは多いのです。いいところはどんどん取り入れましょう。

2.ドライブデートの車は、ダンプカーじゃありません

さて!せっかく優雅にINできたのに、そのあとこれじゃ・・・。
と、残念になってしまうことを2点、確認しておきましょう。

オシャレな服がシワにならないように、スカートを引っ張り、おシリでプレスするかのように、ドスンドスン。

車というのはけっこう揺れるもの、なのです。
あなたがいくら小柄で華奢でも、車はタイヤがついているため、けっこう揺れるのです。
気をつけてくださいね。

もうひとつ大切なこと。それは車は密室だ、という事実です。

今回のデートのために、あなたはどんな香りをからだにつけていますか?
トワレ?
フレグランス?

キレイに整えたヘアスタイルをキープするために、ムースなども使っているでしょう。
いずれにしても、女性らしい香りをまとっているはずです。

でもそれを、いつもと同じ感覚でつけているとしたら・・・。
残念賞です。

いつもと同じ感覚とは?

いちばんわかりやすい例として、”会社”を挙げますね。
社内(ある程度の広さあり)と車内(狭い)を一緒にしてはダメ!ということです。

彼の車は普通の乗用車、ですよね?

決してダンプカーではデートに誘いません。

どんなにいい匂いでも、男性はあまり香水を好まない傾向にあります。
化粧の一部くらいのものでしかありません。

密室で、長い時間、好きでもない香水の匂いを嗅がされ続けたら・・・。
彼は気持ち悪くなってしまいますよ。結果、デートは中止、なんてことに・・・。

「いい匂いだな」と彼に喜んでもらいたかったら。ヘアコロンのみをお勧めします。

3.力いっぱいは3回まで!

女性にけっこう多いのが、”ドア、バッターン!”です。
もちろん悪気など毛頭なく、ただ単に、「半ドアはダメ!」という思いのみでです。

男性は、その力いっぱいの行為をかわいらしく見るものです。
力いっぱいだからこそ一生懸命さが感じられて、かわいいな、と見守るのです。
あなたの彼も、きっとそう思ってくれますよ。ただし、3回までは。

それ以降は、「乱暴なコだな」に変化してしまうのです。
口には出さないけれど、彼はそう思っています。

だからそのあとの彼の口調は、なんとなくブッキラボーになってしまうかも。

あなたも決して、わざとやってるわけではありませんよね。だからこそ残念なのです。

あなたの大切な彼。その彼が所有している車。
だからこそ。ていねいに扱いましょう。

4.素直・ストレートがいちばんGOOD

あなたも彼も、もちろん生身の人間ですよね。
だから楽しいデート中だって、トイレに行きたくなるのは当たり前です。

男性は、実に簡単に無造作に、「トイレに行ってくる」で済ませられますが、女性にとっては、なんとなく恥ずかしいキーワード、であるようです。

今回のドライブが、初めてのデートだったらなおさらですね。
でも!はっきり言ってしまいましょう。「わたしもトイレ行きたーい!」と。
そのあと、グンと、気持ちがラクになりますよ。

おおげさな、と言うなかれ。

”トイレ”の単語が言えないだけで、口数が少なくなって、上の空になって。
けっきょく、「気持ち悪い」としか告げられず、コンビニに駆け込み。
やっと用は足せたけれど、彼が心配してしまい、「体調がよくないなら帰ろう」と、
せっかくのデートがふいになってしまった、なんて聞いたことありませんか?

「トイレ行きたーい!」いいじゃないですか。
ストレートでぜんぜんオッケーです。
「・・・あの・・・トイレ行きたいんだけど・・・」
恥じらうのもアリ、ですよ。素直に伝えられたのですから。

よし! コンビニですっきりしましたね。
ここで、あなたを待っていてくれた彼に、なにか飲み物でもプレゼントしましょうか。

今回が初デートならば、まだあなたは、彼の好みを知らないかもしれませんね。
なにを飲んでもらいたいか、迷ってしまっても。
大丈夫です!
彼はあなたが選んできてくれたものなら、喜んでくれるに決まっています。

あなたと彼は、”これからカップル”なんですから。

「オレ、ブラックコーヒーがいいって言ったじゃん」「緑茶のほうが体にいいんだよ」
何回もデートを重ねるうちに、こんな会話ができるようになってもステキですよね。

5.気づかれないようにやるから彼はうれしい

ふたりっきりで車中で楽しんで。さあ、目的地に着きました。

公園でしょうか。水族館でしょうか。ともかく到着です。

彼が運転してくれましたね。彼が連れてきてくれましたね。
「お疲れさま。ありがとう」をちゃんと伝えましょう。

と言っても、恋人同士のふたりです。なにも、気張ることはありません。
「わーい、着いたー!」と、あなたがひとりで駆けだしてしまっても、彼もうれしくなるものです。あなたが本気で喜んでいるのがわかるから、です。

「肩、凝ったでしょ」と、彼の両肩に手をかけて、ちょっとマッサージしてあげて。
そのまま後ろから抱きついてあげたら。胸キュンです。
男の子だって、キュンキュンするんです。

あなたがしてもらってうれしいことは、彼にとってももちろんうれしいのです。
だからまず、自分がどうされたらうれしいか考えて。よく考えてください。
そして、それを、彼にしてあげるのです。

それを実行するのに大切なのはひとつだけ。”気遣いを気づかせないこと”です。

コンビニでのプレゼントも、うれしがって駆けだすのも、肩をマッサージするのも。
すべてあなたの気遣い、ですよね?

あなたがしたいからしたこと、です。彼を喜ばせたいからしたこと、です。

「わたし、こんなにやってあげてるんだよ。気づいてくれてた?」
これは最悪なパターンです。だって要求しているんですもの。気づいて、って。
「頼んでないよ」彼はこう言うに違いありません。

いわゆる『いい女』は、ぜったいこんなことは言いませんよ。

あなたが『いい女』になればなるほど、彼はどんどん気づくでしょう。
「気遣うけれど、気をつかわせない。なんてステキな女の子なんだろう」と。

縷々書き述べてまいりました。
3つでも、2つでも、いえ、1つでも。なにか感じてくださったら光栄です。

ページトップへ戻る