更新

究極のモテメイクはこれだ!「元から美人」を作り込んで、脱・非モテメイク

メイクのイメージ コスメセット

究極のモテメイク、それは「元から美人」であると思わせるメイクです。

流行を追ったメイクは女の子同士で楽しめば良いもの。男は流行のメイクなんて興味がありません。

アイシャドウの色やリップの色なんて見ていません。ただ、その子が「可愛いか」「可愛くないか」しか見ていません。

さらに言えば、化粧をしていなくても、元から可愛いんだろうな。スッピンも可愛いんだろうな。と想像出来る女性が男にはモテます。

これはより素の状態が優れている子を求める、男の本能とも言えます。

あなたは気付かないうちに男ウケを無視した「非モテメイク」していませんか?

「元から美人」と思わせるためのモテメイクを一つ一つご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.ファンデーションを感じさせない!スッピンで綺麗な肌

ファンデーション メイクアップする女性

モテメイクに欠かせないのは、何を置いてもまずは肌作りです。

肌が綺麗なことはモテの必須要素です。まずはここをきちんとおさえましょう。

でも私はニキビが・・・。シミが多くて・・・。など、女性ならお肌の悩みはつきない事と思います。

でも大丈夫です。

きちんと「メイク」をして、「スッピンでも肌が綺麗」と思わせるように仕上げれば良いんです。

まずファンデーションはクリームタイプかリキッドタイプがおすすめです。最近だとクッションファンデーションや、肌が綺麗な人はBBクリームやCCクリームでも良いと思います。

大事なのは、必要以上に隠しすぎない事。隠す物がないならファンデーションはその分薄くしていいのです。

パウダーファンデーションは手軽に使えていいのですが、モテメイクにはNGです。

理由はどうしても粉っぽく厚塗りに見えてしまい、またツヤのないマットな質感が「塗ってます」感が一番出てしまうファンデーションだからです。

出来るだけ「塗ってます」感をなくしたいので、自然なツヤのでるクリーム、リキッド系が良いでしょう。

ファンデーションを塗る場所にも注意です。

ただ顔全体に塗るのではなく、毛穴や肌の粗が目立つ顔の中心にごく薄く塗っていきましょう。

先ほども言ったように、隠す物がない場所は無理に塗る必要はありません。

隠したいところだけにファンデーションを塗っていきます。均一になるように、手やスポンジ等で塗り広げていきます。

お人形のような肌にする必要はありませんので、自然なツヤはそのまま残し、ほくろやそばかすなどは薄く透けているくらいで十分です。

内側から潤っているような健康的な肌に仕上げましょう。

2.上気したような頬をつくるチーク

頬にチークを入れる女性

チークもモテメイクには欠かせません。すこし照れたようなほんのり赤みのある頬は女の子をより可愛く見せてくれます。

チークを入れる位置は、今も昔も笑った時に一番頬が高くなる場所が基本です。

最近では目のすぐ下に入れるチークや、シェーデングのように外側に入れるチークなど色々とチークの位置にも流行がありますが、何度も言うようにモテメイクに流行は不必要ですので、基本に戻って頬の一番高い位置にふわっとチークを入れて下さい。

付けるチークの色はその人の肌の色によって似合う色が変わってくるのですが、自分のパーソナルカラーが分かっている人はそれに基づいて選んで下さい。

よくわからない方は、簡単に似合うチークの色が分かる方法があるのでお教えします。

指の爪の辺りをぎゅっと強めにつまむと、指先が赤くなると思います。その赤に近い色があなたに似合うチークの色です。

自分の肌色の中にある自然な血色感をチークで少し足してあげるイメージで、薄く薄く付けていきます。決して、「チークつけてます」という感じにならないように。

男の子にはチークを付けている事など分からないくらいで丁度いいんです。

なので、あまりラメが沢山入っている物よりも、ラメもパールも入っていないもの、もしくは控えめなパールくらいが良いです。

これも自分の肌質に合わせて、油性肌の方はツヤが自然に出ますので、ラメパール無しのもの、乾燥肌の方はほんのりパール入りの物でツヤを足してあげると良いでしょう。

3.キスしたくなるようなうるうるモテリップ

口紅を塗る女性

リップは様々な種類のアイテムが沢山のコスメブランドから出ていて、女性ならつい沢山集めてしまうアイテムでもありますよね。

心ときめくコスメアイテムについつい手が伸びてしまい色々なメイクを試したくなりますが、こちらもモテメイクをする際には、要注意の項目です。

リップはキスを連想させるパーツであるので、モテに直結した大事なパーツです。

リップこそ、「何も付けていないのに、ほんのり赤くてつやつやぷっくりしている」と思わせなければいけません。

真っ赤な赤リップや、つやっつやのグロスなど、リップの流行も様々ですが、大前提として、男は本来「唇には何も塗らないでほしい」と思っています。

そう、私たちが沢山のリップコスメを買いあさり、毎日どの色にしようかとなやんで食事の度に塗り直しているリップですが、男は何もついていない唇が一番好きなんです。

しかしなにも付けない唇は、ガサガサだし色もくすんでいて全然可愛くないですよね。
なのできちんとリップメイクしつつ、「何も塗ってなさそう」と思わせるくらい、自然に可愛い唇に仕上げていきましょう。

まずメイクの前に薬用のリップクリームなどできちんと保湿して下さい。色はつきませんが、潤いを与える事で、見た目の質感が全然変わってきますので、欠かさずに塗って下さい。

次に口紅ですが、薄付きのものでツヤの出るタイプを選んで下さい。グロスを重ねると不自然にツヤが出過ぎてしまうので、口紅1本で仕上げた方がより自然に仕上がります。

色選びも迷うところですが、先ほどのチークの色選びと基本的には同じです。自分の元々持っている血色を濃くするイメージで、自分の唇の色に近い色を選びましょう。

口紅に簡単な色選びの方法は、下唇をめくった時に見える口の中の粘膜の部分の色に近い色を選ぶと、自然で似合う色に仕上がります。

夜のデートなどで、少し濃くしたい時は舌の色に合わせると良いですよ。

自分の顔の中に元々ない色は使わないのが、モテメイクの大事なポイントです。

4.うるうる綺麗な瞳をつくるアイメイク

 きれいなうるうるの瞳

最後に女性が最も力を入れているであろう、アイメイクです。

まず初めに言いたいのは、アイメイクへの力の入れ具合はほとんどの場合、今の半分くらいで十分です。

最近の世の女性はアイメイクに力を入れすぎている節があります。

男の人と話をするとき、お互いに目を見て話しますよね。

目は一番相手に見られている場所でもありますので、アイメイクこそ「元から美人」と思われるように、なるべくナチュラルに仕上げたい部分でもあるのです。

でも女性としては目が大きいと美人に見えると思い、より目を大きく大きくするためにメイクに力を入れていますが、そもそも目は大きければ素敵、という訳ではありません。

大きさよりも綺麗さの方がずっと大事です。

瞳がどれだけ綺麗かという事で、モテ度が変わってきますので、目を大きく見せるメイクを卒業して、目を綺麗に見せるメイクを習得していきましょう。

まずモテメイクに付けまつげは不要ですので、付けまつげを普段から付けている方は外して下さい。

最初は顔の印象が薄くなったようで違和感があるかもしれませんが、他人から見たら以外と気づかなかったりしますよ。

最近はカラーコンタクトやサークルレンズが流行っていますが、出来ればこれらもやめた方がいいです。

ただいきなり裸眼になるのが抵抗あれば、眼科で取り扱っているようななるべくナチュラルなサークルレンズくらいにしておきましょう。

黒目がものすごく大きくなるカラーコンタクトはNGです。女性から見ても不自然ですから、男性はもはや理解不能だと思います。

アイシャドウは文字通り陰を足す程度で、色味はいりません。自分の眉毛の色や瞳の色とアイシャドウの色を合わせるととても自然です。

アイシャドウを見せるメイクではなく、あくまで瞳が主役ですので、瞳を引き立たせるためにすこし陰を足す程度です。

アイラインは引いても引かなくても良いですが、引くなら極細に目立たないように。

まつげは自まつ毛をビューラーで上げてマスカラ一度塗り程度で十分です。

今までのメイクと比べてかなり薄いメイクになってしまった方もいると思いますが、一度そのメイクで男性に会ってみて下さい。

きっといつもよりも瞳をまじまじと見てくれると思いますよ。せっかくの瞳がメイクに埋もれてしまってはもったいないですからね。

以上が「元から美人」を作る究極のモテメイクのポイントでした。

是非、たまには流行メイクを忘れて、「元から美人」メイクをしてモテちゃって下さい。

ページトップへ戻る